人気ブログランキング |

2019年7月21日  聖霊降臨後第六主日

【開会の部】

み名による祝福

讃美歌     「きみは愛されるため生まれた」 -歌集2番-

罪の告白とゆるし

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。

特別の祈り 

なる神さま。

私たちにみ霊を注いで、あなたの愛の器とし、辛苦の道を歩むすべての人に、よき隣人として仕(つか)えさせてください。

み子()、主(しゅ)イエス(いえす)・キリスト(きりすと)によって祈(いの)ります。アーメン

【みことばの部】

聖書朗読

ルカ福音書10:25―37      新126頁

説  教     「その壁を越えていけ」    笠原光見牧師

今日の聖書箇所は「善いサマリア人」のたとえとして有名な箇所です。イエスさまがこのたとえを話されたのは、律法の専門家がイエスさまを試そうとして話かけたことから始まりました。たとえ話はこうです。ある人が追いはぎに襲われ、半殺しの目に遭います。そこに祭司が来るのですが、みて見に振りをしていってしまうのです。同じようにレビ人も半殺しの目に遭った人を助けることなく通り過ぎてしまいました。しかし、そこを通りかかったサマリア人は彼のことを見て、憐れに思い、手厚い看護をしてあげるのです。祭司もレビ人も仕事や、自分の都合を優先したのか、面倒なことに関わりたくないと思ったのか、ユダヤの律法や教えを重んじるからなのか、半殺しの目に遭い、苦しむ者に手を差し伸べることなく通り過ぎました。一方、サマリア人は、ただただ「憐れに思い」痛んでいる人に近寄り、介抱し、いのちを救ってあげたのです。このたとえ話の背景にあるのは、当時ユダヤ人はサマリア人を異邦人として差別し、関わりを持とうとしなかったこと、そして律法や教えを重んじて宗教的な義務を果たそうとするあまりに人々の間に分離、分裂、分断が生まれてしまい、特に社会的弱者には生き辛い社会であったということがあります。祭司もレビ人も社会的立場を優先することに心奪われ、宗教的義務を果たすことに縛られることで、人としてのやさしさや、思いやり、そして愛が冷え切ってしまっていたといえるでしょう。他方サマリア人は人種も宗教も、立場なども超えて、見返りも、報酬も期待することなく、ただ目の前で苦しむ人を見て、憐れに思い、近寄り、介抱して助けてあげるのです。ここに隣人愛があるのだということをイエスさまは示し、「行って、あなたも同じようにしなさい」といわれるのです。主イエスがご自身の生涯、いのちを通してはっきりと示されたのは、愛は人種や宗教、性別、立場などのすべての壁を超える。愛は計算づくの行為じゃない。永遠のいのちは義務を果たした報酬で与えられるものでもない。私たちは絶えず主イエス・キリストの深い憐みと限りない愛を思いめぐらしながら、あらゆる壁を越えて生きる。キリストの愛に生かされていくものでありたい。

讃美歌       「イエスが愛したように」  -歌集33番-

【奉献の部】

奉献(献金)

奉献の祈り (全員)

教会の祈り (全員)

【聖餐の部】

聖餐の歌      「イエス神の子羊よ」   -歌集15番-

平和の挨拶 (起立)

聖餐の制定

主の祈り(全員)

聖餐と祝福

感謝の祈り (全員)

【派遣の部】

讃美歌       「GOD BLESS YOU」    -歌集5-

祝  福 (起立)

アーメン・アーメン・アーメン

後  奏

お知らせ

*礼拝後にホットドックランチがあります。大人300円、学生100円です。ランチ代は教会への献金となります。

7月28日(日)は男うどんランチです。おかずの差し入れ大歓迎です!

*本日、午後3時からセンター教会にて関東地区主催の「共同牧会、共同招聘、チームミニストリーについての学び」が開かれます。牧師と代表役員が参加します。

727日(土)10時~教会学校のデイキャンプがあります。参加者と、当日お手伝いできる方を募集中です。参加申し込み締切721日(日)

728日(日)、29日(月)浦和教会の賛美バンドが、駒場自治会主催の盆踊り大会に出演いたします。場所は蓮昌寺の敷地内。出演時間は19:20頃の予定です。みなさまどうぞお越しください!

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切9月30日です。

*「聖書に親しむ会」次回は8月1日(木)です。

*「夕礼拝」次回は7月23日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は10月5日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

21日(日) 聖霊降臨後第六主日礼拝 ホットドッグランチ

       共同牧会・共同招聘・チームミニストリーの学び

22日(月) 休み

23日(火) 夕礼拝

24日(水) 地区サマーキャンプ委員会@飯田橋

25日(木) 教会/牧師館 駒場盆踊りコンサート練習

26日(金) 教会/牧師館

27日(土) CSデイキャンプ

来週の礼拝予定

聖霊降臨後第七主日礼拝 2019728

聖 書 創世記18:1-14、コロサイ1:21-29、ルカ10:38-42

讃美頌 15

讃美歌 238373254(聖餐)、357

説 教 「尊重する」

説教者 笠原光見牧師


by urawalutheran | 2019-07-22 23:43 | 今週の礼拝