2018年5月6日 復活後第五主日

主日の礼拝式次第

開会の部

前  奏  

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。 

) アーメン

司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。 

会)またあなたとともに。

讃美歌      「あがめます主のみ名」   -歌集25番-

罪の告白とゆるし

司)父なる全能の神よ。

全員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことばと行いとによって、多くの罪を犯しました。私たちはみ前に罪をざんげし、父なる神の限りないあわれみにより頼みます。

司)あわれみ深い神よ。ます。アーメン

全員)み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪をゆるしてください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  全員)アーメン

特別の祈り

すべての良きものの源である神さま。

あなたの聖なる息吹を与えて、正しいことを考え、それを実行できるように導いてください。

あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

福音書    ヨハネ福音書15:11-17   新199頁

説  教    「愛される人びと」     笠原光見牧師

ヨハネ福音書15章では、イエスさまがまことのぶどうの木とその枝の譬えをもってキリストと私たちは確かにつながっているということをはっきりと示してくださいました。そしてイエスさまはこのつながりを共有している私たちと共に分かち合いたいことがあるそれが「喜び」です。11節に「これらのことを話したのは、わたしの喜びがあなたがたの内にあり、あなたがたの喜びが満たされるためである」とイエスさまは言います。イエスさまの喜び、それはもちろん神さまとの繋がりであり、神さまのみ心、神さまの言葉を聴いて生きることであり、神さまの限りない愛にとどまり、愛し合い生きていくことです。これにとって代わる喜びはないということ。このことを繋がり合う弟子たちに、教会に、そしてこの世界に、私たちにはっきりと示し、その喜びの中で私たちが喜びに満たされて生きてほしいんです。移り変わり行くこの世の繋がり、不確かな支配者や指導者の言葉、限りある人間の愛の中ではどうしても満たされることのない喜びを、永遠である神さまとの繋がり、絶対である神さまのみ言葉、そして限りない神さまの愛を信じて留まることで、私たちの喜びは満たされていくのだということです。イエスさまはご自身が満たされている喜びを私たちとも共有したいんです。福音宣教とはそういうことです。「福音」、つまり喜びの知らせをあなたにも届けたい。私が受けた喜びをあなたにも知ってほしい。家族や友人にもこの喜びを分かち合いたいんだということから、イエス・キリストによって表された神さまのみ心、この世界に、私たちに向けられた思いと、愛とを私たちが人々に語ることであったり、何かしらの形で伝えていくんです。私たち一人ひとりにいのちを与え、私たち一人ひとりを愛しておられる神さまは、私たちの心を、そして一度きりの人生を喜びで満たしたいと思っておられるのです。

讃美歌         「たよりまつる」       -374-

信仰告白 使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

奉献の祈り

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入()れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

教会の祈り(全員)

神さま。労苦を問わず、主に溶け込むように、主を信頼し歩む群れであれますように。主イエス・キリストのみ名によって祈ります。アーメン

(各々の祈り・代表者の祈り)

聖餐の部

聖餐の歌     「みんなでパンを分けよう」   -262-

平和の挨拶 (起立)

司)主の平和がみなさんとともにあるように

会)また、あなたとともに。

聖餐の制定

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。会)アーメン

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部

讃美歌         「主はぶどうの木」   -歌集22番-

祝  福 (起立)

アーメン・アーメン・アーメン

後  奏

   

お知らせ

*本日、礼拝後、大掃除をします。ご協力お願い致します

大掃除の後に役員会をします。役員の方は出席してください。

*5月13日(日)礼拝説教を柴田千頭男先生にしていただきます。カレーライスランチ後、午後1時から2時半で講演会も予定しています。柴田先生の来られる貴重な機会をどうぞお聴きのがしなく。

*5月26日(土)関東地区女性の会が、新しくなったルターハウスで行われます。出席できる方は13日までに、参加申し込みをお願いいたします。

*6月3日(日)教会祭を行います。バザーのための献品をお願いいたします。今回は、古着・食器・電化製品は集めませんのでご注意ください。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切4月13日です。

*今年もクリスマスツリー・イルミネーションのための献金にご協力ください。よろしくお願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は5月17日(木)午前10時半から。

*「夕礼拝」次回は5月8日(火)午後7時半から。

*「ミュージックアーク」次回は5月19日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

6日(日) 復活後第五主日礼拝 大掃除 役員会 

7日(月) 休み

8日(火) 夕礼拝

9日(水) 教会/牧師館

10日(木) CGNTV撮影

11日(金) YMCAギター講師

12日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

昇天主日礼拝 2018513

聖 書 使徒書1:1-11、エフェソ1:15-23、ルカ24:44-53

讃美頌 詩編110

讃美歌 112278263(聖餐)、308

説 教 「喜びに満たされて」

説教者 柴田千頭男先生


by urawalutheran | 2018-05-06 21:40 | 今週の礼拝