人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

4月28日 復活後第一主日

【開会の部】

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。 

) アーメン

司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。 

会)またあなたとともに。

讃  美    「真昼のように」     -歌集13番-

        Foot Prints」      -歌集10番-

罪の告白と赦し

司)父なる全能の神よ。

  全員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことばと行いとによって、多くの罪を犯しました。私たちはみ前に罪をざんげし、父なる神の限りないあわれみにより頼みます。

  司)あわれみ深い神よ。

  全員)み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪をゆるしてください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  全員)アーメン

特別の祈り

全能の神さま。

主の復活を喜び祝っている私たちを助け、すべての言葉と行ないによって、復活の力を伝えさせてください。

あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生()きて治(おさ)められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

【みことばの部】

聖書朗読

   ルカ福音書24:13-35      新160頁

説  教        「旅は道連れ」      笠原光見牧師

失意や絶望、不信や不安の中にある人の顔は暗く沈んでいることが多いです。人生の中に希望、信頼、平安を見出すことができたなら明るさを取り戻すことができるはずです。人生の旅路をいつまでも共にいて歩んでくれる存在がいてくれたなら、心に明るさを保ちながら最後まで歩きとおすことができるのではないでしょうか。深い絶望の中で暗い顔をしながらエルサレムからエマオという村に向かう二人の弟子の姿があります。イエスさまの十字架の死に関わる出来事を見聞きした彼らの心は、絶望の深い闇に覆われます。裏切りがあり、人の妬み憎しみがあり、蔑みと嘲りがあり、暴力と殺人がありました。人間のもつ冷酷さや残酷さによって理想も期待も信頼も希望も音を立てて壊れてしまった。誰にも何にも、信頼も希望もおくことのできない不信と絶望の現実を生きていくことは、辛く苦しいことでしょう。二人の弟子は、大きな理想を描いたエルサレムから、そして弟子の群れから離れて行くのです。復活の主イエスは、暗く沈みこんでいる二人の弟子に対して、まるで何もなかったかのようにイエスさまから近づき、イエスさまから声を掛け、みことばを説き明かし、要求に応え、共に食事をされます。途方に暮れていた弟子たちの心を覆う不信と絶望の闇にキリストの愛と、ゆるしと、希望の光が射しこむのです。復活の主イエス・キリストから神さまの限りない愛とゆるしと、永遠のいのちとが示された弟子たちの心は、絶望から希望へ、不信から信頼へ、不安から平安へと変えられたのです。復活の主から希望と信頼と平安を得た弟子たちは、絶望と不信と不安しかなかったエルサレムへと戻るのです。そのときの彼らの表情は明るく晴れやかなものであったに違いありません。復活の主イエス・キリストがいつも共にいてくださるという希望と信頼と平安とは私たちの心に明るさを保ち続けて、前向きに人生の旅路を歩むことができるでしょう。

讃  美     「イエス神の子羊よ」   -歌集15番-

信仰告白       使徒信条

天地の造り主、全能の父である神を私は信じます。

そのひとり子、私たちの主イエス・キリストを私は信じます。主は聖霊によってやどり、おとめマリアから生まれ、ポンティオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、死んで葬られ、陰府に下り、三日目に死人のうちから復活し、天に上られました。そして全能の父である神の右に座し、そこから来て、生きている人と死んだ人とをさばかれます。聖霊を私は信じます。また聖なる公同の教会、聖徒の交わり、罪の赦し、からだの復活、永遠のいのちを信じます。 アーメン

【奉献の部】

奉献(献金)  

奉献の祈り 

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

教会の祈り                    

(各々の祈り・代表者の祈り)

       

【聖餐の部】

聖餐の歌        「キミは愛されるため生まれた」 -歌集2番-

聖餐の設定

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。 会)アーメン

主の祈り

天の父よ。み名があがめられますように。み国が来ますように。

み心が天で行われるように、地上でも行われますように。

私たちに今日もこの日の糧をお与えください。私たちに罪を犯した者を赦しましたから 私たちの犯した罪をお赦しください。私たちを誘惑から導き出して、悪からお救いください。

み国も力も栄光もとこしえにあなたのものだからです。

アーメン

平和の挨拶 *前後左右の方と「主の平和」と挨拶を交わしましょう。

聖餐と祝福

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

【派遣の部】

讃美歌       「いのちの光」       歌集34番

「イエスが愛したように」   歌集33番

祝  福 (起立

主があなたを祝福し、あなたを守られるように。

主がみ顔をもってあなたを照らし、あなたを恵まれるように。

主がみ顔をあなたに向け、あなたに平安を賜るように。

父と子と聖霊のみ名によって

アーメン・アーメン・アーメン

後  奏

お知らせ

55日(日)礼拝後、役員会を開きます。役員の方はよろしくお願いいたします。

512日(日)この日の礼拝説教は柴田千頭男先生にお願いしてあります。午後から昨年教団から発行された「わたしたちの愛する日本ルーテル教団のなりたち」についての講演をしていただきます。みなさま振るってご参加ください。

*5月19日(日)男うどんランチの予定。差し入れ大歓迎です。

525日(土)関東地区女性の会が鵠沼教会で開かれます。女性の会といっていますが男性も参加できます。

4月から笠原牧師は飯能ルーテル教会の責任教職となり、月に一回、主日礼拝を飯能教会で奉仕することになります。これから月に一回、笠原牧師不在の礼拝となりますが、信徒説教、信徒の証や外部教職にお願いして礼拝を守っていきたいと思います。みなさまどうぞご理解とご協力、そしてお祈りをお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切430日です。

*浦和ルーテル教会のフェイスブックとインスタグラムを始めまし

た!みなさまフォローとシェアよろしくお願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は5月16日(木)です。

*「夕礼拝」次回は5月14日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は5月25日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

28日(日) 讃美礼拝 

29日(月) 休み

30日(火)  ↓

5/1日(水)

2日(木)  ↓

3日(金)  ↓

4日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

復活後第二主日礼拝 201955日 

聖 書 ルカ24:36-43

讃美頌 

讃美歌 歌集3、歌集17、歌集39(聖餐)、歌集20

説 教 「平和があるように」

説教者 笠原光見牧師


by urawalutheran | 2019-04-28 17:32 | 今週の礼拝

主の復活祭式次第

前  奏  

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。

  会)アーメン

司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。

  会)またあなたとともに。

はじめのことば

司)主イエス・キリストは復活なさいました。

  会)ほんとうに復活(ふっかつ)なさいました。

司)主の復活を喜び祝います。

  会)いのちの主(しゅ)を讃美(さんび)します。ハレルヤ!

讃美歌 「救いの主は」  -90-

罪の告白とゆるし

司)わたしたちは神さまの教えを守らず、神さまや周りのみんなを悲しませることをたくさんしてしまいました。

会)神さま、わたしたちをあわれんでください。

司)神さまは私たちのために、愛するひとり子イエスさまをこの世界にお与えくださり、イエスさまが十字架にかかって死ぬことによって、私たちの罪をゆるしてくださいました。

会)神さま、わたしたちをおゆるしくださりありがとうございます。

司)神さまはイエスさまを死者の中から新しい命に復活させられ、私たちにも新しい命、永遠の命を与えてくださいます。

会)神さま、私たちを愛してくださることを、心から感謝し

ます。アーメン。

特別の祈り (全員)

御独り子イエスによって死を征服し、永遠の生命の門を開かれた全能の神さま。み霊の息吹によって私たちを新しくし、私たちの思いと行ないのすべてを祝福してください。あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

聖書朗読

1朗読 出エジプト記15: 1~ 11(旧117)

讃美頌     詩編118編

2朗読  コリントの信徒への手紙Ⅰ15:1~28(31)    

ハレルヤ

司)ハレルヤ、主イエス・キリストは復活なさいました。

   会)ほんとうに復活(ふっかつ)なさいました。ハレルヤ、ハレルヤ

福音書  ルカによる福音書24: 1 12(新159

み言葉の歌    「天なる神には」       -27-

説  教     「あなたの心に光あれ」   笠原光見牧師

歌      「よみがえりの日」   95‐

信仰の告白       

司)命の源でおられる神さま あなたは わたしのつくり主です。

会)わたしはあなたを信じます。

司)イエスさま あなたを わたしの救い主と告白します。

会)わたしはあなたを信じます。

司)聖霊なる神さま あなたは わたしの慰め主です。

会)わたしはあなたを信じます。

司)父と子と聖霊のただひとりの神さま わたしはあなたを信じます。

会)あなたこそ わたしの神 わたしの主です アーメン       

洗 礼 式

堅 信 式

献 金

教会の祈り 

聖餐の歌      「主の食卓を囲み」   - 81-(讃21

平和の挨拶(起立)

司)主の平和がみなさんとともにあるように

会)また、あなたとともに。

聖餐の制定

私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。会)アーメン

主の祈り(全員)

聖餐と祝福

聖餐の感謝の祈り 〈起立〉

全員)全能の神よ、この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに ただ一人の神であり、永遠に生きて治められるみ子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

歌       「主われを愛す」  ‐484‐(讃21

祝  福

主があなたを祝福し、あなたを守られるように。

主がみ顔をもってあなたを照らし、あなたを恵まれるように。

主がみ顔をあなたに向け、あなたに平安を賜るように。

父と子と聖霊のみ名によって

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏  

   

お知らせ

512日(日)この日の礼拝説教は柴田千頭男先生にお願いしてあります。午後から昨年教団から発行された「わたしたちの愛する日本ルーテル教団のなりたち」についての講演をしていただきます。みなさま振るってご参加ください。

*5月19日(日)男うどんランチの予定。差し入れ大歓迎です。

4月から笠原牧師は飯能ルーテル教会の責任教職となり、月に一回、主日礼拝を飯能教会で奉仕することになります。これから月に一回、笠原牧師不在の礼拝となりますが、信徒説教、信徒の証や外部教職にお願いして礼拝を守っていきたいと思います。みなさまどうぞご理解とご協力、そしてお祈りをお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切430日です。

*浦和ルーテル教会のフェイスブックとインスタグラムを始めまし

た!みなさまフォローと拡散よろしくお願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は5月16日(木)です。

*「夕礼拝」次回は4月23日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は5月25日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

21日(日) 復活祭礼拝 祝会

22日(月) ULSイースター礼拝

23日(火) 夕礼拝

24日(水) 教会だより編集委員会 地区役員会 

25日(木) ULS聖書会 讃美練習

26日(金) YMCAギター講師

27日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

復活後 讃美礼拝 2019年4月28日 

聖 書 ルカ24:13-35

讃美歌 真昼のように、Foot Prints、この道はひとつ、イエス神の子羊(聖餐)、いのちの光、イエスが愛したように

説 教 「旅は道連れ」

説教者 笠原光見牧師


by urawalutheran | 2019-04-23 15:06 | 夕礼拝

開会の部

前  奏 バッハ作曲 おお人よ汝の罪の大いなるを嘆け

讃美歌    「とうとき主イエスの」 -71-

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。

) アーメン

罪の告白

司)父なる全能の神よ。

全員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことばと行いとによって、多くの罪を犯しました。私たちはみ前に罪をざんげし、父なる神の限りないあわれみにより頼みます。

司)あわれみ深い神よ。

全員)み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪をゆるしてください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  全員)アーメン

みことばの部

書  ルカ福音書20:9-19      新149頁

説  教         笠原光見牧師

讃美歌          

信仰告白      使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

奉献の祈り

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入()れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

祈りのとき

奏楽 バッハ作曲 草木も人もねむりにおちて

聖餐の部

設定のことば

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。会)アーメン

主の祈り

平和の挨拶 (起立)

主の平和がみなさんとともにあるように

配餐

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部

讃美歌      「イエスきみは恵の主」    -339-

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏  J.G.ワルター作曲 血しおしたたる主のみかしら


414日(日)礼拝後、役員会を行います。役員の方は予定に入れておいてください。

419日(金)19時半から、聖金曜日の礼拝をおこないます。キリストが受けた苦しみをしっかりと受け止める礼拝です。

421日(日)復活祭(イースター)礼拝です。イースターはキリスト教会の一大イベントです。今年も多くの方々と一緒に復活の恵みに与り、共に喜びお祝いしましょう。礼拝後には持ち寄りでの祝会を行います。


*「夕礼拝」次回は4月23日(火)午後7時半から。

今週の笠原牧師スケジュール

9日(火) ULS入学式

10日(水)教会/牧師館

11日(木)教会/牧師館

12日(金) YMCAギター講師

13日(土)教会/牧師館

14日(日)枝の主日礼拝 役員会

19日(金) 聖金曜日礼拝 19時半

来週の礼拝予定

枝の主日礼拝2019414日 

聖 書 ゼカリヤ9:9-10、フィリピ2:6-11、ルカ19:28-48

讃美頌 24

讃美歌 73381256(聖餐)、395

説 教 「十字架へのパレード」

説教者 笠原光見牧師


by urawalutheran | 2019-04-13 21:17 | 夕礼拝

主日の礼拝式次第

前  奏  

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。 

) アーメン

司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。 

会)またあなたとともに。

讃美歌      「勝利をのぞみ」     -歌集35-

罪の告白とゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  全員)アーメン

主日「特別の祈り」

私たちの贖い主なる神さま。

私たちは弱く、み力によらなければ、世界にあなたの赦しと希望の福音を伝えることができません。み言葉に従い、愛のみ支配を伝えるために、聖霊によって私たちを新しくしてください。

あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

福音書    ルカ福音書20:9-19     新149頁

讃美歌      「土の器」       -歌集31-

説  教     「キリストの権威」     北郷麿利子姉

信仰告白 使徒信条

奉献の部

奉献(献金)と奉献唱

奉献の祈り/教会の祈り

派遣の部                     式文11頁

主の祈り

祝  福  

讃美歌        God Bless You」      -歌集5-

後 奏  

   

お知らせ

*本日の礼拝説教は北郷麿利子姉にしていただきました。ありがとうございました。

414日(日)礼拝後、役員会を行います。役員の方は予定に入れておいてください。

419日(金)19時半から、聖金曜日の礼拝をおこないます。キリストが受けた苦しみをしっかりと受け止める礼拝です。

421日(日)復活祭(イースター)礼拝です。イースターはキリスト教会の一大イベントです。今年も多くの方々と一緒に復活の恵みに与り、共に喜びお祝いしましょう。礼拝後には持ち寄りでの祝会を行います。

4月から笠原牧師は飯能ルーテル教会の責任教職となり、月に一回、主日礼拝を飯能教会で奉仕することになります。これから月に一回、笠原牧師不在の礼拝となりますが、信徒説教、信徒の証や外部教職にお願いして礼拝を守っていきたいと思います。みなさまどうぞご理解とご協力、そしてお祈りをお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切430日です。

*「聖書に親しむ会」次回は4月18日(木)午前10時半から。

*「夕礼拝」次回は4月9日(火)午後7時半から。

*「ミュージックアーク」次回は5月25日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

7日(日)四旬節第五主日礼拝@飯能教会

8日(月)休み

9日(火) ULS入学式

10日(水)教会/牧師館

11日(木)教会/牧師館

12日(金) YMCAギター講師

13日(土)教会/牧師館

来週の礼拝予定

枝の主日礼拝2019414日 

聖 書 ゼカリヤ9:9-10、フィリピ2:6-11、ルカ19:28-48

讃美頌 24

讃美歌 73381256(聖餐)、395

説 教 「十字架へのパレード」

説教者 笠原光見牧師


by urawalutheran | 2019-04-13 21:00 | 今週の礼拝

主日の礼拝式次第

前  奏  

初めの歌      「たより行くものに」       -66-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

主日「特別の祈り」

恵み溢れる神さま。

癒しと赦しのみ力によって、私たちをすべての罪から清め、強くしてください。

あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

第一朗読 イザヤ書  12:1-6       旧1079頁

第二朗読 1コリント  5:1-8       新304頁

頌        詩編137編        週報2

福音書     ルカ福音書15:11-32    新139頁

み言葉の歌      「神のみ恵みは」       -385-

説  教        「資格回復」      笠原光見牧師

今日の聖書箇所で、父親のもとを離れて自分勝手、気まま、我儘に生きて散財し、苦しくなって悔い改めて父のもとに戻り、快く受け入れられる息子の姿があります。悔い改めた息子は、お父さんに対して、「息子と呼ばれる資格はありません」と言うのですが、父親は彼を息子として抱きしめて息子としての資格を快く回復してくれました。ここに神さまの大きな、無条件の愛が示されています。神さまは、どんなに自分勝手に生きてきた者も、どうしようもない生き方をしてきた者も、イエス・キリストの十字架によって、子どもとしての資格を回復し、しっかりと受け止めてくださるのです。しかし、この無条件の愛を快く思わない優等生の長男の姿があります。自分は父の言いつけにすべて従い生きてきたのに、自分勝手、我儘に生きた弟を受け入れることを不公平だと思い、腹を立てるのです。劣等生や不良だったものが救われるなんて我慢ならない、真面目に言うことを聞いてやってきた者にはもっと良い思いをさせてもらう必要があるだろうと思うのが私たち人間の姿かもしれません。「自分は立派に言うことや教えを守ってきた者だ」と思う所に、人の傲慢さがあり、自分の罪深さに気づいていない、ということをイエスさまは言いたのでしょう。私たちが神さまの子どもとして受け入れられるのは、私たちの努力や、能力や、学歴や、家柄などではなく、ただただ神さまの限りない無条件の愛によるものです。そして、神さまの子どもとしての資格は神さま以外には誰も勝手に決めることはできないのです。神さまはキリストの十字架によって私たちを神さまの子どもとして資格を回復してくださいました。「息子と呼ばれる資格はありません」と思い、子として受け入れられること、愛されることもない人間だと思っている者にこそ、キリストの十字架に表された神さまの限りない無条件の愛と恵の福音は力強く心に響き、喜びと感謝の信仰生活が生まれるでしょう。

信仰告白 ニケア信条

奉献の部

奉献(献金)と奉献唱

奉献の祈り/教会の祈り

聖餐の部

聖餐の歌   「つかれしものに」       -254-

序詞

サンクトゥス

設定の言葉

主の祈り

アグヌス・デイ

配 餐

聖餐の感謝

派遣の部

ヌンク・ディミティス

祝 福

終わりの歌      「主イエスのちしおと」     -317-

後 奏  

   

お知らせ

*4月7日(日)の礼拝説教は北郷麿利子姉にお願いしています。準備をされている北郷姉のためにお祈りください。この日は、笠原牧師は飯能教会に行かれます。

414日(日)礼拝後、役員会を行います。役員の方は予定に入れておいてください。

419日(金)19時半から、聖金曜日の礼拝をおこないます。キリストが受けた苦しみをしっかりと受け止める礼拝です。

421日(日)復活祭(イースター)礼拝です。イースターはキリスト教会の一大イベントです。今年も多くの方々と一緒に復活の恵みに与り、共に喜びお祝いしましょう。礼拝後には持ち寄りでの祝会を行います。

4月から笠原牧師は飯能ルーテル教会の責任教職となり、月に一回、主日礼拝を飯能教会で奉仕することになります。これから月に一回、笠原牧師不在の礼拝となりますが、信徒説教、信徒の証や外部教職にお願いして礼拝を守っていきたいと思います。みなさまどうぞご理解とご協力、そしてお祈りをお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切430日です。

*「聖書に親しむ会」次回は4月4日(木)午前10時半から。

*「夕礼拝」次回は4月9日(火)午後7時半から。

*「ミュージックアーク」次回は5月25日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

31日(日) 四旬節第四主日礼拝 

4/1日(月) 休み

2日(火) 教会/牧師館

3日(水) 教会/牧師館

4日(木) 聖書に親しむ会

5日(金) ULS聖書会

6日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

四旬節第五主日礼拝 201947

聖 書 ルカ20:9-19

讃美頌 

讃美歌 勝利をのぞみ、土の器、God Bless You

説 教 「イエス様の権威」

説教者 北郷麿利子姉


by urawalutheran | 2019-04-02 21:37 | 今週の礼拝