人気ブログランキング |

2019年1月13日 主の洗礼日

開会の部

前  奏 

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。

) アーメン

司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。

会)またあなたとともに。

讃美歌    「キミは愛されるため生まれた」   -歌集2-

罪の告白とゆるし

司)父なる全能の神よ。

全員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことばと行いとによって、多くの罪を犯しました。私たちはみ前に罪をざんげし、父なる神の限りないあわれみにより頼みます。

司)あわれみ深い神よ。ます。アーメン

全員)み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪をゆるしてください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  全員)アーメン

特別の祈り

天の父なる神さま。

あなたはヨルダン川(がわ)でイエス・キリストに聖霊を注いで「わたしの愛する子」と言われました。み名による洗礼によって、あなたの子どもとされた私たちがみ心に従って歩み、永遠の命を受ける者となるようにしてください。あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部

書  ルカ福音書3:15-22      新106頁

説  教      「愛の働きかけ」   笠原光見牧師

もしも、国を治める指導者が私利私欲にまみれた人間で、重税を課したり、気に入らない人を排除したり、弱者に対して無関心であったなら、人々の生活は苦しいでしょうし、生きる意味を見失い、心は絶望感に襲われるでしょう。洗礼者ヨハネを捕らえた領主ヘロデは私利私欲にまみれた人間であったようですから、民衆が心の底から救い主メシアを求めることは当然のことだと思います。この世の指導者に見捨てられたように感じ、不安や恐れに苛まれているからこそ、人々は神さまにつながろうと洗礼者ヨハネのもとに集まり悔い改めの洗礼を受けたのです。その洗礼を受けている人々の中に、人々と同じように洗礼を受けるイエスさまの姿があります。ここに神さまの思いが表されているのです。人々の叫びへの、神さまの応答がここに表されているのです。神はあなたがたと共にいる!あなたを見捨てることはしないし、あなたのことをみ心に留めている、あなたの傍にいる、と言う神さまからの応答です。人々は悔い改めのために洗礼を受けました。それは自分のためであり、自分が大切だからに違いありません。そうです。イエスさまが受けた洗礼は、あなたというかけがいのないいのちの存在を大切に思い、愛するものと連帯し、愛するものと共に生きるために受けた洗礼です。イエスさまが洗礼を受けて、神さまに祈ると神さまは言われました「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」と。このことは、イエス・キリストが私たちと同じように洗礼を受け、交わり、繋がることで私たちは神さまの子どもとなり、神さまは子どもである私たちを決して見捨てることはない、という宣言です。ヨハネのいった聖霊による洗礼とはキリストによる神さまの愛の働きかけのことでしょう。キリストによって示された神さまの愛は、何ものも、死でさえも私たちをその愛から引き離すことはできないのです。キリストと共に生きる。ここに、死をも超える永遠の希望といのちがある。

讃美歌          「いともとうとき」      -165-

信仰告白      使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

奉献の祈り

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入()れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

教会の祈り(全員)

神さま、宗教改革500年を迎えて、ルターの言葉とされる「たとい明日世の終わりが来るとしても、今日リンゴの木を植える」を掲げ、伝道、奉仕、交わりの種をまき、木を植える教会でありますように。

(各々の祈り・代表者の祈り)

聖餐の部

聖餐の歌      「すがたはみえねど」     -256-

平和の挨拶 (起立)

司)主の平和がみなさんとともにあるように

会)また、あなたとともに。

聖餐の制定

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。会)アーメン

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部

讃美歌      「イエスが愛したように」    -歌集33-

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏

お知らせ

*礼拝後、男うどんランチがあります。そして、午後1時半から新春寄席を開催いたします。長谷兄の参加している落語会の皆さまが落語を披露してくださいます。

120日(日)礼拝後、役員会をします。役員の方は出席をお願いします。

23日(日)礼拝後、会員総会を行います。今年の報告、来年の行事予定と予算、役員一部改選、納骨一時保管についてなどの議題があります。会員の方は日程の調整をお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切224日です。

*「聖書に親しむ会」次回は1月17日(木)午前10時半から。

*「夕礼拝」次回は1月22日(火)午後7時半から。

*「ミュージックアーク」次回は1月26日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

13日(日)主の洗礼日主日礼拝 男うどん 新春寄席

14日(月)休み

15日(火)骨髄バンクドナー検査

16日(水)地区キャンプ委員会 MA練習

17日(木)聖書に親しむ会

18日(金)教会/牧師館

19日(土)信徒塾

来週の礼拝予定

顕現節第三主日礼拝2019120日 

聖 書 ルカ4:16-32

讃美頌 

讃美歌 威光・尊厳・栄誉、290260(聖餐)、

GOD BLESS YOU

説 教 「教会は境界なしでいこう」

説教者 笠原光見牧師


by urawalutheran | 2019-01-14 15:13 | 今週の礼拝