人気ブログランキング |

2019年11月24名日 三位一体最終主日

上村先生のメッセージの原稿を掲載したかったのですが、入手していないまま、週報のアップが遅れました。入手できましたら再度アップします。


前  奏 J. G. Walther作曲 おきよものみの声聞こゆ

初めの歌       「神の息よ」       -375-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

主日「特別の祈り」

み子を遣わされた主なる神さま。

教会の交わりを通して、贖われたすべての人々と共に、私たちを花婿のように、永遠のみ国へ迎え入れてください。

あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

第一朗読 イザヤ書  52:1-6       旧1148頁

第二朗読 I コリント 15:54-58      新322頁

頌        詩編92編        週報2

福音書    ルカ福音書13:24-31     新311頁

み言葉の歌     「きよき石よ」        -358-

説  教     「古事記と聖書、人工知能」     上村敏文先生

信仰告白        使徒信条      式文4

奉献の部

奉献(献金)と奉献唱  式文5

奉献の祈り/教会の祈り       式文6

奏楽  J. S. Bach作曲 バビロンの川のほとりに BWV653

聖餐の部

聖餐の歌     「すがたは見えねど」      -256-

序  詞                      式文7

サンクトゥス

設定の言葉   式文8

主の祈り

アグヌス・ディ 式文9

聖餐の感謝                    式文10頁

派遣の部                     式文11頁

ヌンク・ディミティス    式文12頁

祝  福  

終わりの歌      「いともとうとき」      -271-

後  奏 J. S.Bach作曲 前奏曲とフーガ ハ短調 BWV541より

お知らせ

*本日礼の礼拝メッセージをルーテル学院大学の上村敏文先生にしていただきました。ありがとうございます。先生は比較宗教学をご専門としておられ、午後には特に日本の神道とキリスト教の関係について講演をお願いしました。


by urawalutheran | 2019-11-24 16:28 | 今週の礼拝