2018年10月7日 聖霊降臨後第十七主日

開会の部

前  奏 

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。

) アーメン

司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。

会)またあなたとともに。

讃美歌     「勝利をのぞみ」     -歌集35番-罪の告白とゆるし

司)父なる全能の神よ。

全員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことばと行いとによって、多くの罪を犯しました。私たちはみ前に罪をざんげし、父なる神の限りないあわれみにより頼みます。

司)あわれみ深い神よ。ます。アーメン

全員)み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪をゆるしてください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  全員)アーメン

特別の祈り

愛する救い主よ。

私たちがあなたを見いだせないときにも、あなたは私たちを捜しだしてくださいます。慈しみとみ力を顕して、私たちの耳と心をみ言葉に対して開いてください。

あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部

書    マルコ福音書9:38-50      新80頁

説  教    「平和に過ごしましょう」    笠原光見牧師

 私たちの教会では毎回の礼拝で「主の平和」といって挨拶をかわします。私の平和でも、あなたの平和でもなく私たちは「主の平和」を願い、あいさつを交わすのです。主の平和とはイエス・キリストによって表された神さまのみ心にかなう平和の世界です。イエスさまは、一人ひとりのことを大切に思い、相手の思いに寄り添い、相手の幸せ、救いを心から願い、愛し抜かれ神さまのみ心と愛を貫かれ、人々の平和と愛のあふれる世界を求めるのです。私たちそれぞれが求める、私の平和であったなら自己満足を求める平和、エゴと欲望に引きずられた平和を望むことになってしまう危険をいつでも孕んでいるのが私たち人間の求める平和ではないでしょうか。イエスさまの弟子たちは、イエスさまの名によって悪霊を追い出しているものを見て、自分たちが正当な弟子であるとか、イエスさまの名を自分たちだけのものにしておきたいという独占欲に引きずられてしまいます。そして自分たちに従わせようとする傲慢さもみられます。真の平和や、真の救いは自分の都合が優先されるところや、自分の要望が満たされるところには決してないでしょう。自分のもつ価値観や世界観に従わせるところに真の平和や救いは見いだせないでしょう。イエスさまは自分を中心とするよりも、小さな者一人ひとりを中心にしてすべてを成し遂げられました。キリストの愛は小さな者一人ひとりに向けられ、小さな者一人ひとりの救いと平和のために十字架にかかられたのです。実に私たち一人ひとりにキリストの愛は向けられ、キリストのいのちが与えられているのです。キリストのいのちと愛を中心にして小さな者一人ひとりを尊び、主の平和を願い、祈り、求めて行動していく中で、互いに平和に過ごすことができるでしょう。

讃美歌        「めぐみ深い」       -441-

信仰告白      使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

奉献の祈り

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入()れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

教会の祈り(全員)

神さま、労苦を問わず、主に溶け込むように、主を信頼し歩む群れとしてください。主イエス・キリストのみ名によって祈ります。アーメン

(各々の祈り・代表者の祈り)

聖餐の部

聖餐の歌     「主イエス・キリストよ」    -260-

平和の挨拶 (起立)

司)主の平和がみなさんとともにあるように

会)また、あなたとともに。

聖餐の制定

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。会)アーメン

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部

讃美歌        「イエスが愛したように」   歌集33番

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏

お知らせ

*10月14日(日)礼拝後に役員会を行います。役員の方は予定にいれてください。

*10月21日(日)礼拝後にホットドッグランチを予定しています。ランチの後には、式文についての学び会をしますのでどうぞご参加ください。

*10月28日(日)午後3時から、埼玉分区宗教改革の集いが浦和教会で行われます。埼玉分区の教会員の方々と一緒に、講演会と交わりの時を持ちます。

*教団から西日本豪雨災害義捐金、北海道胆振東部地震義捐金のお願いが来ています。皆さまのご協力をお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切10月31日です。

*今年もクリスマスツリー・イルミネーションのための献金にご協力ください。よろしくお願いいたします

*「聖書に親しむ会」次回は10月18日(木)午前10時半から。

*「夕礼拝」次回は10月9日(火)午後7時半から。

*「ミュージックアーク」次回は11月17日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

7日(日)聖霊降臨後第二十主日礼拝 

8日(月)休み

9日(火)夕礼拝

10日(水)教会/牧師館

11日(木)教会/牧師館

12日(金)教会/牧師館

13日(土)教会/牧師館

来週の礼拝予定

聖霊降臨後第二一主日礼拝20181014日 

聖 書 創世記2:18-24、ヘブライ2:5-9、マルコ10:1-16

讃美頌 詩編128

讃美歌 170350262(聖餐)、410

説 教 「神が結び合わせてくださった」

説教者 笠原光見牧師


by urawalutheran | 2018-10-08 00:38 | 今週の礼拝