人気ブログランキング |

2020年1月5日 主の顕現

開会の部

前  奏 

み名による祝福

讃美歌    「威光・尊厳・栄誉」      -歌集1-

罪の告白とゆるし

特別の祈り

私たちの贖い主なる神さま。

神様、この日、あなたは星の導きによって御子を世界中の人々に顕されました。私たちが生活のただなかで、あなたに気づき、ついにはあなたの栄光を仰ぎみることができるよう、信仰(こう)によって導(みちび)いてください。あなたと聖霊とともにただ独りの神、永遠の支配者、御子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部

書  マタイ福音書2:1―12       新2頁

説  教     「思い切って踏み出そう」   笠原光見牧師

 東の国の占星術の学者たちは神さまが備えた星に導かれイエスさまのところにたどり着くことができました。当時のユダヤでは異邦人、つまり外国人は神の救いと祝福にあずかることはできない者たちだと考えられていましたし、占い師は嫌われ者で、神の救いから遠い存在であり、神の祝福にあずかるにはふさわしくない者だと考えられていました。そんな外国人であり、占星術の学者たちが神によって招かれ、選ばれ、イエス・キリストのもとに導かれたのです。つまり神は外国人も、占い師も分け隔てなくイエス・キリストの救いにあずかることのできる存在なのだということを示したのです。ですから私たち日本人もキリストの救いに与ることへと招かれているのですから信じて救われた者となればいいのです。今日の福音書の箇所から神は人を分け隔てしないことが分かります。人を分け隔てたり差別したり、ふさわしい者だとか、ふさわしくない者だというのは人間がすることなのです。ときどき「私のような人間がクリスチャンになれるわけがないですよ」という人がいますが、誰でもクリスチャンになれますし、誰でも神さまの祝福にあずかり、キリストの救いの恵みを受けることができるのです。クリスチャンになる資格も、修行も、お布施のようなものも一切必要無しです。神が愛するあなたのために与えてくださったみ子イエス・キリストを信じて、受け入れるだけでいいのです。星に導かれ、イエス・キリストのもとに来た占星術の学者たちは「喜びに溢れた」と聖書は言います。イエス・キリストのもとに来てイエスさまを受け入れるとき私たちの心は喜びに溢れるでしょう。神さまが私たちに与えてくださったイエス・キリストは喜びであり、平安であり、幸せです。神は私たちがいつでもキリスト共に生きて喜びに溢れ、平安と、幸せを感じながら生きてほしいのです。キリストがおられるところには喜びがあり、平安があり、幸せがあり、キリストがいないところ、愛のないところには悲しみと、不安と、恐れとが私たち人間の心を支配するでしょう。キリスト共に生きて喜びと平安と幸せを感じながら生きましょう。

讃美歌          「わが霊なやみて」      -403-

信仰告白      使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

聖餐の部

聖餐の歌    「望みも消えゆくまでに」   -歌集36-

平和の挨拶 (起立)

聖餐の制定

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

派遣の部

讃美歌      「輝いて生きる」     -歌集41-

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏

お知らせ

*礼拝後、クリスマス飾りを片付けます。みなさまご協力お願いいたします。その後、役員会を行います。

112日(日)礼拝後、男うどんランチがあります。そして午後1時から昨年大好評でした新春寄席をいたします。みなさん一緒に大笑いしましょう。

*1月26日(日)礼拝説教を大宮教会の梁先生にお願いしてあります。笠原牧師は飯能教会に行きます。

*2月2日(日)礼拝後、会員総会があります。万障お繰り合わせの上ご参加くださいますようにお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。ご協力お願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は1月16日(木)です。

*「夕礼拝」次回は1月14日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は1月25日(土)午後5時から。

*会員の方はいらした時に、メールボックスをご確認ください。

今週の笠原牧師スケジュール

5日(日) 主の顕現主日礼拝 役員会 

6日(月) 飯能教会会議

7日(火) ULS聖書会

8日(水) 休み

9日(木) 教会/牧師館

10日(金) 教会/牧師館

11日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

主の洗礼礼拝 2020112

説教者 笠原光見 牧師

聖 書 イザヤ42:1-9、使徒10:34-43、マタイ3:13-17

讃美頌 29

讃美歌 181279253(聖餐)、317

説 教 「思いを届けたい」

説教者 笠原光見 牧師 
by urawalutheran | 2020-01-08 20:13 | 今週の礼拝