人気ブログランキング |

「安息日」

「安息日は人間のために設けられたのです。人間が安息日のために造られたのではありません。
人の子は安息日にも主です。」 マルコ2:27-28
 「安息日」は聖書独特のことばです。特にユダヤ教での「聖なる日」です。ユダヤ教の一日は夕方から始まり次の夕方で終わります。そして安息日は金曜日の夕方から始まり、土曜日の夕方で終わります。
 安息日は一切の労働をやめて神と過ごす日です。それは神がこの世とすべてのものを六日間で造り、非常に満足して七日目に休まれたことによるものです。
 ユダヤ人はこの安息日を非常に厳格に守りました。特に一切の労働を禁じることによって徹底しました。それは人間を縛り不自由の中に閉じ込めることになりました。
 イエス・キリストはこの安息日を人間のために設けられた日として、本来の意味と目的を明らかにされました。ユダヤ人は安息日には医療行為も禁じました。イエスさまはその日に片手が不自由な人をお直しになって、神のお心をお示しになりました。そのようにして安息日を律法ののろいから解放してくださいました。
 キリスト教ではそれまで土曜日だった安息日を、イエスさまが復活されたことを記念して日曜日を安息の日として礼拝をささげるようにしました。
安息日は神の創造が完成してそれをお祝いする日です。人間もこのお祝いに招かれ、ともに喜ぶようにされています。教会では毎週日曜日の午前中礼拝をささげています。
by urawalutheran | 2006-10-18 22:41