人気ブログランキング |

<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

説教 鈴木師 奏楽 木村姉

主日礼拝式次第
讃 美 歌  326番(教団)
詩篇交読  112篇(p17)
祈   リ  
聖   書  ル カ14:7-11
信仰告白  使徒信条     
讃 美 歌  「インマヌエル」「御手の中で」
説   教  「魂の安らぎを求める」
献   金  
教会の祈り  
讃 美 歌  337番
聖 餐 式  主の祈り
祝   祷  
報   告        

説教のみことば ル カ14:11
なぜなら、だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるからです。」                   
説教のポイント 
儀作法、エチケット、しきたりに関する本が出版されています。わきまえないと「非常識な人間」とか「世間知らず」と思われます。会社勤めの人、特に営業に携わる人たちはこれをわきまえないと取引に影響します。「サラリーマン必携」という手帳が出ていて、冠婚葬祭や序列、席順など詳しく書いてあります。二千年前、イエスさまの時代でも同じでした。社会や共同体では必要なことです。イエスさまは人々が宴会の席で上座を好む人、当然のように上座に座る人を見て、自らを低くする人の幸いを語られました。しかし本当の謙遜は、人間の努力や修行によって得られるのでなく、自らの死(キリストの十字架)を経て、キリストの霊に生きる時得られるものです。イエスさまは「わたしのくびきを負いなさい」言われました。

《お知らせ》
1.本日午後3時から、大宮教会で「埼玉分区会」が開かれます。鈴木師と鵜殿兄が出席します。
2. 来週の主日礼拝後、役員会を開きます。役員の兄姉は礼拝後集まってください。
3.「信徒研修会」出席者の参加申し込みを本日しめ切ります。牧師までお知らせください。
4.「教会だより」の7,8月合併号が来ています。今号には浦和教会の記事と山崎奈津代姉の証しが掲載されています。どうぞごらんください。

本日の説教に引用された聖句その他
ヨハネ14:27 マタイ11:28-30 マルコ8:34-35 ガラテヤ2:20 ルカ22:33-34 
ローマ7:24、8:1-2 Ⅰサムエル2:6-8 

礼拝後の予定
・お茶と交わり
・埼玉分区会

今週の予定
(火)
・成長講座(1)
教会15:30
(水)
・学院教師聖研
  14:00
(木)
・成長講座(2)
教会10:00
(金)
・求道者聖研
教会10:00

以下の広告は、浦和ルーテル学院とも浦和ルーテル教会とも全く無関係です。
by urawalutheran | 2010-08-28 19:55 | 今週の礼拝
説教 鈴木師      奏楽 島田姉

主日礼拝式次第  
讃 美 歌  175番
式   文  1ページ
聖   書  ル カ13:22-30
讃 美 歌  393番
説   教  「いのちに至る門」
讃 美 歌  386番
信仰告白  ニケヤ信条 式文4ページ
献   金 
奉献唱 式文5ページ
教会の祈り  
聖 餐 式  式文7ページ
聖餐の感謝  式文10ページ
祝   祷
報   告             

説教のみことば ルカ13:22-30
新改訳
13:22 イエスは、町々村々を次々に教えながら通り、エルサレムへの旅を続けられた。
13:23 すると、「主よ。救われる者は少ないのですか。」と言う人があった。イエスは、人々に言われた。
13:24 「努力して狭い門からはいりなさい。なぜなら、あなたがたに言いますが、はいろうとしても、はいれなくなる人が多いのですから。
13:25 家の主人が、立ち上がって、戸をしめてしまってからでは、外に立って、『ご主人さま。あけてください。』と言って、戸をいくらたたいても、もう主人は、『あなたがたがどこの者か、私は知らない。』と答えるでしょう。
13:26 すると、あなたがたは、こう言い始めるでしょう。『私たちは、ごいっしょに、食べたり飲んだりいたしましたし、私たちの大通りで教えていただきました。』
13:27 だが、主人はこう言うでしょう。『私はあなたがたがどこの者だか知りません。不正を行なう者たち。みな出て行きなさい。』
13:28 神の国にアブラハムやイサクやヤコブや、すべての預言者たちがはいっているのに、あなたがたは外に投げ出されることになったとき、そこで泣き叫んだり、歯ぎしりしたりするのです。

NKJV
13:29 人々は、東からも西からも、また南からも北からも来て、神の国で食卓に着きます。
13:30 いいですか、今しんがりの者があとで先頭になり、いま先頭の者がしんがりになるのです。」13:22 And He went through the cities and villages, teaching, and journeying toward Jerusalem.
13:23 Then one said to Him, "Lord, are there few who are saved?" And He said to them,
13:24 "Strive to enter through the narrow gate, for many, I say to you, will seek to enter and will not be able.
13:25 "When once the Master of the house has risen up and shut the door, and you begin to stand outside and knock at the door, saying, 'Lord, Lord, open for us,' and He will answer and say to you, 'I do not know you, where you are from,'
13:26 "then you will begin to say, 'We ate and drank in Your presence, and You taught in our streets.'
13:27 "But He will say, 'I tell you I do not know you, where you are from. Depart from Me, all you workers of iniquity.'
13:28 "There will be weeping and gnashing of teeth, when you see Abraham and Isaac and Jacob and all the prophets in the kingdom of God, and yourselves thrust out.
13:29 "They will come from the east and the west, from the north and the south, and sit down in the kingdom of God.
13:30 "And indeed there are last who will be first, and there are first who will be last."

説教のポイント 
神の計画の最終目標は、神と人間が共に住むことです。これを「神の国」と言います。人間の側から言いますと、人間の存在の最終目標は「神と共に住む」ことです。そのために人間はこの世に存在させられました。「永遠のいのち」とは、神と共に永遠に生きるいのちのことです。ヨハネ黙示録21:3「見よ。神の幕屋が人とともにある。神は彼らとともに住み、彼らはその民となる。」旧約、新約を通して神が約束されたのはこのことです。そして実は今、すでに神と共に生きているのです。この世にいて神の国に生きています。ヨハネ14:23「イエスは彼に答えられた。 『だれでもわたしを愛する人は、わたしのことばを守ります。そうすれば、わたしの父はその人を愛し、わたしたちはその人のところに来て、その人とともに住みます。』」

《お知らせ》
1.来週の主日礼拝後、午後3時から大宮教会で埼玉分区会を開きます。鈴木師と鵜殿兄が出席します。
2.新しい教会堂を建てるに当たって、それぞれの、こうあって欲しいという願い、必要なもの、ビジョン、イメージ、 理想など、文書、図、絵で提出してください。皆さんの思い描いたことが実現します。温かい雰囲気、明るい、安らぎを覚える、霊の流れを感じるなどは、すべての人に共通する願いではないでしょうか。
3.9月20日(月)の「信徒研修会」は、フランスの「テゼ修道院」で行われています、「祈りと瞑想」を学び、実習します。信仰の成長に有益な研修会となります。どなたでも参加してください。特に役員兄姉の参加を望みます。内容については掲示板にありますのでご覧ください。参加者は申し込みをしますので牧師まで。

礼拝後の予定
・お茶と交わり

今週の予定
(火)・信徒講座(1) 教会15:00
(木)・信徒講座 (2) 教会10:00 
(金)・求道者聖研 教会10:00

以下の広告は、浦和ルーテル学院とも浦和ルーテル教会とも全く無関係です。
by urawalutheran | 2010-08-20 22:14 | 今週の礼拝
説教 鈴木師    奏楽 木村姉

主日礼拝式次第
讃 美 歌 「威光、尊厳、栄誉」
詩篇交読  130篇(p19)
祈   リ  
聖   書  ル カ12:49-53
信仰告白  使徒信条     
讃 美 歌  332番(教団)
説   教  「真の平和のために」
献   金  
教会の祈り  
讃 美 歌 「主の愛が今」
聖 餐 式  
主の祈り
祝   祷  
報   告         

説教のみことば 
「あなたがたは、地に平和を与えるためにわたしが来たと思っているのですか。そうではありません。あなたがたに言いますが、むしろ、分裂です。」 ル カ12:51

説教のポイント 
その人がいると必ずもめごとが起こる。そういう人をトラブルメーカーと呼びます。イエスさまは確かにトラブルメーカーでいらっしゃいます。特に宗教指導者や権力者にとっては厄介な人物でした。そういえばパウロも行った先々で騒動を引き起こしたので「ペストのような男」と言われました。トラブルの原因はイエスさまやパウロにあるのではなく、この世に、人間の側にあります。真理が来た時、偽りが露わになるからです。偽りが真理を嫌います。闇は光を憎みます(ヨハネ3:20)。これがトラブルとなります。家族にもこれが起こります。自己中心の延長としての家族は、一人の、真理に目覚めた人が存在したら自己中心性の罪が明らかにされるからです。

本日の説教に引用された聖句その他
マタイ10:34-37
10:34 地上に平和をもたらすために、わたしがきたと思うな。平和ではなく、つるぎを投げ込むためにきたのである。
10:35 わたしがきたのは、人をその父と、娘をその母と、嫁をそのしゅうとめと仲たがいさせるためである。
10:36 そして家の者が、その人の敵となるであろう。
10:37 わたしよりも父または母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりもむすこや娘を愛する者は、わたしにふさわしくない。
 
ローマ8:5-9
8:5 なぜなら、肉に従う者は肉のことを思い、霊に従う者は霊のことを思うからである。
8:6 肉の思いは死であるが、霊の思いは、いのちと平安とである。
8:7 なぜなら、肉の思いは神に敵するからである。すなわち、それは神の律法に従わず、否、従い得ないのである。
8:8 また、肉にある者は、神を喜ばせることができない。
8:9 しかし、神の御霊があなたがたの内に宿っているなら、あなたがたは肉におるのではなく、霊におるのである。もし、キリストの霊を持たない人がいるなら、その人はキリストのものではない。

ヨハネ15:18-19
15:18 もしこの世があなたがたを憎むならば、あなたがたよりも先にわたしを憎んだことを、知っておくがよい。
15:19 もしあなたがたがこの世から出たものであったなら、この世は、あなたがたを自分のものとして愛したであろう。しかし、あなたがたはこの世のものではない。かえって、わたしがあなたがたをこの世から選び出したのである。だから、この世はあなたがたを憎むのである。

ヨハネ7:1-7
7:1 そののち、イエスはガリラヤを巡回しておられた。ユダヤ人たちが自分を殺そうとしていたので、ユダヤを巡回しようとはされなかった。
7:2 時に、ユダヤ人の仮庵の祭が近づいていた。
7:3 そこで、イエスの兄弟たちがイエスに言った、「あなたがしておられるわざを弟子たちにも見せるために、ここを去りユダヤに行ってはいかがです。
7:4 自分を公けにあらわそうと思っている人で、隠れて仕事をするものはありません。あなたがこれらのことをするからには、自分をはっきりと世にあらわしなさい」。
7:5 こう言ったのは、兄弟たちもイエスを信じていなかったからである。
7:6 そこでイエスは彼らに言われた、「わたしの時はまだきていない。しかし、あなたがたの時はいつも備わっている。
7:7 世はあなたがたを憎み得ないが、わたしを憎んでいる。わたしが世のおこないの悪いことを、あかししているからである。

ヨハネ19:26―27 
19:26 イエスは、その母と愛弟子とがそばに立っているのをごらんになって、母にいわれた、「婦人よ、ごらんなさい。これはあなたの子です」。
19:27 それからこの弟子に言われた、「ごらんなさい。これはあなたの母です」。そのとき以来、この弟子はイエスの母を自分の家に引きとった。

使徒1:14
1:14 彼らはみな、婦人たち、特にイエスの母マリヤ、およびイエスの兄弟たちと共に、心を合わせて、ひたすら祈をしていた。

ローマ7:19、24、25
7:19 すなわち、わたしの欲している善はしないで、欲していない悪は、これを行っている。
7:24 わたしは、なんというみじめな人間なのだろう。だれが、この死のからだから、わたしを救ってくれるだろうか。
7:25 わたしたちの主イエス・キリストによって、神は感謝すべきかな。このようにして、わたし自身は、心では神の律法に仕えているが、肉では罪の律法に仕えているのである。

ヨハネ3:19-21
7:24 わたしは、なんというみじめな人間なのだろう。だれが、この死のからだから、わたしを救ってくれるだろうか。
7:25 わたしたちの主イエス・キリストによって、神は感謝すべきかな。このようにして、わたし自身は、心では神の律法に仕えているが、肉では罪の律法に仕えているのである。

《お知らせ》
1.8月の役員会はお休みします。9月5日(日)に開きます。役員兄姉は予定に入れてください。
2. 9月20日(月)の「信徒研修会」は、フランスの「テゼ修道院」で行われています、「祈りと瞑想」を学び、実習します。信仰の成長に有益な研修会となります。どなたでも参加してください。特に役員兄姉の参加を望みます。
3.18日(水)「光の会」。午前10時、北郷兄姉宅で開きます。どなたでもご参加ください。

礼拝後の予定
・お茶と交わり

今週の予定
(水)・「光の会」 北郷兄姉宅 10:00
(木)・成長講座(2) 教会10:00
(金)・求道者聖研 教会10:00

以下の広告は、浦和ルーテル学院とも浦和ルーテル教会とも全く無関係です。
by urawalutheran | 2010-08-14 23:50 | 今週の礼拝
説教 鈴木師  奏楽中村姉

主日礼拝式次第 

讃 美 歌  131番
式   文  1ページ
聖   書  ル カ12:13-21
讃 美 歌  322番
説   教  「神の前に富む人」
讃 美 歌  374番
信仰告白  ニケヤ信条 式文4ページ
献   金 
奉献唱 式文5ページ
教会の祈り  
聖 餐 式  式文7ページ
聖餐の感謝  式文10ページ
祝   祷
報   告   

説教のみことば 
「どんな貪欲にも注意して、よく警戒しなさい。なぜなら、いくら豊かな人でも、その人のいのちは財産にあるのではないからです。」   ル カ12:15

説教のポイント 
イエスさまのおことばを、次のような設定で考えてみるとわかりやすいと思います。旅客機が砂漠に不時着したとします。乗客全員は無事でしたが、機の中にあった飲料と食料がなくなったとき、お金や宝石を持っていても役に立ちません。乗客の中には財産家がいたり、社会的地位の高い人もいたりしても、いのちを長らえるのは財産でも地位でもありません。大金を持っていてもいのちは養えません。「いくら豊かな人でも、その人のいのちは財産にあるのではない」このイエスさまのおことばはずばり、真理です。この世で生きている時確かにお金で生活しています。しかしお金がいのちを支えているのではありません。その証拠に、死ぬ時はお金は役に立ちません。死んでも生きる永遠のいのちはなおさら財産にはよりません。永遠のいのちはイエス・キリストによるものです。ヨハネ11:25-26.

《お知らせ》
1.9月20日(月)の「信徒研修会」は、フランスの「Taizeテゼ修道院」で行われています、「祈りと瞑想」を学び、実習します。信仰の成長に有益な研修会となります。どなたでも参加してください。特に役員兄姉の参加を望みます。内容については掲示板にありますのでご覧ください。参加者は申し込みをしますので牧師まで。
2.新しい教会堂を建てるに当たって、それぞれの、こうあって欲しいという願い、必要なもの、ビジョン、イメージ、 理想など、文書、図、絵で提出してください。皆さんの思い描いたことが実現します。温かい雰囲気、明るい、安らぎを覚える、霊の流れを感じるなどは、すべての人に共通する願いではないでしょうか。

礼拝後の予定
・お茶と交わり

今週の予定
(水)・信徒講座(1) 教会11:00
(木)・信徒講座 (2) 教会10:00 
(金)・求道者聖研 教会10:00



          
by urawalutheran | 2010-08-07 21:33 | 今週の礼拝
東京都江東区夢の島の東京スポーツ文化館で7月29日に開催された「文部科学大臣杯第6回小・中学校将棋団体戦」(日本将棋連盟 産経新聞社主催)の東日本大会でに出場した浦和ルーテル学院小学校(正本義貴、神坂樹、辻中佑輝)は2勝1敗と健闘しましたが、決勝大会出場はなりませんでした。(7月30日産経新聞)
by urawalutheran | 2010-08-02 13:38 | 浦和ルーテル学院