人気ブログランキング |

12月18日 待降節第四主日

12月18日 待降節第四主日_b0103594_2045833.jpg

主 日 礼 拝 式 次 第
前  奏
初めの歌 「よろこべ主イエスは」      -3-
罪の告白とゆるしの言葉
キリエ/グロリア
主日「特別の祈り」
主キリストよ。
力を奮って来てください。私たちが祝いの日を迎えるとき、私たちの罪を取り除いて、永遠の喜びに仕えさせてください。
あなたは父と聖霊と共にひとりの神であって、今もまた、永遠に生きて治められます。アーメン

聖書朗読
第一朗読   サムエル上 2:1-10 
第二朗読   ローマ   2:17-29 
讃 美 頌        詩編101編          
福音書      ルカ福音書1:46-55   
み言葉の歌  「わが心は」         -14-

説  教  「讃美したくなる」 笠原光見牧師
ほとんどの人は、自分の身に予期せぬ困った出来事が起きたら不平不満を口にして、神も仏もあったものかというのではないでしょうか。そして、不安や恐れが心を支配していたら暗い気持ちになってふさぎ込み、神さまを讃美することなど到底できないように思います。マリアの身に起きた出来事は相当に大きな出来事です。普通であったなら悩み、苦しみ、不安でいっぱいの毎日を過ごすのではないかと思います。しかし、マリアは前向きに受け止め、自分の身に起きたことを喜び、幸いなものだと神さまを讃美するのです。人は自分のこと以上に大切なもの、自分のいのちよりも重要なものを見出すことができたなら、自分の身に降りかかる理不尽な出来事や、限りある自分のいのちに中にあっても希望を失うことなく、前向きに喜びをもって生きることができるのではないでしょうか。神さまが与えてくださったおなかの子のいのちはマリアのすべてとなり、彼女のいのち以上の価値あるもの、大切なもの、喜びであり幸せとなったのでしょう。マリアは歌います、「わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。身分の低い、この主のはしためにも目を留めてくださったからです」と。自分の身に起きていることのすべてが神さまのみ心であるという確信とマリアの信仰は、彼女の生きる世界を喜びと希望に満ちあふれさせ、色鮮やかなものにし、その口からは神さまへの讃美があふれ出ています。そして、自分に示された主の憐れみと深い愛とは、同じように身分の低い者や、飢えている人へと向けられるということの証しであると心にとめていたに違いありません。然り。主イエス・キリストは弱い立場にある人を深く憐み、愛されました。キリストはすべての人の救いのために来てくださったのです。ハレルヤ。

信仰告白        ニケア信条  
奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り 
聖餐の歌    「カルバリの十字架に」     -253-
序  詞
サンクトゥス
設定の言葉  
主の祈り
アグヌス・ディ
配  餐
聖餐の感謝 
派遣の部 
ヌンク・ディミティス
祝  福  
終わりの歌       「あなたをたたえ」     -歌集4番-

お知らせ
*12月24日(土)午後5時より燭火礼拝を行います。
*12月25日(日)降誕祭礼拝の中で、男性の特別賛美を予定しています。本日、礼拝後に練習を行います。
*12月25日(日)礼拝後、持ち寄り食事会を行います。みんなで一緒にクリスマスのお祝いをしましょう。プレゼント(500円程度)もご用意ください。
*古本・中古CD献金を行っています。名前や線、書き込みのある本は不可。古本・中古CDを教会にお持ちください。第3回締め切りは1月6日(金)です。重くて運べない方は、牧師までご連絡ください。
*冬期特別献金のお願いをしています。できるだけ今年中にお願いいたします。
*来年、1月1日(日)は通常通り主日礼拝を行います。
*来年、2月5日(日)に会員総会を行います。日程調整をお願いします。
*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。次回は1月5日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は12月27日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、1月28日(土)午後5時からです。

今週の笠原牧師スケジュール
18日(日) 待降節第四主日    
19日(月) 浦和ルーテル学院クリスマス礼拝
20日(火) 教会/牧師館
21日(水) 教会/牧師館
22日(木) 教会/牧師館 
23日(金) 教会/牧師館
24日(土) 主イエス・キリスト降誕聖夜燭火礼拝 17:00~

来週の礼拝予定
降誕祭礼拝2016年12月25日(午前10時半~12時) 
聖 書 イザヤ52:7-10、ヘブライ1:1-9、ヨハネ1:1-14
讃美頌 詩編98編
讃美歌 33、27、30、262(聖餐)、26
説 教 「どうしても伝えたくて」
説教者 笠原光見牧師
by urawalutheran | 2016-12-17 22:13 | 今週の礼拝