人気ブログランキング |

カテゴリ:今週の礼拝( 495 )

お知らせ

遂に、緊急事態宣言が発令されます。
発令後は、礼拝休止することといたします。

聖金曜日の礼拝やイースター礼拝も行うことができなくなるのはとても残念ですが
いのちには代えられないということで休止といたします。

礼拝は緊急事態宣言が解除され次第再開いたします。

2020年4月5日 四旬節第六主日 式次第


開会の部

前  奏 

み名による祝福

讃美歌    「赤いばら」      -歌集29-

罪の告白とゆるし

特別の祈り

永遠の神様。あなたは人類への限りない愛によって、御子、主イエス・キリストを遣わされました。主は人となられ、十字架の死を死なれました。御心に従い、栄光の復活をなさった主の生涯に従うことができるよう、私たちを憐れんでください。あなたと聖霊とともにただ独りの神、永遠の支配者、御子、主イエス・キリストによって祈(いの)ります。アーメン

みことばの部

 マタイ福音書27:11―54    新56頁

説  教      「望みは絶えない」     笠原光見牧師

あの日、イエスさまが受けた人々から受けた仕打ちと、人々の態度を思うと、失望感と絶望感が心に湧いてきます。イエスさまは、逃げも隠れもせず、静かにすべての出来事に向き合い、人々の行いも、言葉も引き受け、彼らのすべてを受け止めることで、神の深い憐れみと無償の愛を示されました。神がイエス・キリストを通してこの世界にはっきりと示されたのは、どのような絶望と失望が襲う出来事の中にあっても、神は私たちを見捨てることも、見放すこともなく、私たちと共に在るのだいということです。私たちはときに予期せぬ絶望に襲われることがありますし、他者からの酷い仕打ちに苦しみ、悲しむこともあるでしょう。そのような時に自分を受け止めて、共にいてくれる存在がいてくれたなら、信頼できる存在との確かな繋がりを感じることができるなら、その存在から生きる力と勇気と希望を得て、絶望から抜け出し、再び前を向いて生きることができると思います。神は、私たちが悲しみや苦しみに打ちひしがれて生きることを望んでいません。だから神は私たちにイエス・キリストを与えて、あなたと共にいること、救いのあること、永遠のいのちがあるということを示し、生きる力、勇気、希望を与えるのです。神のこの世界と私たち一人ひとりに向けられている深い憐れみと、限りない無償の愛は、十字架という絶望の極みによってさらに鮮やかに示されました。イエスさまは十字架にかけられ叫ぶのです「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」と。十字架のような痛み、苦しみ、悲しみ、屈辱、絶望、そして死の恐怖が私たちを襲うなら誰もが同じように叫ぶに違いありません。イエス・キリストは、その身に絶望を味わい、絶望の叫びをあげることで、私たちのすべてを受け止めること、私たちを襲う絶望的な痛みや、苦しみ、悲しみ、そして死という出来事のただ中にも共におられることを示されたのです。望みが絶えたと思うそのどん底にキリストは来られ私たちを救う。だから私たちはイエス・キリストの十字架に希望を見出して生きることができる。私たちがキリストを信じてキリストと共に生きるなら決して望みは絶えない。

讃美歌        「父の涙」         -歌集8-

信仰告白      使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

聖餐の部

聖餐の歌    「イエス神の子羊よ」     -歌集15-

平和の挨拶 (起立)

聖餐の制定

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

派遣の部

讃美歌      「勝利をのぞみ」     -歌集35-

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏

お知らせ

冒頭に提示

今週の笠原牧師スケジュール

牧師館にお問合せください

来週の礼拝予定

復活主日の礼拝はコロナウイルスの感染防止のため行いません。





by urawalutheran | 2020-04-07 17:27 | 今週の礼拝

前  奏 

初めの歌    「とうとき主イエスの」     -71-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

特別の祈り

全能の神様。御子はすべての人々を罪と死から解放するために世に来られました。聖霊の力を吹き込み、キリストにある新しい命に生かし、生涯、義をもって仕えさせてください。あなたと聖霊とともにただ独りの神、永遠の支配者、御子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

第一朗読 エゼキエル 37:1-14      旧1357頁

第二朗読 ローマ    8:6-11      新284頁

頌        詩編130編         週報2

福音書    ヨハネ福音書11:1-45     新188頁

み言葉の歌     「いざや声あげて」       -167-

説  教     「あなたを呼んでいる」    笠原光見牧師

人生の中で、どうしようもない八方ふさがりの、まるで墓の中にいるような、光が見えない、先の見えない暗い気持ちになるときもあるでしょう。今だってコロナウイルス感染拡大の現実に先の見えない不安と、恐れとが私たちにまとわりついて離れないでいるのではないでしょうか。得体の知れない病に怯え、そして死の恐怖が私たちを暗い闇へと沈みこませる。今日の聖書箇所ではラザロが病に罹りそして死んでしまう。当然、家族や周りにいた人々は動揺し、胸が張り裂けんばかりの悲しみに暮れるわけです。イエスさまは、悲しみに暮れる彼女たちにそっと寄り添い、そして共に涙を流されました。イエスさまは、自分のことのように人の痛みに心を寄せ、共鳴し、共感し、連帯される。イエス・キリストは、人々に寄り添い、受け止め、連帯することを通して、神の私たち人間に向けられている深い憐れみと、限りない無償の愛を示したのです。そして、復活であり、いのちであるイエス・キリストは、大声で叫ぶ。すべてが絶望的に見える墓の前で叫ぶのです「ラザロ、出てきなさい」と。私たち人間にとって絶望的な場所だからこそイエス・キリストは叫ぶのです。このキリストの叫び声は、墓の中にいるような現実の暗闇の中で、身動きが取れずに立ち尽くすこの世界と私たちに向けての叫びです。今、キリストが呼ばれているのは「ラザロ」ではなく「あなた」であり「私」です。キリストは呼ばれている「(あなたの名前)、出てきなさい」と。不安や恐れ、悲しみ、孤独を感じているあなたの名をキリストは呼んでいる。神は、イエス・キリストを通してこの世界と私たち一人ひとりに、これまでも呼びかけてきたし、そしてこれからも呼びかける。「○○出てきなさい」「あなたは一人じゃない」「わたしを見ろ」「わたしは復活であり、いのちである。わたしを信じる者は死んでも生きる」。「恐れや不安の闇にとどまるのではなく、キリストの愛と、希望と、いのちの光の中で共に生きよう」と。私たちは、「出てきなさい」と呼びかけられたキリストの声に応えて、キリスト共に今ここから新たに出ていくのです。復活であり、いのちであるキリスト共に生きていくのです。

信仰告白         使徒信条       式文4

奉献の部

奉献(献金)と奉献唱  式文5

奉献の祈り/教会の祈り       式文6

聖餐の部

聖餐の歌     「聞こうみことばを」       -263-

序  詞                      式文7

サンクトゥス

設定の言葉   式文8

主の祈り

アグヌス・ディ 式文9

配  餐

聖餐の感謝                    式文10頁

派遣の部                     式文11頁

ヌンク・ディミティス    式文12頁

祝  福  

終わりの歌       終わりの歌      「とうとき血をもて」     -388-後  奏 

お知らせ

45日(日)礼拝後、役員会を行います。役員の皆様スケジュール調整をお願いいたします。

410日(金)午後7時半~聖金曜日の礼拝を行います。主イエス・キリストの受難を深く思い巡らす時です。

412日(日)イースター礼拝。主イエス・キリストの復活を喜び祝います。新型コロナウイルス感染防止対策として、とても残念ですが、今年は持ち寄りの祝会を中止することにいたしました。

426日(日)礼拝説教を北郷姉にお願いしてあります。説教準備のうえに神さまの導きと祝福とがありますようお祈りください。

*笠原牧師は、この3月で飯能教会の責任教職の任を解かれ、4月から大宮シオンルーテル教会の責任教職となることとなりました。4月19日、26日、5月17日、31日は、笠原牧師は大宮教会で奉仕の予定です。6月以降は第二・四日曜日に大宮教会で奉仕の予定です。みなさまの支援とお祈りをお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。ご協力お願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は416日(木)午前10時半。

*「夕礼拝」次回は414日(火)午後7時半。

*「ミュージックアーク」次回は516日(土)午後5時。

今週の笠原牧師スケジュール

29日(日) 四旬節第5主日礼拝 午後大宮教会打ち合わせ

30日(月) 休み

31日(火) 教会/牧師館

4/1日(水) 教会/牧師館

2日(木) 教会/牧師館

3日(金) 教会/牧師館

4日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

四旬節第6主日・主の受難礼拝 202045

聖 書 マタイ27:11-54

讃美頌 

讃美歌 歌集29、歌集8、歌集15(聖餐)、歌集35

説 教 「望みは絶たれない」

説教者 笠原光見 牧師


by urawalutheran | 2020-03-31 12:39 | 今週の礼拝

主日の礼拝式次第

前  奏 クープラン作曲 教区のミサ曲より ベネディクトゥス

初めの歌    「たよりゆくものに」      -66-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

特別の祈り

主イエス・キリスト。私たちの祈りに耳を傾け、来てください。私たちのため、恵み深井生と死によって、心の闇に光をもたらし、聖霊の油を注いでください。父と聖霊とともに、あなたは永遠に唯一の主です。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

第一朗読 サムエル上 16:1-13          旧453頁

第二朗読 エフェソ  5:8-14   新357頁

頌        詩編23編         週報2

福音書    ヨハネ福音書9:1-41      新184頁

み言葉の歌     「重荷をにないて」      -292-

説  教        「真実はひとつ」      江本真理牧師

信仰告白         使徒信条       式文4

奉献の部

奉献(献金)と奉献唱  式文5

奉献の祈り/教会の祈り       式文6

奏  楽 ブラームス作曲 装いせよ 愛する魂よ

聖餐の部

聖餐の歌    「みんなでパンを分けよう」      -260-

序  詞                      式文7

サンクトゥス

設定の言葉   式文8

主の祈り

アグヌス・ディ 式文9

配  餐

奏  楽 バッハ作曲 カンタータ106より 神の時

聖餐の感謝                    式文10頁

派遣の部                     式文11頁

ヌンク・ディミティス    式文12頁

祝  福  

終わりの歌       「みかおをあおぎて」      -344-

後  奏 クープラン作曲 教区のミサ曲より キリエ

お知らせ

*本日の礼拝説教を竹の塚教会の江本真理先生にお願いしました。笠原牧師は飯能教会での礼拝奉仕です。

410日(金)午後7時半~聖金曜日の礼拝を行います。主イエス・キリストの受難を深く思い巡らす時です。

412日(日)イースター礼拝です。礼拝後に持ち寄りの祝会を予定しておりますが、コロナウイルス感染の状況を見て行うかを判断いたします。

*笠原牧師は、この3月で飯能教会の責任教職の任を解かれ、4月から大宮シオンルーテル教会の責任教職となることとなりました。みなさまの支援とお祈りをお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。ご協力お願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は42日(木)午前10時半。

*「夕礼拝」次回は324日(火)午後7時半。

*「ミュージックアーク」次回は516日(土)午後5時。

今週の笠原牧師スケジュール

22日(日) 四旬節第4主日礼拝 飯能教会

23日(月) 休み

24日(火) 夕礼拝

25日(水) 教会/牧師館

26日(木) 教会だより編集委員会 地区役員会

27日(金) 教会/牧師館

28日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

四旬節第3主日礼拝 2020315

聖 書 エゼキエル37:1-14、ローマ8:6-11、ヨハネ11:1-45

讃美頌 130

讃美歌 71167263(聖餐)、388

説 教 「あなたを呼んでいる」

説教者 笠原光見 牧師


by urawalutheran | 2020-03-22 16:12 | 今週の礼拝

開会の部

前  奏 

み名による祝福

讃美歌    「あがめます主の御名」   -歌集25-

罪の告白とゆるし

特別の祈り

憐れみ深い神様。いのちの水の泉であるあなたは、私たちの渇きを癒し、罪を洗い清めてくださいます。私たちにいつもこの水を与えてください。御子から溢れ出る真理の井戸から飲むことができるよう導いてください。あなたと聖霊とともにただ独りの神、永遠の支配者、御子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部

  ヨハネ福音書4:1―42      新168頁

説  教     「限定も限界もない」    笠原光見牧師

当時サマリア人とユダヤ人は犬猿の中で交わることを避けていたと言われています。また男性が見ず知らずの女性に声を掛けることも厭われることであったようですが、イエスさまは人種とか性別とかにこだわる風習や慣習そのようなことはお構いなしでサマリアに行き、サマリアの女性に声を掛けます。イエスさまはそれからさらに2日間サマリアにとどまられたと聖書はいいます。イエスさまは、ユダヤ人たちサマリア人との交流を忌み嫌い、遠ざけていることがうそかのように、サマリア人に近づき、関わりを深め、交わりをよろこぶのです。サマリアの女性はイエスさまにこんなことを言っています「わたしはキリストと呼ばれるメシアが来られることは知っています。その方が来られるとき、わたしたちに一切のことを知らせてくださいます」と。確かに神さまはイエスさまを通してサマリアの女に一切のこと、つまり神さまのみ心を伝え、届け、知らせたのです。イエスさまは彼女に伝えるのです「神はあなたのすべてを受け止め、限りなく愛している。神はみ子イエス・キリストのいのちを差し出すほどにこの世界とあなたのことを愛している。その神の愛と恵みと祝福とは国や民族、宗教、文化、性別などのすべてを超えている」ということを。神さまはこの世界と私たちをすべてのものを愛しておられるからこそ、御子イエス・キリストを与えてくださり、御子のいのちを差し出してくださったのです。この世界の歴史に確かに刻まれたイエス・キリストの十字架と復活の出来事、そこにあらわされた神さまの限りない愛と、ゆるしと、永遠のいのちの約束はすべて人に差し出されたものです。この神さまの限りない愛と恵みとをある特定の国や民族や宗教に限定したり、神さまの限りない愛に私たち人間と同じような限界を設けたりするのは、残念ながら私たち人間のすることなのです。神さまがイエス・キリストの十字架と復活の出来事、そのいのちのすべてを通してはっきりと示されたのは、神さまの愛とゆるしに限定も限界もないということ。限定も限界もない神さまの愛と恵と祝福は今日も私たちに向けられ、私たちの心に豊かに注がれている。このことをすべての人と共に喜び合いたい

讃美歌      「ありがとう」       -歌集26-

信仰告白      使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

聖餐の部

聖餐の歌    「球根の中には」     -歌集27-

平和の挨拶 (起立)

聖餐の制定

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

派遣の部

讃美歌      「忘れないで」      -歌集28-

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏

お知らせ

*本日予定していましたとん汁ランチはウイルス感染防止のため中止となりました。

*礼拝後、臨時役員会を行います。4月からの体制を話し合います。

322日(日)の礼拝説教を竹の塚教会の江本真理先生にお願いしてあります。笠原牧師は飯能教会での礼拝奉仕です。

410日(金)午後7時半~聖金曜日の礼拝を行います。主イエス・キリストの受難を深く思い巡らす時です。

412日(日)イースター礼拝です。礼拝後に持ち寄りの祝会を予定しておりますが、コロナウイルス感染の状況を見て行うかを判断いたします。

*笠原牧師は、この3月で飯能教会の責任教職の任を解かれ、4月から大宮シオンルーテル教会の責任教職となることとなりました。みなさまの支援とお祈りをお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。ご協力お願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は319日(木)午前10時半。

*「夕礼拝」次回は324日(火)午後7時半。

*「ミュージックアーク」次回は516日(土)午後5時。

今週の笠原牧師スケジュール

15日(日) 四旬節第3主日礼拝  臨時役員会

16日(月) 休み

17日(火) 教会/牧師館

18日(水) 教会/牧師館

19日(木) ULSコメンスメント 教会/牧師館

20日(金) 教会/牧師館

21日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

四旬節第4主日礼拝 2020322

聖 書 サムエル上16:1-13、エフェソ5:8-14

ヨハネ9:1-41

讃美頌 23

讃美歌 66292262(聖餐)、344

説 教 「真実はひとつ」

説教者 江本真理 先生


by urawalutheran | 2020-03-17 17:50 | 今週の礼拝

主日の礼拝式次第

前  奏 

初めの歌    「主のみことばに」      -189-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

特別の祈り

私たちの導きの主である神様。あなたは洗礼の水によって、あなたの子としての新たな誕生を私たちに約束してくださいます。御約束を信じる信仰を強め、聖霊によってあなたの命を高く世に掲げることができるようにしてください。あなたと聖霊とともにただ独りの神、永遠の支配者、御子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

第一朗読 創世記 12:1-4a          旧15頁

第二朗読 ローマ  4:1-5&13-17   新278頁

頌        詩編121編         週報2

福音書    ヨハネ福音書3:1-17      新167頁

み言葉の歌     「いさおなきわれを」      -306-

説  教        「信じる」      笠原光見牧師

ときどき 「十字架の意味はなんですか?」「キリストを信じるとはどういうことですか?」という質問があります。その答えはとてもシンプルなものです。「神はあなたのことを限りなく愛している。このことを信じることです。」神さまの愛は、私たち人間の移ろいやすい愛とは違います。私たち一人ひとりを愛する神は、私たちを見放すことも、見限りことも、見捨てることもしない。神さまは限りなく愛しているからこそ、どのようなことをしてでも救い出してくださる。神さまがこの世界と私たちのために与えてくださった聖書には、神さまの愛のメッセージが記されているのです。イエスさまは、ニコデモというファリサイ派に属し議員である民の指導者に対して「あなたはイスラエルの教師でありながら、こんなことが分からないのか」と言われています。イエスさまは、このときニコデモが見失っていた聖書に満ち溢れる神さまの限りない愛を想い起させ、神の限りない愛と、約束の言葉を受け取り、信じる者となってほしいのです。そしてイエスさまは福音を宣言していいます「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠のいのちを得るためである」と。神は、独り子イエス・キリストを与えるほどにあなたのことを愛している。神は愛しているすべての人をひとり残らず救いたい。そして、永遠のいのちを与えたいのです。私たちはこの神さまの限りない愛と、イエスさまが宣言された言葉を信じて受け取るだけです。いつの時代でもこの世界と私たちの身の周りには、私たちの心を暗くするような出来事が渦巻いています。その闇の力は私たちの信頼関係や絆を引き裂き、不安や恐れ分断や分裂を生じさせるのです。この世界を創り、私たちにいのちを与えられた神さまは闇に苦しむ私たちのことを放っておくことはできないし、黙っていることもできない。神は今もイエス・キリストと聖書の言葉を通してこの世界と私たちに働きかけ、語りかけてくださり私たちを闇の中から助け、守り、救おうとしている。神の限りない愛を信じる。この信仰が苦しみ、過ち、分断や分裂、そして死の深い闇から私たちを救い出してくれるのです。

信仰告白         使徒信条       式文4

奉献の部

奉献(献金)と奉献唱  式文5

奉献の祈り/教会の祈り       式文6

聖餐の部

聖餐の歌    「主イエス・キリストよ」      -260-

序  詞                      式文7

サンクトゥス

設定の言葉   式文8

主の祈り

アグヌス・ディ 式文9

配  餐

聖餐の感謝                    式文10頁

派遣の部                     式文11頁

ヌンク・ディミティス    式文12頁

祝  福  

終わりの歌       「ガリラヤの風」      -290-

後  奏

お知らせ

*本日予定しておりました3.11震災を覚えての「癒しの祈り会」ですが、コロナウイルス感染拡大防止のために中止することとなりました。

315日(日)のとん汁ランチはウイルス感染防止のため中止となりました。

315日(日)礼拝後、臨時役員会を行います。4月からの体制を話し合います。

322日(日)の礼拝説教を竹の塚教会の江本真理先生にお願いしてあります。笠原牧師は飯能教会での礼拝奉仕です。

410日(金)午後7時半~聖金曜日の礼拝を行います。主イエス・キリストの受難を深く思い巡らす時です。

412日(日)イースター礼拝です。礼拝後に持ち寄りの祝会を予定しておりますが、コロナウイルス感染の状況を見て行うかを判断いたします。

*笠原牧師は、この3月で飯能教会の責任教職の任を解かれ、4月から大宮シオンルーテル教会の責任教職となることとなりました。みなさまの支援とお祈りをお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。ご協力お願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は319日(木)午前10時半。

*「夕礼拝」次回は310日(火)午後7時半。

*「ミュージックアーク」次回は516日(土)午後5時。

今週の笠原牧師スケジュール

8日(日) 四旬節第2主日礼拝 

9日(月) 休み

10日(火) 夕礼拝

11日(水) 教会/牧師館

12日(木) 教会/牧師館

13日(金) 教会/牧師館

14日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

四旬節第3主日礼拝 2020315

聖 書 ヨハネ4:1-42

讃美頌 

讃美歌 歌集25、歌集26、歌集27(聖餐)、歌集28

説 教 「限定も限界もない」

説教者 笠原光見 牧師


by urawalutheran | 2020-03-06 12:28 | 今週の礼拝

開会の部

前  奏 

み名による祝福

讃美歌    「この道はひとつ」     -歌集21-

罪の告白とゆるし

特別の祈り

私たちを強くしてくださる主なる神様。善と悪との戦いは、私たちの内と外にあり、悪魔とあらゆる勢力が空しい約束で私たちを誘惑し、あなたに挑んでいます。私たちを御言葉に固く立たせ、罪に落ちても再び立ち上がらせてください。あなたと聖霊とともにただ独りの神、永遠の支配者、御子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部

 マタイ福音書4:1―11      新4頁

説  教     「すべて受けて立つ」    笠原光見牧師

 イエスさまは神さまのみ心により聖霊に導かれて荒れ野に行き、悪魔からの誘惑を受けます。荒れ野というできることならその場に身を置くことをしたくない環境に身を置き、しかも40日間断食し、苦しいギリギリの状態の中に身を置きながらも悪魔の誘惑すべてを退けました。ここにどんな状況でも、状態でも私たちの救いのためならすべてを受けて立つ、というイエス・キリストの本気があらわされています。どんなにギリギリの状況に追い込まれようとも、命からがらの状態に置かれようともすべて受けて立つし、私たちのすべてを担われるのがイエス・キリストです。パンが欲しくて誘惑に負けてしまう自分がいる、神さまを試みて神さまを自分の思いどおりにしたいという誘惑に堕ちてしまう自分がいるし、権力や繁栄が欲しくて誘惑に溺れてしまう自分がいる。そんな弱さ、脆さ、破れを抱える私という人間のすべてをイエス・キリストは抱えて、受け止めて、救ってくださる。私という人間のすべてを受けて立ってくださる。イエスさまは荒れ野での誘惑のあとから公に福音宣教を始められます。福音宣教の旅は順風満帆ではありませんでした。宗教指導者、民の指導者たちからは悪く言われたり、命を狙われたりという恐れや不安や緊張が常に付きまとうようなものでした。しかしイエスさまは誹謗中傷や嫌がらせのすべて受けて立ちながら、すべての人々への喜びの知らせである福音を宣べ伝え、神さまの深い憐れみと、限りない愛と、恵みとを届け、知らせたのです。イエスさまは家族のように寝食を共にしてきた弟子たちから裏切られることも、そしてすべての人から見捨てられることも、十字架にかけられること、そして死をも受けて立ったのです。すべては愛する者の救いのため、愛する者の罪のゆるしのためです。私たちの主イエス・キリストはこの堕落した世界と、ろくでもない私のすべてを受けて立つために来てくださいました。私たちは、私たちのすべてを受けて立ってくださるキリストを信じて、すべてを委ねて安心して生きましょう。

讃美歌      「いのちの光」       -歌集34-

信仰告白      使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

聖餐の部

聖餐の歌    「飢えている人と」     -歌集39-

平和の挨拶 (起立)

聖餐の制定

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

派遣の部

讃美歌     「望みも消えゆくまでに」   -歌集36-

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏

お知らせ

本日礼拝後、役員会を行います。役員のみなさまよろしくお願いいたします。

37日(土)に予定されていましたMusic Arkはコロナウイルス感染拡大防止のために中止することにいたしました。

38日(日)3.11震災を覚えての「癒しの祈り会」開催予定していましたがコロナウイルス感染拡大防止のために中止することとなりました。

315日(日)礼拝後、とん汁ランチの予定ですが状況によっては日程変更もあり得ます。ご了承ください。

322日(日)の礼拝説教を竹の塚教会の江本真理先生にお願いしてあります。笠原牧師は飯能教会での礼拝奉仕です。

*笠原牧師は、この3月で飯能教会の責任教職の任を解かれ、4月から大宮シオンルーテル教会の責任教職となることとなりました。みなさまの支援とお祈りをお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。ご協力お願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は319日(木)午前10時半。

*「夕礼拝」次回は310日(火)午後7時半。

*「ミュージックアーク」次回は516日(土)午後5時。

今週の笠原牧師スケジュール

1日(日) 四旬節第1主日礼拝  役員会

2日(月) 休み

3日(火) 教会/牧師館

4日(水) 教会/牧師館

5日(木) 教会/牧師館

6日(金) 教会/牧師館

7日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

四旬節第2主日礼拝 202038

聖 書 創世記12:1-4a、ローマ4:1-513-17

ヨハネ3:1-17

讃美頌 121

讃美歌 189306260(聖餐)、290

説 教 「いのちにかかわること」

説教者 笠原光見 牧師


by urawalutheran | 2020-03-06 12:23 | 今週の礼拝

主日の礼拝式次第

前  奏 

初めの歌     「うるわしき」        -175-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

特別の祈り

神様、あなたはモーセとエリヤが証する信仰の神秘を御子の変容において確かなものとし、輝く雲の中から「これはわたしの愛する子」と宣言され、私たちもあなたの子としてくださることを示(しめ)されました。キリストと共にあなたの栄光を受け継ぐ者として、私たちを喜びで満たしてください。あなたと聖霊とともにただ独りの神、永遠の支配者、御子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

第一朗読 出エジプト 24:12-18      旧134頁

第二朗読 Ⅱペトロ   1:16-21     新437頁

頌         詩編2編          週報2

福音書    マタイ福音書17:1-9       新32頁

み言葉の歌     「いとうるわし」        -148-

説  教     「わたしの愛する子」     北郷麿利子姉

信仰告白         使徒信条       式文4

奉献(献金)と奉献唱  式文5

奉献の祈り/教会の祈り         式文6

派遣の部                     式文11頁

ヌンク・ディミティス    式文12頁

主の祈り

祝  福  

終わりの歌      「さかえに輝く」       -277-

後  奏

お知らせ

31日(日)礼拝後、役員会を行います。役員の方は予定に入れてください。

38日(日)午後4時から、NRK関東地区教会主催で3.11震災を覚えての「癒しの祈り会」が浦和教会で行われます。福島教会の方からの報告やハープ演奏と祈りのときがあります。みなさまどうぞご参加ください。

315日(日)礼拝後、とん汁ランチをします。どうぞ召しあがってからお帰りください。ランチ代は会堂維持献金となります。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。ご協力お願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は35日(木)午前10時半。

*「夕礼拝」次回は310日(火)午後7時半。

*「ミュージックアーク」次回は37日(土)午後5時。

今週の笠原牧師スケジュール

23日(日) 主の変容主日礼拝@飯能教会 埼玉分区総会 

24日(月) 休み

25日(火) 夕礼拝

26日(水) 教会/牧師館 Music Ark練習

27日(木) ULS聖書会

28日(金) 教会/牧師館

29日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

四旬節第1主日礼拝 202031

聖 書 マタイ4:1-11

讃美頌 

讃美歌 213436(聖餐)、41

説 教 「すべて受けて立つ」

説教者 笠原光見 牧師


by urawalutheran | 2020-02-25 20:19 | 今週の礼拝

開会の部

前  奏 

み名による祝福

讃美歌    「真昼のように」     -歌集13-

罪の告白とゆるし

特別の祈り

あなたに希望を置く者の力なる神様、私たちは弱く、やがて死すべき者であり、あなたなしには何も良き業ができません。私たちがなすべきことを悟り、行うための恵みと力を与えてください。救い主、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部

 マタイ福音書5:21―37      新7頁

説  教     「仲直り」     笠原光見牧師

 イエスさまは「兄弟に腹を立てる者はだれでも裁きを受ける」といいます。誰かに腹を立てるときは決まって相手の落ち度や、失敗、過ちを責めて、自分を正当化しているし、その人を裁いていることになっているでしょう。裁くことがエスカレートすれば「あいつは悪い奴だ、敵だ、悪魔だ」と決めつけて暴力的に排除しようとしてしまうなんてこともある。その極みが戦争やテロという形です。他人を裁き、敵だと決めつけて、攻撃することで自分も傷つき滅んでしまう。これは世界で起きていることも、わが家で起きていることも全く同じことです。ですからイエスさまは「兄弟に腹を立てる者はだれでも裁きを受ける」と語るのです。そしてイエスさまは「仲直りしなさい」、「和解をしなさい」といわれるのです。そうでなければ結局のところ傷ついたり、苦しかったり、挙句の果てには滅んでしまうようなことが自分の身に降りかかるからです。そのようなことが私たちの身に降りかかることをイエスさまは望んでいない。完全無欠の人間は一人もいない。人にはみんないいところもあれば、悪いところもあるでしょう。敵なんていないんです。自分が勝手に他人を敵にしてしまうんです。人はだれでも、腹を立てることも、みだらな思いを持つことも、誓いを破ってしまうこと、つまり嘘をつくなんてこともあるでしょう。みんなそのような欠けや破れ、弱さと限界を抱えているものなのですから、他人を裁いて悪と決めつけ攻撃したり、排除したりするのではなく、イエスさまがそうであったように人をゆるし、認め、受け止めていくのです。イエスさまは、人の弱さを責めたり、罪や過ちを攻撃したりすることはありませんでした。イエスさまは自分を排除しようとする者たちにも深い憐れみをもって向き合い、罪や過ちをゆるし、受け止めることをされたのです。そしてイエスさまは、十字架にかけた者たちに対しても神さまにゆるしを祈りました。イエス・キリストは、罪を抱え、弱さと限界を抱える私たち人間をゆるし、愛し、祈られるのです。イエスさまは言います「仲直りしなさい」、「和解をしなさい」と。このイエスさまの思いと、言葉に対して私たちは「然り」と応えていく者でありたいです。。

讃美歌       「君だからすばらしい」     -歌集14-

信仰告白      使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

聖餐の部

聖餐の歌    「飢えている人と」     -歌集39-

平和の挨拶 (起立)

聖餐の制定

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

派遣の部

讃美歌      「イエスが愛したように」   -歌集33-

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏

お知らせ

*本日、午後3時よりセンター教会にて関東地区教会総会が行われます。牧師と代表役員が出席いたします。

223日(日)礼拝説教を北郷姉にお願いしてあります。説教準備のうえに神さまの導きと祝福がありますようお祈りください。

 午後3時より飯能教会にて埼玉分区教会総会が行われます。牧師と代表役員が出席いたします。

31日(日)礼拝後、役員会を行います。役員の方は予定に入れてください。

38日(日)午後4時から、NRK関東地区教会主催で3.11震災を覚えての「癒しの祈り会」が浦和教会で行われます。福島教会の方からの報告やハープ演奏と祈りのときがあります。みなさまどうぞご参加ください。

315日(日)礼拝後、とん汁ランチをします。どうぞ召しあがってからお帰りください。ランチ代は会堂維持献金として用いられます。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。ご協力お願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は220日(木)午前10時半。

*「夕礼拝」次回は225日(火)午後7時半。

*「ミュージックアーク」次回は37日(土)午後5時。

今週の笠原牧師スケジュール

16日(日) 顕現後第6主日礼拝  関東地区総会@飯田橋

17日(月) 休み

18日(火) 教職者会

19日(水) 教会/牧師館

20日(木) 聖書に親しむ会

21日(金) 教会/牧師館

22日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

主の変容主日礼拝 2020223

聖 書 出エジプト24:12-18、Ⅱペトロ1:16-21

マタイ17:1-9

讃美頌 2

讃美歌 175148277

説 教 「わたしの愛する子」

説教者 北郷麿利子姉


by urawalutheran | 2020-02-19 00:34 | 今週の礼拝

2020年2月2日 顕現後第4主日

開会の部

前  奏 

み名による祝福

讃美歌    「ありがとう」      -歌集26-

罪の告白とゆるし

特別の祈り

聖なる神様、あなたは心の貧しい人々、心の清い人々に御国を与え、この世の知恵を空しいものとされました。私たちのことばと行いを通して、この世が御子の生涯を受け止め、私たちが義に飢え渇き、平和を力強く求める心を与えてください。救い主、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部

 マタイ福音書5:1―12      新6頁

説  教     「あなたに伝えたい」     笠原光見牧師

 この世の事柄に失望し、絶望して疲れ切り、心に深い闇を抱えていた人々はイエスさまの口から語られる神さまの福音に癒され、励まされ、生きる勇気、力、希望をもらいました。

 イエスさま人々に「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである」と福音を力強く宣言します。心の飢え、渇き、貧しさの中にあった人々にとって、イエスさまが真剣なまなざしで確信を持って言われた「あなたは幸いだ」という言葉を受けて、驚きと同時に大きな感動に包まれ、胸躍るような気持になったのではないでしょうか。

そしてイエスさまは「天の国はあなたがたのものだ」といって、神さまがあなたのことをみ心に留め、見守り、確かな繋がりの中にあるのだということを示されたことで、成す術のなく項垂れたていた人々の心と、うつむいていた顔を天に向けさせ、神さまのとの繋がりを思い起こし、その人を奮い立たせる力となったに違いありません。

愛するわが子の幸せを願わない親はいないでしょう。私たちにいのちを与えてくださった神さまは、私たちの幸せ、喜び、平安を願っておられる。それはイエスさまをこの世界に遣わされたこと、そしてイエスさまが語った「あなたがたは幸いである。喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある」という福音の言葉にはっきりと示されています。

イエスさまに出会い、イエスさまの口から直接「あなたは幸いだ。天の国はあなたのものだ。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある」と言われた人々のことをうらやましく思います。イエスさまの口から聞いた福音は人々の心を明るくし、その顔を輝かせたに違いありません。あのとき人々に語られたイエスさまの言葉は今を生きる私たちに向けてもはっきりと語られている神さまからの福音の言葉なのです。神さまはあなたに伝えたいんです。あなたは幸いだ。天の国はあなたのものだ。喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。キリストによってあなたと永遠の神とは固く、強く、確かに結び合わされている。

讃美歌      「スピリットソング」    -歌集43-

信仰告白      使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

聖餐の部

聖餐の歌    「勝利をのぞみ」     -歌集35-

平和の挨拶 (起立)

聖餐の制定

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

派遣の部

讃美歌      「GodBless You」     -歌集5-

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏

お知らせ

216日(日)午後3時よりセンター教会にて関東地区教会総会が行われます。牧師と代表役員が出席いたします。

223日(日)礼拝説教を北郷姉にお願いしてあります。説教準備のうえに神さまの導きと祝福がありますようお祈りください。

 午後3時より飯能教会にて埼玉分区教会総会が行われます。牧師と代表役員が出席いたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。ご協力お願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は2月20日(木)です。

*「夕礼拝」次回は211日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は37日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

2日(日) 顕現後第4主日礼拝  会員総会

3日(月) 浦和教職者会

4日(火) 休み

5日(水) 教会/牧師館

6日(木) 聖書に親しむ会

7日(金) 教会/牧師館

8日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

顕現後第5主日礼拝 202029

聖 書 イザヤ58:1-9a、Ⅰコリント2:1-12

マタイ5:13-20

讃美頌 112

讃美歌 184298256(聖餐)、422

説 教 「必要なんだ」

説教者 笠原光見 牧師


by urawalutheran | 2020-02-09 22:15 | 今週の礼拝

主日の礼拝式次第

前  奏  Buxtehude作曲 暁の星はいと美しきかな

初めの歌     「ガリラヤの風」       -290-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

特別の祈り

主なる神様、あなたの慈しみはいつも私たちと共にあり、進む道を先立って導き、後ろを守ってくださいます。御光の中への招き、御子の十字架によって与えられる善き道の歩みを導いてください。救い主、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

第一朗読 イザヤ   8:23-9:3      旧1073頁

第二朗読 Iコリント 1:10-18     新299頁

頌        詩編27編          週報2

福音書    マタイ福音書4:12-23       新5頁

み言葉の歌      「さかえに輝く」       -277-

説  教       「歩き続ける」      梁 熙梅 先生

信仰告白        使徒信条      式文4

奉献の部

奉献(献金)と奉献唱  式文5

奉献の祈り/教会の祈り       式文6

奏楽 J.S.Bach作曲  最愛のイエスよ我らここにあり

聖餐の部

聖餐の歌    「つかれしものに」     -254-

序  詞                      式文7

サンクトゥス

設定の言葉   式文8

主の祈り

アグヌス・ディ 式文9

配  餐

聖餐の感謝                    式文10頁

派遣の部                     式文11頁

ヌンク・ディミティス    式文12頁

祝  福  

終わりの歌        「主イエスに従う」     -328-

後 奏  Buxtehude作曲 トッカータ 

お知らせ

*本日の礼拝説教を大宮教会の梁先生にお願いしました。

22日(日)礼拝後、会員総会があります。万障お繰り合わせの上ご出席いただけますようお願いいたします。メールボックスの総会案内をご確認ください。

216日(日)午後3時よりセンター教会にて関東地区教会総会が行われます。牧師と代表役員が出席いたします。

223日(日)礼拝説教を北郷姉にお願いしてあります。説教準備のうえに神さまの導きと祝福がありますようお祈りください。

 午後3時より飯能教会にて埼玉分区教会総会が行われます。牧師と代表役員が出席いたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。ご協力お願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は26日(木)です。

*「夕礼拝」次回は1月28日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は37日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

26日(日) 飯能教会

27日(月) 休み

28日(火) 夕礼拝

15日(水) 教会/牧師館

29日(木) 教会/牧師館

30日(金) ULS聖書会

31日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

顕現後第4主日礼拝 2020119

聖 書 マタイ5:1-12

讃美頌 

讃美歌 264335(聖餐)、5

説 教 「あなたに伝えたい」

説教者 笠原光見 牧師


by urawalutheran | 2020-01-27 00:20 | 今週の礼拝