人気ブログランキング |

<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

主 日 礼 拝 式 次 第
前  奏     
初めの歌     「やすかれ」 -337-
罪の告白とゆるしの言葉        式文1頁
キリエ/グロリア 式文2頁
特別の祈り        週報2頁
聖書朗読
 第一朗読     ヨブ7:1~7 旧778頁
第二朗読    Ⅰコリント9:16~23      新301頁
讃 美 頌       詩篇147     週報2頁
福 音 書   マルコの福音書1:29~39 新60頁
み言葉の歌     「とこしえの愛は」 -475-
説  教  「神の思い、人の思い」  李正雨師
信仰告白        使徒信条    式文4頁
奉献と奉献唱 式文5頁
奉献/教会の祈り       式文6頁
聖餐の歌 「イエス・キリスト」     -259(1-3)-
序  詞                      式文7頁
サンクトゥス
設定の言葉   式文8頁
主の祈り
アグヌス・ディ 式文9頁
配  餐
聖餐の感謝 式文10頁
派 遣の 部                    式文11頁
ヌンク・ディミティス    式文12頁
祝    福  
終わりの歌      「うれしき恵みよ」 -402-

詩編  147編
ハレルヤ。わたしたちの神(かみ)をほめ歌(うた)うのはいかに楽(たの)しく喜(よろこ)ばしく、
神(かみ)への讃(さん)美(び)はいかに美(うつく)しく快(こころよ)いことか。
神(かみ)はエルサレムを再(さい)建(けん)し、イスラエルの追(お)われた人(ひと)々(びと)を集(あつ)めてくださる。
主(しゅ)は打(う)ち砕(くだ)かれた人(ひと)々(びと)の心(こころ)を癒(いや)し、その傷(きず)を包(つつ)んでくださる。
主(しゅ)は星(ほし)の数(かず)を定(さだ)め、それぞれに呼(よ)び名(な)をお与(あた)えになる。
わたしたちの主(しゅ)は大(おお)いなる方(かた)、み力(ちから)は強(つよ)く、英(えい)知(ち)のみ業(わざ)は数(かず)知(し)れない。
主(しゅ)は貧(まず)しい人(ひと)々(びと)を励(はげ)まし、逆(さか)らう者(もの)を地(ち)に倒(たお)される。
感(かん)謝(しゃ)の献(ささ)げ物(もの)をささげて主(しゅ)に歌(うた)え、竪(たて)琴(ごと)に合(あ)わせてわたしたちの神(かみ)にほめ歌(うた)をうたえ。
主(しゅ)は天(てん)を雲(くも)で覆(おお)い、大(だい)地(ち)のために雨(あめ)を備(そな)え、山(やま)々(やま)に草(くさ)を芽(め)生(ば)えさせられる。
獣(けもの)や、烏(からす)のたぐいが求(もと)めて鳴(な)けば、食(た)べ物(もの)をお与(あた)えになる。
主(しゅ)は馬(うま)の勇(いさ)ましさを喜(よろこ)ばれるのでもなく、人(ひと)の足(あし)の速(はや)さを望(のぞ)まれるのでもない。
主(しゅ)が望(のぞ)まれるのは主(しゅ)を畏(おそ)れる人(ひと)、主(しゅ)の慈(いつく)しみを待(ま)ち望(のぞ)む人(ひと)。
エルサレムよ、主(しゅ)をほめたたえよ。シオンよ、あなたの神(かみ)を讃美(さんび)せよ。
主(しゅ)はあなたの城(じょう)門(もん)の守(まも)りを堅(けん)固(ご)にし、あなたの中(なか)に住(す)む子(こ)らを祝(しゅく)福(ふく)してくださる。
父、み子、聖霊なる神にみさかえ。
はじめも今ものちも代々に絶えず。アーメン

主日の祈り
神(かみ)さま。
あなたは、私(わたし)たちが弱(よわ)く、いつも危(き)険(けん)の中(なか)にいることをご存(ぞん)知(じ)です。どうか、私(わたし)たちの心(しん)身(しん)を強(つよ)め、襲(おそ)い来(く)る罪(つみ)の力(ちから)に、打(う)ち克(か)つことができるように助(たす)けてください。
み子(こ)、主(しゅ)イエス・キリストによって祈(いの)ります。アーメン

教皇フランシスコ 「福音の喜び」より
洗礼を受けたすべての人には例外なく、福音宣教に駆り立てる聖霊の力が働いています。
洗礼を受けた人はすべて、宣教する弟子となりました。教会の中の役目がどんなものであっても、また信仰の素養に差があっても、洗礼を受けた一人ひとりが福音宣教者なのです。だから資格のある者だけがそれを進め、残りの信者はこれを受け取るだけだと考える福音宣教の図式は適当ではありません。洗礼を受けた一人ひとりが宣教の新たな主人公です。福音宣教に関わることをためらわないでください。伝道のための準備の時間は、ほとんど必要ありません。たくさんの講座を受けたり、長い期間指導を受ける時間は必要ありません。弟子たちもパウロもサマリアの女も、イエスに出会った後、「すぐに、イエスのことをのべ伝えた」と記されています。
もちろん、わたしたちは皆、福音の宣教者として成長し、学び続けねばなりません。しかし、だからと言って、福音の宣教を先送りにしていいということにはなりません。主は、わたしたちの不完全さを超えて近づいてくださるのです。今、あなたは、洗礼を受けた者として、あなたが見つけたもの、あなたを生かすもの、あなたに希望を与えているものを他者に伝えねばなりません。自分が不完全な者であることを口実に手を引いてはなりません。

お知らせ
*定期総会の日程延期の議案について、会員の方に書面でご意見をいただきました。実働会員80名の2/5を超える36名の賛成により、総会の日程延期は了承されました。
*毎月第1・3木曜日10時半より教会で聖書勉強会を行っています。どなたでもご参加ください。次回は2月5日(木)になります。
*2月8日(日)礼拝後、役員会を行います。役員の方は日程調整を お願いします。
*2月14日(土)大宮・浦和合同研修会(テゼ)が大宮教会で開かれます。皆さまのご参加をお待ちしています。ちらしをご覧ください。
*2月15日(日)午後3時より関東地区教会会議が開かれます(東京センター教会)。東海林寛議長が出席します。
*2月22日(日)午後3時より埼玉分区総会が開かれます(浦和教会)。 また当日は、午後4時より「神学校の夕べ」が日本福音ルーテル東京教会で行われます。笠原神学生も説教をします。

来週の礼拝予定
2015年2月8日 (午前10時半~12時) 
聖 書 ミカ7:14~20、Ⅰコリント 9:24~27、マルコ2:1~12
讃美歌 155、473、339、259(聖餐)
主 題 「神さまと一つになる」
説教者 梁煕梅師

今週の梁先生のスケジュール
 1日(日) 主日礼拝  会員定例総会(大宮)
 2日(月) 自宅/外出
 3日(火) 日韓宣教協力委員会(東京ルーテルセンタ、10時半)
 4日(水) 外出(聖公開の神父さんに会う)
 5日(木) 聖書勉強会(浦和教会、10時半)
 6日(金) 教会で執務(大宮)
 7日(土) 役員会(大宮、午後1時半)
by urawalutheran | 2015-01-30 23:18 | 今週の礼拝

チャーチオルガン

ドイツ ホフリヒター社製 電子チャーチオルガン
Capella Serie カペラシリーズ C216

カペラシリーズは、ホフリヒターの標準的なコンソール型オルガンです。機能を満載する事よりも、シンプルで小さく、しかし楽器として最良のものを、というコンセプトで作られました。
音源ユニットの優秀さは勿論、スピーカーシステムも内部で独立した専用のキャビネットを使用した高品位なものを内蔵しています。その自然で魅力的な音質は、プロの演奏家からも好評を得ているそうです。
全機種トラッカータッチ手鍵盤が標準装備されています。
またシンプルではあっても、コンソールの仕上げは、プリント材ではなく天然楢材のツキ板仕上げです。

C216 基本仕様
手鍵盤 : 61鍵2段(トラッカータッチ)写真は白ですが、実物は黒鍵盤です
足鍵盤 : 27鍵 平行フラット型
ストップ:
第Ⅰ手鍵盤 6 Prinzipal 8', Doppelflöte 8', Oktave 4', Nasat 2 2/3', Oktave 2', Mixtur 3f
第Ⅱ手鍵盤 6 Gedackt 8', Salizional 8',Spitzflöte 4', Waldflöte 2',Larigot 1 1/3', Trompete 8'
足鍵盤 2 Subbaß 16', Choralbaß 4'
効果 : 第Ⅱ手鍵盤 トレミュラント
スピーカ: ハイグレードタイプ
接続口 : ヘッドフォン端子
整音器接続端子
寸法 : W113cm H105cm D94cm
奥行きはコンソール+足鍵盤です

オプション
黒手鍵盤、外部出力端子

チャーチオルガン_b0103594_172622100.png


販売会社
http://www.japan-organ.co.jp/

by urawalutheran | 2015-01-29 17:27 | オルガン
主 日 礼 拝 式 次 第
前  奏     
初めの歌    「つきぬめぐみ」 -150-
罪の告白とゆるしの言葉        式文1頁
キリエ/グロリア 式文2頁
特別の祈り        週報2頁
聖書朗読
 第一朗読    申命記18:15~20. 旧307頁
第二朗読     Ⅰコリント8:1~13   新299頁
讃 美 頌    詩篇95:1~9    週報2頁
福 音 書   マルコの福音書1:21~28 新60頁
み言葉の歌     「なやみのなかより」 -300-
説  教  「退け、沈黙の中に!」  梁煕梅師
信仰告白        使徒信条    式文4頁
奉献と奉献唱 式文5頁
奉献/教会の祈り       式文6頁
聖餐の歌 「われらの主イエスは」     -257-
序  詞                      式文7頁
サンクトゥス
設定の言葉   式文8頁
主の祈り
アグヌス・ディ 式文9頁
配  餐
聖餐の感謝 式文10頁
派 遣の 部                    式文11頁
ヌンク・ディミティス    式文12頁
祝    福  
終わりの歌      「しあわせなことよ」 -320-

本日の説教要旨
マルコによる福音書1章21~28節
退け、沈黙の中へ!
サタンの働きが多いところには恵みも多いといわれます。それは、陰陽の関係を表していることでもあり、死と復活が一つであるように、清めと汚れがひとりの中にあるように、サタンと神の働きは別々に行われるのではないことを述べているのだと思います。
今日、カファルナウムの教会の中にも、サタンの働きと恵みが一緒にあります。汚れた霊に取り付かれている人とイエスさまです。汚れた霊に取り付かれている人はイエスがどんな人か知っていました。イエスは、ナザレの人であり、神の聖者である、と。
ところが、その人の中にはいっている汚れた霊は、一人ではなく複数でありました。イエスは、その人から出て行くように汚れた霊に命じられます。すると、霊はその人から離れていきます。汚れた霊は、もともとその人のものではなかったということもわかります。そうすると、この汚れた霊とは何を象徴するものなのでしょうか。
わたしたちも汚れた霊が言うようにイエスについてよく知っています。神のひとり子、ナザレのイエス、十字架の上で死なれて復活された聖なる方…とてもよく知っています。しかし、知っていること=行うことにはなりません。知るということは知識です。行うというためには、知識が通用しない場合もありますし、納得のいかない状況をも迎えます。そこでは、苦しみが伴われます。ほとんどの人は避けたいと思います。
汚れた霊を追い出していただいた後の人には、平安が取り戻されたことでしょう。平安な状態、それは、陰陽のバランスがとてもよい状態。闇の中におかれながら光を見つめ、光の中におかれながら闇を大切にできるときです。私の中にイエスさまが一緒におられる状態です。

詩編  95編
主(しゅ)に向(む)かって喜(よろこ)び歌(うた)おう。救(すく)いの岩(いわ)に向(む)かって喜(よろこ)びの叫(さけ)びをあげよう。
  み前(まえ)に進(すす)み、感謝(かんしゃ)をささげ、楽(がく)の音(ね)に合(あ)わせて喜(よろこ)びの叫(さけ)びをあげよう。
主(しゅ)は大(おお)いなる神(かみ)。
  すべてを超(こ)えて大(おお)いなる王(おう)。
深(ふか)い地(ち)の底(そこ)もまたみ手(て)の内(うち)にあり、山(やま)々(やま)の頂(いただ)きも主(しゅ)のもの。海(うみ)も主(しゅ)のもの、
  それを造(つく)られたのは主(しゅ)。陸(りく)もまた、み手(て)によって形(かたち)づくられた。
わたしたちを造(つく)られた方(かた)、主(しゅ)のみ前(まえ)にひざまずこう。
  共(とも)にひれ伏(ふ)し、主(しゅ)を拝(おが)もう。
主(しゅ)はわたしたちの神(かみ)、わたしたちは主(しゅ)の民(たみ)。
  わたしたちは主(しゅ)に養(やしな)われる群(む)れ、み手(て)の内(うち)にある羊(ひつじ)。
今日(きょう)こそ、主(しゅ)の声(こえ)に聞(き)き従(したが)わなければならない。
  「あの日(ひ)、荒(あ)れ野(の)のメリバやマサでしたように、心(こころ)を頑(かたくな)にしてはならない。
あのとき、あなたたちの先祖(せんぞ)はわたしを試(こころ)みた。
  わたしの業(わざ)を見(み)ながら、わたしを試(ため)した。」
父、み子、聖霊なる神にみさかえ。
はじめも今ものちも代々に絶えず。アーメン

主日の祈り
全(ぜん)能(のう)の神(かみ)さま。
あなたは権(けん)威(い)をもって、み国(くに)の到(とう)来(らい)を告(つ)げ、教(おし)えるために、み子(こ)を遣(つか)わされました。悩(なや)む人(ひと)によい知(し)らせを、悲(かな)しむ人(ひと)に慰(なぐさ)めを、囚(とら)われている人(ひと)に自(じ)由(ゆう)を伝(つた)えるために、み霊(たま)の力(ちから)を注(そそ)いでください。
み子(こ)、主(しゅ)イエス・キリストによって祈(いの)ります。


来週の礼拝予定
2015年2月1日 (午前10時半~12時) 
聖 書 ヨブ7:1~7、Ⅰコリント 9:16~23、マルコ1:29~39
讃美歌 337、475、402、259(聖餐)
主 題 「神の思い、人の思い」
説教者 李正雨師

お知らせ
*李先生が、1~3月の間、浦和教会で説教や司式の研修を行う予定です。皆さまのご協力をよろしくお願いします。
*会員の方はメールボックスを確認ください。
会員総会延期の議決についての文書が入っています。締め切りは1月25日(日)、本日です。
*毎月第1・3木曜日10時半より教会で聖書勉強会を行っています。どなたでもご参加ください。次回は2月5日(木)になります。
*本日礼拝後、役員会を行います。
*2月14日(土)大宮・浦和合同研修会が大宮教会で開かれます。
ちらしをご覧ください。

今週の梁先生のスケジュール
25日(日) 主日礼拝(浦和) 役員会(浦和)
 26日(月) 羽田空港(お客送迎)
 27日(火) 家庭集会(浦和、午後7時)
 28日(水) 大宮教会聖書勉強会(午前10時半)、祈祷会(午後7時半)
 29日(木) 浦和ルーテル学院教職聖書勉強会
 30日(金) 教会(大宮)
 31日(土) 教会/自宅
by urawalutheran | 2015-01-24 20:20 | 今週の礼拝
主 日 礼 拝 式 次 第
前  奏     
初めの歌    「主は来ませり」 -56-
罪の告白とゆるしの言葉        式文1頁
キリエ/グロリア 式文2頁
特別の祈り        週報2頁
聖書朗読
第一朗読    エレミヤ16:14~21 旧1168頁
第二朗読     Ⅰコリント7:29~31   新300頁
讃 美 頌    詩篇62:9~13    週報2頁
福 音 書   マルコの福音書1:14~20 新59頁
み言葉の歌     「ガリラヤの風」 -290-
説  教  「呼んでいらっしゃる主」 李正雨師
信仰告白        使徒信条    式文4頁
奉献と奉献唱 式文5頁
奉献/教会の祈り       式文6頁
聖餐の歌 「すがたはみえねど」      -256-
序  詞                      式文7頁
サンクトゥス
設定の言葉   式文8頁
主の祈り
アグヌス・ディ 式文9頁
配  餐
聖餐の感謝 式文10頁
派 遣の 部                    式文11頁
ヌンク・ディミティス    式文12頁
祝    福  
終わりの歌      「いわなるいえすよ」 -318-

ある夜、私は夢を見た。
私は、主と共に、なぎさを歩いていた。
暗い夜空に、これまでの私の人生が映し出された。
どの光景にも、砂の上に二人の足あとが残されていた。
一つは私の足あと、もう一つは主の足あとであった。
これまでの人生の最後の光景が映し出されたとき、
私は、砂の上の足あとに目を留めた。
そこには一つの足あとしかなかった。
私の人生でいちばんつらく、悲しい時だった。
このことがいつも私の心を乱していたので、私はその悩みについて主にお尋ねした。
「主よ、私があなたに従うと決心したとき、あなたは、すべての道において、私と共に歩み、私と語り合ってくださると約束されました。それなのに、私の人生のいちばんつらい時、一人の足あとしかなかったのです。いちばんあなたを必要としたときに、あなたが、なぜ、私を捨てられたのか、私にはわかりません」。
主は、ささやかれた。
「私の大切な子よ、私は、あなたを愛している。
あなたを決して捨てたりはしない
ましてや、苦しみや試みの時に。
足あとがひとつだったとき、私はあなたを背負って歩いていた」。

お知らせ
*李先生が、1~3月の間、浦和教会で説教や司式の研修を行う予定です。皆さまのご協力をよろしくお願いします。
*会員の方はメールボックスを確認ください。
会員総会延期の議決についての文書が入っています。
締め切りは1月25日(日)です。
*毎月第1・3木曜日10時半より教会で聖書勉強会を行っています。
どなたでもご参加ください。
*1月25日(日)礼拝後、役員会を行います。役員の方は予定に入れて
ください。
*2月14日(土)大宮・浦和合同研修会が大宮教会で開かれます。ちらしをご覧ください。

今週の梁先生のスケジュール
18日(日) 主日礼拝(大宮) 教会新年会 子ども新年会(午後2時)
19日(月) 自宅
20日(火) 集会参加(西荻窪)  教会(大宮)
21日(水) 教会(大宮)
22日(木) 外出
23日(金) 教会/訪問
24日(土) 教会/堅信礼の学び
by urawalutheran | 2015-01-17 00:49 | 今週の礼拝

1月11日 主の洗礼日

主日礼拝式次第

前奏 Buxtehude作曲 Wie schoen leuchtet der Morgenstern
初めの歌 「ひがしのほしが」  讃美歌54番
罪の告白とゆるしの言葉
キリエ/グロリア
特別の祈り
聖書朗読
 第一朗読 イザヤ42:1-7
 第二朗読 使徒10:34-38
讃美頌
 福音書 マルコ 12:1-6
み言葉の歌 「とうときイエスよ」  式文
説教 梁先生
信仰告白 使徒信条
奉献と奉献唱
奉献/教会の祈り
聖餐の歌 「み糧にあずかる」 讃美歌255番
序詞
サンクトゥス
設定の言葉
主の祈り
アグヌス・デイ
配餐
聖餐の感謝
派遣の部
ヌンク・ディミティス
祝福
終わりの歌 「たえなるめぐみの」 讃美歌348番

お知らせ
李先生が1~3月の間、浦和教会で説教や司式の研修をされる予定です。
1月11日 主の洗礼日_b0103594_22184764.jpg


1月15日 10時半 教会で聖書勉強会を行っています。
1月25日 礼拝後、役員会を行います。
by urawalutheran | 2015-01-12 22:20 | 今週の礼拝

1月4日 顕現主日

主 日 礼 拝 式 次 第

前  奏     
初めの歌    「かがやくほしを」   -59-
罪の告白とゆるしの言葉
キリエ/グロリア
特別の祈り
聖書朗読
 第一朗読    イザヤ60:1~6 
第二朗読     エフェソ3:1~12  
讃 美 頌    詩篇72:1~15   
福 音 書   マタイの福音書2:1~12
み言葉の歌     「やすかれかがこころよ」  -337-
証  し     福島みどり姉
信仰告白        使徒信条   
奉献と奉献唱
奉献/教会の祈り      
聖餐の歌 「めぐみのつくえに」    255(1-4)
序 詞  (李 正雨師)              
サンクトゥス
設定の言葉(2)
主の祈り
アグヌス・ディ
配  餐 
聖餐の感謝
派 遣の 部                  
ヌンク・ディミティス   
祝    福  
終わりの歌      「わたしのこころを」   -396-

詩編  72編
神(かみ)よ、あなたによる裁(さば)きを、王(おう)に、
あなたによる恵(めぐ)みのみ業(わざ)を、王(おう)の子(こ)にお授(さず)けください。
王(おう)が正(ただ)しくあなたの民(たみ)の訴(うった)えを取(と)り上(あ)げ、
あなたの貧(まず)しい人(ひと)々(びと)を裁(さば)きますように。
山(やま)々(やま)が民(たみ)に平(へい)和(わ)をもたらし、
丘(おか)が恵(めぐ)みをもたらしますように。
王(おう)が民(たみ)を、この貧(まず)しい人(ひと)々(びと)を治(おさ)め、
乏(とぼ)しい人(ひと)々(びと)の子(こ)らを救(すく)い、虐(しいた)げる者(もの)を打(う)ち砕(くだ)きますように。
王(おう)が太(たい)陽(よう)と共(とも)に永(なが)らえ、
月(つき)のある限(かぎ)り、代(よ)々(よ)に永(なが)らえますように。
王(おう)が牧(まき)場(ば)に降(ふ)る雨(あめ)となり、
地(ち)を潤(うるお)す豊(ゆた)かな雨(あめ)となりますように。
生(しょう)涯(がい)、神(かみ)に従(したが)う者(もの)として栄(さか)え、
月(つき)の失(うしな)われるときまで、豊(ゆた)かな平(へい)和(わ)に恵(めぐ)まれますように。
王(おう)が海(うみ)から海(うみ)まで、
大(たい)河(が)から地(ち)の果(は)てまで、支(し)配(はい)しますように。
砂(さ)漠(ばく)に住(す)む者(もの)が彼(かれ)の前(まえ)にひれ伏(ふ)し、
敵(てき)が塵(ちり)をなめるように。
タルシシュや島(しま)々(じま)の王(おう)が献(ささ)げ物(もの)を、
シェバやセバの王(おう)が貢(みつ)ぎ物(もの)を納(おさ)めますように。
すべての王(おう)が彼(かれ)の前(まえ)にひれ伏(ふ)し、
すべての国(くに)が彼(かれ)に仕(つか)えるように。
王(おう)が助(たす)けを求(もと)めて叫(さけ)ぶ乏(とぼ)しい人(ひと)を救(すく)い、
助(たす)ける者(もの)のない貧(まず)しい人(ひと)を救(すく)いますように。
王(おう)が弱(よわ)い人(ひと)、乏(とぼ)しい人(ひと)を憐(あわ)れみ、
乏(とぼ)しい人(ひと)の命(いのち)を救(すく)いますように。
王(おう)が、不(ふ)法(ほう)に虐(しいた)げる者(もの)から彼(かれ)らの命(いのち)を贖(あがな)い、
王(おう)の目(め)に彼(かれ)らの血(ち)が貴(とうと)いものとされますように。
王(おう)がいのちを得(え)ますように。彼(かれ)にシェバの黄(おう)金(ごん)がささげられますように、
彼(かれ)のために人(ひと)々(びと)が常(つね)に祈(いの)り、絶(た)え間(ま)なく彼(かれ)を祝(しゅく)福(ふく)しますように。
父、み子、聖霊なる神にみさかえ。
はじめも今ものちも代々に絶えず。アーメン

お知らせ
*本日の聖餐式の司式は李先生が担当なさいます。李先生は、1~3月の間、浦和教会で説教や司式の研修を行う予定です。皆さまのご協力をよろしくお願いします。
*会員の方はメールボックスを確認ください。
例年2月の行っている会員総会を延期したいと考えています。新しい牧師先生とともに、新しいビジョンを話し合いたいためです。役員会からの提案の文書を必ずご覧になって、意見を出してください。
*1月15日(木)毎月第1・3木曜日に教会で聖書勉強会を行っています。どなたでもご参加ください。
*1月25日(日)礼拝後、役員会を行います。役員の方は予定に入れてください。

本日の説教要旨
マタイによる福音書2章1~12節
古い王様 新しい王様
ヘロデ王は権力のもとに王座を気づいた人でした。彼には名誉があり、経済的な力があり、兵士も堅固な城壁で築き上げられた宮殿もあります。唯一、民の信頼を得ることができないところが彼の欠けたところでした。しかし、民の信頼に欠けるということは、神さまからの信頼に欠けるということになります。ですから、彼には常に不安がありました。肝心なことを手に入れることができなかったからです。その不安に火をつけたのが、新しく生まれた王様を拝むために東の国から訪れた博士たちでした。彼らはヘロデ王の前で、「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおいでになりますか。」と聞きます。ユダヤの王様がそこにいるのに、新しい王を探しているのです。不安が怒りへと変わったヘロデは、ベツレヘムとその近辺の二歳以下の男の子を一人残らず殺すように命令をくだします。
このヘロデ王の姿は、私たちの姿でもあります。自分の計画していたことや正しいと思っていたことが、ある新しい考えによって崩されようとするとき、新しいものを消して意味のないものにしたいというときありませんか。新しいものが生まれたら自分は認められなくなると思うからです。この姿は、ヘロデ王の姿であり、この世のやり方に慣れている古い自分なのです。救い主イエスさまのお生まれに与り、喜びをいただきながらも、しかし、その私たちの中に、依然としてこのヘロデ王的な古い自分が場を取っていることを知らされます。
今日、新年の最初の主日の決心。今までの古い道を捨て、違う道を通って自分の国へ帰る東方の博士たちのように、私も、古い王様の姿を捨てて新しく生まれた王様の道を歩もうと決心します。互いに助け合い、譲り合い、相手を自分より優れていると尊敬の思いを持って向かい合う…「愛には偽りがあってはなりません。」(ローマ12:9)のみ言葉に生きるイエスさまの眼差しに倣い、欲望に唆されて感情に振り回されるような歩み方をもう捨てる。その願いが神さまに祝福されますように祈ります。(梁 熙梅)

今週の梁先生のスケジュール
 4日(日) 主日礼拝(大宮)
 5日(月) 自宅
 6日(火) 教会(大宮)
 7日(水) 外出
 8日(木) 自宅/教会
 9日(金) 教会(大宮) イグナチオ教会(テゼ)
10日(土)  役員会(大宮)
by urawalutheran | 2015-01-03 14:49 | 今週の礼拝

新校舎

浦和ルーテル学院のホームペイジをご参照ください。
http://www.uls.ed.jp/
by urawalutheran | 2015-01-01 16:12 | 浦和ルーテル学院