カテゴリ:今週の礼拝( 357 )

開会の部

前  奏 

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。

) アーメン

司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。

会)またあなたとともに。

はじめのことば

司)主イエス・キリストは復活なさいました。

  会)ほんとうに復活なさいました。

司)主の復活を喜び祝います。

  会)いのちの主を讃美します。ハレルヤ!

讃美歌  鹿のように  歌集12番

罪の告白と赦し

司)私たちは神さまの教えを守らず、神さまや周りのみんなを悲しませることをたくさんしてしまいました。

会)神さま、私たちを憐れんでください。

司)神さまは私たちのために、愛するひとり子イエスさまをこの世界にお与えくださり、イエスさまが十字架にかかって死ぬことによって、私たちの罪をゆるしてくださいました。

会)神さま、私たちを赦してださりありがとうございます。

司)神さまはイエスさまを死者の中から新しい命に復活させられ、私たちにも新しい命、永遠の命を与えてくださいます。

会)神さま、私たちを愛してくださることを、心から感謝し

ます。アーメン

特別の祈り

みことばの部

聖書朗読

ヨハネ福音書14:15-21 

説  教       「約束の言葉」     笠原光見牧師

讃美歌         「世にたぐいもなき」     -335-


信仰告白 使徒信条


奉献の祈り


教会の祈り


奉献の部

奉献(献金)

奉献の祈り

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入()れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

教会の祈り

聖餐の部

聖餐の歌  カルバリの十字架に  -253-

平和の挨拶 (起立)

司)主の平和がみなさんとともにあるように

会)また、あなたとともに。

聖餐の制定

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。

主の祈り

聖餐と祝福


感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部

讃美歌          God Bless You  歌集5番


祝 福

後 奏

お知らせ

*6月4日の教会祭のため、バザーの品物を集めます(日用雑貨、手作り品、古着など)。ご協力をお願いします。

 教会祭当日は、1030分から大人も子どもも一緒に礼拝を守ります。

*7月1日(土)午後2~4時、日本基督教団東美教会の陣内大蔵牧師に来ていただいて、音楽とメッセージの集会を行います。どなたでも参加できます、ぜひお友達を誘っていらしてください。

*クリスマスツリーの剪定とイルミネーションのための募金にご協力ください。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。次回の締め切りは、6月30日です。

*「聖書に親しむ会」次回は6月1日(木)です。

*「夕礼拝」次回は5月23日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は7月15日(土)午後5時からです。

*毎月第1・3(日)以外は式文を使った礼拝をしています。


今週の笠原牧師スケジュール

21日(日) 復活後第五主日礼拝 役員会 

22日(月) 休み

23日(火) 夕礼拝

24日(水) 教会/牧師館 

25日(木) 教会/牧師館 

26日(金) 教会/牧師館 

27日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

昇天主日礼拝2017528日(午前10時半~12時) 

聖 書 使徒書1:1-11、エフェソ1:15-23、ルカ24:44-53

讃美頌 詩編110

讃美歌 278112254(聖餐)、119

説 教 「喜びに包まれて」

説教者 笠原光見牧師



by urawalutheran | 2017-05-22 00:23 | 今週の礼拝

主日の礼拝式次第

前  奏 

初めの歌  「主をあがめたたえよ」     -170-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

主日「特別の祈り」

み民の心をひとつにされる神さま。

あなたの掟を愛する心、あなたの約束への切なる望みを私たちに興し、激しく変動するこの世界の中でも、動くことのない喜びを与えてください。

あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

聖書朗読

第一朗読  使徒書  17:1-15     

第二朗読  Ⅰペトロ  2:4-10     

頌         詩編146編          

福音書     ヨハネ福音書14:1-14   

み言葉の歌  「やすかれわが心よ」      -337-

説  教   「心を騒がせないで」   笠原光見牧師

イエスさまは弟子たちに「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい」と言われました。なぜなら、イエスさまが目の前からいなくなってしまう、という思いから心が騒ぎだしている弟子たちの姿があったからです。誰でも自分にとって大切な人が目の前からいなくなると思うと心が騒がない人はいないと思います。弟子たちもイエスさまのことを必要としていたし、できることなら生涯そばにいてつき従いたいと願っていた。イエスさまは、愛する弟子たちがイエスさまを必要とし、共にいてほしいという強い思いを痛いほど感じておられたからこそ「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい」という力強い言葉を彼らに語ります。そして、弟子たちを思いやる主イエスの言葉が力強く語られるのです。「あなたがたをわたしのもとへ迎える」、「わたしは道であり、真理であり、いのちである」、「わたしを見たものは、父を見たのだ」、「わたしの名によってわたしに何かを願うならば、わたしがかなえてあげよう」。イエスさまが弟子たちのことを本当に大切に思い、深く愛しているということが伝わってきます。誰でも大切に思い、愛している存在とはいつまでも一緒にいたいと思うものです。そのことがもしもかなうならどんなことでも受け取っていく、たとえそれが十字架であったとしても。私たちの主イエス・キリストは私たちと共にいるためならどのようなことでも引き受け、私たちをご自身のもとへと迎え入れる道を備えてくださったのです。主は言われる「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい」。

信仰告白 使徒信条

奉献(献金)と奉献唱

奉献の祈り/教会の祈り

聖餐の歌 「聞こうみことばを」     -263-

序詞

サンクトゥス

設定の言葉

主の祈り

アグヌス・デイ

配 餐

聖餐の感謝

派遣の部

ヌンク・ディミティス

祝 福

終わりの歌  「はかりも知られぬ」    -346-

後 奏  

   

お知らせ

*本日礼拝後、窓拭きなど大掃除を行います。お手伝いをお願いいた

 します。また婦人会を行います。5月20日(土)の女性の会(婦

 人のつどい)についての最終打ち合わせです。出来るだけ多くの方

 の当日の参加もお願いいたします。

*5月21日(日)礼拝後、役員会を行います。役員の方は日程調整   

 をお願いします。

*6月4日の教会祭のため、バザーの品物を集めます(日用雑貨、手作り品、古着など)。ご協力をお願いします。

 教会祭当日は、1030分から大人も子ども一緒に礼拝を守ります。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。次回の締め切りは、5月19日です。

*クリスマスツリーの剪定とイルミネーションのための募金にご協力ください。

*週報6ページにある祈りの課題を各自のお祈りに加えてください。

*毎月第1・3(日)は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式

 は行います。

*「聖書に親しむ会」次回は5月18日(木)です。

*「夕礼拝」次回は5月23日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は7月15日(土)午後5時からです。

今週の笠原牧師スケジュール

14日(日) 復活後第四主日礼拝 大掃除

15日(月) 休み

16日(火) 教会/牧師館

17日(水) 教会/牧師館

18日(木) 聖書に親しむ会  牧師ROCKSライブ@四谷

19日(金) 教会/牧師館

20日(土) 関東地区女性の会

来週の礼拝予定

復活後第五主日礼拝2017521日(午前10時半~12時) 

聖 書 ヨハネ14:15-21

讃美頌 詩編66

讃美歌 鹿のように、335253(聖餐)、GodBless You

説 教 「約束のことば」

説教者 笠原光見牧師


by urawalutheran | 2017-05-13 10:51 | 今週の礼拝

開会の部

前  奏 

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。

) アーメン

司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。

会)またあなたとともに。

はじめのことば

司)主イエス・キリストは復活なさいました。

  会)ほんとうに復活なさいました。

司)主の復活を喜び祝います。

  会)いのちの主を讃美します。ハレルヤ!

讃美歌  「主はぶどうの木」    -歌集22-

罪の告白と赦し

司)私たちは神さまの教えを守らず、神さまや周りのみんなを悲しませることをたくさんしてしまいました。

会)神さま、私たちを憐れんでください。

司)神さまは私たちのために、愛するひとり子イエスさまをこの世界にお与えくださり、イエスさまが十字架にかかって死ぬことによって、私たちの罪をゆるしてくださいました。

会)神さま、私たちを赦してださりありがとうございます。

司)神さまはイエスさまを死者の中から新しい命に復活させられ、私たちにも新しい命、永遠の命を与えてくださいます。

会)神さま、私たちを愛してくださることを、心から感謝し

ます。アーメン

特別の祈り

羊の大牧者、私たちの主イエスを死者の中から引き上げられた全能の神さま。

私たちを羊飼いとして送り出し、失われた人々、傷付いた人々に、み言葉をもって仕える者としてください。

あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部

聖書朗読

頌        詩編23編        

ヨハネ福音書10:1-16   新186頁  

説  教    「豊かに受けよう」     笠原光見牧師

讃美歌        「よみがえりの日」   95‐

信仰告白 使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

奉献の祈り

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入()れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

教会の祈り

聖餐の部

聖餐の歌       「主の食卓を囲み」   - 81 -(讃21

平和の挨拶 (起立)

司)主の平和がみなさんとともにあるように

会)また、あなたとともに。

聖餐の制定

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部

讃美歌          「Footprints」      歌集10番

祝 福

後 奏

お知らせ

*本日礼拝後、役員研修を行います。

*クリスマスツリーの剪定とイルミネーションのための募金にご協力ください。

*5月14日(日)礼拝後、窓拭きなど大掃除を行います。お手伝いをお願いいたします。

 また婦人会を行います。5月20日(土)の女性の会(婦人のつどい)についての最終打ち合わせです。出来るだけ多くの方の当日の参加申し込みをお願いいたします。

*5月21日(日)礼拝後、役員会を行います。役員の方は日程調整をお願いします。

*6月4日の教会祭のため、バザーの品物を集めます(日用雑貨、手作り品、古着など)。ご協力をお願いします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。次回の締め切りは、5月19日です。

*祈りの課題を各自のお祈りに加えてください。(ブログのカテゴリ「いのり」参照)

*毎月第1・3(日)は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式

 は行います。

*「聖書に親しむ会」次回は5月18日(木)です。

*「夕礼拝」次回は5月9日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は7月15日(土)午後5時からです。

今週の笠原牧師スケジュール

7日(日) 復活後第三主日礼拝 役員研修会 

8日(月) 教会/牧師館

9日(火) 夕礼拝

10日(水) 浦和ルーテル学院礼拝 

11日(木) 休み

12日(金) 浦和ルーテル学院礼拝 

13日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

復活後第四主日礼拝2017514日(午前10時半~12時) 

聖 書 使徒書17:1-15、Ⅰペトロ2:4-10、ヨハネ14:1-14

讃美頌 詩編146

讃美歌 170337263(聖餐)、346

説 教 「心を騒がせないで」

説教者 笠原光見牧師


by urawalutheran | 2017-05-07 10:10 | 今週の礼拝

主日の礼拝式次第

前  奏 

初めの歌  「ひかりにそむき」      -295-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

主日「特別の祈り」

アーメン

聖書朗読

第一朗読  使徒書  2:36-47     

第二朗読  Ⅰペトロ 1:17-21     

頌         詩編100編          

福音書     ヨハネ福音書20:24-29   

み言葉の歌  「み顔をあおぎて」       -344-

説  教  「信じる者になる」   笠原光見牧師

弟子のトマスは、他の弟子たちの主が復活したという言葉を信じません。トマスは「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない」と言いました。トマスの気持ちもわかります。十字架で死んだイエスさまが三日後に復活したということは簡単には信じることができないでしょう。すべての福音書に弟子たちの中で「疑い者もいた」や「信じなかった」という言葉が書き記されてありますのでトマス以外にも信じることのできなかった人がいたことは確かでしょう。信じることのできない人々の前に主イエスは現れ、彼らに向かって平和の挨拶をし、ご自身の体を貫いた釘の傷跡をお見せになります。トマスに対しては彼の要求したイエスさまの体にある釘跡に触れることを許されるのです。釘跡を見せ、触れてもいいと言われるイエスさまのへりくだりと相手に自身を譲り渡す姿にトマスの心は動かされたのではないでしょうか。復活の主イエス・キリストは弟子たちの前に現れ、声をかけ、彼らと触れ合うことまでして彼らを、トマスを得ようとされている。彼らを受け止め、大切に思い、必要としている。そして、トマスは「わたしの主、わたしの神」と信仰告白しました。信仰は人の努力や理解によるものでなく、復活の主イエス・キリストの働きかけで生まれ、人々は信じる者へと変えられていくのです。この世の価値観や常識、人知を超えたところにおられる神さまのみ言葉と、働きかけによって人の心が開かれ、信じる者へと導かれるのでしょう。「信じる者になりなさい」。

信仰告白 使徒信条

奉献(献金)と奉献唱

奉献の祈り/教会の祈り

聖餐の歌 「主イエス・キリストよ」     -260-

序詞

サンクトゥス

設定の言葉

主の祈り

アグヌス・デイ

配 餐

聖餐の感謝

派遣の部

ヌンク・ディミティス

祝 福

終わりの歌 「さかえあれ」       -453-

後 奏  

   

お知らせ

*本日礼拝後、婦人会を行います。5月20日(土)の女性の会(婦人のつどい)についての話し合いです。出席をお願いいたします。

*クリスマスツリーの剪定とイルミネーションのための募金にご協力ください。

*5月3日(祝)午前10時からセンター教会で、教団あげての宗教改革500年記念礼拝が行われます。礼拝は申し込み無しで、どなたでも参加できます。

*5月7日(日)礼拝後、役員研修を行います。

*5月14日(日)礼拝後、窓拭きなど大掃除を行います。お手伝いをお願いいたします。

*6月4日の教会祭のため、バザーの品物を集めます(日用雑貨、手作り品、古着など)。ご協力をお願いします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。次回の締め切りは、5 月19日です。

*週報8ページにある祈りの課題を各自のお祈りに加えてください。

*毎月第1・3(日)は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式 は行います。

*「聖書に親しむ会」5月4日お休み。次回は5月18日(木)です。

*「夕礼拝」次回は5月9日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は5月6日(土)午後5時からです。

今週の笠原牧師スケジュール

30日(日) 復活後第二主日礼拝

5/1日(月) 教団総会@代々木オリンピックセンター

2日(火) 教団総会

3日(水) 宗教改革500年記念礼拝 祝賀会

4日(木) MusicArk練習

5日(金) 教会/牧師館

6日(土) Music Ark

来週の礼拝予定

復活後第三主日礼拝201757日(午前10時半~12時) 

聖 書 ヨハネ10:1-16

讃美頌 詩編23

讃美歌 主はぶどうの木、410262(聖餐)、Footprints

説 教 「豊かに受けよう」

説教者 笠原光見牧師


by urawalutheran | 2017-04-29 14:11 | 今週の礼拝

【開会の部】

み名による祝福

讃  美   「シャイン・ジーザス・シャイン」-歌集 3-

        Foot prints」     -歌集10-

罪の告白と赦し

特別の祈り

【みことばの部】

聖書朗読

   ヨハネ福音書20:19-23   新210頁

説  教        「平和の挨拶」     笠原光見牧師

讃  美      「この道はひとつ」    -歌集21-

信仰告白        使徒信条

奉献(献金)  

奉献・教会の祈り 

       

【聖餐の部】

聖餐の歌        「鹿のように」     -歌集12-聖餐の設定

聖餐の制定

主の祈り

平和の挨拶 *前後左右の方と「主の平和」と挨拶を交わしましょう。

配餐と祝福

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

【派遣の部】

讃美歌        「主はぶどうの木」     歌集22番

           「GodBless You」     歌集 5番

祝  福 (起立)

後  奏

お知らせ

*4月30日(日)礼拝後、婦人会を行います。5月20日(土)の女性の会(婦人のつどい)についての話し合いです。日程調整をお願いします。

*クリスマスツリーの剪定とイルミネーションのための募金にご協力ください。

*5月3日(祝)午前10時からセンター教会で、教団あげての宗教改革500年記念礼拝が行われます。礼拝は申し込み無しで、どなたでも参加できます。また、午後から祝賀会が行われます。祝賀会の申し込みは牧師まで。教会から3000円の補助があります。

*5月7日(日)礼拝後、役員研修を行います。

*6月4日の教会祭のため、バザーの品物を集めます(日用雑貨、手作り品、古着など)。ご協力をお願いします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。次回の締め切りは、5

月19日です。

*週報8ページにある祈りの課題を各自のお祈りに加えてください。

*毎月第1・3(日)は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式

 は行います。

*「聖書に親しむ会」次回は5月18日(木)です。

*「夕礼拝」次回は4月25日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は5月6日(土)午後5時からです。

今週の笠原牧師スケジュール

23日(日) 復活讃美礼拝 鵠沼教会牧師就任式

24日(月) 本橋兄宅起工式

25日(火) 夕礼拝

26日(水) 休み

27日(木)Music Ark練習

28日(金) 浦和ルーテル学院聖書会

29日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

復活後第二主日礼拝2017430日(午前10時半~12時) 

聖 書 使徒書2:36-47、Ⅰペトロ1:17-21、ヨハネ20:24-29

讃美頌 詩編100

讃美歌 295344260(聖餐)、453

説 教 「信じる者になって」

説教者 笠原光見牧師

b0103594_14172325.jpg



by urawalutheran | 2017-04-28 14:18 | 今週の礼拝

4月16日 復 活 祭

開会の部

前  奏 

み名による祝福
司)父と子と聖霊のみ名によって。
会) アーメン
司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。
会)またあなたとともに。

はじめのことば
司)主イエス・キリストは復活なさいました。
  会)ほんとうに復活なさいました。
司)主の復活を喜び祝います。
  会)いのちの主を讃美します。ハレルヤ!

讃美歌「救いの主は」      - 90-

罪の告白と赦し
司)私たちは神さまの教えを守らず、神さまや周りのみんなを悲しませることをたくさんしてしまいました。
会)神さま、私たちを憐れんでください。
司)神さまは私たちのために、愛するひとり子イエスさまをこの世界にお与えくださり、イエスさまが十字架にかかって死ぬことによって、私たちの罪をゆるしてくださいました。
会)神さま、私たちを赦してださりありがとうございます。
司)神さまはイエスさまを死者の中から新しい命に復活させられ、私たちにも新しい命、永遠の命を与えてくださいます。
会)神さま、私たちを愛してくださることを、心から感謝し
ます。アーメン

特別の祈り
御独り子イエスによって死を征服し、永遠の生命の門を開かれた全能の神さま。み霊の息吹によって私たちを新しくし、私たちの思いと行ないのすべてを祝福してください。あなたと聖霊と共)にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部
聖書朗読
第一朗読 使徒言行録10: 39~ 43(新234)
第二朗読 コロサイの信徒への手紙3:1~4(新371)
讃 美 頌        詩編118編        

福 音 書 マタイによる福音書28: 1~ 10(新59)

ハレルヤ
司)ハレルヤ、主イエス・キリストは復活なさいました。
   会)ほんとうに復活(ふっかつ)なさいました。ハレルヤ、ハレルヤ

説  教    「再会の喜び」     笠原光見牧師

讃美歌        「よみがえりの日」   ‐95‐
信仰告白
司)命の源でおられる神さま あなたは わたしのつくり主です。
会)わたしはあなたを信じます。
司)イエスさま あなたを わたしの救い主と告白します。
会)わたしはあなたを信じます。
司)聖霊なる神さま あなたは わたしの慰め主です。
会)わたしはあなたを信じます。
司)父と子と聖霊のただひとりの神さま わたしはあなたを信じます。
会)あなたこそ わたしの神 わたしの主です アーメン

―――――― 洗礼式 ―――――――


奉献の部
奉献(献金)
奉献の祈り
憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入(い)れてください。
あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン
教会の祈り

聖餐の部
聖餐の歌       「主の食卓を囲み」   - 81 -(讃21)

平和の挨拶 (起立)
司)主の平和がみなさんとともにあるように
会)また、あなたとともに。

聖餐の制定
司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り
全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部
讃美歌         「主われを愛す」  ‐484‐(讃21)

祝 福
後 奏

b0103594_1445348.jpg

by urawalutheran | 2017-04-17 01:44 | 今週の礼拝

4月9日 枝の主日礼拝

b0103594_152423.jpg

主日の礼拝式次第
前  奏 

初めの歌   -79-

罪の告白とゆるしの言葉
キリエ/グロリア
主日「特別の祈り」

聖書朗読
第一朗読  ゼカリヤ9:9-10     
第二朗読  フィリピ2:6-11     
讃 美 頌   詩編22編          
福音書     マタイ21:1-11   

み言葉の歌     -81-

説 教 「ついていけるかな」
説教者 笠原光見牧師

信仰告白 使徒信条
奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り

聖餐の歌     -256-
序詞

サンクトゥス
設定の言葉
主の祈り
アグヌス・デイ
配 餐
聖餐の感謝

派遣の部
ヌンク・ディミティス
祝 福
終わりの歌      -307-
後 奏 
by urawalutheran | 2017-04-09 00:02 | 今週の礼拝

4月2日 四旬節第五主日

開会の部

前  奏 

み名による祝福
司)父と子と聖霊のみ名によって。
会) アーメン
司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。
会)またあなたとともに。

讃美歌「わがたましいを」      -150-

罪の告白と赦し
司)私たちは神さまの教えを守らず、神さまや周りのみんなを悲しませることをたくさんしてしまいました。
会)神さま、私たちを憐れんでください。
司)神さまは私たちのために、愛するひとり子イエスさまをこの世界にお与えくださり、イエスさまが十字架にかかって死ぬことによって、私たちの罪をゆるしてくださいました。
会)神さま、私たちを赦してださりありがとうございます。
司)神さまはイエスさまを死者の中から新しい命に復活させられ、私たちにも新しい命、永遠の命を与えてくださいます。
会)神さま、私たちを愛してくださることを、心から感謝し
ます。アーメン

特別の祈り
私たちの贖い主なる神さま。私たちは弱く、み力によらなければ、世界にあなたの赦しと希望の福音を伝えることができません。み言葉に従い、愛のみ支配を伝えるために、聖霊によって私たちを新しくしてください。あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部
聖書朗読
第一朗読 エゼキエル 33:10-16   旧1350頁
第二朗読 ローマ    5:1-5      新279頁
讃 美 頌        詩編116編        

福 音 書 ヨハネ福音書11:17-53   新189頁

説  教       「尺度はどこに」   柴田千頭男先生

讃美歌         「とうとき血をもて」     -388-
信仰告白使徒信条

奉献の部
奉献(献金)
奉献の祈り
憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入(い)れてください。
あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン
教会の祈り

聖餐の部
聖餐の歌        「つかれしものに」     -254-

平和の挨拶 (起立)
司)主の平和がみなさんとともにあるように
会)また、あなたとともに。

聖餐の制定
司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り
全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部
讃美歌         「God Bless You」      歌集5番

祝 福
後 奏

お知らせ
*本日の礼拝は柴田千頭男先生に説教をしていただきました。
礼拝後、講演もしていただきます。どうぞご参加ください。
*4月3日(月)関東地区のジュニアユースで高尾山ハイキングをしま
す。この集まりのためにお祈りください。
*4月16日(日)はイースターです。礼拝後、受洗者とともにお祝いの持ち寄り食事会を予定しています。差し入れも大歓迎です。
*5月3日(祝)午前10時からセンター教会で宗教改革500年記念礼拝が行われます。どなたでも参加できます。教団あげての記念礼拝にぜひ出席しましょう。
*古本・中古CD・DVD献金を続けています。次回の締め切りは、4月7日です。ご協力お願いします。
*週報8ページにある祈りの課題を各自のお祈りに加えてください。
*毎月第1・3(日)は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式
 は行われます。
*「聖書に親しむ会」次回は4月6日(木)です。
*「夕礼拝」次回は4月11日(火)です。
*「ミュージックアーク」次回は5月6日(土)午後5時からです。

今週の笠原牧師スケジュール
2日(日) 四旬節第五主日礼拝 柴田先生講演会 
3日(月) 関東地区ジュニアユースの集い@高尾山ハイキング
4日(火) 教会/牧師館
5日(水) 浦和ルーテル学院聖書会
6日(木) 聖書に親しむ会
7日(金) 浦和ルーテル学院入学式
8日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定
枝の主日礼拝2017年4月9日(午前10時半~12時) 
聖 書 ゼカリヤ9:9-10、フィリピ2:6-11、マタイ21:1-11
讃美頌 詩編22編
讃美歌 79、81、256(聖餐)、307
説 教 「ついていけるかな」
説教者 笠原光見牧師
b0103594_23505853.jpg

by urawalutheran | 2017-04-02 01:57 | 今週の礼拝

3月26日 四旬節第四主日

主日の礼拝式次第
前  奏 

初めの歌  「みことばもて」       -279-
罪の告白とゆるしの言葉
キリエ/グロリア
主日「特別の祈り」
恵み溢れる神さま。
癒しと赦しのみ力によって、私たちをすべての罪から清め、強くしてください。
あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

聖書朗読
第一朗読  イザヤ  42:14-8     
第二朗読  エフェソ  5:8-14     
讃 美 頌         詩編43編          
福音書     ヨハネ福音書9:13-25   
み言葉の歌  「重荷を担いて」       -292-
説  教  「神は見捨てない」    笠原光見牧師
生まれつき目が見えなかった人がイエスさまによって目が見えるようになり現実の世界をみることができました。そこに広がっていたのは神なき世界。つまり愛のない人と人との関係が冷え切った空しい世界。弱者が切り捨てられる悲しい社会の姿でした。目が見えないこと、体が不自由なこと、貧しいことは不幸だといい、目の見えないのは「神の呪いだ」「神からの刑罰だ」と言われてきました。しかし、生まれつき目の見えなかった人が、目が見えるようになった今、目の前に広がる現実の世界こそ呪われた世界のように感じたに違いありません。宗教指導者たちの決めたこと、考えに従わなければ人びとからのけ者にされてしまう社会に対してイエスさまは徹底的に神さまの決めたこと、神さまのみ心を示されます。目の見えない人、体の不自由な人、病気の人、貧しい人、人々から呪われていると言われている人、罪人だと言われている人を神さまは憐み、決して見捨てることはないんだということを。生まれつき目の見えなかった人は宗教指導者たちの詰問に力強く答えます「ただ一つ知っているのは、目が見えなかった私が、今は見えることです」と。どんな人のいのちにも神さまからの使命があり、み心があり、愛がある。このことを見失ってしまった人は他者を受け入れること、寛容であること、柔和であることを欠いてしまうのではないでしょうか。キリストは人々の不寛容と乱暴と排除によって十字架にかけられます。しかしキリストの十字架にこそ神さまの寛容と柔和と受容とが示されたのです。神さまはあなたを見捨てることはありません。

信仰告白 使徒信条
奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り

聖餐の歌 「聞こうみことばを」     -263-
序詞
サンクトゥス
設定の言葉
主の祈り
アグヌス・デイ
配 餐
聖餐の感謝

派遣の部
ヌンク・ディミティス
祝 福
終わりの歌 「主イエスに従う」     -328-
後 奏  
   
お知らせ
*4月2日(日)の主日礼拝は柴田千頭男先生に説教をお願いしています。礼拝後、講演「イスカリオテのユダを検索」も予定しています。日程の調整をお願いいたします。
*4月3日(月)関東地区のジュニアユースで高尾山ハイキングをします。皆様の周りに適当な青年がいましたら参加を呼び掛けてください。
*4月16日(日)はイースターです。礼拝後、受洗者とともにお祝いの持ち寄り食事会を予定しています。差し入れも大歓迎です。
*5月3日(祝)午前10時からセンター教会で宗教改革500年記念礼拝が行われます。礼拝後、祝賀会も予定されています。祝賀会参加費は6300円ですが、教会から補助があります。教団あげての記念礼拝にぜひ出席しましょう。祝賀会の申込みは今月末迄です。
*古本・中古CD・DVD献金を続けています。次回の締め切りは、4月7日です。ご協力お願いします。
*週報6ページの祈りの課題を覚え各自のお祈りに加えてください。
*毎月第1・3日曜日は式文を用いない礼拝です。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。次回は4月6日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は3月28日(火)午後7時30分から。
*次回ミュージックアークは、5月6日(土)午後5時からです。

今週の笠原牧師スケジュール
今週の笠原牧師スケジュール
26日(日) 四旬節第三主日 
27日(月) 休み
28日(火) 洗礼準備学び 夕礼拝
29日(水) 教会/牧師館 
30日(木) 教会/牧師館 
31日(金) 外出
4/2日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定
四旬節第五主日礼拝2017年4月2日(午前10時半~12時) 
聖 書 エゼキエル33:10-16、ローマ5:1-5、ヨハネ11:17-53
讃美頌 詩編116編
讃美歌 350、388、254(聖餐)、「GOD BLESS YOU」
説 教 「尺度はどこに」
説教者 柴田千頭男先生
by urawalutheran | 2017-03-24 23:02 | 今週の礼拝

3月19日 四旬節第三主日

開会の部

前  奏 

み名による祝福
司)父と子と聖霊のみ名によって。
会) アーメン
司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。
会)またあなたとともに。

讃美歌「イエス神の子羊よ」   -歌集15番-

罪の告白と赦し
司)私たちは神さまの教えを守らず、神さまや周りのみんなを悲しませることをたくさんしてしまいました。
会)神さま、私たちを憐れんでください。
司)神さまは私たちのために、愛するひとり子イエスさまをこの世界にお与えくださり、イエスさまが十字架にかかって死ぬことによって、私たちの罪をゆるしてくださいました。
会)神さま、私たちを赦してださりありがとうございます。
司)神さまはイエスさまを死者の中から新しい命に復活させられ、私たちにも新しい命、永遠の命を与えてくださいます。
会)神さま、私たちを愛してくださることを、心から感謝し
ます。アーメン

特別の祈り


みことばの部
聖書朗読
讃 美 頌        詩編142編    
ヨハネ福音書4:5-26   

説  教  「思いもよらないこと」  笠原光見牧師

讃美歌  「はかりも知られぬ」     -346-

信仰告白使徒信条

奉献の部
奉献(献金)
奉献の祈り
憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入(い)れてください。
あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン
教会の祈り

聖餐の部
聖餐の歌   「みんなでパンを分けよう」   -262-

平和の挨拶 (起立)
司)主の平和がみなさんとともにあるように
会)また、あなたとともに。

聖餐の制定
司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り
全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部
讃美歌 「きみは愛されるため生まれた」   歌集2番

祝 福
後 奏

お知らせ
本日礼拝後、婦人会を行います。婦人のつどい(女性の会)についての話し合いです。出席をお願いいたします。
*4月2日(日)の主日礼拝は柴田千頭男先生に説教をお願いしています。礼拝後、講演「イスカリオテのユダを検索」も予定しています。日程の調整をお願いいたします。
*4月3日(月)関東地区のジュニアユースで高尾山ハイキングをします。皆様の周りに適当な青年がいましたら参加を呼び掛けてください。
*4月16日(日)はイースターです。礼拝後、受洗者とともにお祝いの持ち寄り食事会を予定しています。差し入れも大歓迎です。
*古本・中古CD・DVD献金を続けています。次回の締め切りは、4月7日です。ご協力お願いします。
*週報8ページにある祈りの課題を覚え、各自のお祈りに加えてください。
*毎月第1・3日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。次回は4月6日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は3月28日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
今週の笠原牧師スケジュール
19日(日) 四旬節第三主日礼拝 
20日(月) 休み
21日(火) 教会/牧師館
22日(水) 教会/牧師館
23日(木) 教会/牧師館
24日(金) 教団総会準備委員会@センター教会
25日(土) 外出

来週の礼拝予定
四旬節第四主日礼拝2017年3月26日(午前10時半~12時) 
聖 書 イザヤ42:14-21、エフェソ5:8-14、ヨハネ9:13-25
讃美頌 詩編43編
讃美歌 279、292、263(聖餐)、328
説 教 「神は見捨てない」
説教者 笠原光見牧師
b0103594_21514370.jpg

by urawalutheran | 2017-03-17 22:33 | 今週の礼拝