人気ブログランキング |

<   2016年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Praise Worship
8月28日 聖霊降臨後第十五主日_b0103594_1165911.jpg

讃美礼拝式次第

み名による祝福
讃  美   「真昼のように」     歌集13番
     「Foot Pints」      歌集10番
罪の告白と赦し

特別の祈り
永遠・全能の神さま。
あなたはキリストによって、すべての民に栄光を顕されました。み霊を注いで、み名を告白する堅固な信仰に、全世界の教会を立たせてください。
み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

聖書朗読
福 音 書    ルカ福音書14:7-14    新136頁

説  教        「譲る」       笠原光見牧師
イエスさまは地位ある者たちが集まる会食に招かれたようです(1節参照)。そこで招待を受けた客が上席を選んでいる様子を見て彼らにたとえ話をされ、招待されたら上席ではなく、むしろ末席に座りなさい、そして「だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる」と言われました。また、招待した者に向かって会食を催すときには、友人、兄妹、親類、近所の金持ちを呼ばず、むしろ、貧しい人、体の不自由な人、目の不自由な人を招きなさいと言われました。誰でも口で言うことは簡単ですが、実践することはなかなかに難しいものです。イエスさまは実際にとことんへりくだり、低い者となってくださり、人々からのけ者にされている貧しい者、体の不自由な者、罪人と言われている人々とよく食卓を囲んでいました。人はキリストに出会うことで、今まで気にも留めなかった、無関心であったところに目を向け、心を向けるものとされ、価値観が変えられる経験をします。上席とか末席とか、高いとか低いとかににこだわりすぎる社会の価値観に捕らわれすぎることなく、へりくだり、喜んで末席に着く者でありたい。私たちよりも低きに降ること、へりくだることを厭わなかったイエス・キリストを思い、いつもキリストに席を譲る思いでへりくだりたい。

讃  美      「その日全世界が」     歌集18番

信仰告白        使徒信条

奉献(献金) 
奉献・教会の祈り       

讃  美  「イエス神の子羊 Your My All In All」 歌集15番
聖餐の設定
主の祈り
平和の挨拶 *前後左右の方と「主の平和」と挨拶を交わしましょう。
配餐と祝福
感謝の祈り
全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

讃  美      「君だから素晴らしい」    歌集14番
「God Bless You」 歌集5番
祝  福  

後  奏

お知らせ
*9月11日(日)は関東地区交換説教のため、福島の野村治先生が来てくださいます。
*今年も新年度の教会手帳、聖書日課の申し込みの時期となりました。受付に申し込み用紙が置いてありますので必要部数を記入してください。締切は9月9日(金)です。
*9月17・18日に浦和ルーテル学院のスクールフェアが行われます。教会バザーや準備のお手伝いをいただける方は安彦姉まで。

*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。どなたでもご参加ください。次回は9月1日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は9月13日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、10月1日(土)午後5時から行います。

今週の笠原牧師スケジュール
28日(日) 讃美礼拝  役員会 
29日(月) 教会/牧師館 
30日(火) 浦和ルーテル学院聖書会
31日(水) 分区教職者会@飯能教会
9/1日(木) 聖書に親しむ会 教会/牧師館
2日(金) 教会/牧師館 議長と打ち合わせ
3日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定
聖霊降臨後第十六主日礼拝2016年9月4日(午前10時半~12時) 
聖 書 申命記29:1-8、フィレモン1-25、ルカ14:25-33
讃美頌 詩編119編
讃美歌 167、365、254(聖餐)、キミは愛されるため生まれた
説 教 「十字架を背負う」
説教者 笠原光見牧師
by urawalutheran | 2016-08-29 01:17 | 今週の礼拝
主 日 礼 拝 式 次 第
8月21日 聖霊降臨後第十四主日_b0103594_045183.jpg

前  奏     
初めの歌        「光の主よ」        -381-
罪の告白とゆるしの言葉     
キリエ/グロリア
特別の祈り
主よ。
あなたの民が切にみ助けを求め、救いの恵みを喜ぶことができるように、その心を奮い立たせてください。
み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン
      
聖書朗読
第一朗読  イザヤ  66:18-23
第二朗読  ヘブライ 12:18-29 
讃 美 頌       詩編117編         
福音書    ルカ福音書13:22-30  
み言葉の歌      「苦しみ悩みの」       -413-
説  教        「狭い門」       北郷麿利子姉
信仰告白        使徒信条      
奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り       
聖餐の歌    「カルバリの十字架に」     -253-
序  詞                     
サンクトゥス
設定の言葉  
主の祈り
アグヌス・ディ
配  餐
聖餐の感謝                   
派遣の部                    
ヌンク・ディミティス   
祝  福  
終わりの歌       「GOD BLESS YOU」    -歌集5番-

フランシスコ・ザビエルの祈り
「十字架上のキリストへ」
主よ、私があなたを愛するのは
あなたが天国を約束されたからではありません
あなたにそむかないのは
地獄が恐ろしいからではありません
主よ 私を引きつけるのは
あなたご自身です
私の心を揺り動かすのは
十字架につけられ
侮辱をお受けになったあなたのお姿です
あなたの傷ついたお体です
そうです 主よ あなたの愛が私を揺り動かすのです
ですから たとえ天国がなくても
主よ 私はあなたを愛します
たとえ地獄がなくても
私はあなたを畏れます
あなたが何をくださらなくても
私はあなたを愛します
望みが何もかなわなくても
私の愛は変わることはありません

お知らせ
*本日の説教は北郷姉にしていただきました。感謝いたします。
*8月28日(日)礼拝後、役員会を行います。役員の方は予定に入れてください。
*9月11日(日)は関東地区交換説教のため、福島の野村治先生が来てくださいます。
*今年も新年度の教会手帳、聖書日課の申し込みの時期となりました。受付に申し込み用紙が置いてありますので必要部数を記入してください。締切は9月9日(金)です。
*9月17・18日に浦和ルーテル学院のスクールフェアが行われます。教会バザーや準備のお手伝いをいただける方は安彦姉まで。
*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。どなたでもご参加ください。次回は9月1日(木)になります。8月中の「聖書に親しむ会」はお休みします。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は8月23日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、10月1日(土)午後5時から行います。

今週の笠原牧師スケジュール
21日(日) 聖霊降臨後第十四主日礼拝 
22日(月) 教会/牧師館
23日(火) 夕礼拝
24日(水) 教会/牧師館
25日(木) 教会/牧師館
26日(金) 教会/牧師館
27日(土) 讃美礼拝練習

来週の礼拝予定
讃美礼拝2016年8月28日(午前10時半~12時) 
聖 書 イザヤ66:18-23、ヘブライ12:18-29、ルカ14:7-14
讃美頌 詩編112編
讃美歌 真昼のように、FOOT PRINTS、その日全世界が、
イエス神の子羊(聖餐)、君だから素晴らしい、GOD BLESS YOU
説 教 「譲る」
説教者 笠原光見牧師
by urawalutheran | 2016-08-20 18:36 | 今週の礼拝
8月14日 聖霊降臨後第十三主日_b0103594_20171279.jpg

主 日 礼 拝 式 次 第
前  奏     
初めの歌       「主のみことばに」    -189-
罪の告白とゆるしの言葉     
キリエ/グロリア
特別の祈り
聖書朗読
第一朗読  エレミヤ 23:23-29
第二朗読  ヘブライ 12:1-13  
讃 美 頌       詩編82編      
福音書    ルカ福音書12:49-53        
み言葉の歌      「われはあおぐ」  -397-
説  教     「燃え上れ、愛の火よ」    笠原光見牧師
信仰告白        使徒信条  
奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り      
聖餐の歌    「聞こうみことばを」      -263-
序  詞                  
サンクトゥス
設定の言葉  
主の祈り
アグヌス・ディ
配  餐
聖餐の感謝            
派遣の部              
ヌンク・ディミティス   
祝  福  
終わりの歌       「主イエスに従う」     -328-
本日の説教要約
ルカ12:49-53
「燃え上れ、愛の火よ」
イエスさまの厳しい言葉が胸に刺さります、「わたしが来たのは、地上に火を投ずるためである」と。神の火がこの世界に投じられればすべては焼き尽くされてしまうように思います。焼き尽くされないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。それは火が投じられる側にいるのではなく、火を投じる側に、イエスさまのもとに身を寄せ離れずにしっかりとくっついているべきでしょう。イエスさまは言います「わたしには受けねばならない洗礼がある。それが終るまで、わたしはどんなに苦しむことだろう」と。イエスさまが受けなければならない洗礼とは十字架の死に他ならないでしょう。私たちの救いは、このキリストの十字架のもとにあるのです。キリストの十字架のもとに身を寄せ、離れずにいることで私たちのいのちは守られ、保たれるのです。ただイエスさまが、平和をもたらすためではなくむしろ分裂のために来たという言葉は引っかかります。この言葉は当時のユダヤ人たちに向けられていたということに注意して聞く必要があります。ユダヤ人は民族意識、選民意識が強く、アブラハムの子孫であり、その血の繋がりによって自分たちは神の救いに与れると考えていたのです。ですから家族や血の繋がりある者たちが分裂、対立すると言ったイエスさまの言葉はユダヤの人々には衝撃的なものであったに違いありません。真の救い、いのちの保証は人の血筋や民族、家族の繋がりでもなく、イエス・キリストが十字架の苦しみのうちに流された尊き血潮によってなのだということなのです。主が来られたのは、神さまと私たち人間の関係を回復し、神さまと人との平和を成し遂げることなのです。そして地上の平和は、主の平和と愛を受けた者たちがつくりあげ、キリストを中心に一つとなるのです。

お知らせ
*8月28日(日)礼拝後、役員会を行います。役員の方は予定を調整してください。
*9月11日(日)は関東地区交換説教のため、笠原牧師は六本木教会に行きます。浦和には福島の野村治先生が来てくださいます。
*今年も新年度の教会手帳、聖書日課の申し込みの時期となりました。受付に申し込み用紙が置いてありますので必要部数を記入してください。締切は9月9日(金)です。
*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。どなたでもご参加ください。次回は9月1日(木)になります。8月中の「聖書に親しむ会」はお休みします。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は8月23日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、10月1日(土)午後5時から行います。

来週の礼拝予定
聖霊降臨後第十四主日礼拝
2016年8月21日(午前10時半~12時) 
聖 書 イザヤ66:18-23、ヘブライ12:18-29、ルカ13:22-30
讃美頌 詩編117編
讃美歌 381、413、253(聖餐)、「GOD BLESS YOU」
説 教 「狭い門」
説教者 北郷麿利子姉

今週の笠原牧師スケジュール
14日(日) 聖霊降臨後第十三主日礼拝 
15日(月) 新潟
16日(火)  ↓
17日(水)  ↓
18日(木)  ↓
19日(金)  ↓
20日(土) 教会/牧師館
by urawalutheran | 2016-08-13 17:49 | 今週の礼拝
8月7日 聖霊降臨後第十二主日_b0103594_13401319.jpg


開会の部

前  奏 

み名による祝福
司)父と子と聖霊のみ名によって。
会) アーメン
司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。
会)またあなたとともに。

讃美歌「わがたま喜び」       188番

罪の告白と赦し
司)私たちは神さまの教えを守らず、神さまや周りのみんなを悲しませることをたくさんしてしまいました。
会)神さま、私たちを憐れんでください。
司)神さまは私たちのために、愛するひとり子イエスさまをこの世界にお与えくださり、イエスさまが十字架にかかって死ぬことによって、私たちの罪をゆるしてくださいました。
会)神さま、私たちを赦してださりありがとうございます。
司)神さまはイエスさまを死者の中から新しい命に復活させられ、私たちにも新しい命、永遠の命を与えてくださいます。
会)神さま、私たちを愛してくださることを、心から感謝し
ます。アーメン

特別の祈り
全能の神さま。
み言葉の種を私たちの中に蒔いてくださったことを感謝します。私たちが喜んでみ言葉を受け、み言葉に従い、信仰と希望と愛に満たされるために、聖霊の助けを与えてください。
み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部
聖書朗読
第一朗読  コへレト 2:18-26 
第二朗読  コロサイ 3:5-17  
讃 美 頌        詩編49編  
福 音 書 ルカ福音書12:13-21

説  教   「すべて与えられたものだから」 笠原光見牧師

讃美歌 「わがゆく道いついかに」   416番

信仰告白使徒信条

奉献の部
奉献(献金)
奉献の祈り
憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入(い)れてください。
あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン
教会の祈り

聖餐の部
聖餐の歌    「みんなでパンを分けよう」   262番

平和の挨拶 (起立)
司)主の平和がみなさんとともにあるように
会)また、あなたとともに。

聖餐の制定
司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。

主の祈り

配餐と祝福

感謝の祈り
全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部
讃美歌 「真昼のように」     歌集13番

祝 福
後 奏

お知らせ
*8月28日(日)礼拝後、役員会を行います。役員の方は予定を調整してください。
*9月11日(日)は関東地区交換説教のため、笠原牧師は六本木教会に行きます。浦和には福島の野村治先生が来てくださいます。
*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。どなたでもご参加ください。次回は9月1日(木)になります。8月中の「聖書に親しむ会」はお休みします。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。次回は8月9日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、10月1日(土)午後5時から行います。

今週の笠原牧師スケジュール
7日(日)  聖霊降臨後第十二主日礼拝 
8日(月)  外出
9日(火) 教会/牧師館  夕礼拝
10日(水) 教会/牧師館
11日(木) 教会/牧師館
12日(金) 教会/牧師館
13日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定
聖霊降臨後第十三主日礼拝
2016年8月14日(午前10時半~12時) 
聖 書 エレミヤ23:23-29、ヘブライ12:1-13、ルカ12:49-53
讃美頌 詩編82編
讃美歌 189、397、263(聖餐)、328
説 教 「燃え上れ、愛の火よ」
説教者 笠原光見牧師
by urawalutheran | 2016-08-06 21:43 | 今週の礼拝