人気ブログランキング |

<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

説教 鈴木師主日      奏楽 木村姉

礼拝式次第
讃 美 歌 「父の神の信実」
詩篇交読   23篇(5P)
祈   リ  
聖   書  マタイ6:24-34
信仰告白  
使徒信条     
讃 美 歌 「鹿のように」    
説   教  「思い煩いとの別れ」
献   金  教会の祈り  
讃 美 歌  527番(教団)
聖 餐 式  
主の祈り
祝   祷  
報   告         

説教のみことば マタイ6:33
「だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」   

説教のポイント 
「山上の説教」の中でも最も慰めに満ちたイエスさまのおことば。それが6:24-34.このみことばでどれほど多くの人が慰めを受けただろうか。明日のことを心配し、思い煩わずにいられないのが人間である。そのことをよくご存知のイエスさまがこのことばを語られたのである。イエスさまは父なる神への絶対的な信頼をお持ちであった。その信頼を私たちにも持つように勧めておられる。その証明として「空の鳥、野の花」を示される。天の父が養っておられると。人間はそれらよりはるかにすぐれたもの。それは「神の似姿」だから。私たちを愛しお守りくださる父の神の信実は変わることがない。この神との密接な関係を第一に求めることが思い煩わない(平安)の秘訣である。

《お知らせ》
1.本日は礼拝後、役員会を開きます。役員兄姉は礼拝後集まってください。
2.また本日午後3時から東京ルーテルセンター教会で、関東地区教会総会が開かれます。鈴木師と鵜殿兄が出席します。
3.「神学校の夕べ」2月27日(日)16:00、日本福音ルーテル東京教会 NRKは北川神学生。なおNRK神学院の卒業式は3月13日(日)15:30、東京ルーテルセンター教会で行われます。

本日の説教に引用された聖句その他詩篇73:21-28 42:1-2 ピリピ3:19ピリピ2:21 Ⅰテモテ6:17 イザヤ46:3-4ピリピ4:11-13 申命記8:11-14 Ⅰテモテ4:4-5  星野富弘「あなたの手のひら」
 
礼拝後の予定
・役員会
・関東地区総会

今週の予定
(水)・受洗準備   教会9:00 ・夕礼拝 教会19:30
(木)・聖書の学び 教会10:00
(金)・求道者聖研 教会10:00     

本ブログに掲載される広告は、浦和ルーテル学院とも浦和ルーテル教会とも全く無関係です
by urawalutheran | 2011-02-19 21:39 | 今週の礼拝
説教 鈴木師     奏楽 中村姉

主日礼拝式次第

讃 美 歌  203番
式   文  1ページ
聖   書  マタイ5:38-48 
讃 美 歌  298番
説   教  「愛は泉のように」
讃 美 歌  372番
信仰告白  ニケヤ信条 式文4ページ
献   金 
奉献唱 式文5ページ
教会の祈り  
聖 餐 式  式文7ページ
聖餐の感謝  式文10ページ
祝   祷
報   告             

説教のみことば マタイ5:43-44
 「『自分の隣人を愛し、自分の敵を憎め。』と言われたのを、あなたがたは聞いています。しかし、わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。」  

説教のポイント 
マタイ5章から7章はイエスさまの教えをマタイがまとめて記したものである。山(丘)の上で語られたというので「山上の説教」と言われる。その中で5:21-48には6つの命題が出されている。従来の旧約の「律法」に対して、イエスさまがご自分の考えを述べられたものである。対立したり、反対のことを述べられたので「対立命題」とか「反対命題」と呼ばれる。目的は「律法の完成」である。そのために律法の正しい意味を知らせ、それを深めて神の考え、目的、計画を徹底されるものである。これは「神の国」の生き方である。その土台となるのは「神の愛」である。この「山上の説教」は神の愛で完成する。

《お知らせ》
1.来週の主日礼拝後役員会を開きます。役員の兄姉は礼拝後集まってください。
2.同じく来週の主日の午後3時から、関東地区の総会が東京ルーテルセンター教会で開かれます。鈴木師と鵜殿兄が出席します。    
3.明日(月)市内の牧師会が日本キリスト教会浦和教会で10時から開かれ、鈴木師が出席します。参加教会は日本キリスト教団、日本キリスト教会、バプテスト教会、聖公会、カトリック教会、福音自由教会等で、今回の学びは「葬儀と式文」についてです。
4.同じ日午後6時から浦和ルーテル学院理事会が開かれ鈴木師が出席します。
5.「関東地区ジュニア・ユース・キャンプ」の申し込みは本日が締め切りです。よろしくお願いします。

礼拝後の予定
・お茶と交わり

今週の予定
(水)・信徒講座(1) 教会17:00・夕礼拝 教会19:30
(木)・聖書の学び 教会10:00 ローマ人への手紙
(金)・求道者10:00

以下の広告は、浦和ルーテル学院とも浦和ルーテル教会とも全く無関係です
by urawalutheran | 2011-02-12 21:47 | 今週の礼拝
説教 鈴木師      奏楽 木村姉

主日礼拝式次第
讃 美 歌 「主はわが隠れ場」
詩篇交読   19篇(4P)
祈   リ  
聖   書  マタイ5:21-26
信仰告白  使徒信条     
讃 美 歌 「インマヌエル」「御手の中で」              
説   教  「律法の生き方」
献   金  教会の祈り  
讃 美 歌  332番(教団)
聖 餐 式  
主の祈り
祝   祷  
報   告         

説教のみことば 
兄弟に向かって腹を立てる者は、だれでもさばきを受けなければなりません。兄弟に向かって『能なし。』と言うような者は、最高議会に引き渡されます。また、『ばか者。』と言うような者は燃えるゲヘナに投げ込まれます。                

説教のポイント 
マタイ5章から7章は「山上の説教」と呼ばれます。内容は人間として実行不可能なことばかりがイエスさまによって語られています。いきなりここを読んだ人は逃げ出したくなります。しかしもしこれが実行できたら最高に素晴らしい生き方になります。イエスさまはこれを絵に描いた餅、高根の花として示されたのでなく、実行可能な生き方として語られました。イエスさまは別な個所で次のように語られました。「人にはできないが、神はどんなことでもできる」と。神はイエスさまを通して、聖霊さまによって私たちに愛を注いでくださいます。神の愛がこれを可能にします。

《お知らせ》
1.本日は礼拝後、会員総会を開きます。普段は役員会で教会の運営を行っていますが、年初に全体で教会の1年の運営方針や予算を決めます。また昨年1年間、献金がどのように使われたかを決算書を通して報告します。教会員は出席してください。出席できない方は委任状を提出してください。
2.今年の日本ルーテル教団神学院の卒業式は3月13日(日)午後3時からルーテルセンター教会で行われます。卒業生は北川逸英兄です。
3.「ジュニア・ユース・キャンプ」を今年も開きます。3月29日(火)~31日(木)で、場所は千葉県[少年自然の家]

本日の説教に引用された聖句その他
詩篇37:1-9
37:1 ヨシヤの子ゼデキヤはエホヤキムの子コニヤに代って王となった。バビロンの王ネブカデレザルが彼をユダの地の王としたのである。
37:2 彼もその家来たちも、その地の人々も、主が預言者エレミヤによって語られた言葉に聞き従わなかった。
37:3 ゼデキヤ王はセレミヤの子ユカルと、マアセヤの子祭司ゼパニヤを預言者エレミヤにつかわして、「われわれのために、われわれの神、主に祈ってください」と言わせた。
37:4 エレミヤは民の中に出入りしていた。まだ獄屋に入れられなかったからである。
37:5 パロの軍勢がエジプトから出て来たので、エルサレムを攻め囲んでいたカルデヤびとはその情報を聞いてエルサレムを退いた。
37:6 その時、主の言葉は預言者エレミヤに臨んだ、
37:7 「イスラエルの神、主はこう言われる、あなたがたをつかわしてわたしに求めたユダの王にこう言いなさい、『あなたがたを救うために出てきたパロの軍勢はその国エジプトに帰ろうとしている。
37:8 カルデヤびとが再び来てこの町を攻めて戦い、これを取って火で焼き滅ぼす。
37:9 主はこう言われる、あなたがたは、「カルデヤびとはきっとわれわれを離れ去る」といって自分を欺いてはならない。彼らは去ることはない。

Ⅱコリント5:18-20 
5:18 しかし、すべてこれらの事は、神から出ている。神はキリストによって、わたしたちをご自分に和解させ、かつ和解の務をわたしたちに授けて下さった。
5:19 すなわち、神はキリストにおいて世をご自分に和解させ、その罪過の責任をこれに負わせることをしないで、わたしたちに和解の福音をゆだねられたのである。
5:20 神がわたしたちをとおして勧めをなさるのであるから、わたしたちはキリストの使者なのである。そこで、キリストに代って願う、神の和解を受けなさい。

エペソ2:14-18
2:14 キリストはわたしたちの平和であって、二つのものを一つにし、敵意という隔ての中垣を取り除き、ご自分の肉によって、
2:15 数々の規定から成っている戒めの律法を廃棄したのである。それは、彼にあって、二つのものをひとりの新しい人に造りかえて平和をきたらせ、
2:16 十字架によって、二つのものを一つのからだとして神と和解させ、敵意を十字架にかけて滅ぼしてしまったのである。
2:17 それから彼は、こられた上で、遠く離れているあなたがたに平和を宣べ伝え、また近くにいる者たちにも平和を宣べ伝えられたのである。
2:18 というのは、彼によって、わたしたち両方の者が一つの御霊の中にあって、父のみもとに近づくことができるからである。


礼拝後の予定
・会員総会

今週の予定
(水)・受洗準備  教会9:00 ・夕礼拝 教会19:30
(木)・聖書の学び 教会10:00
(金)・求道者聖研 教会10:00

以下の広告は、浦和ルーテル学院とも浦和ルーテル教会とも全く無関係です
by urawalutheran | 2011-02-05 16:11 | 今週の礼拝