人気ブログランキング |

<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

讃美礼拝プログラム

讃 美: 主の愛が今

讃 美: Amazing Grace
.
讃 美: In Christ Alone

聖書朗読:
福 音 書  マタイの福音書10:34~42  新17頁

讃 美: 君は愛されるため生まれた

讃 美:歌う旅人

奉 献:

奉献唱: Offering

祈 り:    礼拝当番

讃 美:    叫べ全地


お知らせ

7月27日(日、礼拝後)~29日(火)大宮教会と合同の夏季キャンプを実施する予定です。
8月3日(日)礼拝後、建築委員会を行います。建築現場にて話し合いを行います。委員の方は予定に入れてください。
8月7日(木)と、8月21日(木)の家庭集会(聖書研究)はお休みになります。

招聘委員に安東兄・姉が加わることに関して、6月30日まで返答くださるように書面で承認をとりましたが、まだ届いていない会員の方がいらっしゃり、7月末までに期限を延期することにしました。本来なら会員総会を開くべきですが、書面にて承認とっていますことをご了承ください。
by urawalutheran | 2014-07-19 21:47 | 今週の礼拝

7月4日 躯体工事中

7月4日 躯体工事中_b0103594_025306.jpg
7月4日 躯体工事中_b0103594_0222475.jpg

by urawalutheran | 2014-07-14 00:25 | 会堂建築

6月27日 躯体工事中

6月27日 躯体工事中_b0103594_0161140.jpg
6月27日 躯体工事中_b0103594_0153530.jpg
6月27日 躯体工事中_b0103594_0151477.jpg

by urawalutheran | 2014-07-14 00:18 | 会堂建築

6月22日 棟上げの祈り

6月22日 棟上げの祈り_b0103594_0104957.jpg
6月22日 棟上げの祈り_b0103594_095422.jpg

by urawalutheran | 2014-07-14 00:11 | 会堂建築
主 日 礼 拝 式 次 第

前  奏     
初めの歌       「主をあがめたたえよ」- 170 –
罪の告白とゆるしの言葉        式文1頁
キリエ/グロリア       式文2頁
特別の祈り       週  報
聖書朗読
第一朗読  エレミヤ20:7~13  旧1174頁
第二朗読     ローマ6:1~11  新272頁
讃 美 頌       詩篇91/1     週   報
福 音 書 マタイの福音書10:16~33新16頁
み言葉の歌     「主イエスにたよりて」 - 327-
説  教    「恐れるな」梁煕梅師
信仰告白        使徒信条   式文4頁
奉献と奉献唱式文5頁
奉献/教会の祈り      式文6頁     
聖餐の歌   「きこうみ言葉を」- 263 -
序  詞
サンクトゥス       式文7頁
設定の言葉       式文8頁
アグヌス・ディ       式文9頁
配  餐
聖餐の感謝       式文10頁
派 遣の 部       式文11頁
ヌンク・ディミティス   
祝    福  
終わりの歌        「ちからなる神は」   - 450-

詩編  91/1編
いと高(たか)き神(かみ)のもとに身(み)を寄(よ)せて隠(かく)れ、全(ぜん)能(のう)の神(かみ)の陰(かげ)に宿(やど)る人(ひと)よ、主(しゅ)に申(もう)し上(あ)げよ。
 「神(かみ)はわたしの避(さ)けどころ、砦(とりで)、わたしの依(よ)り頼(たの)む方(かた)。」
神(かみ)はあなたを救(すく)い出(だ)してくださる。
 仕(し)掛(か)けられた罠(わな)から、陥(おとしい)れる言(こと)葉(ば)から。
神(かみ)は羽(はね)をもってあなたを覆(おお)い、翼(つばさ)の下(した)にかばってくださる。
 神(かみ)のまことは大(おお)盾(だて)、小(こ)盾(だて)。
夜(よる)、脅(おびや)かすものをも、
 昼(ひる)、飛(と)んで来(く)る矢(や)をも、恐(おそ)れることはない。
暗(あん)黒(こく)の中(なか)を行(い)く疫(えき)病(びょう)も、
 真(ま)昼(ひる)に襲(おそ)う病(びょう)魔(ま)も、恐(おそ)れることはない。
あなたの傍(かたわ)らに一(いっ)千(せん)の人(ひと)、あなたの右(みぎ)に一(いち)万(まん)の人(ひと)が倒(たお)れるときすら、
 あなたを襲(おそ)うことはない。
あなたの目(め)は、それを眺(なが)めるのみ。
 神(かみ)に逆(さか)らう者(もの)の受(う)ける報(むく)いを見(み)ているのみ。
あなたは主(しゅ)を避(さ)けどころとし、
 いと高(たか)き神(かみ)を宿(やど)るところとした。
あなたには災(さい)難(なん)もふりかかることがなく、
  天(てん)幕(まく)には疫(えき)病(びょう)も触(ふ)れることがない。
父、み子、聖霊なる神にみさかえ。
はじめも今ものちも代々に絶えず。アーメン


主日の祈り
私(わたし)たちを守(まも)られる神(かみ)さま。
この世(よ)の嵐(あらし)が荒(あ)れ狂(くる)い、私(わたし)たちを脅(おびや)かすとき、み民(たみ)をあらゆる不(ふ)安(あん)と恐(きょう)怖(ふ)から解(かい)放(ほう)し、不(ふ)信(しん)に陥(おちい)らぬように防(ふせ)ぎ守(まも)ってください。
み子(こ)、主(しゅ)イエス・キリストによって祈(いの)ります。
アーメン♪

本日の説教要約
マタイによる福音書10章16~33節
「恐れるな」
旧・新約を合わせて、聖書には「恐れるな」という言葉が366回出てきます。一年は365日、ということは、聖書は、毎日欠かさず私たちに「恐れるな」と語りかけているということ。逆にいえば、私たちは、毎日、何かを恐れながら過ごしているということですね。
イエスさまは弟子たちを遣わす際に、「狼の群れに羊を送り込むようなものだ」(16節)と言い、「人々を恐れてはならない」「(26節、新共同訳)と言っています。「人々」とは「狼の群れ」と同一であると考えられます。当時、主の弟子たちは、イエスの仲間であるということだけで捕えられるような状況にありました。ですから、イエスさまの教えを広めることは命を捨てる覚悟の上、迫害は当然なことのようについてくるものでした。そういう状況のただ中へ弟子たちは遣わされています。 
今、私たちにとってこの狼の群れという人々とは何を指しているのでしょか。
神さまはご自分の姿に似せて人間をお造りになりました。神さまご自身は形のない方「ある」という方です。ですから、「あなたはいかなる像も造ってはならない。」(出20:4)と十戒の中で戒めています。しかし、神さまの似姿である私たちの中には、数え切れないほどの形が存在します。そして、結構それらに信頼を置いています。ですから、それらの形が変わることで不安を覚え、人や自分がそれらの形に当てはまらないときにがっかりします。それらの形はどこから受け付けられたもので、私たちの存在を保てるような根拠のあるものなのでしょうか。その形を作るように誘うもの、精神的な迫害の中で狼の役割をしているものでは…
主は、暗やみのただ中でご自分に耳を傾けて聞くように勧めています。「わたしが暗やみであなたがたに話すことを明るみで言いなさい」(27節)。つまり、狼の群れのただ中でご自身が伝えるべき言葉を語りかけるというのです。つまりそれは、主ご自身が狼の群れのただ中に住む私たちと一緒におられるということ。形を大切にすることが求められる世界の中で神さまの似姿を保って生きることは難しいかもしれないけれども、恐れずに狼の群れの中で、主の弟子として歩み続けたいです。

お知らせ

7月13日(日)本日礼拝後、役員会を行います。
7月17日(木)午前10時半~12時 吉田ひろみ姉宅で家庭集会(聖書研究)が予定されています。浦和駅近くです。参加希望の方は、吉田姉に連絡してください。
7月27日(日、礼拝後)~29日(火)大宮教会と合同の夏季キャンプを実施する予定です。参加される方は 7月13日(日)まで北郷姉までお申し出ください。詳しいことは別紙をご参照ください。

招聘委員に安東兄・姉が加わることに関して、6月30日まで返答くださるように書面で承認をとりましたが、まだ届いていない会員の方がいらっしゃり、7月末までに期限を延期することにしました。本来なら会員総会を開くべきですが、書面にて承認とっていますことをご了承ください。
by urawalutheran | 2014-07-12 12:05 | 今週の礼拝

2014年夏 埼玉大会

Aシードの聖望学園は7月12日(土) 所沢航空公園球場にて越谷総合高校と2回戦を戦い、12対0で5回コールド勝ちしました。3回戦は16日(水)県立大宮公園球場の第三試合で、新座立教と対戦します。

Aシードの浦和学院が15日に敗退したのに続き、聖望学園も新座立教に8対1でコールド負けしてしまい、夏の大会は終わりました。
by urawalutheran | 2014-07-12 00:42 | 聖望学園
主 日 礼 拝 式 次 第

前  奏     
初めの歌       「主のみ名によりて」- 190 –
罪の告白とゆるしの言葉        式文1頁
キリエ/グロリア式文2頁
特別の祈り       週  報
聖書朗読
 第一朗読  出エジプト19:1~8a  旧118頁
第二朗読     ローマ5:12~15  新272頁
讃 美 頌       詩篇100     週   報
福 音 書 マタイの福音書9:35~10:15新15頁
み言葉の歌     「ガリラヤの風」  - 290-
説  教    「主の宝」梁煕梅師
信仰告白        使徒信条   式文4頁
奉献と奉献唱式文5頁
奉献/教会の祈り      式文6頁     
聖餐の歌「みんなでパンを」- 262 -
序  詞
サンクトゥス式文7頁
設定の言葉式文8頁
アグヌス・ディ式文9頁
配  餐
聖餐の感謝式文10頁
派 遣の 部                   式文11頁
ヌンク・ディミティス   
祝    福  
終わりの歌        「シオンよ」    - 285-

詩編  100編
全(ぜん)地(ち)よ、主(しゅ)に向(む)かって喜(よろこ)びの叫(さけ)びをあげよ。
喜(よろこ)び祝(いわ)い、主(しゅ)に仕(つか)え、喜(よろこ)び歌(うた)ってみ前(まえ)に進(すす)み出(で)よ。
知(し)れ、主(しゅ)こそ神(かみ)であると。
主(しゅ)はわたしたちを造(つく)られた。
わたしたちは主(しゅ)のもの、その民(たみ)、主(しゅ)に養(やしな)われる羊(ひつじ)の群(む)れ。
感(かん)謝(しゃ)の歌(うた)をうたって主(しゅ)の門(もん)に進(すす)み、讃(さん)美(び)の歌(うた)をうたって主(しゅ)の庭(にわ)に入(はい)れ。
感(かん)謝(しゃ)をささげ、み名(な)をたたえよ。
主(しゅ)は恵(めぐ)み深(ふか)く、慈(いつく)しみはとこしえに、主(しゅ)の真(しん)実(じつ)は代(よ)々(よ)に及(およ)ぶ。
父、み子、聖霊なる神にみさかえ。
はじめも今ものちも代々に絶えず。アーメン

主日の祈り
私(わたし)たちの造(つく)り主(ぬし)、救(すく)いの神(かみ)さま。
新(あたら)しい祭(さい)司(し)の群(む)れに入(い)れられた私(わたし)たちが、誠(せい)実(じつ)にあなたの召(め)しに応(こた)え、福(ふく)音(いん)の証(あか)し人(びと)として、あなたの約(やく)束(そく)を全(ぜん)世(せ)界(かい)に告(つ)げ知(し)らせる者(もの)にならせてください。
み子(こ)、主(しゅ)イエス・キリストによって祈(いの)ります。
アーメン♪

本日の説教要約
マタイ9章35~10章15節
出エジプト記9章1~8節a
「主の宝」
エジプトを出て荒れ野を旅するエジプトの民はシナイ山の前にたどり着きました。シナイ山はモーセが神さまから十戒が与えられた山です。この山が、現在、地理的にどちらの山を指しているのかはわかりませんが、聖書は神が臨在する山として描いています。ですから、シナイ山は「神の山」とも呼ばれます。
本日旧約聖書の日課でも、イスラエルの民がしない山に着くや否や神さまはモーセを通してみ言葉を与えられます。「ヤコブの家にこのように語りイスラエルの人々に告げなさい。 あなたたちは見た。わたしがエジプト人にしたこと、また、あなたたちを鷲の翼に乗せてわたしのもとに連れて来たことを。今、もしわたしの声に聞き従いわたしの契約を守るならばあなたたちはすべての民の間にあってわたしの宝となる。世界はすべてわたしのものである。あなたたちは、わたしにとって祭司の王国、聖なる国民となる。」(3~6節)
私たちも、今、この世という荒れ野のただ中を歩いています。荒れ野とは、オアシスのない砂漠のようなところです。時々自然の厳しさや猛獣のようなものに脅かされて生きる勇気を失ってしまうところ。努力してがんばっても平気で否定されたりするところ。ですから、心には不平不満が募ります。孤独で虚しくなったり、何もかも明貯めたくなる時もある…その民らに、シナイ山に着くや否やみ言葉が与えられたのでした。「今、もしわたしの声に聞き従いわたしの契約を守るならばあなたたちはすべての民の間にあってわたしの宝となる。」と。主の宝!と言うのです。
宝はどんなことがあっても手放したくない、大切なものです。神さまにとって私たちがそう言う存在であるというのです。そして、「あなたたちは、わたしにとって祭司の王国、聖なる国民となる。」と。どうして?
祭司の王国では神さまのものが分かち合われます。自分が主の宝として大切にされているという自覚が、ありますでしょうか。愛とゆるし、平和と喜び・・・今の暮らしの中でこれらが大切にされているでしょうか。

お知らせ

7月13日(日)礼拝後、役員会を行います。役員の方は予定にいれてください。
7月17日(木)午前10時半~12時 吉田ひろみ姉宅で家庭集会(聖書研究)が予定されています。浦和駅近くです。参加希望の方は、吉田姉に連絡してください。
7月27日(日、礼拝後)~29日(火)大宮教会と合同の夏季キャンプを実施する予定です。参加される方は 7月13日(日)まで北郷姉までお申し出ください。詳しいことは別紙をご参照ください。

招聘委員に安東兄・姉が加わることに関して、6月30日まで返答くださるように書面で承認をとりましたが、まだ届いていない会員の方がいらっしゃり、7月末までに期限を延期することにしました。本来なら会員総会を開くべきですが、書面にて承認をとっていますことをご了承ください。
by urawalutheran | 2014-07-05 23:43 | 今週の礼拝