人気ブログランキング |

<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

説教 鈴木師   奏楽 島田姉

主日礼拝式次第 
讃 美 歌  149番
式   文  1ページ
聖   書  ル カ5:1-11

説教のみことば ルカ5:5
するとシモンが答えて言った。「先生。私たちは、夜通し働きましたが、何一つとれませんでした。でもおことばどおり、網をおろしてみましょう。」
    

讃 美 歌  239番
説   教 「人間をとる漁師」
讃 美 歌  394番
信仰告白  ニケヤ信条 式文4ページ
献   金  奉献唱 式文5ページ
教会の祈り 
聖 餐 式  式文7ページ
聖餐の感謝  式文10ページ
祝   祷
報   告

説教のポイント
NHKのドキュメンタリー番組に「プロジェクトX」というのがあった。一般の人間の常識や慣例を超えた発想と不屈の努力で、不可能と思えることに挑戦して、ついに成し遂げる人たちの感動の記録である。神のことばも人間の常識、経験、理性を超えた発想であり、不可能を可能とするとんでもないものである。五つのパンで五千人を養う。水をぶどう酒に変える。死んだ人間を生き返らせる。ペテロは夜が明けてから湖に網を下ろすよう命じられた。間違いなく漁師の常識や経験を超えている。慣例にない。その通りにすると舟が沈みそうになるほどの魚が獲れた。「プロジェクトX」と違うところは、人間の不屈の意志や努力は皆無である。必要なのは、神のことばへの信頼だけ。神のことばに力がある。

《お知らせ》
1.来週の礼拝後、定例の会員総会を開きます。教会員は主席してください。出席できない方は委任状をお願いします。
 この総会のために各自お祈りください。話し合い、決議が主の愛のうちになされるように、みことばと信仰に基づくように、主のみ心に添うように。ローマ12:2.
2.北米大陸のハリケーン被害のための募金を本日で締め切ります。よろしくお願いします。
3.「教会だより」1月号が来ています。各自週報棚をご覧ください。
4 「伝道フォーラム全国大会」
 日時 2013年4月29日(月・祝)~30日(火)
 場所 国立オリンピック記念青少年総合センター(代々木)
 講師 江口再起師 (東京女子大教授)
 参加者は予定に入れてください。

礼拝後の予定
・お茶と交わり

今週の予定
(水)
・夕礼拝 教会19:30
(木)
・聖書の学び 教会10:00
by urawalutheran | 2013-01-25 23:01 | 今週の礼拝
説教 鈴木師
奏楽 木村姉
      
主日礼拝式次第   

讃 美 歌 320番
詩篇交読  100篇(P15)
祈   リ  
聖   書  ル カ4:16-22

説教のみことば ルカ4:21
イエスは人々にこう言って話し始められた。「きょう、聖書のこのみことばが、あなたがたが聞いたとおり実現しました。」         

信仰告白  使徒信条     
讃 美 歌  425番(聖歌)
説   教  「キリストは解放者」
献   金  
教会の祈り 
讃 美 歌  701番(聖歌)
聖 餐 式  主の祈り
祝   祷  
報   告

説教のポイント 聖書を貫いているモティーフは「解放」であると私は思う。アブラハムはバビロンから、イスラエルの民はエジプトから、さらに再びバビロニアから解放されている。その解放の集大成がイエス・キリストの人類の解放である。初めユダヤ人はイエスにローマからの解放を求めていた。しかしイエスは全くそのようにはなさらなかったので民衆は失望して、最後は裏切られた怒りをイエスに向け、十字架の死へと追いやった。ところがこの十字架の死こそ、全人類の解放、すなわち救いとなったのである。これが神の壮大なご計画であった。誰がこのようなことを考えただろうか。まさしくⅠコリント2:9にある通り「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、そして、人の心に思い浮んだことのないもの。」である。

≪お知らせ≫
1.本日礼拝後、建築委員会の現状説明があります。どうぞ残ってお聞きください。
2.その後で役員会を開きます。役員の兄姉は集まってください。
3.2月3日(日)に定例「会員総会」を開きます。教会員は出席してください。出席できない方は委任状を出してください。この総会のためにお祈りください。
4.北海道の複数牧会をしておられる与斉牧師の三女「ありさ」ちゃん(生後10カ月)が天に召されました。乳幼児突然死症候群とのことです。悲しみにあるご遺族のためにお祈りください。教会から弔電を出しました。
5.「ハリケーン・サンディ災害義援金」をよろしくお願いします。27日が締め切りです。

本日の説教に引用された聖句
エペソ6:11-13 ローマ7:19-23 ヨハネ8:33-36 ローマ8:1-2 6:6-11 ヨハネ11:25-26 Ⅰヨハネ3:8 ヘブル2:14-15 マルコ3:27 イザヤ49:24-25 マルコ8:34-35

礼拝後の予定
・会堂建築説明
・役員会
今週の予定
(水)
・夕礼拝 教会19:30
(木)
・聖書の学び 教会10:00
by urawalutheran | 2013-01-20 00:18 | 今週の礼拝
説教 鈴木師   奏楽 中村姉

主日礼拝式次第 
讃 美 歌  290番
式   文  1ページ
聖   書  ル カ3:15-17

説教のみことば ルカ3:17
また手に箕を持って脱穀場をことごとくきよめ、麦を倉に納め、殻を消えない火で焼き尽くされます。    

讃 美 歌  298番
説   教 「永遠に残るもの」
讃 美 歌  344番
信仰告白  ニケヤ信条 式文4ページ
献   金  奉献唱 式文5ページ
教会の祈り 
聖 餐 式  式文7ページ
聖餐の感謝  式文10ページ
祝   祷

説教のポイント 
バプテスマのヨハネは「来たるべき方」を「さばき主」と見た。確かにイエスさまはさばき主でもいらっしゃる。問題はさばきの中味、目的である。神の裁きというと怒りの神、罰を下す神のイメージを持つ。しかし聖書をよく読むと神の裁きは、人間を救うためのさばきである。決して地獄に落としたり滅ぼしたりするためのさばきではない。むしろ地獄に落ちないために、滅びないためにさばきがなされるのである。神は全ての人が救われて永遠のいのちに入ることを望んでおられる。そのように見るとミケランジェロの「最後の審判」の絵は明らかに聖書を誤解している。これは彼の誤解でなく彼に教えた中世の教会の問題であると私は思う。当時は誰でも聖書を読める状態ではなかった。説教ではこのことを明らかにしたい。

《お知らせ》
1.来週の礼拝後建築委員会から教会建築についての説明をします。できるだけ多くの人に聞いてもらいたいと思います。残ってください。
2.同じく礼拝後、建築委員の説明後、役員会を開きます。役員の兄姉は集まってください。
3.2月3日の主日礼拝後、定例の会員総会を開きます。教会員は出席してください。どうしても出席できない方は委任状を出してください。
4 北米大陸のハリケーン被害のための募金をしています。よろしくお願いします。
5.旧浦和市内の教会マップができました。市内の牧師会で作ったものです。市内の案内にもなっていますので、ご利用ください。牧師まで。

礼拝後の予定
・お茶と交わり

今週の予定
(水)
・夕礼拝 教会19:30
(木)
・聖書の学び 教会10:00
by urawalutheran | 2013-01-12 21:18 | 今週の礼拝