人気ブログランキング |

<   2016年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

文部科学大臣杯 小・中学校将棋団体戦は、日本将棋連盟が主催で行われ、優勝チームに贈られる文部科学大臣杯とその賞状が大会の権威を高めています。
 この大会は、同一の小学校・中学校に在学する生徒3名で編成されたチームで行う団体戦です。小学校の部、中学校の部いずれも定数は64チーム(東日本大会=32チーム、西日本大会=32チーム)。東日本大会と西日本大会の上位2チーム(合計4チーム)は更に決勝大会へと駒を進め、小学校と中学校それぞれの日本一校を決定します。

本年度は7月25日に東日本大会が東京大手町のサンケイプラザで行われ、上位2校が決勝大会に進出します。中学校の部では5月29日に行われた県大会優勝の聖望学園中など3校が出場します。

聖望学園将棋部は、埼玉県内でも最強の強豪校で昨年まで3年連続選手権団体戦で優勝しています。
by urawalutheran | 2016-06-29 01:07 | 聖望学園
主日の礼拝式次第
前  奏 
初めの歌 「心まよいゆくをやめて」    -298-
罪の告白とゆるしの言葉
キリエ/グロリア
主日「特別の祈り」
すべての民の主なる神さま。
あなたはあなたの民にみ心を示し、あなたの民を救う約束を与えられました。私たちがあなたの戒めに耳を傾け、み旨を行なうために、あなたの強い力で支えてください。
み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

聖書朗読
第一朗読   サムエル下 11:26-12:13 
第二朗読   ガラテヤ 2:11-21
讃 美 頌        詩編32編          
福音書      ルカ福音書7:36-50 
み言葉の歌   「このまま」       -303-
説  教   「どこまでも赦す」    笠原光見牧師
夫婦でも、兄妹でも相手の犯した過ちを赦すことが難しいと感じるときがあります。それでも相手の色んな所を見てよく知っている分、親しく近しい分、他人よりも赦してあげようとできるように思います。私たちが徹底的に相手の過ちを責め、咎め、裁こうとするのは、相手とは近しい存在でもないし、よく分からないからではないでしょうか。イエスさまは一人の罪深い女性を赦す場面で、その場にいたファリサイ派のシモンに言います、「この人を見ないか」と。彼女の涙を流し、髪で足をぬぐい何度も口づけする姿をしっかりと見なさいとイエスさま言われます。これまでの人生でどれだけの涙を流し、地を這うように生きてきたことか。貧しさゆえに律法を守ることもできず、生きるためには人々からは嫌悪されるようなこともしてきた。神さまはそんな彼女をずっと見つめて、誰よりも彼女のことを知っておられる。イエスさまは彼女の全存在を受け止め、そして限りない無条件の愛をこめて言われます、「あなたの罪は赦された」と。私たちがどこまでも人を赦すことができるとしたら、その可能性は、私の罪がキリストの十字架によって赦されたということを信じ、「この人を見ないか」と言われる主イエスの言葉に従い、その人をよく見て、その人をよく知ると同時に、その人の罪の赦しのためにも十字架にかかられたキリストの存在をその人の傍で感じることによってでしょう。

信仰告白 使徒信条

奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り

聖餐の歌  「主イエス・キリストよ」    -260-
序 詞
サンクトゥス
設定の言葉
主の祈り
アグヌス・デイ
配 餐
聖餐の感謝

派遣の部
ヌンク・ディミティス
祝 福
終わりの歌  「神の作品として生きる」  -歌集20番-

お知らせ
*本日、午後3時から浦和教会にて埼玉分区定例会があります。
役員と笠原先生が出席します。
*7月10日(日)礼拝後、役員会を行います。役員の方は出席をお願いします。
*7月17日(日)主日礼拝は江藤直純先生(ルーテル学院大学学長)に説教をお願いしています。また午後1時から2時半までルターについての講演を予定しています。どうぞ予定にいれてご参加ください。
*中・高生の方々を対象にした関東地区ジュニアユース・デイキャンプが、8月1日、浦和教会で行われます。その時のために、使用済み切手を集めています。ご協力をお願いします。メールボックス下の方に切手用の引き出しがあります。
*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。どなたでもご参加ください。次回は7月7日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は6月28日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、7月16日(土)午後5時から行います。

今週の笠原牧師スケジュール
26日(日) 聖霊降臨後第六主日礼拝 埼玉分区代表者会 
27日(月) 関東地区教職者会
28日(火) 教会/牧師館 夕礼拝
29日(水) 浦和ルーテル学院聖書会 
30日(木) 教会/牧師館
7/1日(金) 教会/牧師館
2 日(土) 教会/牧師館
 
来週の礼拝予定
聖霊降臨後第七主日礼拝2016年7月3日(午前10時半~12時) 
聖 書 ゼカリヤ12:7-10、ガラテヤ3:23-29、ルカ9:18-26
讃美頌 詩編119編
讃美歌 385、395、262(聖餐)、「父の涙」
説 教 「神の心を無視しない」
説教者 笠原光見牧師
by urawalutheran | 2016-06-25 22:56 | 今週の礼拝

全国高校総体初出場

6月19日 埼玉スタジアム第2グラウンドで準決勝を行い、聖望学園と昌平が、それぞれ初の決勝に進むとともに、全国高校総体初出場を決めた。

 初めて4強入りした聖望学園はPK戦の末、今冬の全国高校選手権代表の正智深谷に勝った。聖望学園は攻撃の決め手を欠いて0―0で延長戦まで突入。それでも決着がつかずにPK戦へ。3人が成功し、3―1でけりをつけた。

全国高校総体初出場_b0103594_18523257.jpg

正智深谷―聖望学園 PK戦で正智深谷を破り、抱き合って喜ぶ聖望学園の選手たち

 埼玉県のNACK5スタジアム大宮にて22日決勝を行い、昌平が聖望学園を延長戦の末に5―4で退け、聖望学園は初の栄冠を逃した。

写真は埼玉新聞ホームペイジより
by urawalutheran | 2016-06-21 18:55 | 聖望学園

6月19日 讃美礼拝

讃美礼拝式次第
前  奏 
み名による祝福
讃 美Hallelujah
わが魂よ主をほめよ How Great is Our God
罪の告白と赦し

特別の祈り
力なる神さま。
生まれながら弱い私たちは、あなたによらないで正しいことを行なうことができません。あなたの戒めを守り、思いと言葉と行ないのすべてで、あなたに仕えることができるように、み力で支えてください。
み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

聖書朗読
福音書      ルカ福音書7:11-17 

讃 美すべてにまさって Above All
説  教   「もう泣かなくていい」
 イエスさまは、一人息子を亡くし悲嘆にくれるやもめを見て、憐れに思い「もう泣かなくてもよい」と言われます。夫に先立たれ、一人息子まで失ったやもめが生きていくことは、当時の社会では非常に困難なものがありました。イエスさまは社会的に最も弱い存在で、社会の底辺にある人に目を留めて救いの手を差し伸べられます。弱い存在に対して目もくれない、みて見ぬふりをする社会や人の姿があります。しかし、神さまは憐み深く、弱い者たちを決して見捨てることはないということをイエスさまは証しているのです。さらにイエスさまは、「死者に触れてはいけない」というユダヤの律法を破り、死体に触れることでご自身が汚れたものとされることなどどうでもいいことのように死者に近づき、触れられるのです。愛する母を遺して死ぬことになってしまった一人息子の心にもいのちの主は近づき、寄り添い、触れられるのです。愛する者の涙も、愛する者の死も本当に辛いものですからイエスさまは寄り添い、言葉をかけ、手を差し伸べて触れ、回復と、癒しと慰めと励ましとを与えてくださるのです。現実の世界は時に残酷です。憐み深い神さまは、共にいて抱えきれない重荷を共に背負い、共に生きてくださり、「もう泣かなくていい」と励ましてくださるのです。

讃 美Mighty To Save 歌集19番

信仰告白使徒信条

奉献(献金)
奉献/教会の祈り

讃 美イエス神の子羊 Your My All In All 歌集15番
聖餐の設定
主の祈り
平和の挨拶
配餐と祝福
感謝の祈り
全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 
讃 美君だから素晴らしい 歌集14番
主イエスの愛で The Power of Your Love 歌集5番
祝 福
後 奏

お知らせ
*本日、日本研修に来日しているみなさんと、ホストファミリーの方々が礼拝に出席されました。午後、教会にて送別会が予定されています。
*6月26日(日)午後3時から浦和教会にて埼玉分区定例会があります。役員と笠原先生が出席します。
*中・高生の方々を対象にした関東地区ジュニアユース・デイキャンプが、8月1日、浦和教会で行われます。その時のために、使用済み切手を集めています。ご協力をお願いします。メールボックス下の方に切手用の引き出しがあります。
*熊本震災支援の募金を続けています。ご協力をお願いいたします

*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。どなたでもご参加ください。次回は7月7日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は6月28日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、7月16日(土)午後5時から行います。

今週の笠原牧師スケジュール
19日(日) 讃美礼拝 日本研修生送別会 
20日(月) 教会/牧師館 
21日(火) 教会/牧師館 
22日(水) 教会見学本太小学校二年生
23日(木) 教会/牧師館
24日(金) 教会/牧師館 議長と打ち合わせ
25日(土) 教会/牧師館
 

来週の礼拝予定
聖霊降臨後第六主日礼拝2016年6月26日(午前10時半~12時) 
聖 書 サムエル下11:26-12:13、ガラテヤ2:11-21、
ルカ7:36-50
讃美頌 詩編32編
讃美歌 298、303、260(聖餐)、「神の作品として生きる」
説 教 「どこまでも赦す」
説教者 笠原光見牧師
by urawalutheran | 2016-06-19 01:28 | 今週の礼拝
前  奏     
初めの歌      「主のまことは」   -332-
罪の告白とゆるしの言葉       
キリエ/グロリア
特別の祈り      
第一朗読   列王記上 8:41-43     
第二朗読   ガラテヤ 1:1-10      
讃 美 頌        詩編117編    
福音書    ルカ福音書7:1-10      
み言葉の歌     「やすかれがこころよ」    -337-
説  教      「大切な人のためなら」  笠原光見牧師
百人隊長は、イエスさまの憐みと愛と全権に信頼を寄せました。病気で死にかかっていた大切な部下を思いやり、うわさに聞いていたイエスさまのもとに遣いをやります。イエスさまは、百人隊長がユダヤ人を愛し、個人の財をもって会堂を建て人々から信頼されている人物であることを知り、人々からの熱心な願いを聞いて、病気で死にかかっている人のところへと向かいます。もう少しで死にかかっている者の家に着くというところで、百人隊長は遣いに言わせました「ひと言おっしゃってください。そして、わたしの僕をいやしてください。わたしも権威の下に置かれている者ですが、わたしの下には兵隊がおり、一人に『行け』と言えば行きますし、他の一人に『来い』と言えば来ます。また部下に『これをしろ』」と言えばそのとおりにします」と。百人隊長はちょうど自分が部下たちにすることと同じことをイエスさまがしてくださることに期待し、信頼しています。百人隊長のやさしさ、思いやり、硬い信仰が人々を動かし、そして主イエスに聞き入れられ部下の病をいやすに至りました。大切な人のための思いやりや、やさしさ、そして私たちの信仰が周りの人の癒しや、慰め、励ましとなり、互いのいのちの日々を輝かせるものとなるでしょう。イエス・キリストを通して、聖書のみ言葉を通して表された神さまの深い愛、やさしさ、思いやりは多くの人の心を癒してきました。どうすることもできない出来事を前にしても私たちの揺るぎない信仰が人を励まし、希望の光を見出すことへとつながるのではないでしょうか。私たちが信頼を置く絶対的な存在は、私たちを大切に思い、こよなく愛し、私たちの罪の赦しと救いのために十字架にかかり、復活された主イエス・キリストです。

信仰告白        使徒信条     
奉献(献金)と奉献唱 
奉献の祈り/教会の祈り       
聖餐の歌    「すがたはみえねど」    -256-
序  詞                     
サンクトゥス
設定の言葉  
主の祈り
アグヌス・ディ
配  餐
聖餐の感謝                   
派遣の部                    
ヌンク・ディミティス   
祝  福  
終わりの歌       「主のみことばに」   -189-

お知らせ
*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*6月19日(日)日本研修に来日している方々とホストファミリーの方々が礼拝に参加されます。
*6月26日(日)午後3時から浦和教会にて埼玉分区定例会があります。役員と笠原先生が出席します。
*熊本震災支援の募金を続けています。ご協力をお願いいたします
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。どなたでもご参加ください。次回は6月16日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は6月14日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、7月16日(土)午後5時から行います。

今週の笠原牧師スケジュール
12日(日) 聖霊降臨後第四主日礼拝 
13日(月) 教会/牧師館
14日(火) 教会/牧師館 夕礼拝
15日(水) 教会/牧師館 
16日(木) 聖書に親しむ会
17日(金) 教会/牧師館
18日(土) 納骨式 信徒塾

来週の礼拝予定
讃美礼拝2016年6月19日(午前10時半~12時) 
聖 書 ルカ7:11-17
讃美歌 Hallelujah、我が魂主をほめよ、すべてにまさって、
主イエスの愛で、イエス神の子羊、Mighty to Save
説 教 「もう泣かなくていい」
説教者 笠原光見牧師

Happy 50's Birthday
6月12日 聖霊降臨後第四主日_b0103594_23543854.jpg

6月12日 聖霊降臨後第四主日_b0103594_2355364.jpg

by urawalutheran | 2016-06-12 23:59 | 今週の礼拝

6月12日

6月12日_b0103594_2349459.jpg

by urawalutheran | 2016-06-12 23:49

6月5日 教会祭

教 会 祭 礼 拝 式 次 第

開会の部
前 奏
み名による祝福
讃美歌    「シャイン、ジーザス、シャイン」  歌集3番
       「きみは愛されるため生まれた」   歌集2番
罪の告白とゆるし
特別の祈り

みことばの部
讃 美 頌        詩編62編        
聖書朗読
福 音 書 ルカ福音書6:37-40     新113頁

説  教       「量りをよくして」   笠原光見牧師
献  歌          浦和ルーテル学院聖歌隊
信仰の告白           使徒信条

奉献の部
奉献(献金)
奉献の祈り/教会の祈り 

派遣の部
主の祈り
讃美歌       「君だから素晴らしい」    歌集14番
            「すごく」
          「GOD BLESS YOU」   歌集5番
祝  福 (起立)
後  奏
by urawalutheran | 2016-06-07 00:14 | 今週の礼拝

6月5日

6月5日_b0103594_23573931.jpg

by urawalutheran | 2016-06-05 23:56