人気ブログランキング |

<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

説教 鈴木師

讃 美 歌    1番
式   文  1ページ
聖   書  ローマ13:11-14 
讃 美 歌  326番(教団)
説   教  「キリストを身に着る」幼児祝福式
讃 美 歌  453番(教団)
信仰告白  ニケヤ信条 式文4ページ
献   金 
奉献唱 式文5ページ教会の祈り  
聖 餐 式  式文7ページ
聖餐の感謝  式文10ページ
祝   祷
報   告

説教のみことば 
夜はふけて、昼が近づきました。ですから、私たちは、やみのわざを打ち捨てて、光の武具を着けようではありませんか。   ローマ13:12

説教のポイント 
「光」は神の秩序。「闇」は混沌、偶然が支配する世界。混沌も偶然も目的もなく計画もなく、さまよい、漂う状態。これに対して光は神の目的、神の計画を持った世界。この世界は神の意志、神の目的、神の計画によって造られたもの。神にとって意味がある。創世記1:3に「神は『光あれ』と仰せられた。すると光ができた。」とある。この世界は目的を持ち、人間も神の目的を持って造られた。もし人間が神を知らず、神を信じなかったなら、この世と人間の存在の目的も意味も知らず、闇の中に生きることになる。イエス・キリストは光として来られた。人間に光を伝えるため。「わたしは世の光です。わたしに従う者は決して闇の中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです。」ヨハネ8:12

《お知らせ》
1.本日礼拝後、クリスマスの飾り付けをします。ご協力をお願いします。
2.来週礼拝後役員会を開きます。役員の兄姉は礼拝後集まってください。予定より一週早めました。
3.本日午後3時から、福島教会で東北伝道委員会が開かれ、鈴木師が出席します。
4.今週の水曜日から毎週19時30分から夕礼拝を始めます。主日礼拝に出席できない方、またできなかった方のために開きます。それに限らずどなたでもご出席ください。
5.冬期特別献金をお願いしています。ご案内を週報棚に入れてあります。よろしくお願いします。7.「教会だより」11月号が来ています。各自週報棚をご覧ください。

礼拝後の予定
・クリスマス飾りつけ

今週の予定
(月)・学院聖研 学院16:40
(火)・信徒講座(2) 教会15:30
(水)・夕礼拝 教会19:30
(木)・聖書の学び 教会10:00
(金)・求道者10:00
by urawalutheran | 2010-11-28 11:54 | 今週の礼拝
説教 鈴木師   奏楽 木村姉

主日礼拝式次第 
讃 美 歌 「主にハレルヤ」
祈   リ  
聖   書  ル カ20:27-40
信仰告白  使徒信条     
讃 美 歌 「主はわが隠れ場」
説   教  「生きている人の神」
献   金  
教会の祈り  
讃 美 歌  532番(教団)
聖 餐 式  
主の祈り
祝   祷  
報   告 

説教のみことば ル カ20:38                               
「神は死んだ者の神ではありません。生きている者の神です。というのは、神に対しては、みなが生きているからです。」
        
説教のポイント 
パスカルは「神は哲学(観念)の神でなく、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である」と言った。イスラエルの父祖を選び、彼らと人格の交わりを持ち、イスラエルの歴史を導いた紛れもなく生きて働く神であることをパスカルは表明した。さらに神はついにこの歴史の中に降り立って見える姿となられた。イエス・キリストにおいてついには全人類の神となられた。アブラハム、イサク、ヤコブの神と言われる時、彼らが死んだのなら神は死んだ者の神である。イエスさまは「生きている者の神」であるとおっしゃった。アブラハム、イサク、ヤコブは死んでいないと!すでに死んだと思われている過去の人も、実は死んでいない。生きている。これは復活を示すことばである。復活を果たされたイエスさまのことばゆえに真実である。

《お知らせ》
1.本日礼拝後、役員会を開きます。役員の兄姉は礼拝後集まってください。
2.本日午後3時から大宮教会で埼玉分区会を開きます。
3.「さいたま市民クリスマス」12月12日(日)午後3時 さいたま市民会館おおみや大ホール。小坂 忠師始め埼玉新生クワイア。入場券(500円)があります。コンサートとクリスマス・メッセージがあります。お勧めします。
4.来週主日礼拝後、クリスマスの飾り付けをします。すでに外のツリーの電飾は済んでいます。ご協力をよろしくお願いします。

本日の説教に引用された聖句その他

ヨハネ黙示録21:3 
21:3 また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、

ヨハネ11:25-26 
11:25 イエスは彼女に言われた、「わたしはよみがえりであり、命である。わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる。
11:26 また、生きていて、わたしを信じる者は、いつまでも死なない。あなたはこれを信じるか」。

ヨハネ14:6 14:23 
14:6 イエスは彼に言われた、「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。
14:23 イエスは彼に答えて言われた、「もしだれでもわたしを愛するならば、わたしの言葉を守るであろう。そして、わたしの父はその人を愛し、また、わたしたちはその人のところに行って、その人と一緒に住むであろう。

ローマ14:7-9 
14:7 すなわち、わたしたちのうち、だれひとり自分のために生きる者はなく、だれひとり自分のために死ぬ者はない。
14:8 わたしたちは、生きるのも主のために生き、死ぬのも主のために死ぬ。だから、生きるにしても死ぬにしても、わたしたちは主のものなのである。
14:9 なぜなら、キリストは、死者と生者との主となるために、死んで生き返られたからである。

Ⅰコリント3:23 3:16 6:19-20 
3:23 そして、あなたがたはキリストのもの、キリストは神のものである。
3:16 あなたがたは神の宮であって、神の御霊が自分のうちに宿っていることを知らないのか。
6:19 あなたがたは知らないのか。自分のからだは、神から受けて自分の内に宿っている聖霊の宮であって、あなたがたは、もはや自分自身のものではないのである。
6:20 あなたがたは、代価を払って買いとられたのだ。それだから、自分のからだをもって、神の栄光をあらわしなさい。

ヨハネ1:4-5 3:16
1:4 この言に命があった。そしてこの命は人の光であった。
1:5 光はやみの中に輝いている。そして、やみはこれに勝たなかった。
3:16 神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。

創世記1:1 26-27 
1:1 はじめに神は天と地とを創造された。
1:26 神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべての這うものとを治めさせよう」。
1:27 神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。

コロサイ2:2-4 
2:2 それは彼らが、心を励まされ、愛によって結び合わされ、豊かな理解力を十分に与えられ、神の奥義なるキリストを知るに至るためである。
2:3 キリストのうちには、知恵と知識との宝が、いっさい隠されている。
2:4 わたしがこう言うのは、あなたがたが、だれにも巧みな言葉で迷わされることのないためである。

礼拝後の予定
・お茶と交わり
・役員会

今週の予定
(月)・牧師会10:00 信徒成長 15:30
(水)・求道者 9:00 信徒成長 17:00
(木)・信徒講座(2) 教会10:00
(金)・求道者聖研 教会10:00    
by urawalutheran | 2010-11-21 01:12 | 今週の礼拝
説教 鈴木師   奏楽 中村姉

主日礼拝式次第

讃 美 歌   11番(教団)
式   文  1ページ
聖   書  ル カ20:20-26 
讃 美 歌  326番(教団)
説   教  「神のものは神へ」
幼児祝福式
讃 美 歌  354番(教団)
信仰告白  ニケヤ信条 式文4ページ
献   金 
奉献唱 式文5ページ
教会の祈り  
聖 餐 式  式文7ページ
聖餐の感謝  式文10ページ
祝   祷
報   告   

説教のみことば ル カ20:25
すると彼らに言われた。「では、カイザルのものはカイザルに返しなさい。そして神のものは神に返しなさい。」             
説教のポイント 
キリストの時代、ユダヤはローマ帝国の支配下にあった。そのお蔭で各地での戦争が抑えられていた。これを「ローマの平和」と呼んだ。その代わり治安維持と平和のために出費するローマは、恩恵を被っている支配下にある国々から税金を集めた。ユダヤ人はこれに不満を持っていた。そこでローマに感謝する人たちとローマに不満を持つ人たちの間に論争があった。イエスの失脚を目論むユダヤの指導者たちは、この論争にイエスを巻き込んで潰そうとした。それで納税問答に持ち込んだ。「払え」と言えば「国を売る者」として国粋主義者に訴え、「払うな」と言えばローマへの反逆者として、ローマ総督に訴える積り。どちらに答えても不利になる質問。

《お知らせ》
1.本日礼拝の中で「幼児祝福式」を行います。その時は幼児を前に連れて来てください。祝福します。
2.来週礼拝後役員会を開きます。役員の兄姉は礼拝後集まってください。
3.同じく来週主日礼拝後、午後3時から大宮教会で埼玉分区会を開きます。鈴木師と鵜殿兄が出席します。4.「さいたま市民クリスマス」さいたま市民会館おおみや大ホール。小坂 忠師始め埼玉新生クワイア。チケットが必要ですが、現在8名分を申し込んであります。本日ありましたら追加します。

礼拝後の予定
・お茶と交わり

今週の予定
(月)・求道者9:00
(火)・信徒講座(2) 教会15:30
(水)・「光の会」 北郷兄姉宅10:00
(木)・信徒講座 (2) 教会10:00
(金)・求道者10:00
         
by urawalutheran | 2010-11-13 21:58 | 今週の礼拝