人気ブログランキング |

6月14日 聖霊降臨後第三主日

The LORD is my light and my salvation!
6月14日 聖霊降臨後第三主日_b0103594_0133661.gif

週報の表紙にあるイクトゥスという文字はという文字はギリシャ語で「魚」を意味しており、初代教会でキリストのシンボルマークとして魚が用いられました。なぜならば、ローマ帝国やユダヤ人からの迫害から、露骨に十字架を掲げることができなかったことも背景にあります。

主 日 礼 拝 式 次 第
前  奏     
初めの歌   「うるわしき救い主」-175-
罪の告白とゆるしの言葉
キリエ/グロリア
主日「特別の祈り」
天地(てんち)の支配者(しはいしゃ)、全能(ぜんのう)・永遠(えいえん)の神(かみ)さま。
私(わたし)たちの祈(いの)りを聞(き)き、今(いま)より永遠(えいえん)まで、あなたの平安(へいあん)のうちに歩(あゆ)ませてください。み子(こ)、主(しゅ)イエス・キリストによって祈(いの)ります。

聖書朗読
第一朗読 ホセア 2:16-22
第二朗読    Ⅱコリント 3:1-6
讃 美 頌
詩編 103編
わたしの魂(たましい)よ、主(しゅ)をたたえよ。
わたしの内(うち)にあるものはこぞって、聖(せい)なるみ名(な)をたたえよ。
わたしの魂(たましい)よ、主(しゅ)をたたえよ。
主(しゅ)のお計(はか)らいを何(なに)ひとつ忘(わす)れてはならない。
主(しゅ)はおまえの罪(つみ)をことごとく赦(ゆる)し、病(やまい)をすべて癒(いや)し、
いのちを墓(はか)から贖(あがな)い出(だ)してくださる。
主(しゅ)は慈(いつく)しみと憐(あわ)れみの冠(かんむり)を授(さず)け、長(なが)らえる限(かぎ)り良(よ)いものに満(み)ち足(た)らせ、
鷲(わし)のような若(わか)さを新(あら)たにしてくださる。
主(しゅ)はすべて虐(しいた)げられている人(ひと)のために、恵(めぐ)みのみ業(わざ)と裁(さば)きを行(おこ)なわれる。
主(しゅ)はご自(じ)分(ぶん)の道(みち)をモーセに、み業(わざ)をイスラエルの子(こ)らに示(しめ)された。
主(しゅ)は憐(あわ)れみ深(ふか)く、恵(めぐ)みに富(と)み、忍(にん)耐(たい)強(づよ)く、慈(いつく)しみは大(おお)きい。
永(えい)久(きゅう)に責(せ)めることなく、とこしえに怒(いか)り続(つづ)けられることはない。
主(しゅ)はわたしたちを罪(つみ)に応(おう)じてあしらわれることなく、
わたしたちの悪(あく)に従(したが)って報(むく)いられることもない。
天(てん)が地(ち)を超(こ)えて高(たか)いように、慈(いつく)しみは主(しゅ)を畏(おそ)れる人(ひと)を超(こ)えて大(おお)きい。
東(ひがし)が西(にし)から遠(とお)いほど、わたしたちの背(そむ)きの罪(つみ)から遠(とお)ざけてくださる。
父(ちち)がその子(こ)を憐(あわ)れむように、
主(しゅ)は主(しゅ)を畏(おそ)れる人(ひと)を憐(あわ)れんでくださる。

福 音 書   マルコ福音書2:18―22
み言葉の歌    「主よ、わが心を」-392-

説  教      「だれもしない」      笠原光見師
洗礼者ヨハネの弟子たちやファリサイ派の人々は「断食」をしていました。彼らが断食をするのは、神さまに向かっての姿勢を正したり、悔い改めをするためであったようです。そこには決して拭い得ない人の次のような思いがあるように思います。断食をしながら、苦しいような、神妙な表情を周りに見せて「私はやっているんだぞ」と、心の中で優越感に浸る。また自分自身に「私はやっているから大丈夫だ」と思いあがる、という思いです。
私たちの生きる社会は何かをしている方が良いとか、優れているとか、偉いとか思いがちですし、高く評価されやすいです。逆にしないとか、できない人に向かってはダメだとか、劣っているとか、悪いとか低い評価が下されるわけです。しかし、聖書の価値観、主イエスの目線は違います。何ができるとかできないとか、何を持っているとか持っていないとか関係なく、神さまに愛されて与えられた私たちのいのち、その一人ひとりのいのちの存在を見つめて受け入れてくださる。主イエス・キリストは神さまに愛されている一人ひとりのかけがえにないいのちのために来られ、愛と赦しといのちを与えられ、共に生きようとされるのです。
主イエスが来られた!私たちと共におられる!そのような時に「断食」をする必要などありません。喜びの時です。祝いの時です。まるで盛大に喜び祝う、幸せ絶頂の婚宴の時なのです。福音という祝福の鐘は鳴り響いているのです。
新しい布きれと古い着物を継ぐことはだれもしない。新しいぶどう酒を古い皮袋に入れることもだれもしない。どちらもダメになることを知っているから。すべてのものが生かされるには、この世のものに繋がっていても、しがみついていてもダメなのです。キリストに繋がり、キリストと結ばれることですべてのものが癒され、生かされるのです。
何かを私たちがすることで救われるでもなく、罪赦されるわけでもない。キリストがすべてを成し遂げ、恵みとして私たちに差し出している。私たちは、ただ信じて、感謝して受け取るだけなのです。

信仰告白        使徒信条

教 会 役 員 就 任 式

奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り 

聖餐の歌  「みんなでパンを分けよう」-262-
序  詞 
サンクトゥス
設定の言葉
主の祈り
アグヌス・ディ
配  餐
聖餐の感謝

派 遣の 部 
ヌンク・ディミティス
祝    福 
終わりの歌      「主イェスに従う」 -328-

お知らせ
*本日はじめて教会に来られた方を歓迎いたします。
*本日、役員就任式を行いました。教会のため、役員のためにもお祈りを お願いいたします。
*本日、役員会を行います。役員の方は出席してください。
*シャポーの「しんこうってなあに?」の本が教会にあります。子どもで も分かりやすく、伝道のためにもお使いいただけます。
1冊500円で販売しています。
*6月16日(火)19時45分より山崎兄宅で家庭集会が開かれます。
 参加出来る方は、山崎兄か牧師まで連絡をお願いします。
*8月3~5日で関東地区サマーキャンプが行われます。掲示板のポスターをご覧ください。参加希望者は牧師まで。
*8月11~13日で中高生のためのジュニアユースキャンプが予定されています。掲示板のポスターをご覧ください。参加希望者は牧師まで。
*毎月第1・3木曜日10時半より教会で聖書勉強会を行っています。どなたでもご参加ください。次回は6月18日(木)になります。
*会員の方はいらした時に、メールボックスをご確認ください。

今週の笠原牧師スケジュール
14日(日) 聖霊降臨後第三主日礼拝 役員会
15日(月) 教会/牧師館 午後外出
16日(火) 教会/牧師館 19:45~家庭集会@山崎兄宅
17日(水) 地区教職者集会  
18日(木) 聖書に親しむ会  教会/牧師館 
19日(金) 教会/牧師館
20日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定
特別讃美礼拝 2015年6月21日 (午前10時半~12時) 
聖 書 申命記5:12-15、Ⅱコリント4:7-18、マルコ2:23-28
 讃美歌 「主イエスの愛で」「Here I am to worship」「How great is our God」「Your grace is enough」「Above all」「イエス神の子羊よ」
説 教 「神さまのもとで休む」
説教者 ジェイミー・ホルト師

by urawalutheran | 2015-06-13 23:48 | 今週の礼拝