2018年9月2日 聖霊降臨後第十五主日

開会の部

前  奏 

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。

) アーメン

司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。

会)またあなたとともに。

讃美歌   「この道はひとつ」    -歌集21番-

罪の告白と赦し

司)父なる全能の神よ。

全員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことばと行いとによって、多くの罪を犯しました。私(わたし)たちはみ前に罪をざんげし、父なる神の限りないあわれみにより頼みます。

司)あわれみ深い神よ。

全員)み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪をゆるしてください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  全員)アーメン

特別の祈り

恵みの神さま。

多くのことに心を煩わされている私たちが、あなたの教えに耳を傾け、欠くことのできない、ただ一つのものを選び取ることができるように助けてください。

み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部

聖書朗読

 マルコ福音書7:1-15      新74頁

説  教     「用心して」      笠原光見牧師

ボンヘッファーは、「キリスト者の交わりは、ただ、イエス・キリストによってのみ結びついている」といいました。神父や牧師、長老や議長など人によっての交わりではないですし、また、人の言葉による結びつきでもありません。キリスト者の交わりはルターが言ったように、ただ聖書のみ、イエス・キリストによってはっきりと啓示された、示された神の言葉のみによる結びつきなのです。用心しなければならないのは、目に見える人や、人の作りだす言葉に引きずられ従属すること。そして誰もが持つ他人を従属させよう、支配しようとしてしまう衝動と欲望です。ファリサイ派の人びとと律法学者たちはエルサレムから来たと聖書は記してあります。エルサレムは宗教の最高権威をもつところで、そこから来たファリサイ派や律法学者たちは宗教的指導者の大きな権威を持っている者たちといっていいでしょう。その彼らがイエスさまの弟子たちが人の言い伝えに従わず、汚れた手で食事をしているのか、と問いただすわけです。イエスさまは、彼らが人の言い伝えと、自分たちの権威に従属させようとする思いを悲しまれます。そして「あなたたちは神の掟を捨て(8節)」「神の掟をないがしろにし(9節)」「神の言葉を無にし(13節)」と言われ、人の言葉や、人の思いに振り回され、引きずられ支配されるのではなく、神さまの思いと言葉に、耳を傾け、従い生きていく大切さを力強く伝えるのです。神さまは、思いと言葉とをイエス・キリストによってはっきりと表されました。そのイエスさまは言うのです、神さまを愛し、隣人を自分のように愛しなさいと。人の心に生まれる衝動や欲望と、人の思いと言葉に引きずられるなら、隣人に対して強要、従属、支配することでの交わりに生きてしまうことになってしまう。イエスさまが求める人と人との交わりは、神さまの言葉と思い、愛による結びつき、交わりです。私たちはそのことに心を用いて、キリストの愛をもって生きていきたい。

讃美歌         「こころみうけ」      -460-

信仰告白 使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

奉献の祈り

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入()れてください。

あなたと聖霊とともにただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

教会の祈り

聖餐の部

「みんなでパンを分けよう」   -262-

平和の挨拶 (起立)

司)主の平和がみなさんとともにあるように

会)また、あなたとともに。

聖餐の制定

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部

「イエスが愛したように」   歌集33番

祝 福

主があなたを祝福し、あなたを守られるように。

主がみ顔をもってあなたを照らし、あなたを恵まれるように。

主がみ顔をあなたに向け、あなたに平安を賜るように。

父と子と聖霊のみ名によって

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏

お知らせ

*9月9日(日)の礼拝は、関東地区一致祈祷日です。浦和教会には西東京教会の高野先生が来てくださいます。礼拝後、カレーランチと交わりの時間を予定しています。笠原牧師は大船教会に行きます。

*来年度の教会手帳と聖書日課の申し込みが始まりました。購入希望の方は受付の申込書に記入お願いいたします。締切916日。

*夏期特別献金をお願いしています。心にとめ、できる限りの献金をお願いいたします。

*教団から西日本豪雨災害義捐金のお願いが来ています。皆さまのご協力をお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切8月31日です。

*今年もクリスマスツリー・イルミネーションのための献金にご協力ください。よろしくお願いいたします

*「聖書に親しむ会」次回は9月6日(木)午前10時半から。

*「夕礼拝」次回は9月11日(火)午後7時半から。

*「ミュージックアーク」次回は10月6日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

2日(日) 聖霊降臨後第十五主日礼拝 役員会

3日(月) 休み

4日(火) 教会/牧師館

5日(水) 地区役員会@飯田橋

6日(木) 聖書に親しむ会

7日(金) 教会/牧師館

8日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

聖霊降臨後第十六主日礼拝201899日 

聖 書 イザヤ35:1-3、ヤコブ1:2-18、マルコ7:24-30

讃美頌 詩編123

讃美歌 190388263(聖餐)、393

説 教 「異邦の女の信仰」

説教者 高野公雄牧師


by urawalutheran | 2018-09-03 23:10 | 今週の礼拝