人気ブログランキング |

開会の部

前  奏 

み名による祝福

讃美歌    「真昼のように」     -歌集13-

罪の告白とゆるし

特別の祈り

あなたに希望を置く者の力なる神様、私たちは弱く、やがて死すべき者であり、あなたなしには何も良き業ができません。私たちがなすべきことを悟り、行うための恵みと力を与えてください。救い主、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部

 マタイ福音書5:21―37      新7頁

説  教     「仲直り」     笠原光見牧師

 イエスさまは「兄弟に腹を立てる者はだれでも裁きを受ける」といいます。誰かに腹を立てるときは決まって相手の落ち度や、失敗、過ちを責めて、自分を正当化しているし、その人を裁いていることになっているでしょう。裁くことがエスカレートすれば「あいつは悪い奴だ、敵だ、悪魔だ」と決めつけて暴力的に排除しようとしてしまうなんてこともある。その極みが戦争やテロという形です。他人を裁き、敵だと決めつけて、攻撃することで自分も傷つき滅んでしまう。これは世界で起きていることも、わが家で起きていることも全く同じことです。ですからイエスさまは「兄弟に腹を立てる者はだれでも裁きを受ける」と語るのです。そしてイエスさまは「仲直りしなさい」、「和解をしなさい」といわれるのです。そうでなければ結局のところ傷ついたり、苦しかったり、挙句の果てには滅んでしまうようなことが自分の身に降りかかるからです。そのようなことが私たちの身に降りかかることをイエスさまは望んでいない。完全無欠の人間は一人もいない。人にはみんないいところもあれば、悪いところもあるでしょう。敵なんていないんです。自分が勝手に他人を敵にしてしまうんです。人はだれでも、腹を立てることも、みだらな思いを持つことも、誓いを破ってしまうこと、つまり嘘をつくなんてこともあるでしょう。みんなそのような欠けや破れ、弱さと限界を抱えているものなのですから、他人を裁いて悪と決めつけ攻撃したり、排除したりするのではなく、イエスさまがそうであったように人をゆるし、認め、受け止めていくのです。イエスさまは、人の弱さを責めたり、罪や過ちを攻撃したりすることはありませんでした。イエスさまは自分を排除しようとする者たちにも深い憐れみをもって向き合い、罪や過ちをゆるし、受け止めることをされたのです。そしてイエスさまは、十字架にかけた者たちに対しても神さまにゆるしを祈りました。イエス・キリストは、罪を抱え、弱さと限界を抱える私たち人間をゆるし、愛し、祈られるのです。イエスさまは言います「仲直りしなさい」、「和解をしなさい」と。このイエスさまの思いと、言葉に対して私たちは「然り」と応えていく者でありたいです。。

讃美歌       「君だからすばらしい」     -歌集14-

信仰告白      使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

聖餐の部

聖餐の歌    「飢えている人と」     -歌集39-

平和の挨拶 (起立)

聖餐の制定

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

派遣の部

讃美歌      「イエスが愛したように」   -歌集33-

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏

お知らせ

*本日、午後3時よりセンター教会にて関東地区教会総会が行われます。牧師と代表役員が出席いたします。

223日(日)礼拝説教を北郷姉にお願いしてあります。説教準備のうえに神さまの導きと祝福がありますようお祈りください。

 午後3時より飯能教会にて埼玉分区教会総会が行われます。牧師と代表役員が出席いたします。

31日(日)礼拝後、役員会を行います。役員の方は予定に入れてください。

38日(日)午後4時から、NRK関東地区教会主催で3.11震災を覚えての「癒しの祈り会」が浦和教会で行われます。福島教会の方からの報告やハープ演奏と祈りのときがあります。みなさまどうぞご参加ください。

315日(日)礼拝後、とん汁ランチをします。どうぞ召しあがってからお帰りください。ランチ代は会堂維持献金として用いられます。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。ご協力お願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は220日(木)午前10時半。

*「夕礼拝」次回は225日(火)午後7時半。

*「ミュージックアーク」次回は37日(土)午後5時。

今週の笠原牧師スケジュール

16日(日) 顕現後第6主日礼拝  関東地区総会@飯田橋

17日(月) 休み

18日(火) 教職者会

19日(水) 教会/牧師館

20日(木) 聖書に親しむ会

21日(金) 教会/牧師館

22日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

主の変容主日礼拝 2020223

聖 書 出エジプト24:12-18、Ⅱペトロ1:16-21

マタイ17:1-9

讃美頌 2

讃美歌 175148277

説 教 「わたしの愛する子」

説教者 北郷麿利子姉


# by urawalutheran | 2020-02-19 00:34 | 今週の礼拝

開会の部

前  奏 バッハ作曲 われら苦しみの極みにあるとき

讃美歌    「きよき石よ」 -184-

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。

) アーメン

罪の告白

司)父なる全能の神よ。

全員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことばと行いとによって、多くの罪を犯しました。私たちはみ前に罪をざんげし、父なる神の限りないあわれみにより頼みます。

司)あわれみ深い神よ。

全員)み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪をゆるしてください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  

全員)アーメン

みことばの部

書  マタイ福音書5:13-20      

説  教         笠原光見牧師

讃美歌          「こころまよいゆくを」      -298-

信仰告白      使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

奉献の祈り

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入()れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

祈りのとき

奏楽 バッハ作曲 Wenn wir inhoechsten Noten sein

聖餐の部

設定のことば

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。会)アーメン

主の祈り

平和の挨拶 (起立)

主の平和がみなさんとともにあるように

配餐

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部

讃美歌      「主よ主のみむねを」    -422-

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏 ヌンク ディミティス

*「夕礼拝」次回は2月25日(火)です。


# by urawalutheran | 2020-02-19 00:14 | 夕礼拝

2020年2月2日 顕現後第4主日

開会の部

前  奏 

み名による祝福

讃美歌    「ありがとう」      -歌集26-

罪の告白とゆるし

特別の祈り

聖なる神様、あなたは心の貧しい人々、心の清い人々に御国を与え、この世の知恵を空しいものとされました。私たちのことばと行いを通して、この世が御子の生涯を受け止め、私たちが義に飢え渇き、平和を力強く求める心を与えてください。救い主、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部

 マタイ福音書5:1―12      新6頁

説  教     「あなたに伝えたい」     笠原光見牧師

 この世の事柄に失望し、絶望して疲れ切り、心に深い闇を抱えていた人々はイエスさまの口から語られる神さまの福音に癒され、励まされ、生きる勇気、力、希望をもらいました。

 イエスさま人々に「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである」と福音を力強く宣言します。心の飢え、渇き、貧しさの中にあった人々にとって、イエスさまが真剣なまなざしで確信を持って言われた「あなたは幸いだ」という言葉を受けて、驚きと同時に大きな感動に包まれ、胸躍るような気持になったのではないでしょうか。

そしてイエスさまは「天の国はあなたがたのものだ」といって、神さまがあなたのことをみ心に留め、見守り、確かな繋がりの中にあるのだということを示されたことで、成す術のなく項垂れたていた人々の心と、うつむいていた顔を天に向けさせ、神さまのとの繋がりを思い起こし、その人を奮い立たせる力となったに違いありません。

愛するわが子の幸せを願わない親はいないでしょう。私たちにいのちを与えてくださった神さまは、私たちの幸せ、喜び、平安を願っておられる。それはイエスさまをこの世界に遣わされたこと、そしてイエスさまが語った「あなたがたは幸いである。喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある」という福音の言葉にはっきりと示されています。

イエスさまに出会い、イエスさまの口から直接「あなたは幸いだ。天の国はあなたのものだ。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある」と言われた人々のことをうらやましく思います。イエスさまの口から聞いた福音は人々の心を明るくし、その顔を輝かせたに違いありません。あのとき人々に語られたイエスさまの言葉は今を生きる私たちに向けてもはっきりと語られている神さまからの福音の言葉なのです。神さまはあなたに伝えたいんです。あなたは幸いだ。天の国はあなたのものだ。喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。キリストによってあなたと永遠の神とは固く、強く、確かに結び合わされている。

讃美歌      「スピリットソング」    -歌集43-

信仰告白      使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

聖餐の部

聖餐の歌    「勝利をのぞみ」     -歌集35-

平和の挨拶 (起立)

聖餐の制定

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

派遣の部

讃美歌      「GodBless You」     -歌集5-

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏

お知らせ

216日(日)午後3時よりセンター教会にて関東地区教会総会が行われます。牧師と代表役員が出席いたします。

223日(日)礼拝説教を北郷姉にお願いしてあります。説教準備のうえに神さまの導きと祝福がありますようお祈りください。

 午後3時より飯能教会にて埼玉分区教会総会が行われます。牧師と代表役員が出席いたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。ご協力お願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は2月20日(木)です。

*「夕礼拝」次回は211日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は37日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

2日(日) 顕現後第4主日礼拝  会員総会

3日(月) 浦和教職者会

4日(火) 休み

5日(水) 教会/牧師館

6日(木) 聖書に親しむ会

7日(金) 教会/牧師館

8日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

顕現後第5主日礼拝 202029

聖 書 イザヤ58:1-9a、Ⅰコリント2:1-12

マタイ5:13-20

讃美頌 112

讃美歌 184298256(聖餐)、422

説 教 「必要なんだ」

説教者 笠原光見 牧師


# by urawalutheran | 2020-02-09 22:15 | 今週の礼拝

主日の礼拝式次第

前  奏  Scheidemann 作曲 Prelude

初めの歌     「ガリラヤの風」       -290-

罪の告白とゆるしの言葉


み言葉の部

福音書    マタイ福音書4:12-23       新5頁

説  教         笠原光見牧師



讃美歌 「さかえに輝く」       -277-


信仰告白      使徒信条


奉献の部

奉献(献金)

奉献の祈り

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

祈りのとき


聖餐の部

設定のことば

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。会)アーメン

主の祈り

平和の挨拶 (起立)

主の平和がみなさんとともにあるように

配餐

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部

讃美歌      「主イエスの血潮と」    -317-

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏 ヌンク ディミティス



*「夕礼拝」次回は2月11日(火)です。





# by urawalutheran | 2020-01-31 20:58 | 夕礼拝

主日の礼拝式次第

前  奏  Buxtehude作曲 暁の星はいと美しきかな

初めの歌     「ガリラヤの風」       -290-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

特別の祈り

主なる神様、あなたの慈しみはいつも私たちと共にあり、進む道を先立って導き、後ろを守ってくださいます。御光の中への招き、御子の十字架によって与えられる善き道の歩みを導いてください。救い主、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

第一朗読 イザヤ   8:23-9:3      旧1073頁

第二朗読 Iコリント 1:10-18     新299頁

頌        詩編27編          週報2

福音書    マタイ福音書4:12-23       新5頁

み言葉の歌      「さかえに輝く」       -277-

説  教       「歩き続ける」      梁 熙梅 先生

信仰告白        使徒信条      式文4

奉献の部

奉献(献金)と奉献唱  式文5

奉献の祈り/教会の祈り       式文6

奏楽 J.S.Bach作曲  最愛のイエスよ我らここにあり

聖餐の部

聖餐の歌    「つかれしものに」     -254-

序  詞                      式文7

サンクトゥス

設定の言葉   式文8

主の祈り

アグヌス・ディ 式文9

配  餐

聖餐の感謝                    式文10頁

派遣の部                     式文11頁

ヌンク・ディミティス    式文12頁

祝  福  

終わりの歌        「主イエスに従う」     -328-

後 奏  Buxtehude作曲 トッカータ 

お知らせ

*本日の礼拝説教を大宮教会の梁先生にお願いしました。

22日(日)礼拝後、会員総会があります。万障お繰り合わせの上ご出席いただけますようお願いいたします。メールボックスの総会案内をご確認ください。

216日(日)午後3時よりセンター教会にて関東地区教会総会が行われます。牧師と代表役員が出席いたします。

223日(日)礼拝説教を北郷姉にお願いしてあります。説教準備のうえに神さまの導きと祝福がありますようお祈りください。

 午後3時より飯能教会にて埼玉分区教会総会が行われます。牧師と代表役員が出席いたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。ご協力お願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は26日(木)です。

*「夕礼拝」次回は1月28日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は37日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

26日(日) 飯能教会

27日(月) 休み

28日(火) 夕礼拝

15日(水) 教会/牧師館

29日(木) 教会/牧師館

30日(金) ULS聖書会

31日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

顕現後第4主日礼拝 2020119

聖 書 マタイ5:1-12

讃美頌 

讃美歌 264335(聖餐)、5

説 教 「あなたに伝えたい」

説教者 笠原光見 牧師


# by urawalutheran | 2020-01-27 00:20 | 今週の礼拝

開会の部

前  奏 

み名による祝福

讃美歌    「鹿のように」      -歌集1-

罪の告白とゆるし

特別の祈り

私たちを贖う方、私たちの力である聖なる神様、聖霊によって私たちを永遠に捉えてください。あなたを礼拝し忠実に仕える恵みを与え、あなたに従う喜びを見出すことができますように。救い主、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部

 ヨハネ福音書1:29―42     新164頁

説  教      「そこまでする」     笠原光見牧師

 「どうして私がこんな目に遭わなければならないのか」という理不尽な状況からくる痛みや悲しみを克服することができるとしたら、それは「どうして私にそこまでしてくれるのか」という人のあたたかさ、やさしさ、深い愛情を経験することだろうと、聞いたことがあります。

 イエスさまの時代にも現代と変わらず体の不自由な人や貧しい人、罪人と言われ差別や偏見の中で生きる人たちは世の中の不条理さに嘆きながら懸命に生きていました。そのような人々のただ中にイエスさまは来られて神の深い憐みと愛の福音を語り、神が一人ひとりを大切に思い、愛していること、心に留め、受け止めていることを全身全霊をもって伝えたのです。イエスさまの人々への献身的な姿、低き者となり仕える姿はおそらく人々の目に神さまから遣わされた者、否、人々が待望していた「メシア(神から油注がれた者)」として映ったのではないでしょうか。だからこそアンデレはペトロに「わたしたちはメシアに出会った(41節)」とはっきりと言うことができたのだと思います。

 人びとから罪人と言われ仲間外れにされているような人々と仲間になったり、家族のように親しくなることは容易なことではありません。重い病気や重い皮膚病に罹り苦しんでいる人の傍に寄り添い続けることや、体に触れて介抱、看病することも大変なことです。しかしイエスさまは目の前にいる尊いいのちの存在に真剣に向き合い、その人のしあわせ、喜び、平安のためには自分が傷つくことも、自分が耐え忍ぶことも、自分が苦しまなければならないことにも敢然と向き合いすべてを担おうとされたのです。

 洗礼者ヨハネはイエスさまのことを「世の罪を取り除く神の子羊だ」と言いました。つまりイエスさまはすべて人の罪を取り除くためにご自身のいのちを差し出すものとなった、ということです。私の罪のためにいのちを差し出してくれて、身代わりとなってくれて、死んでくれる人がいる。イエス・キリストは大切なあなたのためならそこまでするんです。それが神が私たちのために与えてくださった神の子羊イエス・キリストなんです。

讃美歌      「神の作品として生きる」    -歌集20-

信仰告白      使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

聖餐の部

聖餐の歌    「イエス神の子羊よ」     -歌集15-

平和の挨拶 (起立)

聖餐の制定

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

派遣の部

讃美歌      「わたしらしく生きよう」   -歌集11-

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏

お知らせ

*1月26日(日)礼拝説教を大宮教会の梁先生にお願いしてあります。笠原牧師は飯能教会に行きます。

*2月2日(日)礼拝後、会員総会があります。万障お繰り合わせの上ご出席いただけますようお願いいたします。メールボックスの総会案内をご確認ください。

216日(日)午後3時よりセンター教会にて関東地区教会総会が行われます。牧師と代表役員が出席いたします。

223日(日)礼拝説教を北郷姉にお願いしてあります。説教準備のうえに神さまの導きと祝福がありますようお祈りください。

 午後3時より飯能教会にて埼玉分区教会総会が行われます。牧師と代表役員が出席いたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。ご協力お願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は2月6日(木)です。

*「夕礼拝」次回は1月28日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は1月25日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

5日(日) 主の顕現主日礼拝 役員会 

6日(月) 飯能教会会議

7日(火) ULS聖書会

8日(水) 休み

9日(木) 教会/牧師館

10日(金) 教会/牧師館

11日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

顕現後第3主日礼拝 2020126

聖 書 イザヤ8:23-9:31コリント1:10-18

マタイ4:12-23

讃美頌 27

讃美歌 290277254(聖餐)、328

説 教 「歩き続ける」

説教者 梁 熙梅 先生 


# by urawalutheran | 2020-01-24 13:37 | 今週の礼拝

開会の部

前  奏 ブクステフーデ作曲 Wie schoen leuchtetder Morgenstern

讃美歌    「ここにいます」 -181-

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。

) アーメン

罪の告白

司)父なる全能の神よ。

全員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことばと行いとによって、多くの罪を犯しました。私たちはみ前に罪をざんげし、父なる神の限りないあわれみにより頼みます。

司)あわれみ深い神よ。

全員)み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪をゆるしてください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  

全員)アーメン

みことばの部

書  ルカ福音書21:5-19      新151頁

説  教         笠原光見牧師

讃美歌          「みことばもて」      -279-

信仰告白      使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

奉献の祈り

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入()れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

祈りのとき

奏楽 J.S.Bach作曲 Liebester Jesu,wir sind hier

聖餐の部

設定のことば

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。会)アーメン

主の祈り

平和の挨拶 (起立)

主の平和がみなさんとともにあるように

配餐

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部

讃美歌      「主イエスの血潮と」    -317-

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏 ヌンク ディミティス

*「夕礼拝」次回は1月14日(火)です。


# by urawalutheran | 2020-01-15 21:12 | 夕礼拝

前 奏

初めの歌     「ここにいます」       -181-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

特別の祈り

父なる神様、主イエスが洗礼を受けられたとき、あなたは「わたしの愛する子」と告げ、聖霊によって油を注がれました。キリストと一つになる洗礼を受けるすべてのあなたの子どもが、その召しに忠実であるよう、あなたの霊を与えてください。あなたと聖霊とともにただ独りの神、永遠の支()(はい)(しゃ)、御()()、主(しゅ)イエス・キリストによって祈(いの)ります。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

第一朗読 イザヤ   42:1-9       旧1128頁

第二朗読 使徒言行録 10:34-43     新233頁

頌        詩編29編          週報2

福音書    マタイ福音書3:13-17       新4頁

み言葉の歌      「みことばもて」       -279-

説  教       「ノーサイド」      笠原光見牧師

 洗礼者ヨハネのもとには罪の悔い改めの洗礼を受けに来る者たちが集まりました。そこにイエスさまも来られ人々と同じように洗礼を受けられたのです。つまりイエスさまは罪人の側にもその身を置かれることをされることですべての人に開かれている神さまの救いを示されたのです。イエス・キリストは罪人といわれる者の側に立ち、罪人の友となり、罪人の仲間になり、罪人の兄妹となり、罪人と共に生きることをされました。さらにイエスさまは罪人と共に十字架にかけられることということにもその身を置かれたのです。イエスさまの洗礼の出来事において罪人の側にも身を置きすべてのものを受け止められる神さまの思いが示されました。イエスさまが洗礼を受け、私たちと同じところに身を置いてくださった後に天が開け聖霊が降り「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」と呼ばれることで、主イエスが私たちと同じところに身を置くことで、私たちすべてのものを神の子として受け止め、祝福してくださるという福音がこの世界に響き渡ったのです。神さまはイエス・キリストを通して、聖なる側とか罪人側、救いにふさわしいもの側とかふさわしくない者側という線引きを取り払われたのです。神さまは愛する神の子である私たちを線引きするようなことをしないで、すべてのものにイエス・キリストを与えてくださったのです。神がイエス・キリストによって示されたのは、いのちあるすべての尊い存在に対して線引きすることはしないし、救いにあずかることが開かれているし、愛しているということでした。わたしの愛する子、わたしの心に適う者が、幸せになってほしい、喜びに溢れてほしい、平安に過ごしてほしいと思うのが親心ならぬ神心です。ときに人は国や民族、宗教、性別など線引きし、差別し、対立、分裂、分断を生んでしまうことがあります。私たちは、神さまの愛する子どもとして生きるために、互いに歩み寄り、違いを喜び、違いを認め合い、生きることを祈り求めて生きたい。

信仰告白        使徒信条      式文4

奉献の部

奉献(献金)と奉献唱  式文5

奉献の祈り/教会の祈り       式文6

聖餐の部

聖餐の歌    「カルバリの十字架に」     -253-

序  詞                      式文7

サンクトゥス

設定の言葉   式文8

主の祈り

アグヌス・ディ 式文9

配  餐

聖餐の感謝                    式文10頁

派遣の部                     式文11頁

ヌンク・ディミティス    式文12頁

祝  福  

終わりの歌        「主イエスの血潮と」     -317-

後 奏  

お知らせ

*礼拝後、男うどんランチ、そして午後1時から昨年大好評でした新春寄席で一緒に大笑いしました。

*1月26日(日)礼拝説教を大宮教会の梁先生にお願いしてあります。笠原牧師は飯能教会に行きます。

*2月2日(日)礼拝後、会員総会があります。万障お繰り合わせの上ご出席いただけますようお願いいたします。メールボックスの総会案内をご確認ください。

216日(日)午後3時よりセンター教会にて関東地区教会総会が行われます。牧師と代表役員が出席いたします。

223日(日)礼拝説教を北郷姉にお願いしてあります。説教準備のうえに神さまの導きと祝福がありますようお祈りください。

 午後3時より飯能教会にて埼玉分区教会総会が行われます。牧師と代表役員が出席いたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。ご協力お願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は1月16日(木)です。

*「夕礼拝」次回は1月14日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は1月25日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

12日(日) 主の洗礼礼拝 男うどん 新春寄席

13日(月) 休み

14日(火) 夕礼拝

15日(水) Music Ark練習

16日(木) 聖書に親しむ会

17日(金) 教会/牧師館

18日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

顕現後第2主日礼拝 2020119

聖 書 ヨハネ1:29-42

讃美頌 

讃美歌 122015(聖餐)、11

説 教 「あなたも大切な一人」

説教者 笠原光見 牧師


# by urawalutheran | 2020-01-15 20:52 | 今週の礼拝

開会の部

前  奏 

み名による祝福

讃美歌    「威光・尊厳・栄誉」      -歌集1-

罪の告白とゆるし

特別の祈り

私たちの贖い主なる神さま。

神様、この日、あなたは星の導きによって御子を世界中の人々に顕されました。私たちが生活のただなかで、あなたに気づき、ついにはあなたの栄光を仰ぎみることができるよう、信仰(こう)によって導(みちび)いてください。あなたと聖霊とともにただ独りの神、永遠の支配者、御子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部

書  マタイ福音書2:1―12       新2頁

説  教     「思い切って踏み出そう」   笠原光見牧師

 東の国の占星術の学者たちは神さまが備えた星に導かれイエスさまのところにたどり着くことができました。当時のユダヤでは異邦人、つまり外国人は神の救いと祝福にあずかることはできない者たちだと考えられていましたし、占い師は嫌われ者で、神の救いから遠い存在であり、神の祝福にあずかるにはふさわしくない者だと考えられていました。そんな外国人であり、占星術の学者たちが神によって招かれ、選ばれ、イエス・キリストのもとに導かれたのです。つまり神は外国人も、占い師も分け隔てなくイエス・キリストの救いにあずかることのできる存在なのだということを示したのです。ですから私たち日本人もキリストの救いに与ることへと招かれているのですから信じて救われた者となればいいのです。今日の福音書の箇所から神は人を分け隔てしないことが分かります。人を分け隔てたり差別したり、ふさわしい者だとか、ふさわしくない者だというのは人間がすることなのです。ときどき「私のような人間がクリスチャンになれるわけがないですよ」という人がいますが、誰でもクリスチャンになれますし、誰でも神さまの祝福にあずかり、キリストの救いの恵みを受けることができるのです。クリスチャンになる資格も、修行も、お布施のようなものも一切必要無しです。神が愛するあなたのために与えてくださったみ子イエス・キリストを信じて、受け入れるだけでいいのです。星に導かれ、イエス・キリストのもとに来た占星術の学者たちは「喜びに溢れた」と聖書は言います。イエス・キリストのもとに来てイエスさまを受け入れるとき私たちの心は喜びに溢れるでしょう。神さまが私たちに与えてくださったイエス・キリストは喜びであり、平安であり、幸せです。神は私たちがいつでもキリスト共に生きて喜びに溢れ、平安と、幸せを感じながら生きてほしいのです。キリストがおられるところには喜びがあり、平安があり、幸せがあり、キリストがいないところ、愛のないところには悲しみと、不安と、恐れとが私たち人間の心を支配するでしょう。キリスト共に生きて喜びと平安と幸せを感じながら生きましょう。

讃美歌          「わが霊なやみて」      -403-

信仰告白      使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

聖餐の部

聖餐の歌    「望みも消えゆくまでに」   -歌集36-

平和の挨拶 (起立)

聖餐の制定

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

派遣の部

讃美歌      「輝いて生きる」     -歌集41-

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏

お知らせ

*礼拝後、クリスマス飾りを片付けます。みなさまご協力お願いいたします。その後、役員会を行います。

112日(日)礼拝後、男うどんランチがあります。そして午後1時から昨年大好評でした新春寄席をいたします。みなさん一緒に大笑いしましょう。

*1月26日(日)礼拝説教を大宮教会の梁先生にお願いしてあります。笠原牧師は飯能教会に行きます。

*2月2日(日)礼拝後、会員総会があります。万障お繰り合わせの上ご参加くださいますようにお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。ご協力お願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は1月16日(木)です。

*「夕礼拝」次回は1月14日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は1月25日(土)午後5時から。

*会員の方はいらした時に、メールボックスをご確認ください。

今週の笠原牧師スケジュール

5日(日) 主の顕現主日礼拝 役員会 

6日(月) 飯能教会会議

7日(火) ULS聖書会

8日(水) 休み

9日(木) 教会/牧師館

10日(金) 教会/牧師館

11日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

主の洗礼礼拝 2020112

説教者 笠原光見 牧師

聖 書 イザヤ42:1-9、使徒10:34-43、マタイ3:13-17

讃美頌 29

讃美歌 181279253(聖餐)、317

説 教 「思いを届けたい」

説教者 笠原光見 牧師 
# by urawalutheran | 2020-01-08 20:13 | 今週の礼拝

前  奏  

初めの歌      「心をあわせ」         -20-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

主日「特別の祈り」

主なる神様、私たちが自分の力に信頼できないことを、あなたはご存知です。幼子イエスを守られたように、私たちすべての者を災いと逆境から守ってください。あなたと聖霊とともにただ独りの神、永遠の支配者、御子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

第一朗読 イザヤ  63:7-9        旧1164頁

第二朗読 ヘブライ  2:10-18      新402頁

讃 美 頌        詩編148編         週報2

福音書    マタイ福音書2:13-23       新2頁

み言葉の歌      「人となりたる」       -239-

説  教      「涙では終わらせない」   笠原光見牧師

信仰告白         使徒信条       式文4

信仰告白        使徒信条       式文4

奉献の部

奉献(献金)と奉献唱  式文5

奉献の祈り/教会の祈り         式文6

聖餐の部

聖餐の歌      「聞こう、みことばを」      -263-

序  詞                      式文7

サンクトゥス

設定の言葉   式文8

主の祈り

アグヌス・ディ 式文9

配  餐

聖餐の感謝                    式文10頁

派遣の部                     式文11頁

ヌンク・ディミティス    式文12頁

祝  福  

終わりの歌      「いつくしみ深き」      -371-

後 奏


本日の説教  涙では終わらせない


イザヤ 63:7-9

ヘブライ 2:10-18

マタイ福音書 2:13-23

 この礼拝が今年最後の礼拝です。今年一年を振り返ってみて皆さんどうでしょう。

 僕個人の一年の歩みを振り返ってみると、今年は浦和教会の牧師、そして飯能教会の責任教職としての務めを負うことになり、どうなることかと思いましたが、どうにかこうにかここまで歩んで来られました。

そんなことを思いながら聞いた今日の旧約聖書のイザヤ書63:9の「(神は)愛と憐みをもって彼らを贖い、昔から常に彼らを負い、彼らを担ってくださった」という言葉は身に沁みます。「彼ら」と書かれているところを「私に」と変えるとなお心に響く言葉です。「(神は)愛と憐みをもって私を贖い、昔から常に私を負い、私を担ってくださった」。

 神さまは、愛と憐みをもって私の欠けや破れを補って下さり、常にわたしを負い、私のすべてを共に担ってくださっていた。

僕は、弱さと脆さと限界を抱えている一人の罪人、一人の人間ですから、落ち込む日だってあったし、どうしようかと悩む日もあった。悲しいと涙がこぼれるような日もあった。だけど、愛である神が私と共にいて、私の丸ごとすべてを負い、私の心に抱えるすべてを共に担ってくださったから、今日、この日このときまで歩んでくることができた、ここまでたどり着くことができたと信じている。

だから、明日にも希望が持てるし、今ここから踏み出す一歩を、勇気をもって踏み出すことができるんです。

今日の福音書の箇所では、信仰をもって力強く踏み出すヨセフの姿があります。

ヨセフは、いいなずけのマリアが結婚前にイエスさまを身ごもるという一大事を経験しますし、ベツレヘムでは馬小屋での出産となるという、大きな不安と恐れと緊張を抱えるような出来事を体験してきました。そして、占星術の学者たちが現れてイエスさまを拝んで帰っていくと、主の天使が夢に現れて「起きて、子どもとその母親を連れて、エジプトに逃げ、私が告げるまで、そこにとどまっていなさい。ヘロデが、この子を探し出して殺そうとしている」と言われたのです。波乱万丈の人生とはこういうことを言うんでしょうね。

これから家族で静かに生活していくことができるかなと思っていた矢先に、占星術の学者たちがもってきた黄金、没薬、乳香があれば生活に困ることもないだろうと思っていた矢先に、夢に天使が現れて「エジプトへ逃げろ」とお告げがあったわけです。確かに人の人生と言うものはこういうことかもしれないですね。自分の思いどおりにはなかなか行かないというのが人生ということなのかもしれない。

 それにしても、ユダヤにいれば家族も友人もいるし、言葉や慣習にも苦労しない、そんな生まれ育ったユダヤを離れて、異邦人の国エジプトに行くことは不安しかないでしょう。しかもいつ帰って来られるかもわからない。

みなさんがヨセフならどうしますか?まずはエジプトの事をネットで検索して、エジプトの言葉を習って、いろんな準備をして行きたいというのが本音でしょう。

しかしヨセフは違ったんです。天使からの言葉を受けて「ヨセフは起きて、夜のうちに幼子とその母を連れてエジプトへ」去ったと言うんです。

長旅になるから身の回りのものをちゃんと用意してからいこうということなかったし、せめて朝日が上ってから明るいうちにエジプトへ行こうということでもなかった。ヨセフは天使の言葉を受けて直ぐに起きて夜のうちにイエスさまとマリアとを連れてエジプトに向かったのです。

ヨセフがここまで神の言葉への信頼と服従をすることができたのは、これまで神の約束の言葉が実現したことを目の当たりにしてきたし、イエス・キリストの誕生の出来事を通して神が共におられるということを体験してきたからに違いありません。

ヨセフは起きて夜のうちに、とある「夜のうちに」という言葉はとても象徴的な言葉だと思います。まるで夜のような人生の暗闇の中にもヨセフに向けて語られた神の言葉は光を放ち、この世の何ものにも妨げることも、奪い去ることも、消し去ることもできない光として彼の心を照らし続け、力づけ、勇気づけ、希望を与えてすべてを克服してきた。だから、たとえ今、夜の深い闇が支配するような人生の道のりでも神は共にいてくださり、必ず守り、助け、導いてくださるという確信と信頼のうちに彼は夜のうちにでも歩み出すことができた。

そして福音書の記者はとんでもないこの世の闇の出来事を私たちに聞かせるのです。ヘロデ王が子どもたちを皆殺しにするという凄惨な出来事です。子どもの命を奪われた親の気持ちを考えると、底なしの深い闇の中に落ちていくような、いたたまれない気持ちになります。

そして、いつの時代でも同じような出来事は繰り返されている。自分の思いどおりにしたい自分勝手な大人たちの暴力によって、弱い者、小さな者たちの血と涙が流されている事を考えると、私たち人間の自己中心的な罪とエゴと欲望の闇は深いものがあるのだということを思い知らされるのです。

イエスさまが生まれる約6百年前のイスラエルはバビロニア帝国によって徹底的に滅ぼされ、多くの者たちが奴隷として捕囚されました、その中には小さな子どもたちも含まれていたんです。

バビロニア捕囚の時にイスラエルの預言者であったエレミヤの言葉が18節に引用されていますが、子どものことを奪われた母の激しい痛み、悲しみ、苦しみが伝わります。こう書かれてあります「ラマで声が聞こえた。激しく嘆き悲しむ声だ。ラケルは子どもたちのことで泣き、慰めてもらおうともしない、子どもたちがもういないから。」

福音書記者は、エレミヤ31章15節だけをここに引用しているのですが、実はこのエレミヤ31章15節以降に記されているエレミヤの預言の言葉は希望に満ちあふれたものなんです。

エレミヤ31章16-17節にはこう書かれてあります「主はこう言われる。泣きやむがよい。目から涙をぬぐいなさい。あなたの苦しみは報いられる、と主は言われる。息子たちは敵の国から帰ってくる。あなたの未来には希望がある、と主は言われる。息子たちは自分の国に帰ってくる」

この預言通りにバビロニア帝国が滅びた後イスラエルの人々はユダヤの地に戻り、国を再建させていくわけです。

神は、私たちに与えてくださったみ子イエス・キリストによって、今涙にくれる者たちに、神はあなたを決して見捨てないし、あなたと共にいて、涙では終わらせない。あなたの苦しみは必ず報いがあり、未来には希望がある。子どもたちは必ず帰ってくるからという福音を伝えるんです。

私たちの主イエス・キリストは、人間の持つ罪とエゴと欲望の暴走によっていのちが奪われた子どもたちと同じように、あの十字架上でいのちが奪われます。イエスさまがあの十字架のうえで受けた、痛み、苦しみ、悲しみは、大切な人の命が奪われ、生きる希望が奪われいのちの尊厳が奪われた者たちのただ中に神は共にいて決して見捨てることはしないことの証し、印、示し、であり約束です。

私たちにいのちを与え、私たちの救いのためにみ子イエス・キリストを与えてくださった神は、あなたを一人にはしない、あなたの人生を涙では終わらせない、あなたのすべてを負い、あなたのすべてを担い共に生きる。

そして神は、イエス・キリストの復活の出来事を通して、この世界と私たちの心に絶対、永遠、不変のいのちの光を示されたのです。

神は、あなたを見捨てないし、あなたと共にいて、涙では終わらせない。あなたの苦しみは必ず報いがあり、あなたの未来には希望がある。あなたの愛するものは必ず帰ってくる。

私たちは、神が、み子イエス・キリストを通して表してくださった思いと、限りない無条件の愛と、永遠のいのちの光とを私のものとしてしっかりと受け止めて、神を信じて、すべてを委ね、新しい年の一歩をキリストと共に力強く大胆に踏み出して行こうではありませんか。





  

お知らせ

11日(水)午前11時から元旦礼拝を行います。新しい年を神さまの祝福を受けて始めましょう。礼拝後にお汁粉をいただきます。

15日(日)礼拝後、クリスマス飾りを片付けます。みなさまご協力お願いいたします。その後、役員会を行います。

112日(日)礼拝後、男うどんランチがあります。そして午後1時から昨年大好評でした新春寄席をいたします。みなさん一緒に大笑いしましょう。

*1月26日(日)礼拝説教を大宮教会の梁先生にお願いしてあります。笠原牧師は飯能教会に行きます。

*2月2日(日)礼拝後、会員総会があります。万障お繰り合わせの上ご参加くださいますようにお願いいたします。

*冬期特別献金のお願いをしています。今年一年の神さまの恵みと祝福に感謝をもってささげたていただけたらと思います。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切12月30日です。

*「聖書に親しむ会」次回は1月16日(木)です。

*「夕礼拝」次回は1月14日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は1月25日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

29日(日) 降誕節第1主日礼拝

30日(月) 休み

31日(火) 教会/牧師館

1/1日(水) 元旦礼拝

2日(木) 休み

3日(金) 休み

4日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

主の顕現礼拝 202015

聖 書 マタイ2:1-12

讃美頌 

讃美歌 1、2036(聖餐)、41

説 教 「思い切って踏み出そう」

説教者 笠原光見 牧師


# by urawalutheran | 2019-12-30 21:01 | 今週の礼拝