人気ブログランキング |

<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

The LORD is my light and my salvation!

前  奏

初めの歌     「空も地をも」-149-

罪の告白とゆるしの言葉 

キリエ/グロリア

主日「特別の祈り」

主なる神さま。

み力で私たちの弱さを覆い、私たちからすべての恐れと疑いを取()り除いて、あなたの愛を聴いたことのない人々の前でも、救いの福音を宣べ伝えることができるようにしてください。

み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン。

聖書朗読

第一朗読   エゼキエル2:1-7

第二朗読   Ⅱコリント12:1-10

頌       詩編123編

詩編 123編

目を上げて、わたしはあなたを仰ぎます。

 天にいます方よ。

ご覧ください、僕が主人の手に目を注ぎ、はしためが女主人の手に目を注ぐように、

 わたしたちは、神に、わたしたちの主に目を注ぎ、憐れみを待ちます。

わたしたちを憐れんでください。主よ、わたしたちを憐んでください。

 わたしたちは恥に晒され続けています。

平然と生きる者らの嘲笑に、傲然と生きる者らの侮りに

わたしたちの魂はあまりにも倦み疲れました。

  マルコ福音書6:1-6

み言葉の歌    「わが主イェスよ」  -393-

説  教     「神の力を信じて」      笠原光見師

誰にでも故郷があるようにイエスさまにも故郷はあります。小さな村ナザレです。そこには家族も居て、小さな村ですから村全体が大きな家族のようなものであったでしょう。

小さな村から救い主が現れるなんてことは誰にも予想のつかないことです。ナザレの村の人々は小さなころからイエスさまを知っているし、その家族のこともよく知っている。仕事は大工で村の人も家具や農機具を作ってもらったりもしていたとても身近な存在だったでしょうし、村のみんなと同じような、どこにでもある平凡な暮らしぶりだったでしょう。

ナザレの人々は信じられなかった、神さまの栄光と力と知恵とが小さな村で平凡な暮らしをしていた身近な存在のイエスさまにあるということを。

キリストは私たちのとても身近な存在となられた、ここに神さまの無条件の愛と恵みとが示されているのです。誰にも気づかれないような小さなところ、誰にも見向きもされないようなところに主の愛は注がれます。特に優れたところがあるわけでもなく、目立つようなこともないところに主の恵は豊かに注がれるのです。キリストは私たちと同じ姿で現れ、すべてを共感し、共生される方なのです。私たちは飾ることも、見栄を張ることも必要ない、無理をして背伸びをすることもない、等身大のあなたの傍にキリストはおられるのです。

イエスさまは言われました「預言者が尊敬されないのは、自分の郷里、親族、家族の間だけです」と。預言者でも自分の生れ故郷や身内の間からは尊敬されることはない、そして預言者以上の方であるこの世の救い主はこの世のすべての人々から敬われることも、受け入れられることもなく十字架につけられたのです

イエスさまは何か特別なものがあるわけでもない小さな貧しい村ナザレを愛しておられました。そこには愛する者たちが住んでいたからです。神さまはこの世界と、宇宙から見ればとても小さな私たちを愛し見つめておられるのです。たとえ人がキリストを敬うことができなくても、キリストは私たちのいのちを高価で尊いと言ってくださり愛してくださるのです。

信仰告白        使徒信条

奉献(献金)と奉献唱

奉献の祈り/教会の祈り

聖餐の歌   「主イェスキリストよ」 -260-

序  詞  

サンクトゥス

設定の言葉 

主の祈り

アグヌス・ディ

配  餐

聖餐の感謝 

派遣の部

ヌンク・ディミティス

祝  福

終わりの歌      「ゆくてを守る」 -461-

お知らせ

*本日はじめて教会に来られた方を歓迎いたします。

*夏期特別献金の時期になりました。教会運営・会堂維持のために献金をお願いいたします。

*8月18日(火)19時45分より山崎兄宅で家庭集会が開かれます。参加できる方は山崎兄か牧師まで連絡お願いします。

*8月3~5日で関東地区サマーキャンプが御殿場の東山荘で行われます。 浦和教会からは笠原牧師と4名の参加があります。無事に行われますようお祈りください。

*毎月第1・3木曜日10時半より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。どなたでもご参加ください。 次回は8月6日(木)になります。

*会員の方はいらした時に、メールボックスをご確認ください。

今週の笠原牧師スケジュール

2日(日) 聖霊降臨後第10主日礼拝 

3日(月) 関東地区サマーキャンプ@YMCA東山荘 

4日(火) 同上

5日(水) 同上

6日(木) 聖書に親しむ会10:30~ 教会/牧師館

7日(金) 教会/牧師館

8日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

聖霊降臨後第11主日礼拝 2015年8月9日 (午前10時半~12時) 

聖 書 アモス7:10-15、エフェソ1:3-14、マルコ6:7-13

讃美頌 詩編85

讃美歌 419361289262(聖餐)

説 教 「心配ご無用」

説教者 笠原光見師

    


by urawalutheran | 2015-07-31 23:02 | 今週の礼拝


前  奏     

初めの歌     「主なる神を」 -357-

罪の告白とゆるしの言葉 

キリエ/グロリア

主日「特別の祈り」

神さま。

あなたは思いにまさる喜びを、愛する者に与えられます。すべてにまさって、あなたを愛する心を私たちの中に興し、私たちの願いを超えたあなたの約束に与からせてください。

み子、主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン。

聖書朗読

第一朗読    哀歌3:22-33      旧1242頁

第二朗読   コリント8:1-15      新323頁

頌       詩編121編

詩編 121編

詩編 121編

目を上げて、わたしは山々を仰ぐ。

わたしの助けはどこから来るのか。

わたしの助けは主から来る。

天地を造られた主のもとから来る。

主があなたを助けて、足をよろめかないようにし、

まどろむことなく見守ってくださる。

見よ、イスラエルを見守る方は、

まどろむことなく、眠ることもない。

主はあなたを見守る方、

あなたを覆う陰、あなたの右にいます方

昼、太陽はあなたを撃つことがなく、

夜、月もあなたを撃つことがない。

主がすべての災いを遠ざけて、

あなたを見守り、あなたの魂を見守ってくださる。

あなたの出で立つのも帰るのも、主が見守ってくださるように。

今も、そしてとこしえに。

  マルコ福音書5:21-43     新67頁

み言葉の歌    「あるがままわれを」  -306-

説  教     「神さまと触れ合う」     笠原光見師

人はどれだけ気を付けていても病気に罹ってしまいますし、避けようとしてもどうすることもできずに迎えるのが死です。誰でも病気に罹る、それは生きていれば仕方のないことでしょう。ただ、病気になったことで孤独を感じてしまうことはとても辛いことです。部屋で一人寝ている時、入院した時も病気の辛さと同時に一人ぼっちの寂しさもあるでしょう。

今日の聖書箇所で、長い間出血の病に苦しんでいた女性が出て来ます。ユダヤ教の律法では出血をしている者は穢れているということで触れることは許されていないですから、彼女は孤独であったに違いありません。特に彼女の病気はすべての医療技術をもってしても治すことのできない病でしたから尚のこと「どうして私だけが…」と考えて苦しんでいたに違いありません。彼女は最後の望みをかけて大胆な行動に出ます。律法を破り、群衆に紛れてイエスさまに触れたのです。そして彼女は癒されたのです。イエスさまは彼女のとった行動を咎めるわけでもなく、かえって触れに来たことを「あなたの信仰があなたを直した」と称賛するのです。それはまるで「わたしは人と触れ合うために来た」とイエスさまが語っているようです。神が人となりこの世に来られたということは、人が触れることができる距離に神さまが来られたということです。しかもイエスさまは病人だとか穢れているとか罪人だとかいうことに関係なく触れ合うことを望まれているのです。

どうすることもできない苦しみや悲しみの時、誰かがただ傍にいてくれて、手を伸ばせば触れ合えることだけでとても落ち着くものです。主イエス・キリストは、み言葉を通していつでも私たちの傍にいて、心に触れる存在でありたいと願っておられます。

人が一番孤独だと思える死の時にも、主イエス・キリストが共にいてくださることを信じるなら心を煩わせることはないでしょう。「恐れないで、ただ信じていなさい」と言われる主イエス・キリストが、いつまでも私たちの手を取り共にいてくださるのです。私たちは一人ではない、主は私たちと触れ合うことのできる傍におられます。

信仰告白        使徒信条

奉献(献金)と奉献唱

奉献の祈り/教会の祈り 

聖餐の歌    「すがたは見えねど」  -256-

序  詞

サンクトゥス

設定の言葉 頁

主の祈り

アグヌス・ディ

配  餐

聖餐の感謝  

派遣の部 

ヌンク・ディミティス 

祝  福 

終わりの歌      「主イェスの血潮と」  -317-


本日の奏楽曲

F. Couperin作曲 僧院のミサ曲より Premier Kyrie

D. Zipoli作曲 TOCCATA D minorより Vers II



お知らせ

*本日はじめて教会に来られた方を歓迎いたします。

*会員名簿が食堂の前に貼り出してありますので、確認をお願いします。7月末までに訂正があれば、赤字で記入をお願いします。

*夏期特別献金の時期になりました。教会運営・会堂維持のために献金をお願いいたします。

*本日礼拝後、役員会を行います。役員の方は出席をお願いします。

*8月11~13日で中高生のためのジュニアユースキャンプが予定されています。中高生に限らず、大人の方でも参加可能になりました。

参加費半額が補助されます。参加希望者は牧師まで。

*信徒塾の案内が掲示板にあります。聖書のこと、教会のことなど低額で学べ、内容も講師も充実しています。講義はすべて大宮教会で行われますので、この機会をどうぞお見逃しなく。次回は他県に移る予定です、振ってご参加ください。参加申込みは本日までに、牧師まで。

*毎月第1・3木曜日10時半より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。どなたでもご参加ください。 次回は8月6日(木)になります。

*会員の方はいらした時に、メールボックスをご確認ください。

今週の笠原牧師スケジュール

26日(日) 聖霊降臨後第九主日礼拝 役員会

27日(月) 教会/牧師館 

28日(火) 教会/牧師館 

29日(水) 教会/牧師館 

30日(木) 訪問外出   教会/牧師館

31日(金) 教会/牧師館

/1日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

聖霊降臨後第10主日礼拝 2015年8月2日 (午前10時半~12時) 

聖 書 エゼキエル2:1-7コリント12:1-10、マルコ6:1-6

讃美頌 詩編123

讃美歌 149393461260(聖餐)

説 教 「神の力を信じて」

説教者 笠原光見師

       

by urawalutheran | 2015-07-26 00:56 | 今週の礼拝
この夏Bシードの聖望学園は7月23日に熊谷商業に5対1で勝ち、ベスト8に勝ち進みました。
しかし、25日にベスト4をかけて昨年の覇者春日部共栄を破って勝ち上がってきた松山高校と対戦しました。試合は聖望学園が先制しましたが、逆転され、1:2で惜敗しました。
聖望学園は残念でしたが、ルーテル系列の九州学院は熊本大会で優勝し、甲子園出場を決めました。

by urawalutheran | 2015-07-25 01:10 | 聖望学園
主 日 礼 拝 式 次 第
前  奏     
初めの歌    「きよき石よ」 -184-
罪の告白とゆるしの言葉 
キリエ/グロリア 

主日「特別の祈り」
私(わたし)たちを守(まも)られる神(かみ)さま。
この世(よ)の嵐(あらし)が荒(あ)れ狂(くる)い、私(わたし)たちを脅(おびや)かすとき、み民(たみ)をあらゆる不(ふ)安(あん)と恐(きょう)怖(ふ)から解(かい)放(ほう)し、不(ふ)信(しん)に陥(おちい)らぬように防(ふせ)ぎ守(まも)ってください。
み子(こ)、主(しゅ)イエス・キリストによって祈(いの)ります。 アーメン。

聖書朗読
第一朗読   ヨブ記38:1-11
第二朗読   Ⅱコリント7:1-16
讃 美 頌 詩編 107編
「恵(めぐ)み深(ふか)い主(しゅ)に感(かん)謝(しゃ)せよ、慈(いつく)しみはとこしえに」。
主(しゅ)に贖(あがな)われた人々(ひとびと)は唱(とな)えよ。
主(しゅ)は苦(くる)しめる者(もの)の手(て)から彼(かれ)らを贖(あがな)い、国々(くにぐに)の中(なか)から集(あつ)めてくださった。
東(ひがし)から西(にし)から、北(きた)から南(みなみ)から、
彼(かれ)らは、海(うみ)に船(ふね)を出(だ)し、大(おお)海(うみ)を渡(わた)って商(あきな)う者(もの)となった。
彼(かれ)らは深(ふか)い淵(ふち)で主(しゅ)のみ業(わざ)を、驚(おどろ)くべきみ業(わざ)を見(み)た。
主(しゅ)は仰(おお)せによって嵐(あらし)を起(お)こし、波(なみ)を高(たか)くされたので、彼(かれ)らは天(てん)に上(のぼ)り、深淵(しんえん)に下(くだ)り、苦(く)難(なん)に魂(たましい)は溶(と)け
酔(よ)った人(ひと)のようによろめき、揺(ゆ)らぎ、どのような知恵(ちえ)も呑(の)み込(こ)まれてしまった。
苦難(くなん)の中(なか)から主(しゅ)に助(だす)けを求(もと)めて叫(さけ)ぶと、
主(しゅ)は彼(かれ)らを苦(くる)しみから導(みちび)き出(だ)された
主(しゅ)は嵐(あらし)に働(はたら)きかけて沈黙(ちんもく)させられたので、波(なみ)はおさまった。
彼(かれ)らは波(なみ)が静(しず)まったので喜(よろこ)び祝(いわ)い、望(のぞ)みの港(みなと)に導(みちび)かれて行(い)った。
主(しゅ)に感謝(かんしゃ)せよ。主(しゅ)は慈(いつく)しみ深(ふか)く、
人(ひと)の子(こ)らに驚(おどろ)くべきみ業(わざ)を成(な)し遂(と)げられる。
民(たみ)の集会(しゅうかい)で主(しゅ)をあがめよ。
長老(ちょうろう)の集(つど)いで主(しゅ)を讃美(さんび)せよ。

福 音 書   マルコ福音書4:35-41
み言葉の歌     「わが主の御業は」 -338-

説  教      「神さまに包まれて」    笠原光見師
赤ちゃんはお母さんに抱かれている時が一番安心して眠ることができるでしょう。人は成長して母の腕から離れ、家族からも離れ社会のなかで生きていく時、不安や恐れに襲われるようなことは誰にでもあります。そして、信仰のない人でも大きな困難に襲われるとき、無意識のうちに神様仏様と心の中で必死に助けを求めるものです。人は神さまの存在を信じ、いつでも傍にいてくださるということを信じることができたなら不安が和らぎ、騒ぎ乱れた心が静まることも真実でしょう。
さて、舟が突風に見舞われ弟子たちは大騒ぎです。死の危険を肌で感じれば、いのちあるものなら誰でも混乱して必死に助かろうとするでしょう。そんな中弟子たちは目を疑うような光景を目にします。なんとイエスさまは艫の方で枕をして眠っているのです。そのとき弟子たちはイエスさまを起して、「先生。私たちがおぼれて死にそうでも、何とも思われないのですか」と言いました。そこでイエスさまは風を叱り、湖を凪の状態にするのです。そして弟子たちに言います、「どうしてそんなにこわがるのです。信仰がないのは、どうしたことです」と。
つまり、神の子イエス・キリストが共にいるという信仰があるならば、そんなにこわがることはないじゃないかということです。
大騒ぎしていたのは風と湖と弟子たちでした。死の恐怖も覆っていたその場に平安をもたらしたのは主イエス・キリストです。
この世界は時折、私たちにはどうすることもできない波風が立つことがあるものです。死もその一つで人にはどうすることもできないのです。私たちにはどうすることもできないこれらの波風を克服できる方がおられる、それが神の子、イエス・キリストなのです。
キリストの十字架と復活の出来事は私たちを決して見捨てることなく、そのいのちをも与えて、共に生きていく神さまの確かな思いです。
私たちがこの恵みを信じて受け取るとき、大きな恐怖に包まれて生きるのではなく、神さまの愛に包まれ、キリストのいのちに包まれ、聖霊の慰めに包まれて生かされていくのです。

信仰告白        使徒信条
奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り 

聖餐の歌    「つかれしものに」 -254-
序  詞  
サンクトゥス
設定の言葉 
主の祈り
アグヌス・ディ
配  餐
聖餐の感謝 

派遣の部  
ヌンク・ディミティス
祝  福  
終わりの歌       「この世の海に」 -409-

お知らせ
*本日はじめて教会に来られた方を歓迎いたします。
*会員名簿が食堂の前に貼り出してありますので、確認をお願いします。7月末までに訂正があれば、赤字で記入をお願いします。
*夏期特別献金の時期になりました。教会運営・会堂維持のために献金をお願いいたします。
*7月21日(火)19時45分より野崎姉宅で家庭集会が開かれます。参加できる方は野崎姉か牧師まで連絡お願いします。
*7月26日(日)礼拝後、役員会を行います。役員の方は予定にいれて ください。
*8月11~13日で中高生のためのジュニアユースキャンプが予定されています。参加費半額が補助されます。参加希望者は牧師まで。
*信徒塾の案内が掲示板にあります。聖書のこと、教会のことなど低額で学べ、内容も講師も充実しています。講義はすべて大宮教会で行われますので、この機会をどうぞお見逃しなく。次回は他県に移る予定です、振ってご参加ください。参加申込みは7月26日までに牧師まで。
*毎月第1・3木曜日10時半より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。どなたでもご参加ください。 次回は8月6日(木)になります。
*会員の方はいらした時に、メールボックスをご確認ください。

今週の笠原牧師スケジュール
19日(日) 聖霊降臨後第八主日礼拝 
20日(月) 教会/牧師館 
21日(火) 教会/牧師館 家庭集会@野崎姉宅19:45~
22日(水) 教会/牧師館 午後外出
23日(木) 教会/牧師館
24日(金) 教会/牧師館
25日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定
聖霊降臨後第九主日礼拝 2015年7月26日 (午前10時半~12時) 
聖 書 哀歌3:22-33、Ⅱコリント8:1-15、マルコ5:21-43
讃美頌 詩編121編
 讃美歌 357、306、317、256(聖餐)
説 教 「神さまと触れ合う」
説教者 笠原光見師
by urawalutheran | 2015-07-17 21:30 | 今週の礼拝

The LORD is my light and my salvation!

主 日 礼 拝 式 次 第

前  奏     

初めの歌    「うるわしき救い主」 -175-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

主日「特別の祈り」

(ぜん)(のう)(かみ)さま。

(こと)()(たね)(わたし)たちの(なか)()いてくださったことを(かん)(しゃ)します。(わたし)たちが(よろこ)んでみ(こと)()()け、み(こと)()(したが)い、(しん)(こう)()(ぼう)(あい)()たされるために、(せい)(れい)(たす)けを(あた)えてください。

()(しゅ)イエス・キリストによって(いの)ります。   アーメン。

聖書朗読

第一朗読   エゼキエル17:22-24 

第二朗読   Ⅱコリント6:1-18

讃 美 頌 

詩編 92編

いかに(たの)しいことでしょう。

(しゅ)(かん)(しゃ)をささげるのは。

いと(たか)(かみ)よ、み()をほめ(うた)い、(あさ)ごとに、あなたの(いつく)しみを、

()ごとに、あなたのまことを()(つた)えることは。

(じゅう)(げん)(こと)()わせ、(たて)(ごと)()わせ、(こと)調(しら)べに()わせて、ほめ(うた)うことは。

(しゅ)よ、あなたはみ(わざ)(よろこ)(いわ)わせてくださいます。

わたしはみ()(わざ)(よろこ)(うた)います。

(しゅ)よ、み(わざ)はいかに(おお)きく、あなたの(はか)らいはいかに(ふか)いことでしょう。

(おろ)かな(もの)はそれを()ることなく、

()()(もの)はそれを(さと)ろうとしません。

(かみ)(さか)らう(もの)()(くさ)のように(しげ)り、(あく)(おこ)なう(もの)(みな)(はな)()かせるように()えても、(えい)(えん)(ほろ)ぼされてしまいます。

(しゅ)よ、あなたこそ、(えい)(えん)(たか)くいます(かた)

(しゅ)よ、あなたに(てき)(たい)する(もの)は、(かなら)(ほろ)び、

(あく)(おこ)なう(もの)(みな)()らされて()きます。

福 音 書   マルコ福音書4:26-34

み言葉の歌     「ここにいます」  -181-


説  教      「育ててくださる」     笠原光見師

昭和の歌姫と言われる美空ひばりさんが歌った「川の流れのように」の歌詞は次のようなものでした。「知らず知らず歩いてきた細く長いこの道~ああ川の流れのようにおだやかにこの身をまかせて…」。年を重ねるごとにこの歌詞に深く共感できる自分がいます。

ここまで歩んできた人生という道を振り返り見るとき、曲がりくねり平坦ではなかった道のりを、多くの人に支えられ歩んできたことに感謝すると同時に、神さまの深い憐みと愛の中で生かされてきたことを強く感じるのです。

イエスさまは言われました「神の国は、人が地に種を蒔くようなもので、夜は寝て、朝は起き、そうこうしているうちに、種は芽を出して育ちます。どのようにしてか、人は知りません」と。

人は誰でも「自分の力でどうにかして生きてきた」と言える人は一人もいないでしょうし、自分の意志でこの世に生を受けたという人もいないでしょう。まるで誰かの意志によって蒔かれた種のように私たちのいのちは与えられ、多少の差はあったかもしれませんが、生きるに必要なものを与えられ成長してきました。自分の意志に関係なく夜が来て、朝が来る。そうこうしているうちに成長し、いのちは熟し収穫の時を迎えるのです。「どのようにしてか、人は知りません」。私たちのいのちに関わることで理解できない不思議なことはたくさんあります。ときに「なぜ」、「どうして」と答えの見つからない事柄に思い悩みながらも歩んでいるのが私たち人間でしょう。私たちは神さまの御手の中で生かされていると信じることができるなら、しがみつくものが富や名声でなく、依り頼むものが自分の力や能力でなく、神さまの力にすべてをゆだねることで、心が解放されて夜は寝て、朝は起きることができるでしょう。信じてゆだね神さまの御手の中で育つのです。そして、神さまの意志でこの地に蒔かれたイエス・キリストの十字架。それは、すべてのいのちある者への偉大なる恵み、無尽蔵の愛です。私たちは、夜と朝を造りすべてのいのちを育み、キリストの十字架の恵みと愛とを与えてくださる神さまにこの身をまかせていくのです。

信仰告白        使徒信条

奉献(献金)と奉献唱

奉献の祈り/教会の祈り 

聖餐の歌    「カルバリの十字架に」     -253-

序  詞

サンクトゥス

設定の言葉

主の祈り

アグヌス・ディ

配 餐

聖餐の感謝

派遣の部

ヌンク・ディミティス

祝  福  

終わりの歌      「ここは神の」 -382-


今日の奏楽曲

Friedrich Wilhelm Zachau作曲 Allein Gott in der Hoeh sei Ehr

Louis-Nicolas Clerambault作曲 第二旋法による組曲より Plein Jeu


お知らせ

*本日はじめて教会に来られた方を歓迎いたします。

*会員名簿が食堂の前に貼り出してありますので、7月末までに訂正があれば赤字で記入をお願いします。

*夏期特別献金の時期になりました。教会運営・会堂維持のために献金をお願いいたします。

*シャポーの「しんこうってなあに?」の本を販売中、1冊500円。

*7月21日(火)19時45分より野崎姉宅で家庭集会が開かれます。参加できる方は野崎姉か牧師まで連絡お願いします。

*7月26日(日)礼拝後、役員会を行います。

*8月11~13日で中高生のためのジュニアユースキャンプが予定されています。参加費半額が補助されます。参加希望者は牧師まで。

*信徒塾の案内が掲示板にあります。聖書のこと、教会のことなど低額で学べ、内容も講師も充実しています。講義はすべて大宮教会で行われますので、この機会をどうぞお見逃しなく。次回は他県に移る予定です、振ってご参加ください。問い合わせ・参加申込みは牧師まで。

*毎月第1・3木曜日10時半より教会で聖書に親しむ会を行っています。どなたでもご参加ください。次回は7月16日(木)になります。

*会員の方はいらした時に、メールボックスをご確認ください。

今週の笠原牧師スケジュール

12日(日) 聖霊降臨後第主日礼拝 

13日(月) 教会/牧師館 

14日(火) 教会/牧師館 

15日(水) 教会/牧師館

16日(木) 聖書に親しむ会  午後訪問

17日(金) 教会/牧師館

18日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

聖霊降臨後第八主日礼拝 20157月19日 (午前10時半~12時) 

聖 書 ヨブ記38:1-11、Ⅱコリント7:1-16、マルコ4:35-41

讃美頌 詩編107

 讃美歌 184338409254(聖餐)

説 教 「枕をして眠る」

説教者 笠原光見師


by urawalutheran | 2015-07-10 16:20 | 今週の礼拝

主 日 礼 拝 式 次 第

前  奏     

初めの歌    「父なるみ神を」-233-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

特別の祈り

主日「特別の祈り」

ちからなるかみさま。

()まれながら(よわ)(わたし)たちは、あなたによらないで(ただ)しいことを(おこ)なうことができません。あなたの(いまし)めを(まも)り、(おも)いと(こと)()(おこ)ないのすべてで、あなたに(つか)えることができるように、み(ちから)(ささ)えてください。

(しゅイエス・キリストによっていのります。   アーメン。


聖書朗読

第一朗読    創世記3:8-15

第二朗読    Ⅱコリント5:11-15

讃 美 頌 

詩編 130編

わたしの(たましい)(しゅ)()(のぞ)みます。

 ()()りが(あさ)()つにもまして、(あさ)()つにもまして。

イスラエルよ、(しゅ)()(のぞ)め。(いつく)しみは(しゅ)のもとに、(ゆた)かな(あがな)いも(しゅ)のもとに。

 (しゅ)は、イスラエルをすべての(つみ)から(あがな)ってくださる。

福 音 書   マルコ福音書3:20―30  

み言葉の歌     「幸せなことよ」 -320-

説  教      「駆り立てるもの」     笠原光見師

イエスさまはファリサイ派や律法学者たち、つまりそれなりの地位がある者たちから「彼は気が狂っている」とか「汚れた霊にとりつかれている」と言われていた。共同体の中でそれなりの地位や権力を持つ者にそのように言われれば、人々から差別や偏見の的になると容易に想像できます。そんな噂を立てられ困るのは、本人だけでなく身内も生き辛くなるということもあるのです。正直、身内からしてみれば迷惑な話しで、やめてもらいたいと思うでしょう。ですからイエスさまの身内はそろってイエスさまを連れ戻しに来ました。

愛に勝って世間体や面目に重きを置いてしまう身内の姿は、正直イエスさまにとって辛いことだったでしょう、そして、人のいのちや生活に勝って地位や権力のある者の言葉に重きを置いてしまう人々の姿が悲しかったのではないでしょうか。

イエスさまは言われます「サタンも、もし内輪の争いが起こって分裂していれば、立ち行くことができないで滅びます」と。内輪もめをし、争い、内部分裂しているのは私たちの生きるこの世界であり、私たちでしょう。私たちは、自分自身の分裂している内側を見て救いを見いだすことができないですし、争いもめている国や社会にも救いをみいだすこともできず、立ち行かない中で懸命に生きています。立ち行くことが難しく苦しむ私たちを主イエス・キリストは放っておかれない。滅びゆくままにはしておられない。深い愛ゆえに私たちの傍らに立ち、共感し共に生き、一緒に歩んでいこうとされるのです。主イエスは言われます「人はその犯すどんな罪も赦していただける」と。ただ、「聖霊を汚すものは誰でも、永遠に赦されることはない」と言われるのです。神さまは「聖霊」によって私たちの敵意を滅ぼし、主イエス・キリストの十字架に示された愛と赦しといのちとによって、分裂した社会や家族、そして人々の心の回復を切に望んでおられるのです。

主イエス・キリストの無条件の愛は、私たちをその愛に応えて生きていこうと駆り立て、自身と他者を赦すこと、愛することに向かわせるのです。

信仰告白        使徒信条

奉献(献金)と奉献唱

奉献の祈り/教会の祈り 

聖餐の歌    「造られしものよ」-250-

序  詞 

サンクトゥス

設定の言葉

主の祈り

アグヌス・ディ

配  餐

聖餐の感謝

派 遣の 部 

ヌンク・ディミティス 

祝    福 

終わりの歌      「はかりも知られぬ」 -346-

お知らせ

*本日はじめて教会に来られた方を歓迎いたします。

*会員名簿の確認を7月中にお願いします。食堂の前に貼り出してありますので、訂正があれば赤字で記入お願いします。

*夏期特別献金の時期になりました。教会運営・会堂維持のために献金をお願いいたします。

*シャポーの「しんこうってなあに?」の本を販売しています。子どもで も分かりやすく伝道のためにもお使いいただけます。1冊500円。

*8月3~5日で関東地区サマーキャンプが行われます。参加費半額が補助されます。参加希望者は牧師まで。

*8月11~13日で中高生のためのジュニアユースキャンプが予定されています。参加費半額が補助されます。参加希望者は牧師まで。

*信徒塾の案内が掲示板にあります。聖書のこと、教会のことなど低額で学べ、内容も講師も充実しています。講義はすべて大宮教会で行われますので、この機会をどうぞお見逃しなく。次回は他県に移る予定です、振ってご参加ください。問い合わせ・参加申込みは牧師まで。

*毎月第1・3木曜日10時半より教会で聖書に親しむ会を行っています。どなたでもご参加ください。次回は7月16日(木)になります。

*会員の方はいらした時に、メールボックスをご確認ください。

今週の笠原牧師スケジュール

5日(日) 聖霊降臨後第主日礼拝 

6日(月) 教会/牧師館 

7日(火) 教会/牧師館 

8日(水) 教会/牧師館

9日(木) 関東地区ジュニアユースキャンプ打合わせ@センター教会

10日(金) 教会/牧師館

11日(土) 教会/牧師館 

来週の礼拝予定

聖霊降臨後第七主日礼拝 20157月12日 (午前10時半~12時) 

聖 書 エゼキエル17:22-24、Ⅱコリント6:1-18、マルコ4:26-34

讃美頌 詩編92

 讃美歌 175181382253(聖餐)

説 教 「育ててくださる」

説教者 笠原光見師


by urawalutheran | 2015-07-04 14:05 | 今週の礼拝