人気ブログランキング |

<   2017年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

主日の礼拝式次第
前  奏 

初めの歌 「栄に輝く」         -277-
罪の告白とゆるしの言葉
キリエ/グロリア
主日「特別の祈り」
全能の神さま。
あなたは権威をもって、み国の到来を告げ、教えるために、み子を遣わされました。悩む人によい知らせを、悲しむ人に慰めを、囚われている人に自由を伝えるために、み霊の力を注いでください。み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

聖書朗読
第一朗読   イザヤ  43:10-13   
第二朗読   Ⅰコリント 1:26-31 
讃 美 頌        詩編1編         
福音書     マタイ福音書4:18-25   
み言葉の歌  「主よ終わりまで」       -394-
説  教  「安心安定」   笠原光見牧師
普通なら何かを習おう、従おうとする側の人がこの人だと思う教師や親方や師匠を見つけ出し、お願いして弟子にしてもらうでしょう。しかしイエスさまは違いました。自分から近づき、呼びかけて自分のもとへと招かれるのです。イエスさまが、これから御国の福音を宣べ伝えるために一緒に旅していこうと、最初の弟子として声をかけられたのは、知識が豊富であるとか、家柄がいいというような人ではなく漁師たちでした。イエスさまは漁師たちに言います、「わたしについて来なさい」と。とても自信に満ちた力強い言葉です。漁師たちは自分たちに向けられたイエスさまのまっすぐに見つめる慈しみに満ちた眼差しと、力と霊に満ちた言葉によって、従おうと決心したのではないでしょうか。イエスさまに従うことで明日に希望を見出すことができたのではないでしょうか。イエスさまは弟子たちと一緒に力強く福音宣教し始めます。明日に希望を見出せないような境遇にあった人々がイエスさまに出会うことで希望を見出し、多くの人々がイエスさまに従うようになりました。イエスさまがすべての人に示された神さまは、どんな人にも愛のまなざしを向けていて、いつも呼びかけ、共にいることを願い、共に生きることへと招いておられます。どんな人の人生も平坦なものではありません。時に辛くてうずくまるようなことがあったり、重荷を背負ったりするとき、私たちの前におられるイエス・キリストが支えてくださる。「わたしについて来なさい」と言われた主イエス・キリストを信じて、主に従い、主と共にいつまでも生きていきましょう。

信仰告白 使徒信条
――― 洗礼志願者祝福式 ―――
奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り
奏 楽 
聖餐の歌 「主イエス・キリストよ」    -260-
序詞
サンクトゥス
設定の言葉
主の祈り
アグヌス・デイ
配 餐
聖餐の感謝

派遣の部
ヌンク・ディミティス
祝 福
終わりの歌 「鹿のように」      -歌集12番-
後 奏  
   
お知らせ
古本・中古CD献金を行っています。名前や線、書き込みのある本は不可。古本・中古CDを教会にお持ちください。
 第4回締め切りは2月10日(金)です。重くて運べない方は、牧師までご連絡ください。
*2月5日(日)に会員総会を行います。総会案内をご確認の上、日程調整をお願いいたします。
*役員就任式を2月19日(日)の礼拝の中で行います。役員の方は予定に入れてください。

*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。次回は2月2日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は2月14日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、3月11日(土)午後5時からです。

今週の笠原牧師スケジュール
29日(日) 顕現節第四主日 
30日(月) 浦和ルーテル学院聖書会
31日(火) 教会/牧師館
2/1日(水) 教会/牧師館
2日(木) 聖書に親しむ会
3日(金) 教会/牧師館
4日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定
顕現節第五主日礼拝2017年2月5日(午前10時半~12時) 
聖 書 イザヤ58:1-10、Ⅰコリント2:1-5、マタイ5:13-16
讃美頌 詩編112編
讃美歌 298、398、262(聖餐)、「真昼のように」
1月29日 顕現節第四主日_b0103594_1131946.jpg

by urawalutheran | 2017-01-28 11:23 | 今週の礼拝
1月22日 顕現節第三主日_b0103594_231444.jpg


主日の礼拝式次第
前  奏 J. S. Bach作曲Liebster Jesu, wir sind hier 愛するイエスよ我ここにあり

初めの歌 「主は来ませり」        -56-罪の告白とゆるしの言葉
キリエ/グロリア
主日「特別の祈り」
主なる神さま。
あなたはみ子によって、多くの人々を信仰に導き、栄光を顕されました。私たちにも信仰の賜物を与え、み子のように、すべての人々に、喜びを伝えることができるようにしてください。
み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

聖書朗読
第一朗読   アモス   3:1-8   
第二朗読   Ⅰコリント 1:10-17 
讃 美 頌        詩編27編          
福音書     マタイ福音書4:12-17   
み言葉の歌  「ガリラヤの風」        -290-
説  教  「光射す方へ」   笠原光見牧師
洗礼者ヨハネが時の権力者によって捕らえられたというニュースは人々の心を曇らせ、悲しませたに違いありません。いつの時代でも弱いもの小さい者は、力あるもの大きい者たちの権力によって圧迫され、自由を奪われています。暗雲立ち込める人々の心に輝く光を届けたのがイエスさまです。イエスさまはヨハネが言った言葉と同じことを恐れることなく大胆に宣言します「悔い改めよ。天の国は近づいた」と。この世界の権力者や支配者の罪や悪によってもたらされる漆黒の闇に、消えることも変わることもない永遠の光をもたらすのは、天と地とすべてのものの源であり、永遠、無限の神さましかおられないでしょう。イエスさまはそのことをはっきりとこの世界に示されます。神さまのみ言葉、そこに込められた愛と希望の光は、この世の何ものにも捕らえることも消すこともできません。たとえそれが死であってもです。キリストはこの世界の抱える闇と、すべての人が心の奥に抱えている闇と、人々が怯える死の陰に差し込む希望の光としてこの世に来られました。イエスさまはいいます、「悔い改めよ。天の国は近づいた!」と。私たちはもうこの世界のもたらす闇に怯える必要はありません。神さまが与えられたキリストの光を見つめて、信じて生きましょう。

信仰告白 使徒信条

奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り
奏 楽  

聖餐の歌 「すがたは見えねど」      -256-
サンクトゥス
設定の言葉
主の祈り
アグヌス・デイ
配 餐
奏 楽 Johannes Brahms作曲 Schmücke dich o liebe Seele 装いせよ わが魂よ
聖餐の感謝

派遣の部
ヌンク・ディミティス
祝 福
終わりの歌 「シオンよいそぎ伝えよ」    -285-
後 奏  
  
お知らせ
古本・中古CD献金を行っています。名前や線、書き込みのある本は不可。古本・中古CDを教会にお持ちください。
 第4回締め切りは2月10日(金)です。重くて運べない方は、牧師までご連絡ください。
*冬期特別献金のお願いをしています。ご協力お願いいたします。
*2月5日(日)に会員総会を行います。総会案内をご確認の上、日程調整をお願いいたします。

*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。次回は2月2日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は1月24日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、1月28日(土)午後5時からです。

今週の笠原牧師スケジュール
22日(日) 顕現節第三主日 
23日(月) 外出
24日(火) 徳善先生講演会/洗礼準備/夕礼拝 
25日(水) 教会/牧師館
26日(木) Music Ark練習
27日(金) 教会/牧師館
28日(土) Music Ark


来週の礼拝予定
顕現節第四主日礼拝2017年1月29日(午前10時半~12時) 
聖 書 イザヤ43:10-13、Ⅰコリント1:26-31、マタイ4:18-25
讃美頌 詩編1編
讃美歌 277、394、260(聖餐)、「鹿のように」
説 教 「安心安定」
説教者 笠原光見牧師
by urawalutheran | 2017-01-21 12:08 | 今週の礼拝

夕礼拝

1月の夕礼拝
1月24日(火)午後7:30~8:30

浦和ルーテル教会では
毎月第二、第四火曜日 午後7:30~
夕礼拝を執り行っています。

どなたでも参加いただけます。
日曜日に来ることができないという方、
是非夕礼拝にお越しください。

駐車場有。
母子室有。


by urawalutheran | 2017-01-17 14:26 | 教会ホーム
1月15日 顕現節第二主日_b0103594_16554854.jpg


主日の礼拝式次第
前  奏 J. G. Walther 作曲 ふるき年はゆきぬ

初めの歌 「父なる神の」         -60-
罪の告白とゆるしの言葉
キリエ/グロリア
主日「特別の祈り」
天の父なる神さま。あなたはヨルダン川でイエス・キリストに聖霊を注いで「わたしの愛する子」と言われました。み名による洗礼によって、あなたの子どもとされた私たちがみ心に従って歩み、永遠の命を受ける者となるようにしてください。あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生(い)きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

聖書朗読
第一朗読   イザヤ  42:1-7  
第二朗読   使徒書  10:34-38 
讃 美 頌        詩編45編          
福音書     マタイ福音書3:13-17   
み言葉の歌  「しあわせなことよ」      -320-

説  教  「等しくなる」  笠原光見牧師
罪もなく、悔い改める必要のないイエスさまは、悔い改めの洗礼を受け、すべての人と等しくなることで、すべての人にどうしても伝えたいことがありました。それは「あなたは神さまの子なんだよ」ということです。そして「神さまに愛されている」、「神さまはあなたという存在を喜んでいる」ということを伝えたかったのです。人は清く正しく美しく生きなければ神さまには受け入れられない、神さまには認められる存在にはなれないと思っていました。しかし、違うのです。神さまの恵みは限りなく。神さまの愛は無条件の愛です。完璧な人はいません。みんな弱さがあり、欠けもあり、ずるいところもあったり、だらしないところがあったりするでしょう。神さまはそのままのあなたを愛し、ありのままのあなたという存在を喜んでいるのです。神さまはイエス・キリストのいのちを通して私たちにどうしても伝えたかった、「あなたは神の子、わたしの子なのだよ」ということを。そのためにキリストは私たちと等しいものとなり、罪なきキリストは十字架にもかかられたのです。神さまはご自身の子どもとしてイエスさまと等しくあなたを限りなく無条件に愛しておられます。

信仰告白 使徒信条

奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り
奏 楽  V.C.Taylor 作曲  すべしらす神よ (教団讃美歌414)

聖餐の歌  「つかれしものに」      -254-
序 詞
サンクトゥス
設定の言葉
主の祈り
アグヌス・デイ
配 餐
聖餐の感謝
奏 楽 J. S. Bach 作曲 Wenn wir in hoechsten Noeten

派遣の部
ヌンク・ディミティス
祝 福
終わりの歌 「主イエスの血しおと」    -317-
後 奏  鳥居 忠五郎 作曲 初日(はつひ) (教団讃美歌414)
   
お知らせ
*本日礼拝後、婦人会を行います。今年の春の婦人のつどいは浦和教会で行われます。打ち合わせと今後の予定の確認をしますので、出来る限り参加をお願いします。また本日、役員会を行います。
*古本・中古CD献金を行っています。名前や線、書き込みのある本は不可。古本・中古CDを教会にお持ちください。第4回締め切りは2月10日(金)です。重くて運べない方は、牧師までご連絡ください。
*冬期特別献金のお願いをしています。ご協力お願いいたします。
*2月5日(日)に会員総会を行います。総会案内をご確認ください。

*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。次回は1月19日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は1月24日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、1月28日(土)午後5時からです。

今週の笠原牧師スケジュール
15日(日) 主の洗礼日主日 役員会
16日(月) 外出
17日(火) 教会/牧師館
18日(水) 教会/牧師館
19日(木) 聖書に親しむ会/CGNTV収録/MusicArk練習
20日(金) 議長と打ち合わせ
21日(土) 信徒塾

来週の礼拝予定
顕現節第三主日礼拝2017年1月22日(午前10時半~12時) 
聖 書 アモス3:1-8、Ⅰコリント1:10-17、マタイ4:12-17
讃美頌 詩編27編
讃美歌 56、290、256(聖餐)、285
説 教 「光指す方へ」
説教者 笠原光見牧師
by urawalutheran | 2017-01-14 17:10 | 今週の礼拝

1月8日 顕現主日

1月8日 顕現主日_b0103594_22383538.jpg

主日の礼拝式次第
前  奏 

初めの歌 「東の星かがやきて」       -54-
罪の告白とゆるしの言葉
キリエ/グロリア
主日「特別の祈り」
主なる神さま。
あなたはこの日、星の導きにより、すべての民にみ子を示されました。今、信仰によって歩む私たちが、あなたの臨在を知り、終わりの日に、栄光の主を仰ぐことができるように導いてください。
あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

聖書朗読
第一朗読   イザヤ  60:1-6 
第二朗読   エフェソ  3:1-7 
讃 美 頌        詩編72編          
福音書      マタイ福音書2:1-12  
み言葉の歌  「カルバリの十字架に」     -253-

説  教  「いっしょに喜ぼう」 笠原光見牧師
神さまは光り輝く星をもって人々をイエス・キリストのもとに導こうとされました。東の国の占星術の学者たち、エルサレムの人々も民の祭司長、律法学者、そしてヘロデ王も。しかし、異邦人である占星術の学者たち以外はイエスさまのもとへと行こうとはしなかった、拝みに行こうとはしなかったのです。聖書は言います、イエス・キリストのもとでは人々の心に喜びがあふれていたということ、しかし反対にヘロデ王のもとには不安があふれていたということを。ヘロデ王のもとには権力や地位や名誉にしがみ付こうとする人々のエゴと欲望が渦巻いています。果たしてそのようなところに喜びや平安が生まれるでしょうか。否、そのような社会では不安や恐れ、絶望が人々の心を支配するようになるのです。イエスさまのもとには大きな喜びがありました。神さまが弱さと貧しさを持つ人となるというへりくだりの姿、幼子イエスを抱いている母マリアの愛、学者たちが幼子イエスさまを伏し拝み、尊び敬う姿の中には恐れも不安もありません。私たちがヘロデ王のように振る舞い生きるなら、喜びにあふれる社会は期待できないでしょう。そこには恐れや不安、絶望しか生まれてこないのではないでしょうか。神さまがこの世界に、私たちに与えてくださったイエス・キリストのように振る舞い生きるなら、そこには必ず喜びがあふれ、人々の心に平安と希望とが生まれるに違いありません。私たちの主イエス・キリストは弱い立場の人、貧しい人、罪人といわれる者に対して膝を曲げて同じ目線になることを厭うことなく、積極的に寄り添い、思いやり、愛されたのです。神さまは異邦人でもヘロデ王でも、すべての人がキリストのもとで共に喜び、共に生きていくことを望んでおられるのです。

信仰告白 使徒信条

奉献(献金)と奉献唱
奉献の祈り/教会の祈り

聖餐の歌  「カルバリの十字架に」     -253-
序 詞
サンクトゥス
設定の言葉
主の祈り
アグヌス・デイ
配 餐
聖餐の感謝

ヌンク・ディミティス
祝 福
終わりの歌  「その日全世界が」    -歌集18番-
後 奏  
   
お知らせ
本日礼拝後、クリスマスの飾りの片付けを行います。ご協力お願いします。
*1月15日(日)、婦人会を行います。今年の春の婦人のつどいは浦和教会で行われます。打ち合わせと今後の予定の確認をしますので、礼拝後お集まりください。
*1月15日(日)役員会を行います。
*古本・中古CD献金を行っています。名前や線、書き込みのある本は不可。古本・中古CDを教会にお持ちください。第4回締め切りは2月10日(金)です。重くて運べない方は、牧師までご連絡ください。
*冬期特別献金のお願いをしています。ご協力お願いいたします。
*2月5日(日)に会員総会を行います。日程調整をお願いします。
*毎月第1日曜日は式文を使わない礼拝を行っています。聖餐式は通常通り行います。
*毎月第1・3木曜日午前10時30分より教会で「聖書に親しむ会」を行っています。次回は1月19日(木)になります。
*毎月第2・4(火)午後7時30分より夕礼拝を行います。
次回は1月10日(火)午後7時30分から。日曜日に礼拝に来られない方、夕礼拝にいらしてください。
*次回ミュージックアークは、1月28日(土)午後5時からです。

今週の笠原牧師スケジュール
8日(日) 顕現主日 クリスマス飾り片付け
9日(月) 外出
10日(火) 教会/牧師館
11日(水) 教会/牧師館
12日(木) 教会/牧師館 
13日(金) 牧会研究会
14日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定
待降節第四主日礼拝2016年12月18日(午前10時半~12時) 
聖 書 サムエル上2:1-10、ローマ2:17-29、ルカ1:46-55
讃美頌 詩編101編
讃美歌 3、14、253(聖餐)、あなたをたたえ
説 教 「讃美したくなる」
説教者 笠原光見牧師
by urawalutheran | 2017-01-07 14:35 | 今週の礼拝