2018年11月4日 全聖徒主日

開会の部

前  奏 

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。

) アーメン

司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。

会)またあなたとともに。

讃美歌    「やすかれわが心よ」     -337-

罪の告白とゆるし

司)父なる全能の神よ。

全員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことばと行いとによって、多くの罪を犯しました。私たちはみ前に罪をざんげし、父なる神の限りないあわれみにより頼みます。

司)あわれみ深い神よ。ます。アーメン

全員)み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪をゆるしてください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  全員)アーメン

特別の祈り

全能の神さま。

あなたは信じる者を主キリストのからだ、唯一の聖なる教会に結び合わされました。恵みを注いで、私たちを聖徒たちの信仰と献身の生涯に倣わせてください。

あなたの民のために備えられた喜びで満たしてください。

あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン


みことばの部

 ヨハネ福音書16:25-33   新201頁

説  教    「私たちは信じます」     笠原光見牧師

今日の聖書箇所で「父」という言葉は6回も出てきます。イエスさまは神さまを父と呼んでいるのです。親は子どものことを絶対に忘れないでしょうし、気にかけ、心配しているものです。イエスさまは私たちに向けられた神さまの親心と深い愛を示してくださいました。父なる神さまは私たちのことを心にかけてくださっているからこそ、イエス・キリストを私たちのもとに遣わして、思いと、変わることのない愛を示してくださいました。聖書は、この世界を創られ、いのちあるものすべてを創られた偉大なる神さまが、私という一人の小さな人間をも心に留め、語りかけ、手お差し伸べてくださっていることを示しています。そして、イエス・キリストの十字架と復活の出来事を通して、私たち人間にはどうすることもできない罪と死の問題を克服し、永遠のいのちに与るようにしてくださったのです。人がどれだけお金を積んでも、修行を積んでも、功徳を積んでもどうしても克服することができない罪と死という問題があります。この世の思想や宗教では功徳や修行を積むことで、つまり人の努力や力で成仏できる、浄土に行くことができるように教えますが、聖書は違います。人を救うのは人の努力や功績ではなく、神だけが人を罪と死の問題から解放し、救いに与るものとするのだというのです。人が修行や功徳を積んで自分自身を高めていくことでは救われず、神が低きところに降り、救いの手を差し伸べ、受け止めるからこそ絶対に人は救いに与ることができるのだということです。私たちは、神さまが私たちのことを心に留めて、私たちをしっかりと受け止めるために遣わしてくださった「わたしは既に世に勝っている」と言われたイエス・キリストを信じて、キリストのいのち、キリストの勝利、キリストの愛を受け止め、平安のうちに生きていくのです。父なる神さまはいつでもあなたのことを心に留めておられます。

讃美歌        「いともとうとき」      -271-

信仰告白      使徒信条


奉献の部

奉献(献金)

奉献の祈り

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入()れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

教会の祈り(全員)

神さま、労苦を問わず、主に溶け込むように、主を信頼し歩む群れとしてください。主イエス・キリストのみ名によって祈ります。アーメン


召天者記念の祈り

恵み深い神さま

今日、私たちは、みもとに召された信仰の先輩たちを覚え、共に礼拝する日として守っています。私たちは、たとえ死によって離れても、あなたの永遠の命のもとでつながっており、共に生きているのです。決して、この世での別れが永遠の別れではないことを信じて祈る私たちの祈りに耳を傾けて下さい。

召された兄弟姉妹を通して与えてくださった神さまの恵みに心から感謝します。

あなたは、み子イエス・キリストの死と復活によって、私たちを永遠の死から解放し、新しいいのちを与えてくださいました。復活の望みを与えられ召された信仰の先輩たちとともにささげる私たちの讃美を祝福してください。あなたの慰めと望みとをもって私たちを満たし、召された者と共に復活の恵みに与らせてください。死に打ち勝ち復活して新しいいのちの源でおられる主イエス・キリストによって祈ります。アーメン。

祈りと共にカーネーションの献花

 カーネーションという花の歴史は古く、古代ギリシャの時代から香料などとして栽培されていたようです。

 ヨーロッパではイエス・キリストが十字架で処刑されたときに母マリアが流した涙のあとから生えてきた花だという伝承もあるようです。

 浦和ルーテル教会では召天者記念礼拝のなかで、神さまのもとへ召された兄弟姉妹を覚えて、祈りと共に白いカーネーションを献花しています。

 白いカーネーションの花言葉は、「純粋な愛」、「私の愛は生きています」ということです。

 私たちは、祈りと共に白いカーネーションを献花するとき、神さまと、そして神さまのもとへと召された兄弟姉妹との愛による結びつきを思い起こします。

 そして今を生きる私たちも、愛によって結び合わされ互いを尊び、愛し合い生きることを願い祈るものです。

 神さまの愛は永遠であり無限です。神さまのもとへと召された兄弟姉妹は神さまの永遠の愛に包まれ、平安の中にあります。


聖餐の部

聖餐の歌     「カルバリの十字架に」     -253-

平和の挨拶 (起立)

司)主の平和がみなさんとともにあるように

会)また、あなたとともに。

聖餐の制定

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。会)アーメン

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 


派遣の部

讃美歌        「つるぎもひとやも」       406

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏


お知らせ

*本日は召天者記念礼拝でした。召天された兄弟姉妹を覚えての礼拝のときを皆さまともてましたことを感謝いたします。

1111日(日)は礼拝の中で子ども祝福式を執り行います。どうぞお子様と一緒に礼拝に参加ください。

1118日(日)礼拝後、男うどんランチを予定しています。お手伝い、差し入れ大歓迎です。

*11月25日(日)礼拝後に大掃除とクリスマスの飾り付け、準備をいたします。いよいよアドベントに入ります、皆さまご協力よろしくお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切10月31日です。

*今年もクリスマスツリー・イルミネーションのための献金にご協力ください。よろしくお願いいたします

*「聖書に親しむ会」次回は11月15日(木)午前10時半から。

*「夕礼拝」次回は11月13日(火)午後7時半から。

*「ミュージックアーク」次回は11月17日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

4日(日)全聖徒主日召天者記念礼拝 役員会

5日(月)新潟

6日(火)新潟

7日(水)讃美礼拝練習

8日(木) ULS10年生来会

9日(金)教会/牧師館

10日(土)教会/牧師館


来週の礼拝予定

こども祝福 賛美礼拝20181111日 

聖 書 マルコ12:28-34

讃美頌 

讃美歌 いのちの光、Foot Prints、イエスが愛したように、キミは愛されるため生まれた(聖餐)、その日全世界が、GodBless You

説 教 「受け入れ合う


b0103594_14353721.jpg

by urawalutheran | 2018-11-05 14:40 | 今週の礼拝