人気ブログランキング |

2019年8月4日 聖霊降臨後第八主日礼拝

開会の部

前  奏 

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。

) アーメン

司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。

会)またあなたとともに。

讃美歌    「あなたをたたえ」     -歌集4番-

罪の告白とゆるし

司)父なる全能の神よ。

全員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことばと行いとによって、多くの罪を犯しました。私たちはみ前に罪をざんげし、父なる神の限りないあわれみにより頼みます。

司)あわれみ深い神よ。ます。アーメン

全員)み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪をゆるしてください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  全員)アーメン

特別の祈り

常に僕の祈りに耳を傾けられる神さま。

私たちがみ旨に従って歩み、み霊の賜物を受けることができるように、私たちの心と思いをあなたへ向かわせてください。

み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部

書  ルカ福音書11:1―13      新127頁

説  教     「きずな」       笠原光見牧師

人間は他の動物と違い「祈る」ということをします。祈りとは人間に与えられた賜物でもあるのだ、ということができるでしょう。祈るときには必ず祈る対象があるはずです。ただ多くの人間はその祈りの対象がなんであるかを知らずに祈っているように思います。イエスさまは弟子たちが、祈りを教えてください、と言ったとき、祈りと、共に祈りの対象である神はどのような方なのかということも教えてくださいました。イエスさまは、祈るときには「父よ」という呼びかけから始めることを教え、神は「父」のように家族的な親しみを持つ存在であり、遠く離れた存在ではなく、あなたの父のように近くにいてくださる方なのだということを示すのです。そして神とあなたとは、父と子の関係のように、切っても切れない固く、強い絆で結び合わされているということを教え、子どもが父に、食べ物や、飲み物、おもちゃなどをねだるかのように祈ることを勧めます。子の願いは必ず父に聞き入れられているはずであり、父は子のためであるならその祈りに必ずこたえてくれるはずです。もちろんその子のためには良くないことや、その子の成長のためには妨げになるようなことであるならば、聞き入れられていても応えてもらえない祈りもあるに違いありません。イエスさまが教えた祈りには、私たち人間の弱さや限界が三つにまとめてあります。「必要な糧を毎日与えてください」。天候や、国の経済情勢によっては日々の糧が保証されないということもあるでしょう。人は自分一人の小さな力で人生を支え切るなんてことは来ません。「罪をゆるしてください」。罪を犯したことのない人間は一人もいないでしょう。人は謙虚に罪のゆるしを願うしかないのです。「誘惑に遭わせないでください」。私たちの身の回りには誘惑が溢れています。誘惑に囚われ人生が転落してしまうなんてこともあるわけです。一人の人間の力や努力ではどうすることもできないことがあるわけですから、父なる神の愛と、固いきずなを信じて、すべてを委ねて祈りもとめて生きましょう。

讃美歌        「FOOT PRINTS」   -歌集10番-

信仰告白      使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

奉献の祈り

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入()れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

教会の祈り(全員)

神さま、宗教改革500年を迎えて、ルターの言葉とされる「たとい明日世の終わりが来るとして神さま、教会の使命である伝道、受洗者の誕生、家族への信仰継承がなされますように導いてください。主イエス・キリストのみ名によって祈ります。アーメン

(各々の祈り・代表者の祈り)

聖餐の部

  「鹿のように」    -歌集12番-

平和の挨拶 (起立)

司)主の平和がみなさんとともにあるように

会)また、あなたとともに。

聖餐の制定

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。会)アーメン

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部

讃美歌         「この道はひとつ」    -歌集21番-

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏

お知らせ

86日(火)~8日(木)関東地区サマーキャンプが神奈川県の三浦YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジで行われます。浦和教会からは3名参加します。神さまの恵と祝福とに満たされたキャンプとなりますようにお祈りください。

818日(日)の礼拝説教は北郷麿利子姉にしていただきます。説教準備のうえに神さまの導きと祝福とがありますようにお祈りください。

825日(日)、礼拝後に男めしランチがあります。差し入れ大歓迎です!よろしくお願いいたします。

825日(日)、役員会があります。役員のみなさま日程調整よろしくお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切9月30日です。

*「聖書に親しむ会」次回は8月22日(木)です。

*「夕礼拝」次回は8月13日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は10月5日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

4日(日) 聖霊降臨後第八主日礼拝 

5日(月) 休み

6日(火) 地区サマーキャンプ@神奈川県三浦YMCA

7日(水) 地区サマーキャンプ

8日(木) 地区サマーキャンプ

9日(金) 教会/牧師館

10日(土) 本橋恵姉 結婚式司式

来週の礼拝予定

聖霊降臨後第九主日礼拝 2019811

聖 書 コへレト2:18-26、コロサイ3:5-17、ルカ12:13-21

讃美頌 49

讃美歌 195346256(聖餐)、416

説 教 「よりどころ」

説教者 笠原光見牧師


by urawalutheran | 2019-08-06 00:19 | 今週の礼拝