人気ブログランキング |

<   2016年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2017年1月1日 新年主日_b0103594_11331440.jpg



【開会の部】

前 奏
み名による祝福

讃美歌        「新しい年を迎えて」      -49-
罪の告白とゆるし

特別の祈り  (全員)

【みことばの部】
讃 美 頌        詩編8編   
聖書朗読
福 音 書 マタイ福音書25:14-30    新49頁

説  教        「よくやった」    笠原光見牧師

讃美歌         「主イエスのみ名こそ」    -336-

信仰の告白 (全員)

【奉献の部】
奉献(献金)
奉献の祈り (全員)
教会の祈り
                    
【聖餐の部】
聖餐の歌        「聞こうみ言葉を」      -263-

平和の挨拶 (起立)

聖餐の制定
主の祈り(全員)

聖餐と祝福

感謝の祈り (全員)

【派遣の部】
讃美歌        「注ぎたまえ主よ」    歌集16番

祝  福 (起立)
♪ アーメン・アーメン・アーメン
後  奏

お知らせ
*1月15日(日)、婦人会を行います。今年の春の婦人のつどいは浦和教会で行われます。打ち合わせと今後の予定の確認をしますので、礼拝後お集まりください。
*古本・中古CD献金を行っています。名前や線、書き込みのある本は不可。古本・中古CDを教会にお持ちください。第3回締め切りは1月6日(金)です。重くて運べない方は、牧師までご連絡ください。
*教会に傘をお忘れの方、確認をお願いします。長く置いたままの傘は処分の予定です。
*冬期特別献金のお願いをしています。ご協力お願いいたします。
*2月5日(日)に会員総会を行います。日程調整をお願いします。
*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。次回は1月5日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は12月27日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、1月28日(土)午後5時からです。

来週の礼拝予定
顕現主日礼拝 2017年1月8日(午前10時半~12時) 
聖 書 イザヤ60:1-6、エフェソ3:1-12、マタイ2:1-12
讃美頌 詩編72編
讃美歌 54、59、253(聖餐)、その日全世界が
説 教 「いっしょに喜ぼう」
説教者 笠原光見 牧師

今週の笠原牧師スケジュール
1日(日)  新年主日礼拝 
2日(月)  外出
3日(火) 教会/牧師館 
4日(水) 教会/牧師館 
5日(木)  聖書に親しむ会 教会/牧師館
6日(金)  浦和ルーテル学院聖書会
7日(土) 教会/牧師館 
2017年1月1日 新年主日_b0103594_11341067.jpg
by urawalutheran | 2016-12-31 16:51 | 今週の礼拝
Savior has been born to you !

前  奏  John Gottfried Walther 作曲 Vom Himmel hoch, da komm ich her
   
初めの歌      「荒野の果てに」        -33-

み名による祝福 〈起立〉
交互の祈り
キリエ

特別の祈り 
愛の神さま。あなたは世界の贖い主・み子イエスによって、ご自分を顕されました。人の子となられたみ子によって、罪に縛られた私たちを解放してください。あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

聖書朗読
第一朗読    イザヤ 52:7-10
第二朗読    へブル 1:1-9
讃 美 頌       詩編98編  
福 音 書   ヨハネ福音書1:1-14 

み言葉の歌      「天なる神には」       -27-

説  教    「どうしても伝えたくて」   笠原光見牧師
 手紙やメールをしてもダメ、誰かに伝えてもらったりしてもダメ、言っても言っても自分の思いが相手に伝わらないとき私たちはどうするでしょうか。「こうなったら行動あるのみだ」といって、思いを伝えたい相手のところにまで行くでしょう。そして、相手に思いを精一杯ぶつけるのではないでしょうか。「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた」と聖書は言います。つまり、神は人となってこの世界に来られたということです。驚くべきことは、神が人となったということ以上に、神さまが人となってまで、この世界に示したかったことがある、人々にどうしても伝えたいことがあったということです。限界のない神さまが限界のある人間になってでも伝えたいこと、それは「あなたを愛してる」ということ、そしていつまでも共に生きていきたいということでしょう。それは、イエス・キリストの生涯と、十字架と復活の出来事をみればはっきりとわかることです。神さまはこの世界の人々が愛に渇き、心に闇を抱え、不安と恐れと共に生きていることを見て見ぬ振りはできないのです。それに人は必ず死の時が来ますし、「お先真っ暗だ」なんて時がある。だからいのちであり、まことの光である神さまは、私たちに限りない愛を示し、共に生きることで希望と平安の光を私たちの心にともし続けようとしておられるのです。キリストは「恵みと真理とに満ちていた」と聖書は言います。キリストは人を思いやり、嘘偽りのない心で人を愛し抜き、人に神さまの限りない無条件の愛を伝えたのです。神さまは、私たちが神さまの愛を知り、信じてすべてをゆだね、神さまと共にいのちの日々を安心して活き活きと生きてほしいと望んでおられる。イエス・キリストは来られました。あなたが神さまに愛されていることを伝えるために。

特別讃美       「平和のきみに」       -30-

信仰告白(全員)     使徒信条

奉献(献金)
 奏楽 Henry John Gountlett 作曲 Once in royal David's city
奉献の祈り  
教会の祈り
 奏楽 イギリス民謡 The first Noel the angels did say

聖餐の歌    「みんなでパンを分けよう」   -262-

平和の挨拶 〈起立〉
設定の言葉  
主の祈り(全員)
配餐と聖餐の祝福
 奏楽 J.S.Bach作曲 クリスマスオラトリオより

聖餐の感謝の祈り 〈起立〉

祝  福

終わりの歌       「神のみ子は」      -26-

後  奏 Adeste, Fideles

来週の礼拝予定
新年主日礼拝2017年1月1日(午前10時半~12時) 
聖 書 マタイ25:14-30
讃美頌 詩編8編
讃美歌 49、336、263(聖餐)、注ぎたまえ主よ           
説 教 「よくやった」
説教者 笠原光見牧師

今週の笠原牧師スケジュール
25日(日) 降誕祭礼拝 祝会
26日(月) 外出
27日(火) 教会/牧師館 夕礼拝
28日(水) 教会/牧師館
29日(木) 教会/牧師館 外出
30日(金) 教会/牧師館
31日(土) 教会/牧師館

お知らせ
*本日礼拝後、持ち寄り食事会を行います。みんなで一緒にクリスマスのお祝いをしましょう。
*古本・中古CD献金を行っています。名前や線、書き込みのある本は不可。古本・中古CDを教会にお持ちください。第3回締め切りは1月6日(金)です。重くて運べない方は、牧師までご連絡ください。
*教会に傘をお忘れの方、確認をお願いします。長く置いたままの傘は処分の予定です。
*冬期特別献金のお願いをしています。できるだけ今年中にお願いいたします。
*来年、1月1日(日)は通常通り主日礼拝を行います。
*来年、2月5日(日)に会員総会を行います。日程調整をお願いします。
*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。次回は1月5日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は12月27日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、1月28日(土)午後5時からです。     
by urawalutheran | 2016-12-25 19:25 | 今週の礼拝

高校駅伝3位

9年連続39回目出場の倉敷(岡山)が4区でトップに立ち、2時間2分34秒(速報タイム)で初優勝を飾った。岡山県勢としても初V。昨年3位の倉敷は、予選会で唯一、2時間5分台を記録していた。2位は佐久長聖(長野)で、3位は九州学院(熊本)。

九州学院は昨年は2位、2年連続の表彰台です。来年は是非優勝して欲しいですね。

九州学院は福音ルーテル教会の学校です。駅伝のほか野球、サッカーなどでも全国大会に出場しています。

http://www.kyugaku.ed.jp/about/history.html
by urawalutheran | 2016-12-25 15:02

12月24日 燭火礼拝

12月24日 燭火礼拝_b0103594_03298.jpg


招  詞  イザヤ60:1~2
 起きよ、光を放て。あなたを照らす光は昇り、主の栄光はあなたの上に輝く。見よ、闇は地を覆い、暗黒が国々を包んでいる。しかし、あなたの上には主が輝き出で、主の栄光があなたの上に現れる。

前  奏 作曲 Luis Claude Daquin作曲 IX Noel, sur les Flutes

讃美歌       「荒野の果てに」        -33-

祝福の挨拶

キリエ

特別の祈り
この聖なる夜を真の光で照らされる全能の神さま。
私たちを、この地上でみ子の臨在の光のもとに歩ませ、終わりの日に、その栄光の輝きに目覚めさせてください。
あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

聖書朗読
第1朗読 イザヤ9章1~6 
第2朗読  テトス2章11~14 
讃 美 頌        詩編98編          
福音書      ルカによる福音書2章1~20   

讃美歌       「ああベツレヘムよ」      -28-
(讃美しながら各自のろうそくを灯す)

説  教  「愛してるよベイビー」   笠原光見牧師

讃美歌      「きよしこの夜」       - 37-

信仰告白 使徒信条

(各自のろうそくの灯を消す)
奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り
奏 楽  M. Corrette作曲 Joseph est bien marie

平和の挨拶
主の祈り
聖  書   ヨハネによる福音書3章16節

祝 福
讃美歌      「もろびとこぞりて」       - 25 –

後  奏 John P. Harding作曲  Brightest and best of the sons of the morning 
by urawalutheran | 2016-12-25 00:03 | 今週の礼拝
12月18日 待降節第四主日_b0103594_2045833.jpg

主 日 礼 拝 式 次 第
前  奏
初めの歌 「よろこべ主イエスは」      -3-
罪の告白とゆるしの言葉
キリエ/グロリア
主日「特別の祈り」
主キリストよ。
力を奮って来てください。私たちが祝いの日を迎えるとき、私たちの罪を取り除いて、永遠の喜びに仕えさせてください。
あなたは父と聖霊と共にひとりの神であって、今もまた、永遠に生きて治められます。アーメン

聖書朗読
第一朗読   サムエル上 2:1-10 
第二朗読   ローマ   2:17-29 
讃 美 頌        詩編101編          
福音書      ルカ福音書1:46-55   
み言葉の歌  「わが心は」         -14-

説  教  「讃美したくなる」 笠原光見牧師
ほとんどの人は、自分の身に予期せぬ困った出来事が起きたら不平不満を口にして、神も仏もあったものかというのではないでしょうか。そして、不安や恐れが心を支配していたら暗い気持ちになってふさぎ込み、神さまを讃美することなど到底できないように思います。マリアの身に起きた出来事は相当に大きな出来事です。普通であったなら悩み、苦しみ、不安でいっぱいの毎日を過ごすのではないかと思います。しかし、マリアは前向きに受け止め、自分の身に起きたことを喜び、幸いなものだと神さまを讃美するのです。人は自分のこと以上に大切なもの、自分のいのちよりも重要なものを見出すことができたなら、自分の身に降りかかる理不尽な出来事や、限りある自分のいのちに中にあっても希望を失うことなく、前向きに喜びをもって生きることができるのではないでしょうか。神さまが与えてくださったおなかの子のいのちはマリアのすべてとなり、彼女のいのち以上の価値あるもの、大切なもの、喜びであり幸せとなったのでしょう。マリアは歌います、「わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。身分の低い、この主のはしためにも目を留めてくださったからです」と。自分の身に起きていることのすべてが神さまのみ心であるという確信とマリアの信仰は、彼女の生きる世界を喜びと希望に満ちあふれさせ、色鮮やかなものにし、その口からは神さまへの讃美があふれ出ています。そして、自分に示された主の憐れみと深い愛とは、同じように身分の低い者や、飢えている人へと向けられるということの証しであると心にとめていたに違いありません。然り。主イエス・キリストは弱い立場にある人を深く憐み、愛されました。キリストはすべての人の救いのために来てくださったのです。ハレルヤ。

信仰告白        ニケア信条  
奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り 
聖餐の歌    「カルバリの十字架に」     -253-
序  詞
サンクトゥス
設定の言葉  
主の祈り
アグヌス・ディ
配  餐
聖餐の感謝 
派遣の部 
ヌンク・ディミティス
祝  福  
終わりの歌       「あなたをたたえ」     -歌集4番-

お知らせ
*12月24日(土)午後5時より燭火礼拝を行います。
*12月25日(日)降誕祭礼拝の中で、男性の特別賛美を予定しています。本日、礼拝後に練習を行います。
*12月25日(日)礼拝後、持ち寄り食事会を行います。みんなで一緒にクリスマスのお祝いをしましょう。プレゼント(500円程度)もご用意ください。
*古本・中古CD献金を行っています。名前や線、書き込みのある本は不可。古本・中古CDを教会にお持ちください。第3回締め切りは1月6日(金)です。重くて運べない方は、牧師までご連絡ください。
*冬期特別献金のお願いをしています。できるだけ今年中にお願いいたします。
*来年、1月1日(日)は通常通り主日礼拝を行います。
*来年、2月5日(日)に会員総会を行います。日程調整をお願いします。
*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。次回は1月5日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は12月27日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、1月28日(土)午後5時からです。

今週の笠原牧師スケジュール
18日(日) 待降節第四主日    
19日(月) 浦和ルーテル学院クリスマス礼拝
20日(火) 教会/牧師館
21日(水) 教会/牧師館
22日(木) 教会/牧師館 
23日(金) 教会/牧師館
24日(土) 主イエス・キリスト降誕聖夜燭火礼拝 17:00~

来週の礼拝予定
降誕祭礼拝2016年12月25日(午前10時半~12時) 
聖 書 イザヤ52:7-10、ヘブライ1:1-9、ヨハネ1:1-14
讃美頌 詩編98編
讃美歌 33、27、30、262(聖餐)、26
説 教 「どうしても伝えたくて」
説教者 笠原光見牧師
by urawalutheran | 2016-12-17 22:13 | 今週の礼拝
12月11日 待降節第三主日_b0103594_23214687.jpg

主日の礼拝式次第
前  奏 J.S.Bach作曲 Nun Komm der Heiden Heiland

初めの歌 「きたりませ主よ」       -5-
罪の告白とゆるしの言葉
キリエ/グロリア
主日「特別の祈り」
全能の神さま。
あなたは洗礼者ヨハネによって、み子の来臨を告げ、その道を備えられました。
私たちにご計画を悟る知恵と、み旨を聞く耳を与えてください。そして、キリストの来臨を語り伝え、その道を備える者にしてください。
あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

聖書朗読
第一朗読   イザヤ 7:10-14 
第二朗読   ローマ 1:1-7 
讃 美 頌        詩編24編          
福音書      マタイ福音書1:18-23   
み言葉の歌  「父なる神の」        -60-

説  教  「意志」 笠原光見牧師
もしも、自分がヨセフさんだったら突きつけられた現実に耐えられないかもしれないと思ってしまう聖書箇所です。全く身に覚えがなく婚約者が妊娠しているということを知ったヨセフはひそかに縁を切ろうとします。正しい人といわれるヨセフは、ユダヤの律法を守ることができなかった婚約者の行為を、つまり姦淫しただろうことを赦すことはできなかった。マリアが何といっても信じられないでしょうし、一緒になったとしても、生まれてくる子どもを愛することができないんじゃないかという恐れが心を支配していたに違いありません。それに、家族が世間の目を気にして暮らしていくことの辛さも考えたことでしょう。縁を切ることを決心したヨセフに神さまはみ使いを通して語られます、「恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである」と。この神さまの言葉がヨセフの不安や恐れを打ち砕き、信じて生きる勇気と力を与えたのです。マリアや他の人の言葉は信じることができなかったかもしれない、しかし、神の言葉がヨセフに語られヨセフの心を動かした。そして、神が語られた言葉を信じ、マリアが律法を破ったのではなく、聖霊がマリアの胎に男の子を身ごもらせたことを受け入れた。ヨセフもマリアもこの先何が起ころうとも恐れを克服しつつ前進する。なぜならば神の言葉を聞き、神の意志を確かに受け止めたから。神の意志とは、インマヌエル「神は我々と共におられる」ということ。マリアの胎の子は神さまの意志そのもの。イエスさまの誕生は神さまの意志表明、つまり、神さまは私たちと共におられます。信じて恐れを克服して生きたい。
信仰告白 使徒信条

奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り
奏 楽 Samuel Scheit作曲 O Jesulein sues
聖餐の歌  「つくられしものよ」      -250-
序 詞
サンクトゥス
設定の言葉
主の祈り
アグヌス・デイ
配 餐
聖餐の感謝
奏 楽 Dietrich Buxutehude作曲 In Dulci Jubilo
派遣の部
ヌンク・ディミティス
祝 福
終わりの歌  「わがゆくみち」      -416-
後 奏  Heinrich Scheidemann作曲 Magnificat V. Toni
   
お知らせ
*本日礼拝後、役員会を行います。役員の方は出席をしてください。
*12月25日(日)降誕祭礼拝の中で、男性の特別賛美を予定しています。練習は毎週礼拝後に行います。男性の方々、ご協力をお願いします。
*12月25日(日)礼拝後、持ち寄り食事会を予定しています。みんなで一緒にクリスマスのお祝いをしましょう。プレゼント(500円程度)もご用意ください。
*古本・中古CD献金を行っています。名前や線、書き込みのある本は不可。古本・中古CDを教会にお持ちください。第3回締め切りは1月6日(金)です。重くて運べない方は、牧師までご連絡ください。
*冬期特別献金のお願いをしています。できるだけ今年中にお願いいたします。
*来年、1月1日(日)は通常通り主日礼拝を行います。
*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。次回は12月15日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は12月13日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、1月28日(土)午後5時からです

今週の笠原牧師スケジュール
11日(日) 待降節第三主日 役員会   
12日(月) 教会/牧師館
13日(火) 夕礼拝
14日(水) 教会/牧師館
15日(木) 聖書に親しむ会 教会/牧師館 
16日(金) 教会/牧師館
17日(土) 浦和ルーテル学院 クリスマスハーモニー

来週の礼拝予定
待降節第四主日礼拝2016年12月18日(午前10時半~12時) 
聖 書 サムエル上2:1-10、ローマ2:17-29、ルカ1:46-55
讃美頌 詩編101編
讃美歌 3、14、253(聖餐)、あなたをたたえ
説 教 「讃美したくなる」
説教者 笠原光見牧師
by urawalutheran | 2016-12-11 00:21 | 今週の礼拝

クリスマス

浦和ルーテル教会 
クリスマス礼拝案内

クリスマス_b0103594_9295634.jpg

by urawalutheran | 2016-12-07 09:43 | 教会ホーム

アクセス

アクセス_b0103594_936644.png
JR北浦和駅より徒歩17分  駒場保育園の向かい


JR北浦和駅東口よりバス 市営グランド経由浦和行き 
前耕地下車 徒歩3分

アクセス_b0103594_21374496.jpg














by urawalutheran | 2016-12-07 09:41 | アクセス
みなさんご存じのルターの肖像画を描いたのがドイツルネッサンスの巨匠ルカス・クラーナハ(父)です。
クラーナハ展 500年の誘惑_b0103594_1132887.jpg

クラーナハは人気作家で工房で大勢の弟子と共にたくさんの作品を描き、お金持ちになり、ルターのドイツ語訳聖書の出版に出資したり、ルター夫妻の肖像画を沢山描き、司祭の妻帯をはじめとする宗教改革の理念の普及に貢献したそうです。

2017年1月15日まで上野の国立西洋美術館で開催中です。
by urawalutheran | 2016-12-05 01:55 | ルーテル教会とは
待降節第二主日礼拝2016年12月4日_b0103594_214620.jpg


開会の部

前  奏 

み名による祝福
司)父と子と聖霊のみ名によって。
会) アーメン
司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。
会)またあなたとともに。

讃美歌 「主はわがのぞみ」   4番

罪の告白と赦し
司)私たちは神さまの教えを守らず、神さまや周りのみんなを悲しませることをたくさんしてしまいました。
会)神さま、私たちを憐れんでください。
司)神さまは私たちのために、愛するひとり子イエスさまをこの世界にお与えくださり、イエスさまが十字架にかかって死ぬことによって、私たちの罪をゆるしてくださいました。
会)神さま、私たちを赦してださりありがとうございます。
司)神さまはイエスさまを死者の中から新しい命に復活させられ、私たちにも新しい命、永遠の命を与えてくださいます。
会)神さま、私たちを愛してくださることを、心から感謝し
ます。アーメン

特別の祈り

みことばの部
聖書朗読
聖 書 イザヤ11:1-10、ローマ15:4-13、マタイ3:1-12
讃美頌 詩編72編

説 教 「愛を叫ぶ」

讃美歌  「心まよいゆくをやめて」   298番

信仰告白使徒信条

説 教 「愛に生きる」
説教者 笠原光見牧師

奉献の部
奉献(献金)
奉献の祈り
憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入(い)れてください。
あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

教会の祈り

聖餐の部
聖餐の歌    253番

平和の挨拶 (起立)
司)主の平和がみなさんとともにあるように
会)また、あなたとともに。

聖餐の制定
司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り
全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部
讃美歌    「すべてにまさって」

祝 福
後 奏

今週の笠原牧師スケジュール
4日(日)  待降節第二主日
5日(月)  外出
6日(火) 教会/牧師館 訪問
7日(水) 教会/牧師館 
8日(木)  教会/牧師館
9日(金)  議長と打ち合わせ
10日(土) 教会/牧師館


来週の礼拝予定
待降節第三主日礼拝 2016年12月11日(午前10時半~12時) 
聖 書 イザヤ7:10-14、ローマ1:1-7、マタイ1:18-23
讃美頌 詩編24編
讃美歌 5、60、250(聖餐)、416
説 教 「意志」
説教者 笠原光見 牧師

お知らせ
*12月9日(金)午後6時20分から、さいたま市民クリスマスがさいたま市民会館で行われます。浦和ルーテル学院の聖歌隊も出演します。チケットの申し込みは牧師まで。
*12月25日(日)降誕祭礼拝の中で、男性の特別賛美を予定しています。練習は本日から礼拝後に行います。男性の方々、ご協力をお願いします。
*12月25日(日)礼拝後、持ち寄り食事会を予定しています。みんなで一緒にクリスマスのお祝いをしましょう。プレゼント(500円程度)もご用意ください。
*古本・中古CD献金を行っています。名前や線、書き込みのある本は不可。古本・中古CDを教会にお持ちください。第3回締め切りは1月6日(金)です。重くて運べない方は、牧師までご連絡ください。
*来年、1月1日(日)は通常通り主日礼拝を行います。
*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。次回は12月15日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は12月13日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、1月28日(土)午後5時からです。
by urawalutheran | 2016-12-04 02:35 | 今週の礼拝