人気ブログランキング |

<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

説教 鈴木師    奏楽 木村姉

主日礼拝式次第
讃 美 歌 「主よ愛します」
詩篇交読   46篇(8P)
祈   リ  
聖   書  ヨハネ14:11-24
信仰告白  使徒信条     
讃 美 歌  350番
説   教  「人間の究極の目的」
献   金  
教会の祈り  
讃 美 歌  519番(聖歌)
聖 餐 式  
主の祈り
祝   祷  
報   告 
  
説教のみことば ヨハネ14:23
「だれでもわたしを愛する人は、わたしのことばを守ります。そうすれば、わたしの父はその人を愛し、わたしたちはその人のところに来て、その人とともに住みます。」                           

説教のポイント 
人間の究極の目的は何でしょう?つまり人間は何のために生まれ、何のために生きるのか?最後はどうなるのか?人間存在の目的は何か?人間が自然発生で偶然の産物であるなら、目的はない。自然が目的を持って人間を発生させるはずがない。神が存在してこの世と人間を創造したのなら、目的は神にある。聖書は神の創造を告げ、人間の目的を示している。その目的は、永遠に神と共に住むことである。「そのとき私は、御座から出る大きな声がこう言うのを聞いた。『見よ。神の幕屋が人とともにある。神は彼らとともに住み、彼らはその民となる。』」人間は死んで、復活して、永遠のいのちを頂いて「神の国」で神と永遠に生きるようにしてくださる。これが人間の究極の目的である。

《お知らせ》
1.本日礼拝後、教会の庭の草取りと大掃除をします。生い茂った長い草は草刈り機で刈りましたが、隅や端っこに残っている草を取ってください。ご協力ください。雨天の場合は次週(5月6日)に行います。
2.本日午後3時から大宮教会で埼玉分区会を開きます。鈴木師と鵜殿兄が出席します。
3.「教会祭」のためにお祈りください。天候のため、バザーの献品のため、食品の安全のため、奉仕活動をする教会員の健康のため、主の祝福とお守りをお祈りください。     

本日の説教に引用された聖句その他
ヨハネ14:2-4 8:14 8:23 3:13 16:28 16:7
レビ26:11-12 
エゼキエル37:27 
ヨハネ黙示録21:3-4 
イザヤ25:6-9
Ⅰヨハネ2:16-17 
ローマ12:2 12 
詩篇37:3 
Ⅱコリント6:16 
Ⅰコリント3:16、6:19-20 
使徒10:38 

礼拝後の予定
・お茶と交わり
・教会大掃除

今週の予定
(水)・夕礼拝 教会19:30
(木)・聖書の学び 教会10:00
・学院教師聖研 16:40
(金)・求道者聖研 教会10:00

本ブログに掲載されている広告は、浦和ルーテル教会とも浦和ルーテル学院とも関係ありません。
by urawalutheran | 2011-05-28 13:53 | 今週の礼拝
説教 鈴木師     奏楽 島田姉

主日礼拝式次第
讃 美 歌  203番
式   文  1ページ
聖   書  ヨハネ14:1-6
讃 美 歌  372番
説   教  「神から届いた道」
讃 美 歌  402番(教団)
信仰告白  ニケヤ信条 式文4ページ
献   金 
奉献唱 式文5ページ
教会の祈り  
聖 餐 式  式文7ページ
聖餐の感謝  式文10ページ
祝   祷
報   告 

説教のみことば ヨハネ14:6 
「イエスは彼に言われた。『わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。』」  

説教のポイント 
信仰があるないに関わらず、大部分の人は「死んだら天国に行く」と思っている。確信ではなくて願望からだと思う。そうあって欲しいという願いがそう思わせるのだと思う。しかしこの願望は神から出たもので、「伝道者の書」3:11にその根拠がある。「永遠への思い」である。この思いを単なる願望や儚い望みでなく、確実に実現に至らせるという約束が、イエス・キリストによって示された。これがヨハネ14:1-6である。この方は別の次元の世界から来られたので、ご自分が来られた世界へ私たちを連れて行くことができるのである。もちろんこれは「信仰の領域」である。信じることによってしか受け入れられない。だからイエスさまは「神を信じ、またわたしを信じなさい」とおっしゃったのである。 
  
本日の祈り 
私たちの愛する天のお父さま。あなたはあなたの方から道を開き、その道をこの世に届けてくださいました。その唯一の道であるイエス・キリストを受け入れます。この方に従いいのちの道を歩みます。この世のいのちが尽きてもあなたの住まいでの永遠のいのちが始まる望みをいただいています。この世においても、また来たるべき世においても、主は同じ主であられ、いのちの源でいらっしゃいます。「道であり、真理であり、いのち」であるイエスさまに従って来るべき世の備えをします。聖霊さま、私たちを導いてください。いのちの主、イエス・キリストの御名によって祈ります。       アーメン 

《お知らせ》
1.来週の主日礼拝後、 15:00から大宮教会で埼玉分区会を開きます。浦和から鈴木師と鵜殿兄が出席します。
2.6月12日(日)に「教会祭」をおこないます。バザーのためにご家庭に不要なものがありましたら献品を願いします。またバザーのカレーライスのために一人2合当てのお米の献品をお願いします。
3.6月11日(土)13:00から「教会祭」の準備をします。ご協力をお願いします。当日の役割、奉仕の打ち合わせも行います。
4.バザーの売上金の10%と、礼拝献金(月定献金を除く)を東日本大震災のためにささげます。ご協力をお願いします。  

礼拝後の予定
・お茶と交わり

今週の予定
(水)・夕礼拝 教会19:30
(木)・聖書の学び 教会10:00 ローマ人への手紙
(金)・求道者聖研 教会10:00                  

本ブログに掲載されている広告は、浦和ルーテル教会とも浦和ルーテル学院とも関係ありません。
by urawalutheran | 2011-05-22 00:13 | 今週の礼拝
説教 鈴木師     奏楽 中村姉

主日礼拝式次第
讃 美 歌   91番
式   文  1ページ
聖   書  ヨハネ21:1-14
讃 美 歌  394番
説   教  「復活の日常性と超常性」
讃 美 歌  532番(教団)
信仰告白 ニケヤ信条 式文4ページ
献   金 
奉献唱 式文5ページ
教会の祈り  
聖 餐 式  式文7ページ
聖餐の感謝  式文10ページ
祝   祷
報   告

説教のみことば ヨハネ21:14
「イエスが、死人の中からよみがえってから、弟子たちにご自分を現わされたのは、すでにこれで三度目である。」  


説教のポイント 
死から復活されたイエスさまは、静かに、以前の生活と何一つ変わらないお姿で、弟子たちに現れてくださった。前代未聞の、驚天動地の大事件であるはずなのに、ほとんどの人には知らされず、わずかに弟子たちと女性の数人にしかお姿を現わされなかった。これもまた驚きである。なぜ多数の人に復活の事実を知らされなかったのだろうか?ここに神の深い配慮があるのではないか?キリストの復活は、信仰の領域であると私は思う。見て確かめるのでなく、聞いて信じることである。それは復活の事実を目撃したわずかの人たちの証言によるものである。「見なければ信じない」と言ったトマスに対してイエスさまは「見ないで信じる人は幸いである」とおっしゃった。このことがそれを証明している。 

本日の祈り 
いのちの源である天の父よ。私たちの罪によって私たちに入りこんだ死を、御子の十字架の死によって征服し、私たちを死から解放して復活のいのちに入れてくださいましたことを感謝し、いのちの主であられるイエス・キリストをほめたたえます。この世がどんなに苦しみや恐れに満ちているように見えても、「わたしはすでにこの世に勝っている」と宣言されたイエス・キリストの勝利がこの世に深く浸透し、この世が根本的に変えられていることを覚え、心に平安をいただいています。そして私たち自身も根本から変えられています。どうぞ私たちにこの確信をますます強くしてください。いのちの主、イエスさまのお名前でお祈りします。アーメン
          
《お知らせ》
1.来週の主日礼拝後、 役員会を開きます。役員の兄姉は礼拝後集まってください。
2.同じく来週主日の午後3時30分から、六本木教会で高野公雄師の牧師就任式が行われます。鈴木師が出席します。
3.日本ルーテル教団の第15回定期総会が開かれ、新しい執行部役員に次の方が選ばれました。 
4. 女性牧師を認めるための第3号議案は、継続審議となりました。アメリカのミズーリ・シノッドとの協議をさらに積み重ねてからということです。

礼拝後の予定
・お茶と交わり

今週の予定
(水)・夕礼拝 教会19:30
(木)・聖書の学び 教会10:00 ローマ人への手紙
(金)・求道者聖研 教会10:00

ブログに掲載されている広告は、浦和ルーテル教会とも浦和ルーテル学院とも関係ありません。
by urawalutheran | 2011-05-07 22:04 | 今週の礼拝
説教 鈴木師  奏楽 木村姉

主日礼拝式次第 
讃 美 歌 「父の神の信実」
詩篇交読   16篇(3P)祈   リ 
聖   書  ヨハネ20:19-29
信仰告白  使徒信条     
讃 美 歌  151番    
説   教  「見ずに信じる者は幸い」
献   金  教会の祈り  
讃 美 歌  532番(教団)
聖 餐 式  
主の祈り
祝   祷  

説教のみことば ヨハネ20:29                                 
「イエスは彼に言われた。『あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ずに信じる者は幸いです。』」   

説教のポイント 
イエスさまの十字架の死は、誰でも目撃出来た。また多くの人が目撃している。ところが復活のイエスさまは誰でも見たわけではない。ごく限られた人だけにそのお姿を現わされた。これはどういうことだろうか?復活の姿こそ多くの人に見せるべきではないか、と思う。特にユダヤの指導者たちに。民衆にも現わされたらイエスさまを信じただろうに。実際は弟子たちとわずかの女性だけ。この秘密はイエスさまのおことばにある。「見ずに信じる者は幸いである」。なぜ見ないで信じる者は幸いなのか?それは信じる根拠を自分におかないこと。「聞く」という謙虚さにおく。聞くとは証言者のことばを聞くこと。イエスさまは人間の目で見ることに信頼されなかった。信仰は聞くことによって生まれる。その出所はイエス・キリスト。そして証人によって。 

《お知らせ》
1.今週の3日(火)と4日(水)の2日間、日本ルーテル教団第15回定期総会が晴海で開かれます。浦和ルーテル教会から鈴木師と信徒は東海林寛子姉(第1日)、北郷麿利子姉(第2日)が出席します。
2.今週の水曜日の夕礼拝と木曜日の聖書の学びはお休みします。金曜日の求道者の学びはあります。
3.6月12日(日)に「教会祭」を行います。バザーのためにが家庭に不要なものがありましたら献品をお願いします。
4.ニュージーランド義援金は5,581円でした。教会から 10,000を加えて教団へ送りました。また東日本大震災の義援金は59,451円、教会から50,000を加えて109,451円を教団へ送りました。ご協力感謝します。なお東日本大震災の義援金は引き続き募金をしますのでよろしくお願いします。  

本日の説教に引用された聖句その他
ヨハネ14:27 使徒1:8、10:37-38 ローマ10:17 ヘブル11:1 Ⅰペテロ1:8-9ヘブル12:1-2
   
礼拝後の予定
・お茶と交わり

今週の予定
(火)
(水)・教団定期総会 東京・晴海
   ・水曜日の夕礼拝と木曜日の 聖書の学びはお休みします。
(金)・求道者聖研 教会10:00


ブログに掲載されている広告は、浦和ルーテル教会とも浦和ルーテル学院とも関係ありません。
       
by urawalutheran | 2011-05-01 00:13 | 今週の礼拝