人気ブログランキング |

<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

主 日 礼 拝 式 次 第

前  奏

初めの歌 「いともとうとき」 -165-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

主日「特別の祈り」

(ぜん)(のう)(えい)(えん)(かみ)さま。

あなたは、(わたし)たちの(よわ)さや(もん)(だい)をことごとく()っておられます。あなたの(ちから)(づよ)(あい)(わたし)たちを(たす)け、(わたし)たちが(よわ)さを()()え、(かた)(しん)(こう)(こく)(はく)できるようにしてください。

()(しゅ)イエス・キリストによって(いの)ります。

                          アーメン。

聖書朗読

第一朗読    イザヤ58:11-14

第二朗読    Ⅱコリント5:1-10 

讃 美 頌

詩編 85編

(しゅ)よ、あなたはご()(ぶん)()をお(のぞ)みになり、

  ヤコブ(
)
(とら)われ(びと)()(かえ)ってくださいました。

(しゅ)()(ぶん)(たみ)(つみ)(ゆる)し、

  (かれ)らの(とが)をすべて(おお)ってくださいました。

(しゅ)(いか)りをことごとく()()り、

  (はげ)しい(いきどお)りを(しず)められました。

わたしたちの(すく)いの(かみ)よ、

  わたしたちのもとにお(かえ)りください。わたしたちの()(のう)(しず)めてください。

(しゅ)よ、とこしえにわたしたちを(いか)り、

  その(いか)りを()()(およ)ぼされるのですか。

(しゅ)よ、(ふたた)びわたしたちにいのちを()させ、

  あなたの(たみ)があなたによって、(よろこ)(いわ)うようにしてくださらないのですか。

(しゅ)よ、(いつく)しみをわたしたちに(しめ)し、

  わたしたちをお(すく)いください。

福 音 書   マルコ福音書3:1―12 

み言葉の歌  「主イエスのちしおと」 -317-

説  教 「いのちのために」 笠原光見師

「安息日に仕事をするものは必ず死刑に処せられる(出エジプト31:15)」、安息日を守ることができなければその共同体から、民族から切り離される。この安息日の律法を真剣に守れば守るほど寛容さと謙虚さを失い、律法を守れないものを裁き切り捨てる社会が生まれてくるでしょう。本来は今あるかけがえのないいのち、日々の賜物を感謝して神さまに喜びの中で向き合う安息日が、人の顔色を窺う、形式に囚われた安息には程遠い息苦しいものとなっていたのではないでしょうか。

イエスさまは人々に問われます。「安息日にしてよいのは、善を行うことなのか、それとも悪を行うことなのか。いのちを救うことなのか、それとも殺すことなのか」と。この問いに対して誰もが黙っていました。

誰もが「善を行うこと、いのちを救うことだ」と心の中で思っていたのに、それでも黙っていた彼らの態度は偽りを態度で示したということができるでしょう。私たちは知っています、自分を偽らなければ生きていけない社会は辛く、切なく、悲しいことを。そのような毎日で人の心は萎え、枯れてしまう。安息日の会堂の中で、自分を偽り、黙り込みたたずむ彼らを見回し、イエスさまは怒りと悲しみの感情を爆発させます。そして、主イエスは「手を伸ばしなさい」と言葉で人々に示します、神さまのみ心はいのちのために最善を尽くすことだということを。主イエスは真実な方です。大切ないのちのためには決して黙っていることはないし、指をくわえて見ていることもしない。あなたというかけがえのない存在のために最善を尽くし、いのちを救うために十字架に掛かられた。多くの人々が、心が萎え、渇き、悩み悲しみを背負って生きている。そのすべてを共に背負い、共感し、共に生きてくださるのが「神の子」主イエス・キリストなのです。誰が訴えようとも、殺そうと謀ろうとも、この世の悪の力でも主イエス・キリストを止めることなど決してできません。

今日、私たちは主のみ前に進み出て、嘘偽りのない自分をさらけ出し、悔い改め、大切ないのちのために平和と幸せを祈り、十字架を見上げるのです。キリストの愛が心を癒し、重苦しい気持ちから解放してくれます。


信仰告白        使徒信条

奉献(献金)と奉献唱

奉献の祈り/教会の祈り  

聖餐の歌 「聞こう、みことばを」   -263-

序  詞 

サンクトゥス

設定の言葉 

主の祈り

アグヌス・ディ

配  餐

聖餐の感謝

派 遣の 部 

ヌンク・ディミティス

祝    福  

終わりの歌  「つくりぬしを」 -172-


本日の奏楽曲

Johann Gottfried Walther作曲 Schmuecke dich, o liebe Seele

Domenico Zipoli作曲 All' Elevazione II

Blessed assurance (教団讃美歌529)


お知らせ

*本日はじめて教会に来られた方を歓迎いたします。

*本日午後3時より大宮教会で埼玉分区定例会があり、笠原牧師と議長が出席します。

*会員名簿の確認を7月中にお願いします。食堂の前に貼り出してありますので訂正があれば赤字で記入お願いします。

*夏期特別献金の時期になりました。教会運営・会堂維持のために献金をお願いいたします。

*シャポーの「しんこうってなあに?」の本を販売しています。子どもで も分かりやすく伝道のためにもお使いいただけます。1冊500円。

*8月3~5日で関東地区サマーキャンプが行われます。参加費半額が補助されます。参加希望者は牧師まで。

*8月11~13日で中高生のためのジュニアユースキャンプが予定されています。参加費半額が補助されます。参加希望者は牧師まで。

*信徒塾の案内が掲示板にあります。内容も講師も充実しています。

講義はすべて大宮教会で行われますので、この機会をどうぞお見逃しなく。振ってご参加ください。問い合わせ・参加申込みは牧師まで。

*毎月第1・3木曜日10時半より教会で聖書勉強会を行っています。

どなたでもご参加ください。次回は7月2日(木)になります。

*会員の方はいらした時に、メールボックスをご確認ください。

今週の笠原牧師スケジュール

28日(日) 聖霊降臨後第主日礼拝 埼玉分区会@大宮教会

29日(月) 教会/牧師館 

30日(火) 教会/牧師館 

7/1日(水) 教会/牧師館

2日(木) 聖書に親しむ会 10:30~@教会

3日(金) 教会/牧師館

4日(土) 教会/牧師館         

来週の礼拝予定

聖霊降臨後第六主日礼拝 201575日 (午前10時半~12時) 

聖 書 創世記3:-15、Ⅱコリント5:11-15、マルコ3:20-30

讃美頌 詩編130

讃美歌 233320346250(聖餐)

説 教 「駆り立てるもの」

説教者 笠原光見師


by urawalutheran | 2015-06-27 10:03 | 今週の礼拝

Rejoice in the Lord!!

2015年6月21日(日)特別讃美礼拝_b0103594_09241430.jpg
特 別 讃 美 礼 拝 式 次 第

前  奏     

讃  美  「ThePower Of Your Love~主イエスの愛で~」    

      「You AreMy All In All~イエス神の子羊よ~」

祈  り

主日「特別の祈り」

すべての(たみ)(しゅ)なる(かみ)さま。

あなたはあなたの(たみ)にみ(こころ)(しめ)し、あなたの(たみ)(すく)(やく)(そく)(あた)えられました。(わたし)たちがあなたの(いまし)めに(みみ)(かたむ)け、み(むね)(おこ)なうために、あなたの(つよ)(ちから)(ささ)えてください。

()(しゅ)イエス・キリストによって(いの)ります。

アーメン。

聖書朗読

第一朗読     申命記5:12-15     旧286頁

第二朗読   Ⅱコリント4:7-18      新319頁

福 音 書    マルコ福音書2:23-28    新62頁

福音書 マルコ2:23-28

23ある安息日のこと、イエスは麦畑の中を通って行かれた。すると、弟子たちが道々穂を摘み始めた。

24すると、パリサイ人たちがイエスに言った。「ご覧なさい。なぜ彼らは、安息日なのに、してはならないことをするのですか。」

25イエスは彼らに言われた。「ダビデとその連れの者たちが、食物がなくてひもじかったとき、ダビデが何をしたか読まなかったのですか。

26アビヤタルが大祭司のころ、ダビデは神の家に入って、祭司以外の者が食べてはならない供えのパンを、自分も食べ、またともにいた者たちにもあたえたではありませんか。」

27また言われた。「安息日は人間のために設けられたのです。人間が安息日のために造られたのではありません。

28人の子は安息日にも主です。」

讃  美  「Here I Am To Worship~ひれ伏し今礼拝する~」

説  教   「神さまのもとで休む」 ジェイミー・ホルト師

神さまは、イスラエルの人々を救い出して新しい生活へ導いたときに、安息日をとるようにと命じられました。一方で「仕事をしないこと」も私たちにとっては大変なのだとご存知でした。夏は休暇を取る季節です。いざ休もうとすると、やりたいことがたくさんありすぎて、かえって疲れてしまうことはありませんか?眠ろうと思っても様々なことが気になって眠れないこともあります。つまり、仕事をしないということが必ずしも休むことにはならないのです。では、止まることなしに休むことはできるのでしょうか?答えはイエス様にあります。イエス様の、負いやすいくびきを負うと魂の休息を得ることができます。私たちは常に不足を避けようと努めています。でも神さまは豊かに与える方です。皆さんの内側に住まわれる神さまの霊は豊かで、あなたの心を内側から外側へすべて変える力があります。全ての枝に安全とよりどころと成功を与えるのがブドウの木の仕事なのです。命の源に連なれば、イエス・キリストの命が私たちの内に流れて、実を結び、他の人々もそれから喜びを得ることができるのです。真の休息は、キリストにとどまって私たちの努力を、私たちの生活の中にいる人々を大切にすることに用いることによって与えられるのです。

讃  美  「How Great Is Our God~わが魂主をほめよう~」

信仰告白        使徒信条   

奉献(献金)  

奉献の祈り/教会の祈り        

主の祈り

讃  美    「AboveAll ~すべてにまさって~」

          「Yourgrace is enough

祝  福  

後  奏


お知らせ

*浦和ルーテル学院の日本研修の方々、ホストファミリーの方々がお見えになっています。

*シャポーの「しんこうってなあに?」の本が教会にあります。子どもで も分かりやすく、伝道のためにもお使いいただけます。1冊500円で販売しています。

*8月3~5日で関東地区サマーキャンプが行われます。掲示板のポスターをご覧ください。参加費半額が補助されます。参加希望者は牧師まで。

*8月11~13日で中高生のためのジュニアユースキャンプが予定されています。掲示板のポスターをご覧ください。参加費半額が補助されます。参加希望者は牧師まで。

*信徒塾の案内が掲示板にあります。内容も講師もとても充実しています。講義はすべて大宮教会で行われますので、この機会をどうぞお見逃しなく。振ってご参加ください。問い合わせ・参加申込みは牧師まで。

*毎月第1・3木曜日10時半より教会で聖書勉強会を行っています。どなたでもご参加ください。次回は7月2日(木)になります。

今週の笠原牧師スケジュール

21日(日) 特別讃美礼拝 日本研修生送別会

22日(月) 教会/牧師館 

23日(火) 教会/牧師館 夕方外出

24日(水) 教会/牧師館

25日(木) 教会/牧師館 浦和ルーテル学院聖書研究会16:40~

26日(金) 教会/牧師館 午後外出

27日(土) 教会/牧師館


来週の礼拝予定

聖霊降臨後第第五主日 2015年6月28日 (午前10時半~12時) 

聖 書 イザヤ58:11-14、Ⅱコリント5:1-10、マルコ3:1-12

讃美頌 詩編85

讃美歌 165317172263(聖餐)            

説 教 「いのちのために」

説教者 笠原光見師


by urawalutheran | 2015-06-19 22:25 | 今週の礼拝
The LORD is my light and my salvation!
6月14日 聖霊降臨後第三主日_b0103594_0133661.gif

週報の表紙にあるイクトゥスという文字はという文字はギリシャ語で「魚」を意味しており、初代教会でキリストのシンボルマークとして魚が用いられました。なぜならば、ローマ帝国やユダヤ人からの迫害から、露骨に十字架を掲げることができなかったことも背景にあります。

主 日 礼 拝 式 次 第
前  奏     
初めの歌   「うるわしき救い主」-175-
罪の告白とゆるしの言葉
キリエ/グロリア
主日「特別の祈り」
天地(てんち)の支配者(しはいしゃ)、全能(ぜんのう)・永遠(えいえん)の神(かみ)さま。
私(わたし)たちの祈(いの)りを聞(き)き、今(いま)より永遠(えいえん)まで、あなたの平安(へいあん)のうちに歩(あゆ)ませてください。み子(こ)、主(しゅ)イエス・キリストによって祈(いの)ります。

聖書朗読
第一朗読 ホセア 2:16-22
第二朗読    Ⅱコリント 3:1-6
讃 美 頌
詩編 103編
わたしの魂(たましい)よ、主(しゅ)をたたえよ。
わたしの内(うち)にあるものはこぞって、聖(せい)なるみ名(な)をたたえよ。
わたしの魂(たましい)よ、主(しゅ)をたたえよ。
主(しゅ)のお計(はか)らいを何(なに)ひとつ忘(わす)れてはならない。
主(しゅ)はおまえの罪(つみ)をことごとく赦(ゆる)し、病(やまい)をすべて癒(いや)し、
いのちを墓(はか)から贖(あがな)い出(だ)してくださる。
主(しゅ)は慈(いつく)しみと憐(あわ)れみの冠(かんむり)を授(さず)け、長(なが)らえる限(かぎ)り良(よ)いものに満(み)ち足(た)らせ、
鷲(わし)のような若(わか)さを新(あら)たにしてくださる。
主(しゅ)はすべて虐(しいた)げられている人(ひと)のために、恵(めぐ)みのみ業(わざ)と裁(さば)きを行(おこ)なわれる。
主(しゅ)はご自(じ)分(ぶん)の道(みち)をモーセに、み業(わざ)をイスラエルの子(こ)らに示(しめ)された。
主(しゅ)は憐(あわ)れみ深(ふか)く、恵(めぐ)みに富(と)み、忍(にん)耐(たい)強(づよ)く、慈(いつく)しみは大(おお)きい。
永(えい)久(きゅう)に責(せ)めることなく、とこしえに怒(いか)り続(つづ)けられることはない。
主(しゅ)はわたしたちを罪(つみ)に応(おう)じてあしらわれることなく、
わたしたちの悪(あく)に従(したが)って報(むく)いられることもない。
天(てん)が地(ち)を超(こ)えて高(たか)いように、慈(いつく)しみは主(しゅ)を畏(おそ)れる人(ひと)を超(こ)えて大(おお)きい。
東(ひがし)が西(にし)から遠(とお)いほど、わたしたちの背(そむ)きの罪(つみ)から遠(とお)ざけてくださる。
父(ちち)がその子(こ)を憐(あわ)れむように、
主(しゅ)は主(しゅ)を畏(おそ)れる人(ひと)を憐(あわ)れんでくださる。

福 音 書   マルコ福音書2:18―22
み言葉の歌    「主よ、わが心を」-392-

説  教      「だれもしない」      笠原光見師
洗礼者ヨハネの弟子たちやファリサイ派の人々は「断食」をしていました。彼らが断食をするのは、神さまに向かっての姿勢を正したり、悔い改めをするためであったようです。そこには決して拭い得ない人の次のような思いがあるように思います。断食をしながら、苦しいような、神妙な表情を周りに見せて「私はやっているんだぞ」と、心の中で優越感に浸る。また自分自身に「私はやっているから大丈夫だ」と思いあがる、という思いです。
私たちの生きる社会は何かをしている方が良いとか、優れているとか、偉いとか思いがちですし、高く評価されやすいです。逆にしないとか、できない人に向かってはダメだとか、劣っているとか、悪いとか低い評価が下されるわけです。しかし、聖書の価値観、主イエスの目線は違います。何ができるとかできないとか、何を持っているとか持っていないとか関係なく、神さまに愛されて与えられた私たちのいのち、その一人ひとりのいのちの存在を見つめて受け入れてくださる。主イエス・キリストは神さまに愛されている一人ひとりのかけがえにないいのちのために来られ、愛と赦しといのちを与えられ、共に生きようとされるのです。
主イエスが来られた!私たちと共におられる!そのような時に「断食」をする必要などありません。喜びの時です。祝いの時です。まるで盛大に喜び祝う、幸せ絶頂の婚宴の時なのです。福音という祝福の鐘は鳴り響いているのです。
新しい布きれと古い着物を継ぐことはだれもしない。新しいぶどう酒を古い皮袋に入れることもだれもしない。どちらもダメになることを知っているから。すべてのものが生かされるには、この世のものに繋がっていても、しがみついていてもダメなのです。キリストに繋がり、キリストと結ばれることですべてのものが癒され、生かされるのです。
何かを私たちがすることで救われるでもなく、罪赦されるわけでもない。キリストがすべてを成し遂げ、恵みとして私たちに差し出している。私たちは、ただ信じて、感謝して受け取るだけなのです。

信仰告白        使徒信条

教 会 役 員 就 任 式

奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り 

聖餐の歌  「みんなでパンを分けよう」-262-
序  詞 
サンクトゥス
設定の言葉
主の祈り
アグヌス・ディ
配  餐
聖餐の感謝

派 遣の 部 
ヌンク・ディミティス
祝    福 
終わりの歌      「主イェスに従う」 -328-

お知らせ
*本日はじめて教会に来られた方を歓迎いたします。
*本日、役員就任式を行いました。教会のため、役員のためにもお祈りを お願いいたします。
*本日、役員会を行います。役員の方は出席してください。
*シャポーの「しんこうってなあに?」の本が教会にあります。子どもで も分かりやすく、伝道のためにもお使いいただけます。
1冊500円で販売しています。
*6月16日(火)19時45分より山崎兄宅で家庭集会が開かれます。
 参加出来る方は、山崎兄か牧師まで連絡をお願いします。
*8月3~5日で関東地区サマーキャンプが行われます。掲示板のポスターをご覧ください。参加希望者は牧師まで。
*8月11~13日で中高生のためのジュニアユースキャンプが予定されています。掲示板のポスターをご覧ください。参加希望者は牧師まで。
*毎月第1・3木曜日10時半より教会で聖書勉強会を行っています。どなたでもご参加ください。次回は6月18日(木)になります。
*会員の方はいらした時に、メールボックスをご確認ください。

今週の笠原牧師スケジュール
14日(日) 聖霊降臨後第三主日礼拝 役員会
15日(月) 教会/牧師館 午後外出
16日(火) 教会/牧師館 19:45~家庭集会@山崎兄宅
17日(水) 地区教職者集会  
18日(木) 聖書に親しむ会  教会/牧師館 
19日(金) 教会/牧師館
20日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定
特別讃美礼拝 2015年6月21日 (午前10時半~12時) 
聖 書 申命記5:12-15、Ⅱコリント4:7-18、マルコ2:23-28
 讃美歌 「主イエスの愛で」「Here I am to worship」「How great is our God」「Your grace is enough」「Above all」「イエス神の子羊よ」
説 教 「神さまのもとで休む」
説教者 ジェイミー・ホルト師

by urawalutheran | 2015-06-13 23:48 | 今週の礼拝
The LORD is my light and my salvation!
6月7日 聖霊降臨後第二主日_b0103594_13565513.gif

週報の表紙にあるイクトゥスという文字はという文字はギリシャ語で「魚」を意味しており、初代教会でキリストのシンボルマークとして魚が用いられました。なぜならば、ローマ帝国やユダヤ人からの迫害から、露骨に十字架を掲げることができなかったことも背景にあります。

主 日 礼 拝 式 次 第
前  奏     
初めの歌   「あるがままわれを」 -306-
罪の告白とゆるしの言葉 
キリエ/グロリア

特別の祈り
主(しゅ)なる神(かみ)さま。
あなたの民(たみ)の願(ねが)いに心(こころ)を傾(かたむ)けてください。そして、私(わたし)たちがなすべきことを悟(さと)り、喜(よろこ)んで行(おこ)なう力(ちから)を与(あた)えてください。
み子(こ)、主(しゅ)イエス・キリストによって祈(いの)ります。  アーメン。

聖書朗読
第一朗読   イザヤ44:21-22
第二朗読   Ⅱコリント1:18-22

讃 美 頌       詩編130編 
詩編 130編
わたしの魂(たましい)は主(しゅ)を待(ま)ち望(のぞ)みます。
 見(み)張(は)りが朝(あさ)を待(ま)つにもまして、朝(あさ)を待(ま)つにもまして。
イスラエルよ、主(しゅ)を待(ま)ち望(のぞ)め。慈(いつく)しみは主(しゅ)のもとに、豊(ゆた)かな贖(あがな)いも主(しゅ)のもとに。
 主(しゅ)は、イスラエルをすべての罪(つみ)から贖(あがな)ってくださる。

福 音 書   マルコ福音書2:13―17     新61頁
み言葉の歌    「恵み深きみこえもて」  -294-

説  教    「あなたを招くために来た」   笠原光見師
イエスさまは大勢の人々と一緒に食卓を囲み、食事をされていた。その中には収税人や罪人が沢山いたと聖書は言います。
不正な税の取立てなどから収税人は人々から嫌われ、軽蔑され罪人とされていた。ただ、領主や上司からの指示や命令であれば逆らえないことも事実であり、良心の呵責に耐えながらの仕事でもあったかもしれません。また、ここで罪人といわれる人たちは、律法を守れない人、病気の人、障がいのある人々のことです。寛容でない社会と自分自身のうわべではない心の深いところに眼をこらせば、過ちを犯した人や病の人、障がいのある人と一緒に食卓を囲むことを避けるだけでなく、社会の周縁に追いやり、隔離するまでの行動をとることをしてしまうのです。
自分を罪人ではないと思っている人々は言いました「なぜ、あの人は収税人や罪人といっしょに食事をするのですか」と。これを聞いてイエスさまは彼らに言います。「医者を必要とするのは丈夫なものではなく、病人です。わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです」と。イエスさまと一緒に食事の席についていた人々はこの言葉を聞いてどう思ったでしょうか。嬉しかったに違いありません。どこに行っても招かれざる存在であった者たちが、自分の存在が肯定された、認められた、必要とされた感動の瞬間であったでしょう。主イエス・キリストとの食卓は憂いと悲しみに覆われたものではなく、喜びと感謝に満ち溢れたものです。主イエスはあなたというかけがえのないいのちの存在を見つめ、必要としています。食事は生きるに必要な根源的なものであり、主イエスとの食事は共に生きていくことの重要性を語り、互いに対等な関係であることを証ししているのです。
主イエスは罪人を招くために来た。招くだけでは事足りないのです。主は招くために「来た」のです。どれほど罪人と共におられること、共に生きることを望み、その全存在を肯定しているかがわかる主イエスの行動です。そして、私たちの罪の赦しのためにキリストは十字架に掛かるのです。

信仰告白        使徒信条
奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り 
聖餐の歌    「み糧をしたいつつ」 -261-
序  詞
サンクトゥス
設定の言葉
主の祈り
アグヌス・ディ
配  餐
聖餐の感謝

派 遣の 部
ヌンク・ディミティス 
祝    福  
終わりの歌      「主よ終わりまで」 -394-

お知らせ
*6月14日(日)の礼拝の中で役員就任式を行います。
*6月14日(日)礼拝後役員会を行います。役員の方は予定に入れてください。
*6月16日(火)19時45分より山崎兄宅で家庭集会が開かれます。
 参加出来る方は山崎兄か牧師まで連絡をお願いします。
*8月3~5日で関東地区サマーキャンプが行われます。掲示板のポスターをご覧ください。参加希望者は牧師まで。
*8月11~13日で中高生のためのジュニアユースキャンプが予定されています。掲示板のポスターをご覧ください。参加希望者は牧師まで。
*毎月第1・3木曜日10時半より教会で聖書勉強会を行っています。どなたでもご参加ください。次回は6月18日(木)になります。

今週の笠原牧師スケジュール
7日(日) 聖霊降臨後第二主日礼拝  
8日(月) 浦和教職者会
9日(火) 教会/牧師館 
10日(水) 教会/牧師館 
11日(木) 教会/牧師館 夕方外出
12日(金) 浦和ルーテル学院チャペルメッセージ
13日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定
聖霊降臨後第三主日礼拝 2015年6月14日 (午前10時半~12時) 
聖 書 ホセア2:16-22、Ⅱコリント3:1-6、マルコ2:18-22
讃美頌 詩編103編
 讃美歌 175、392、328、262(聖餐)
説 教 「だれもしない」
説教者 笠原光見師
by urawalutheran | 2015-06-05 14:35 | 今週の礼拝