6月3日教会祭

63日教会祭礼拝式次第


【開会の部】

前奏

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。 

) アーメン

司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。 

会)またあなたとともに。

讃  美    「ありがとう」     -歌集26-

        「きみは愛されるため生まれた」 -歌集2-

罪の告白と赦し

司)父なる全能の神よ。

全員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことばと行いとによって、多くの罪を犯しました。私たちはみ前に罪をざんげし、父なる神の限りないあわれみにより頼みます。

司)あわれみ深い神よ。

全員)み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪をゆるしてください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  全員)アーメン

特別の祈り

全能の神さま。

あなたはいのちの言であるみ子によって、私たちの目と耳を開いてくださいました。

聖書の宣べ伝えていることを、私たちが喜んで信じ、行なうことができるように助けてください。

み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

【みことばの部】

聖書朗読

マルコ福音書2:1-12       新63頁

説  教         「あなたのすべてを受け止める」 笠原光見牧師

献  歌       「いつくしみ深き」  浦和ルーテル学院聖歌隊

信仰告白        使徒信条

天地の造り主、全能の父である神を私は信じます。

そのひとり子、私たちの主イエス・キリストを私は信じます。主は聖霊によってやどり、おとめマリアから生まれ、ポンティオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、死んで葬られ、陰府に下り、三日目に死人のうちから復活し、天に上られました。そして全能の父である神の右に座し、そこから来て、生きている人と死んだ人とをさばかれます。聖霊を私は信じます。また聖なる公同の教会、聖徒の交わり、罪の赦し、からだの復活、永遠のいのちを信じます。 アーメン

【奉献の部】

奉献(献金)  

奉献の祈り 

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

教会の祈り                    

(各々の祈り・代表者の祈り)

       

平和の挨拶 *前後左右の方と「主の平和」と挨拶を交わしましょう。

聖餐と祝福

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

【派遣の部】

主の祈り

天の父よ。み名があがめられますように。み国が来ますように。

み心が天で行われるように、地上でも行われますように。

私たちに今日もこの日の糧をお与えください。私たちに罪を犯した者を赦しましたから 私たちの犯した罪をお赦しください。私たちを誘惑から導き出して、悪からお救いください。

み国も力も栄光もとこしえにあなたのものだからです。

アーメン

讃美歌        「フリー」        歌集30

「真昼のように」       歌集13番

祝  福 (起立

主があなたを祝福し、あなたを守られるように。

主がみ顔をもってあなたを照らし、あなたを恵まれるように。

主がみ顔をあなたに向け、あなたに平安を賜るように。

父と子と聖霊のみ名によって

アーメン・アーメン・アーメン

後  奏

教会祭

11:45 バザー・模擬店開始

  ↓  

12:30 浦和ルーテル学院聖歌隊出演

  ↓

14:00 バザー・模擬店終了

お知らせ

71日(日)12時半より「キリスト教装備の学びの会」を行います。講師はキリスト教葬儀専門葬儀社「輝」会長 奥田幸平氏です。入場無料ですのでどなたでも大歓迎です。

73日(水)10時半より「ルーテル学院大学、日本ルーテル神学校」の1日体験が三鷹の大学キャンパスで行われます。ご希望の方は事前申し込みが必要ですので牧師まで申し込みください。

*現在、教会でお借りしている駐車場は6月末までとなります。7月から主日礼拝時は役員と牧師以外の方は、今までどおり車で来ていただいて、教会の敷地内に駐車をお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切6月29日です。

*今年もクリスマスツリー・イルミネーションのための献金にご協力ください。よろしくお願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は6月7日(木)午前10時半から。

*「夕礼拝」次回は6月12日(火)午後7時半から。

*「ミュージックアーク」1次回は7月14日(土)午後5時から。

*週報10ページにある祈りの課題を各自のお祈りに加えてください。

〈浦和ルーテル教会の祈り〉

「収穫の主に願いなさい」マタイ9:38

・浦和ルーテル教会に必要なものが満たされますように。そのために私たちができるだけのことを行い仕えていくことができるように一心に祈り求めましょう。

・けがや病気などで教会に長い間来られていない人のため、また教会から離れてしまった人の復帰のために祈りましょう。

・一人でも多くの人をこの教会へと招き、神さまを中心とした豊かな交わりをもつことができるように祈りましょう。

・それぞれにできる福音宣教の働きに必要な知識、知恵、力、勇気を求め、聖霊の助けを祈りましょう。

・神さまが建てられたすべての教会、学校、病院、施設のために祈りましょう。特に日本ルーテル教団と関わりある教会、学校をおぼえて祈りましょう。

<埼玉分区内教会の祈りの課題>

*埼玉分区の4つの教会で、各教会の課題を1年間一緒に祈りあっています。特に4月は館林教会の課題を覚えてお祈りください。

・教会内における信仰の継承。

・保育園が宣教の器として用いられること。(保育を通した神の愛の伝達。)


by urawalutheran | 2018-06-06 11:23 | 今週の礼拝