人気ブログランキング |

2013年10月13日13-41 聖霊降臨後第21主日

説教  鈴木師   奏楽 中村姉

主日礼拝式次第 
讃 美 歌  126番
式   文  1ページ
聖   書  ル カ17:11-19
讃 美 歌  374番
説   教 「神への讃美で完成」

説教のみことば ル カ17:15-16
「そのうちのひとりは、自分のいやされたことがわかると、大声で神をほめたたえながら引き返して来て、イエスの足もとにひれ伏して感謝した。彼はサマリヤ人であった。」

        
讃 美 歌  391番
信仰告白  ニケヤ信条 式文4ページ
献   金  奉献唱 式文5ページ
教会の祈り 
聖 餐 式  式文7ページ
聖餐の感謝  式文10ページ
祝   祷
報   告

「説教のポイント」
「らい病」の悲惨さは歴史に明らかである。らい病患者の証言がある。差別、隔離は誤解と無知による。といっても、無知が解けたのはBCGという結核予防薬の医学上の発見による。どうして人はこのような「業病」にかかるのだろうと、原因を追及しても解決はない。解決はただ一つ、イエス・キリストに求めることである。キリストからことばが与えられる。このことばを信じる。信じたら従う。たとえそれが人間の理性や常識を超えることであっても。10人のらい病人は従った。10人は神の栄光を見た。この栄光がその人のものになるのは、神への応答であり、それは讃美と感謝と礼拝である。ここにおいて主のみわざが完成するのである。引き返さなかった9人は未完成である。

《お知らせ》
1.10月27日(日)午後3時から、大宮教会で「宗教改革記念講演会」を開きます。講師は柴田千頭男先生で、講演の内容は「キリスト信仰の死生観」です。講演後、各教会からの出演で「ミニコンサート」を開きます。それぞれ楽器を持ち寄り、歌と演奏で楽しみます。その後茶菓で交わりの時を過ごします。
2.11月3日(日)の主日礼拝で召天者を覚えて礼拝をささげます。ご遺族に案内を出します。
3.11月10日(日)は礼拝の中で「幼児祝福式」を行います。小学生以下のお子さんをお招きして、主の祝福を御取次します。
4.「川口聖書書道展」
  日時:11月12日(火)~14日(木)10:00~17:00、
  会場:川口リリア(川口駅隣接)
5.「さいたま市民クリスマス」
  日時:12月6日(金)午後6時
  会場:さいたま市民会館おおみや(チケット必要)500円

礼拝後の予定
・お茶と交わり

今週の予定
(木) 10:00 教会聖研
by urawalutheran | 2013-10-12 20:47 | 今週の礼拝