2018年12月30日 降誕後主日

前奏

初めの歌     「まぶねの中に」        -307-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

特別の祈り

全能の神さま。

あなたは人を造られました。救いのみ業によって、それをさらに輝かしい姿にされます。

人となられたイエス・キリストによって、私たちをあなたのいのちに生きる者としてください。

あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

第一朗読 エレミヤ 31:10-14      旧1235頁

第二朗読 ヘブライ 2:10-18       新402頁

頌        詩編84編         週報2

福音書     ルカ福音書2:22-40     新103頁

み言葉の歌     「地に住む民らよ」       -178-

説  教      「すばらしい出会い」    笠原光見牧師

一生のうちに出会えることはないと思っていた存在に出会えたとしたら、その後の人生は一変しそうですよね。変わらないとしてもそのときの記憶は一生忘れないでしょう。出会いによって人は変えられていくものです。シメオンは神さまの言葉を信じて、キリストの出会いを待ちわびていました。そして、ついに待ちに待ったキリストと出会い、シメオンの新しいときが始まったのです。待ちわびたときが終り、新しいときが始まり、キリスト共に生きるときが始まったのです。キリストとの出会いは間違いなくその人の人生を変え、キリスト共に生きる者としてくださいます。年を重ね、老いていくうちに、死を意識してしまうのが人間です。生きていてもこの先に待っているのが死であるだけだと思うとき心は穏やかではないでしょう。キリストと出会い、キリスト共に生きる者とされたシメオンは言います「この僕を安らかに去らせてくださいます。わたしはこの目であなたの救いを見たからです」と。神さまからの救いの確信を得て、すべてを委ねることができたなら心は平安に満たされて生きることができるでしょう。

信仰告白        使徒信条      式文4

奉献の部

奉献(献金)と奉献唱  式文5

奉献の祈り/教会の祈り       式文6

聖餐の部

聖餐の歌    「カルバリの十字架に」     -253-

序  詞                      式文7

サンクトゥス

設定の言葉   式文8

主の祈り

アグヌス・ディ 式文9

配  餐

聖餐の感謝                    式文10頁

派遣の部                     式文11頁

ヌンク・ディミティス    式文12頁

祝  福  

終わりの歌        「 「たえなる道しるべの」     -414-

後 奏  

お知らせ

11日(火)午前11時から元旦礼拝を行います。礼拝後にはお汁粉をいただきます。来年の主題説教となります。新年最初の礼拝に共に集い、神さまからの祝福に与りましょう。

16日(日)礼拝後、クリスマス飾りの片付けをいたします。みなさまどうぞご協力ください。

113日(日)礼拝後、男うどんランチがあります。そして、午後1時半から新春寄席を開催いたします。長谷兄の参加している落語会の皆さまが来てくださり落語を披露してくださいます。

120日(日)礼拝後、役員会をします。役員のみなさまよろしくお願いいたします。

23日(日)礼拝後、会員総会を行います。今年の報告、来年の行事予定と予算、役員一部改選、納骨一時保管についてなどの議題があります。日程の調整をお願いいたします。

*冬期特別献金のお願いをしています。感謝をもってそれぞれができるだけをささげてください。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切224日です。

*「聖書に親しむ会」次回は1月17日(木)午前10時半から。

*「夕礼拝」次回は1月8日(火)午後7時半から。

*「ミュージックアーク」次回は1月26日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

30日(日) 降誕後主日礼拝 

31日(月) 教会/牧師館

1/1日(火) 元旦礼拝午前11時~

2日(水) 休み

3日(木) 休み

4日(金) 休み

5日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

顕現主日礼拝 201916

聖 書 マタイ2:1-12

讃美頌 

讃美歌 あなたをたたえ、54254(聖餐)、56

説 教 「喜びをあなたに」

説教者 笠原光見牧師


by urawalutheran | 2018-12-31 16:50 | 今週の礼拝