人気ブログランキング |

<   2016年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

開会の部
10月2日 聖霊降臨後第二十主日_b0103594_23345879.jpg

前  奏 

み名による祝福
司)父と子と聖霊のみ名によって。
会) アーメン
司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。
会)またあなたとともに。

讃美歌「人の目には見えねども」   151番

罪の告白と赦し
司)私たちは神さまの教えを守らず、神さまや周りのみんなを悲しませることをたくさんしてしまいました。
会)神さま、私たちを憐れんでください。
司)神さまは私たちのために、愛するひとり子イエスさまをこの世界にお与えくださり、イエスさまが十字架にかかって死ぬことによって、私たちの罪をゆるしてくださいました。
会)神さま、私たちを赦してださりありがとうございます。
司)神さまはイエスさまを死者の中から新しい命に復活させられ、私たちにも新しい命、永遠の命を与えてくださいます。
会)神さま、私たちを愛してくださることを、心から感謝し
ます。アーメン

特別の祈り
神さま。あなたの全能の力は、恵みと憐れみのうちにあります。私たちが約束されたものを求め、やがて天の栄光に与かることができるように、あなたの溢れる恵みを注いでください。
み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部
聖書朗読
第一朗読  ハバクク  2:1-4   
第二朗読  テモテⅡ  1:3-14  
讃 美 頌        詩編95編  
福 音 書 ルカ福音書17:1-10   

説  教  「ゆるしてほしい」   笠原光見牧師

讃美歌 「愛なるみ神に」      365番

信仰告白使徒信条

奉献の部
奉献(献金)
奉献の祈り
憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入(い)れてください。
あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン
教会の祈り

聖餐の部
聖餐の歌   「みんなでパンを分けよう」   262

平和の挨拶 (起立)
司)主の平和がみなさんとともにあるように
会)また、あなたとともに。

聖餐の制定
司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。

主の祈り

配餐と祝福

感謝の祈り
全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部
讃美歌 「父の涙」        歌集8番

祝 福
後 奏

お知らせ
*10月9日(日)礼拝後、役員会を行います。
*10月16日(日)の礼拝後、うどんランチを行います。大人300円、高校生まで100円、ランチ代は会堂維持献金としてささげられます。
*10月30日(日)の午後2時半から飯能教会で、埼玉分区「宗教改革記念日の集い」が開かれます。浦和から車に分乗して参加しましょう。
 その会のため、みんなでできる讃美フラの練習を本日から、毎週日曜礼拝後30分程度を予定しています。男性も当日参加できるか分からないかたでも、一緒に覚えましょう。
*クリスマスイルミネーションのための募金を続けています。ご協力をお願いします。
*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。どなたでもご参加ください。次回は10月6日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は10月11日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、11月26日(土)午後5時から行います。次回は9月13日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、10月1日(土)午後5時から行います。

今週の笠原牧師スケジュール
2日(日)  聖霊降臨後第十九主日礼拝 
3日(月)  外出
4日(火) 教会/牧師館 訪問 
5日(水) 教会/牧師館
6日(木)  聖書に親しむ会 10:30~
7日(金)  議長と打ち合わせ
8日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定
聖霊降臨後第二一主日礼拝
2016年10月9日(午前10時半~12時) 
聖 書 列王記下5:1-14、Ⅱテモテ2:8-13、ルカ17:11-19
讃美頌 詩編111編
讃美歌 178、394、263(聖餐)、「主イエスの愛で」
説 教 「感謝して讃美して」
説教者 笠原光見 牧師
by urawalutheran | 2016-09-30 14:34 | 今週の礼拝
9月25日 聖霊降臨後第十九主日_b0103594_22574011.jpg

主日の礼拝式次第
前  奏 
初めの歌 「心まよいゆくをやめて」    -298-
罪の告白とゆるしの言葉
キリエ/グロリア
主日「特別の祈り」

聖書朗読
第一朗読   アモス  6:1-7 
第二朗読   Ⅰテモテ 6:2C-16
讃 美 頌        詩編146編           
福音書      ルカ福音書16:19-31   
み言葉の歌  「こころみうけ」        -460-
説  教  「越えて来る」  笠原光見牧師
ある金もちがいて「いつも紫の衣や柔らかい麻布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮らしてい」ました。可哀想なことに、死んでみると陰府で苦しみに苛まれることになってしまいます。金持ちは、「こんな苦しみに遭わないように兄弟たちのところにラザロを遣わしてください、死んだ者の中から誰かが兄弟のところに行ってやれば悔い改めるでしょう」と、アブラハムに頼みます。アブラハムは「もし、モーセと預言者に耳を傾けないなら、たとえ死者の中から生き返る者があっても、そのいうことを聞き入れはしないだろう」と答えました。これを聞いて金持ちは絶望の淵に叩き落された気分になったに違いありません。しかし、そこに誰にも越えられない大きな淵を、いのちをかけて越えて来て、助けてくれるものが現れたら、金持ちは心の底から感謝をし、悔い改め、今まで以上に兄弟たちに聖書のみ言葉に聴いて悔い改めてほしいと願い祈ったのではないでしょうか。苦しみに苛まれ、絶望の淵に落とされたものが、キリストのいのちによって救われ、新たないのちを得たことの感動と感謝に満ち溢れるとき人は悔い改めることができるのでしょう。モーセと預言者が聖書を通してどれだけ語っても多くの人は悔い改めることをしなかった。イエスさまのたとえを聞いても他人事で、死んでから苦しまないように悔い改めようと思う人はほとんどいないと思います。自分がどうすることもできない絶望や孤独の淵に立たされたときに、越えて来ることができるようにと架けられたキリストの十字架を知るとき、悔い改めようとする思いが心に湧いてくるように思う。淵を乗り越えることも、悔い改めることもすぐにはできないかもしれない、しかし、キリストの十字架は架けられてある。淵を越えて生きよう。
信仰告白 使徒信条

奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り

聖餐の歌  「主イエスキリストよ」     -260-
序 詞
サンクトゥス
設定の言葉
主の祈り
アグヌス・デイ
配 餐
聖餐の感謝

派遣の部
ヌンク・ディミティス
祝 福
終わりの歌  「God Bless You」      -歌集5番-


お知らせ
*10月9日(日)礼拝後、役員会を行います。
*10月16日(日)の礼拝後、うどんランチを行います。大人300円、高校生まで100円、ランチ代は会堂維持献金としてささげられます。
*10月22日(土)「婦人のつどい」が竹の塚教会で開かれます。参加申し込みは9月末まで、申し込み用紙に記名をお願いします。
*10月30日(日)の午後2時半から飯能教会で、埼玉分区「宗教改革記念日の集い」が開かれます。浦和から車に分乗して参加しましょう。
 その会のための、みんなでできる讃美フラの練習を本日から、毎週日曜礼拝後30分程度を予定しています。男性も参加できます。
*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。どなたでもご参加ください。次回は10月6日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は9月27日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、10月1日(土)午後5時から行います。

今週の笠原牧師スケジュール
25日(日) 聖霊降臨後第十九主日  
26日(月) 教会/牧師館
27日(火) 教会/牧師館 夕礼拝
28日(水) 浦和ルーテル学院聖書会
29日(木) Music Ark練習
30日(金) 教会/牧師館
10/1日(土) Music Ark 17:00~
24日(土) Music Ark練習 

来週の礼拝予定
聖霊降臨後第二十主日礼拝
2016年10月2日(午前10時半~12時) 
聖 書 ハバクク2:1-4、2テモテ1:3-14、ルカ17:1-10
讃美頌 詩編151編
讃美歌 151、365、262(聖餐)、「父の涙」
説 教 「ゆるしてほしい」
説教者 笠原光見牧師
by urawalutheran | 2016-09-25 22:56 | 今週の礼拝
9月18日 聖霊降臨後第十八主日_b0103594_221386.jpg


主日の礼拝式次第
前  奏 
初めの歌 「主なる神を称えん」      -272-
罪の告白とゆるしの言葉
キリエ/グロリア
主日「特別の祈り」
主よ。
私たちの心に、正しく考え、行なう霊を注いでください。あなたなしに存在することのできない私たちに、み心に従って生きる力を与えてください。
み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン
聖書朗読
第一朗読   コへレト 8:10-17 
第二朗読   Ⅰテモテ 2:1-7
讃 美 頌        詩編51編           
福音書      ルカ福音書16:1-13  
み言葉の歌  「わが霊なやみて」       -403-

説  教  「小さなことにも忠実に」   笠原光見牧師
主人は「この不正な管理人の抜け目のないやり方をほめ(8節)」るのです。「不正」をほめたのではなく、「抜け目のないやり方」をほめたのです。私たち人間がこの世界の主人である神さまから預かっている大切なもの、一人一人が任されている大いなるもの、それはいのちに他ならないでしょう。私たちは、神さまから預かっているこのいのちを無駄遣いすることなく、抜け目なく、賢く、利口にふるまっていく必要があるのです。私たちのいのちは、自分一人ではどうすることもできないことばかりなわけですから、抜け目なく家族を大事にし、賢く友人と仲良くし、利口に知り合いと親しくしていくことは大切なことなわけです。不正にまみれたお金も、賢く使うことを心掛けて、決して自分がお金に遣われるようなことがないようにしないといけないでしょう。そして、主イエス・キリストの復活のいのちを信じて、永遠のいのちに与ることが人にとって抜け目のない、賢い、利口なやり方なのです。どれだけ不正にまみれた富を積み上げても、土を掘っても、物乞いしても、永遠のいのちは誰にも得ることはできないからです。イエスさまは「ごく小さなことに忠実な者は、大きなことにも忠実である」と言われます。神さまに与えられた自分のいのちに忠実で、大切にし、感謝をすること、愛することができないならばキリストのいのちに忠実に、大切にし、感謝して、愛して生きることもできないでしょう。神さまに与えられたいのちに忠実に、正直に、率直に、素直に生きたいものです。人のいのちは愛することや愛されること、優しくすることや優しくされること、敬うことや敬われることなどを求めているでしょう。数字が印刷された紙や、金属ではないでしょう。神さまと与えられたいのちに忠実に生きたい。

信仰告白 使徒信条

奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り

関東地区一致祈祷

聖餐の歌  「主イェスよ来たりて」     -258-
序 詞
サンクトゥス
設定の言葉
主の祈り
アグヌス・デイ
配 餐
聖餐の感謝

派遣の部
ヌンク・ディミティス
祝 福
終わりの歌  「主よいま去りゆく」    -199-

お知らせ
*9月22日(木)日本ルーテル神学校で一日神学校が行われます。新しいパイプオルガンのコンサートもあります。案内のちらしをご覧ください。
*10月8日(日)礼拝後、役員会を行います。
*10月22日(土)「婦人のつどい」が竹の塚教会で開かれます。参加申し込みは9月末まで、申し込み用紙に記名をお願いします。
*10月30日(日)の午後2時半から飯能教会で埼玉分区「宗教改革記念日の集い」が開かれます。浦和から車に分乗して参加しましょう。
 その会のための、みんなでできる讃美フラの練習を9月25日(日)から、毎週礼拝後30分程度を予定しています。男性も参加できます。
*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。どなたでもご参加ください。次回は10月6日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は9月27日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、10月1日(土)午後5時から行います。
*会員の方はいらした時に、メールボックスをご確認ください。

今週の笠原牧師スケジュール
18日(日) 浦和ルーテル学院主日礼拝 聖霊降臨後第十八主日  
19日(月) 教会/牧師館
20日(火) 教会/牧師館
21日(水) 教会/牧師館
22日(木) 一日神学校@三鷹 日本ルーテル神学校
23日(金) 教会/牧師館
24日(土) Music Ark練習 

来週の礼拝予定
聖霊降臨後第十九主日礼拝
2016年9月25日(午前10時半~12時) 
聖 書 アモス6:1-7、Ⅰテモテ6:2C-19、ルカ16:19-31
讃美頌 詩編146編
讃美歌 298、460、260(聖餐)、「God bless you」
説 教 「越えて来る」
説教者 笠原光見牧師説教者 笠原光見牧師
by urawalutheran | 2016-09-18 22:14 | 今週の礼拝
9月11日 聖霊降臨後第十七主日_b0103594_2313285.jpg
関東地区一致祈祷日

主日の礼拝式次第
前  奏 
初めの歌 「「地に住む民らよ」      -178-
罪の告白とゆるしの言葉
キリエ/グロリア
主日「特別の祈り」
全能・永遠の神さま。
あなたは、信じる者に、まことに貴い約束を与えられました。あなたの約束を信じて、あらゆる疑いに打ち克つ強い信仰を与えてください。
み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

聖書朗読
第一朗読   出エジプト 32:7-14 
第二朗読   Ⅰテモテ   1:12-17
讃 美 頌        詩編51編           
福音書      ルカ福音書15:1-10  
み言葉の歌  「罪あるものをも」      -293-

説  教  「一緒に喜んでください」   野村 治先生

信仰告白 使徒信条

奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り

関東地区一致祈祷
一致祈祷のための祈りの課題

1.教会の働きのために。―教会の働きが神さまの祝福の内にありますように―
2.教会の成長のために。―献身者が育つ教会として成長することができますように―
3.「働き人」の養成機関のために。―日本ルーテル教団神学院、ルターハウス、ルーテル学院大学、日本ルーテル神学校の働きが祝されますように―
4.信徒塾のために。
5.次世代育成のために。(青年会活動、ジュニア・ユース活動)
6.東北広域伝道及び、被災地復興のために。キッズ・パーク福島の働きのために。
7. ルター宗教改革500周年へ向けての歩みのために。
8.自然災害、テロや武力による被害の下に置かれている人々のために。

聖餐の歌  「すがたはみえねど」     -256-
序 詞
サンクトゥス
設定の言葉
主の祈り
アグヌス・デイ
配 餐
聖餐の感謝

派遣の部
ヌンク・ディミティス
祝 福
終わりの歌  「しあわせなことよ」    -320-

9月11日 聖霊降臨後第十七主日_b0103594_23134028.jpg

お知らせ
*本日は関東地区交換説教のため、福島から野村治先生にきていただきました。礼拝後、カレーの食事会で交わりの時を持ちます。
*9月17・18日に浦和ルーテル学院のスクールフェアが行われます。教会バザーや送迎のお手伝いをいただける方は安彦姉まで。
*10月22日(土)「婦人のつどい」が竹の塚教会で開かれます。参加申し込みは9月末まで、申し込み用紙に記名をお願いします。
*10月30日(日)の午後2時半から飯能教会で埼玉分区「宗教改革記念日の集い」が開かれます。浦和から車に分乗して参加しましょう。
 その会のための、みんなでできる讃美フラの練習を9月25日(日)から、毎週礼拝後30分程度を予定しています。男性も参加できます。
*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。どなたでもご参加ください。次回は9月15日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は9月13日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、10月1日(土)午後5時から行います。

今週の笠原牧師スケジュール

11日(日) 聖霊降臨後第十七主日 関東地区一致祈祷日礼拝 
12日(月) 教会/牧師館
13日(火) 夕礼拝
14日(水) 教会/牧師館
15日(木) 聖書に親しむ会 一日神学校打ち合わせ
16日(金) 教会/牧師館
17日(土) 信徒塾 

来週の礼拝予定
聖霊降臨後第十八主日礼拝
2016年9月18日(午前10時半~12時) 
聖 書 コへレト8:10-17、Ⅰテモテ2:1-7、ルカ16:1-13
讃美頌 詩編113編
讃美歌 272、403、258(聖餐)、199
説 教 「小さなことにも忠実に」
説教者 笠原光見牧師
by urawalutheran | 2016-09-09 13:22 | 今週の礼拝
イエスよ、わたしを解放してください。
愛されたいという思いから、
評価されたいという思いから、
重んじられたいという思いから、
ほめられたいという思いから、
好かれたいという思いから、
相談されたいという思いから、
認められたいという思いから、
有名になりたいという思いから、
侮辱されることへの恐れから、
見下されることへの恐れから、
非難される苦しみへの恐れから、
中傷されることへの恐れから、
忘れられることへの恐れから、
誤解されることへの恐れから、
からかわれることへの恐れから、
疑われることへの恐れから。

マザー・テレサ Mother Teresa(1910~1997)
旧ユーゴスラビア(現マケドニア)に生まれ、18歳でロレット修道会に入会。後に、「神の愛の宣教者会」(Missionaries of Charity)を創立。「死を待つ人の家」や「子どもたちの家」を創り、インドで苦しむ人々のために生涯を捧げる。
『祈りのともしび』日本キリスト教団出版局より
マザー・テレサの祈り 解放_b0103594_13125279.jpg

by urawalutheran | 2016-09-09 13:15 | いのり
開会の部
9月4日 聖霊降臨後第十六主日_b0103594_23471480.jpg

前  奏 

み名による祝福
司)父と子と聖霊のみ名によって。
会) アーメン
司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。
会)またあなたとともに。

讃美歌「いざや声あげて」      167番

罪の告白と赦し
司)私たちは神さまの教えを守らず、神さまや周りのみんなを悲しませることをたくさんしてしまいました。
会)神さま、私たちを憐れんでください。
司)神さまは私たちのために、愛するひとり子イエスさまをこの世界にお与えくださり、イエスさまが十字架にかかって死ぬことによって、私たちの罪をゆるしてくださいました。
会)神さま、私たちを赦してださりありがとうございます。
司)神さまはイエスさまを死者の中から新しい命に復活させられ、私たちにも新しい命、永遠の命を与えてくださいます。
会)神さま、私たちを愛してくださることを、心から感謝し
ます。アーメン

特別の祈り
全能・永遠の神さま。
あなたが約束されたものを得、命じられたことを愛するために、私たちに信仰、希望、愛の賜物を、さらに豊かに注いでください。み子、主イエス・キリストによって祈ります。
アーメン

みことばの部
聖書朗読
第一朗読  申命記  29:1-8      旧327頁
第二朗読  フィレモン 1-25       新399頁  
讃 美 頌        詩編119編  
福 音 書 ルカ福音書14:25-33    新137頁

説  教   「十字架を背負う」   笠原光見牧師

讃美歌 「愛なるみ神に」      365番

信仰告白 使徒信条

奉献の部
奉献(献金)
奉献の祈り
憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入(い)れてください。
あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン
教会の祈り

聖餐の部
聖餐の歌   「つかれしものに」      254番

平和の挨拶 (起立)
司)主の平和がみなさんとともにあるように
会)また、あなたとともに。

聖餐の制定
司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。

主の祈り

配餐と祝福

感謝の祈り
全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部
讃美歌 「キミは愛されるため生まれた」  歌集2番

祝 福
後 奏

お知らせ
*来週は関東地区交換説教のため、福島の野村治先生が来てくださいます。礼拝後、カレーの食事会で交わりの時を持ちます。
*新年度の教会手帳、聖書日課の申し込みを受け付けています。申し込み用紙がありますので記入してください。締切は9月9日(金)です。
*9月17・18日に浦和ルーテル学院のスクールフェアが行われます。教会バザーや送迎のお手伝いをいただける方は安彦姉まで。
*10月30日(日)の午後2時半から飯能教会で埼玉分区「宗教改革記念日の集い」が開かれます。浦和から車に分乗して参加しましょう。
 その会のための、みんなでできる讃美フラの練習を9月25日(日)からスタートします。礼拝後30分程度を予定しています。
*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。どなたでもご参加ください。次回は9月15日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は9月13日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、10月1日(土)午後5時から行います。

今週の笠原牧師スケジュール
4日(日)  聖霊降臨後第十六主日礼拝 
5日(月)  外出
6日(火) 教会/牧師館  
7日(水) 教会/牧師館
8日(木)  教会/牧師館
9日(金)  牧会研究会@JELC東京教会
10日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定
聖霊降臨後第十七主日礼拝
2016年9月11日(午前10時半~12時) 
聖 書 出エジプト32:7-14、Ⅰテモテ1:12-17、ルカ15:1-10
讃美頌 詩編51編
讃美歌 178、293、256(聖餐)、320
説 教 「一緒に喜んでください」
説教者 野村 治先生

by urawalutheran | 2016-09-03 14:08 | 今週の礼拝