人気ブログランキング |

2019年5月19日 復活後第四主日礼拝

主日の礼拝式次第

前  奏  

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。 

) アーメン

司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。 

会)またあなたとともに。

讃美歌      「威光・尊厳・栄誉」     -歌集1-

罪の告白とゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  全員)アーメン

主日「特別の祈り」

み民の心をひとつにされる神さま。

あなたの掟を愛する心、あなたの約束への切なる望みを私たちに興し、激しく変動するこの世界の中でも、動くことのない喜びを与えてください。

あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

福音書    ヨハネ福音書13:31-35   新195頁

説  教     「共に生きていこう」    笠原光見牧師

今日の福音書の書き出しは「ユダが出ていくと」という言葉ではじまり、裏切り者のユダがイエスさまのもとから離れて行く様子が記されてます。そして今日の福音書の後には、弟子のペトロの離反が記されているのです。イエスさまを裏切る弟子や、イエスさまから離反する弟子のことが書かれているその間にイエスさまが弟子たちに語った「互いに愛し合いなさい」ということばがあることで、よりイエスさまの愛の言葉が際立って響いてくるのです。弟子の裏切りがあり、離反がある。それでもあなたがたは互いに愛し合いなさいとイエスさまは言われるのです。確かに弟子たちはみんなイエスさまを見捨てて逃げた者たちです。ただ、もしも自分が弟子たちと同じ場に立たされたら同じようにイエスさまを見捨てて逃げたのではないかと思います。そして弟子のペトロのようにイエスさまのことを知らない、仲間ではない、関係ないと嘘をつくこともすると思うのです。誰一人として弟子たちのような人間ではないとは言い切れないのが私たちなのではないでしょうか。イエスさまは「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」と言われます。イエスさまは裏切られても、離反されても、見捨てられても弟子たちを愛し抜きました。その愛に倣い、イエスさまの愛を規範として他者を愛することへと私たちは招かれているのです。敬虔で立派で完璧な人なんて一人もいません。みんな欠けも破れも、ずるさも、いやらしさも抱えている人間です。その弱さを責め合い、非難し合い、離れて行くのではなく、イエスさまがどのような人にも手を差し伸べ、寄り添い、神さまの愛とゆるしを語り、共に生きたように、私たちも弱さを補い合い、欠けや破れを埋め合い、神さまの限りない愛とゆるしを語り合い、共に生きていくことが互いに愛し合うということなのではないでしょうか。イエス・キリストの十字架に表された神さまの限りない愛とゆるしを絶えず思い起こしながらキリストの愛を規範に共に生きていくものでありたい。

讃美歌      「キミは愛されるため生まれた」  -歌集2-

信仰告白 使徒信条

奉献の部

奉献(献金)と奉献唱

奉献の祈り/教会の祈り

聖餐の部

聖餐の歌     「飢えている人と」     -歌集39-

平和の挨拶 (起立)

司)主の平和がみなさんとともにあるように

会)また、あなたとともに。

聖餐の制定

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。会)アーメン

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部                     式文11頁

主の祈り

祝  福  

讃美歌        「主はぶどうの木」     -歌集22-

祝  福 (起立)

主があなたを祝福し、あなたを守られるように。

主がみ顔をもってあなたを照らし、あなたを恵まれるように。

主がみ顔をあなたに向け、あなたに平安を賜るように。

父と子と聖霊のみ名によって

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏  

   

お知らせ

*礼拝後、男うどんランチです。みなさまおなかを満たしてからお帰りください。

*6月2日(日)教会祭を行います。バザーのための献品(古着、食器以外)のご協力お願いいたします。

*5月20日(月)、27日(月)の10時半から、教会祭手作り品のため婦人会のワークショップをいたします。日程調整お願いします。

*5月23日(木)30日(木)の14時半から教会祭バザーの値付けをいたします。ご協力お願いいたします。

526日(日)礼拝後、大掃除をいたします。また近隣に教会祭チラシを配布しますのでみなさまご協力お願いいたします。

NRK関東地区サマーキャンプ(8月6日~8日)の申し込みが始まりました。参加希望の方は、受付にあります用紙に必要事項をご記入ください。締切5月末

*先週、柴田先生の講演で使用した「わたしたちの愛する日本ルーテル教団のなりたち」(1.200円)購入希望の方は、申し込み用紙にご記入をお願いします。日本ルーテル教団の歴史と浦和教会の成り立ちを知れる本です。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切6月30日です。

*「聖書に親しむ会」次回は6月6日(木)です。

*「夕礼拝」次回は5月28日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は5月25日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

19日(日)復活後第四主日礼拝 うどんランチ

20日(月)休み

21日(火)教会/牧師館

22日(水)教会/牧師館 Music Ark練習

23日(木)教会だより編集委員会

24日(金) YMCAギター講師

25日(土) Music Ark

来週の礼拝予定

復活後第五主日礼拝2019526日 

聖 書 使徒書14:8-18、黙示録21:22-27、ヨハネ14:23-29

讃美頌 67

讃美歌 361381262(聖餐)、399

説 教 「心を騒がせるな」

説教者 笠原光見牧師


by urawalutheran | 2019-05-22 23:07 | 今週の礼拝