人気ブログランキング |

公開講座のお知らせ

ルーテル学院大学の市民公開講座の本年度後期の募集は8月1日から30日です。

三鷹は遠いとおっしゃらず。是非ご検討ください。お問い合わせは大学ホームペイジ、大学事務局まで。
0422-31-4382

# by urawalutheran | 2019-07-16 14:39 | ルーテル学院大学

2019年 一日神学校

2019年9月23日に今年も三鷹のルーテル学院大学で1日神学校が開催されます。
浦和は聖餐礼拝のお手伝いに1名奉仕するよう割り当てられました。

詳しくはポスターとチラシが教会にありますので、是非ご覧ください。



# by urawalutheran | 2019-07-16 14:35 | ルーテル学院大学

笠原牧師不在の礼拝予定

毎月笠原先生は飯能教会で月1回司式説教されることになりました。
毎月1回ですが、不定期ですので、以下の主日は牧師不在であることを覚えてください。

4月7日  信徒による説教です
5月12日 柴田千頭男先生に礼拝説教と講演会をお願いしました。
6月23日 日本研修メンバーによる説教
7月14日 信徒による司式と証です
8月13日夕礼拝 牧師夏休みのため牧師不在です
8月18日 信徒による説教です
9月8日 交換説教のため浦和教会は斉藤衛先生の説教になります
9月22日 梁先生の説教です
10月27日 宗教改革記念礼拝で柴田千頭男先生に説教をお願いしています。午後飯能教会で埼玉分区の交流会があります。 
11月24日 ルーテル学院大学の上村先生に講壇奉仕お願いしています。クリスマスの飾りつけをしますので、大掃除もします。
12月8日 信徒による説教です

# by urawalutheran | 2019-07-16 14:09 | 行事予定表
2019年行事予定より
本年予定されている讃美礼拝は以下のとおりです。
4月28日 復活祭後の讃美礼拝
6月9日 ペンテコステ讃美礼拝
9月1日 夏休み明け讃美礼拝?
11月10日 子供祝福式讃美礼拝




# by urawalutheran | 2019-07-16 13:52 | 行事予定表

201979日聖霊降臨後の夕礼拝

ルーテル教会は礼拝式文に従って礼拝を持ちます。

浦和ルーテル教会の夕礼拝は式文を使いませんが、礼拝は式文の流れのとおりに行われます。

そのため式文に馴染んでいただけるよう、聖霊降臨後からアドベントまではオルガンによる奏楽曲として前奏以外は礼拝式文で謳われる曲を使ってみたいと思います。

献金のとき 奉献唱 

祈りのとき 聖餐の準備のための アニュス・デイ 「世の罪を救う神の子羊」

後奏  ヌンクディティス 「主よみ言葉に従って僕を安らかに去らせてください」

開会の部

前  奏 J.G.Walther作曲 Lobe den Herren, den machtigen Konig der Ehre

讃美歌    「神の息よ」    -375-

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。

) アーメン

罪の告白

司)父なる全能の神よ。

全員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことばと行いとによって、多くの罪を犯しました。私たちはみ前に罪をざんげし、父なる神の限りないあわれみにより頼みます。

司)あわれみ深い神よ。

全員)み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪をゆるしてください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  全員)アーメン


みことばの部

音書  ルカ福音書 9:18-26      新122頁

説  教      笠原光見牧師

讃美歌  「十字架を負いつつ」 -306-        

信仰告白      使徒信条


奉献の部

奉献(献金)

奏楽 ルーテル教会礼拝式文より 奉献唱

奉献の祈り

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入()れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

祈りのとき

奏楽 ルーテル教会礼拝式文より アニュス・デイ

聖餐の部

設定のことば

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。会)アーメン

主の祈り

平和の挨拶 (起立)

主の平和がみなさんとともにあるように

配餐

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 


派遣の部

讃美歌      「神のみめぐみは」    -385-

祝 福

♪アーメン・アーメン・アーメン

後 奏 ルーテル教会礼拝式文より ヌンクディミティス

  

今週の笠原牧師スケジュール

7日(日) 聖霊降臨後第四主日礼拝 役員会

8日(月) 休み

9日(火) 夕礼拝

10日(水) Music Ark練習

11日(木) 教会/牧師館

12日(金) 教会/牧師館

13日(土) Music Ark

次回の夕礼拝予定

2019723

笠原牧師のギターによる礼拝になります



# by urawalutheran | 2019-07-15 00:54 | 夕礼拝

開会の部

前  奏 

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。

) アーメン

司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。

会)またあなたとともに。

讃美歌    「誰でもキリストのうちに」 -歌集38番-

罪の告白とゆるし

司)父なる全能の神よ。

全員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことばと行いとによって、多くの罪を犯しました。私たちはみ前に罪をざんげし、父なる神の限りないあわれみにより頼みます。

司)あわれみ深い神よ。ます。アーメン

全員)み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪をゆるしてください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  全員)アーメン

特別の祈り

すべてのものの造り主なる神さま。

あなたはみ手を差し伸べ、全世界の民をみ国に招かれます。あなたが世界の隅々から、弟子たちを召し招かれるとき、「み子イエス・キリストは主」と、大胆に告白する者の群れに、私たちも加えてください。

み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部

ルカ福音書9:18―26      新122頁

説  教       「いのちには代えられない」笠原光見牧師

安息日に会堂に集まっているユダヤ人たちは安息日のきまりを厳守することに対して積極的な人々だったのではないでしょうか。そんな中でイエスさまは一人の手の萎えた人をみんなの真ん中に立たせ、癒されたのです。このことはとても勇気のいることです。なぜなら安息日の規定に違反するものは死刑にされてしまうことがあるからです。それでも、怯むことなく、怖気づくことなくイエスさまは癒しを必要としている人のため、助けを、救いを必要としている尊いいのちの存在のために声を上げられたのです。そして人々の持っている価値観の転換を促すのです。「安息日を守ること以上に、目の前にいる人のいのちを守るということがもっと大切なことだ」と当時のユダヤ社会で声を上げることができる人がいたでしょうか。人々は安息日の律法に目を向け、いのちある存在に背を向けていた。しかし、イエスさまは安息日の律法に背を向け、いのちある存在に目を向けます。安息日を守るとか、何かを守るということが、みんなと一緒でなければ仲間はずれにされるとか、非難、批判され、差別されてしまうかもしれないから。だから目の前で困っている人、助けを求めている人も見て見ぬふりをする、そんなことのため神さまは律法をこの世界に与えたのではない。かえって、いかなるときでもみんなで一緒に困っている人、助けを求めている人、救いを求めている人のために声を上げ、手を伸ばし、仕えていくのだ、ということを神さまはイエス・キリストのいのちを通してはっきりと示してくださったのです。一人の尊いいのちを守るために勇気や決断を必要とするときがあります。私たちは、私たちの救いのために十字架にかかられたイエスさまの思いを心に留め、いのちに代えられるものはないことを思い、大切ないのちを守り、助けるために声を上げ、手を伸ばし、仕えていくものでありたい。

讃美歌          「いともとうとき」      -165-

信仰告白      使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

奉献の祈り

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入()れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

教会の祈り(全員)

神さま、宗教改革500年を迎えて、ルターの言葉とされる「たとい明日世の終わりが来るとして神さま、教会の使命である伝道、受洗者の誕生、家族への信仰継承がなされますように導いてください。主イエス・キリストのみ名によって祈ります。アーメン

(各々の祈り・代表者の祈り)

聖餐の部

聖餐の歌    「飢えている人と」    -歌集39-

平和の挨拶 (起立)

司)主の平和がみなさんとともにあるように

会)また、あなたとともに。

聖餐の制定

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。会)アーメン

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部

讃美歌        「土の器」      -歌集31-

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏

お知らせ

714日(日)の礼拝は大工原姉と中尾姉に証をしていただきます。準備をされているお二人のうえに神さまの支えと導きとがありますようにお祈りください。

*7月21日(日)はホットドックランチ、7月28日は男うどんの予定です。おかずの差し入れ大歓迎です!ランチ代は教会への献金となります。

721日(日)午後3時からセンター教会にて関東地区主催の「共同牧会、共同招聘、チームミニストリーについての学び」が開かれます。牧師と代表役員が参加します。興味があるという方の参加も可能です。

727日(土)10時~教会学校のデイキャンプがあります。参加者と、当日お手伝いできる方を募集中です。参加締切721日(日)

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切9月30日です。

*「聖書に親しむ会」次回は7月18日(木)です。

*「夕礼拝」次回は7月9日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は7月13日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

7日(日) 聖霊降臨後第四主日礼拝 役員会

8日(月) 休み

9日(火) 夕礼拝

10日(水) Music Ark練習

11日(木) 教会/牧師館

12日(金) 教会/牧師館

13日(土) Music Ark

来週の礼拝予定

聖霊降臨後第五主日礼拝 2019714

聖 書 ヨナ4:1-11、ガラテヤ5:2-26、ルカ9:51-62

讃美頌 121

讃美歌 313388393

証 し 中尾姉 大工原姉


# by urawalutheran | 2019-07-15 00:40 | 今週の礼拝

ルーテル教会は礼拝式文に従って礼拝を持ちます。

浦和ルーテル教会の夕礼拝は式文を使いませんが、礼拝は式文の流れのとおりに行われます。

そのため式文に馴染んでいただけるよう、聖霊降臨後からアドベントまではオルガンによる奏楽曲として前奏以外は礼拝式文で謳われる以下の曲を使います。

献金のとき 奉献唱 

祈りのとき 聖餐の準備のための アニュス・デイ 「世の罪を救う神の子羊」

後奏  ヌンクディティス 「主よみ言葉に従って僕を安らかに去らせてください」

開会の部

前  奏 パッフェルベル作曲 Allein zu dir, Herr Jesu Christ

讃美歌    「神の息よ」    -375-

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。

) アーメン

罪の告白

司)父なる全能の神よ。

全員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことばと行いとによって、多くの罪を犯しました。私たちはみ前に罪をざんげし、父なる神の限りないあわれみにより頼みます。

司)あわれみ深い神よ。

全員)み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪をゆるしてください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  全員)アーメン


みことばの部

音書  ルカ福音書 7:11-17      新215頁

説  教         笠原光見牧師

讃美歌  「いさおなきわれを」 -306-        

信仰告白      使徒信条


奉献の部

奉献(献金)

奏楽 ルーテル教会礼拝式文より 奉献唱

奉献の祈り

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入()れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

祈りのとき

奏楽 ルーテル教会礼拝式文より アニュス・デイ

聖餐の部

設定のことば

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。会)アーメン

主の祈り

平和の挨拶 (起立)

主の平和がみなさんとともにあるように

配餐

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 


派遣の部

讃美歌      「日のてるかぎりを」    -278-

祝 福

♪アーメン・アーメン・アーメン

後 奏 ルーテル教会礼拝式文より ヌンクディミティス

  

今週の笠原牧師スケジュール

23日(日) 聖霊降臨後第二主日礼拝 

24日(月) 浦和教職者会

25日(火) 夕礼拝

26日(水) 休み

27日(木) 教会/牧師館

28日(金) ULS聖書会

29日(土) 教会JAM

次回の夕礼拝予定

201979


# by urawalutheran | 2019-07-05 01:13 | 夕礼拝

主日の礼拝式次第

前  奏  

初めの歌       「主のみ霊くだりまし」      -119-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

主日「特別の祈り」

すべての民の主なる神さま。

あなたはあなたの民にみ心を示し、あなたの民を救う約束を与えられました。私たちがあなたの戒めに耳を傾け、み旨を行なうために、あなたの強い力で支えてください。

み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

第一朗読サムエル記下11:26-12:13   新496頁

第二朗読 ガラテヤ  2:11-21      新344頁

頌        詩編32編          週報2

福音書     ルカ福音書7:36-50     新116頁

み言葉の歌    「ただ神をのぞみて」       -324-

説  教     「自分をさらけだす」     笠原光見牧師

聖書にはユダヤの偉大な王であるダビデのしくじりや、イエスさまの一番弟子のペトロのしくじり、大宣教師であるパウロのしくじりなど、人々の上に立つ人のしくじりが赤裸々に、正直に記されています。つまり完全無欠の人間なんていない、みんな弱さや脆さを抱えているのが人間なのだ、ということです。イエスさまを食事に誘ったファリサイ派の人も、イエスさまの足下で涙する罪深いと言われている女性もみんな同じ人間です。イエスさまは私たち罪人のためにご自身のすべてを与え尽す大きな愛とゆるしとを示し、罪あるものを分離、分断するのではなく、弱さや、脆さや、足りなさをゆるし合い、補い合い、支え合い、生きていく道を教え示されるのです。イエスさまからゆるされ、愛され、受け止められた罪深いと言われていた女性は、人の弱さや脆さ、だらしなさ、いやらしさをファリサイ派の人のように非難し続け、絶交しようとするのではなく、ゆるし、受け止め、包み込もうとする人へと変えられ、神の愛とゆるしを伝えていくものとなったのではないでしょうか。ありのままの自分をさらけ出したときに受け入れてもらえる、受け止めてもらえる、そんな場所、そんな関わり、繋がり、交わりがあるなら、きっと生きる力、慰め、励ましになる。私たちは、神さまが示してくださった愛とゆるしの交わりを大切にして生きたい。

信仰告白 使徒信条       式文4

奉献の部

奉献(献金)と奉献唱

奉献の祈り/教会の祈り

聖餐の部

聖餐の歌      「カルバリの十字架に」       -253-

序  詞                      式文7

サンクトゥス

設定の言葉   式文8

主の祈り

アグヌス・ディ 式文9

配  餐

  

聖餐の感謝                    式文10頁

派遣の部                     式文11頁

ヌンク・ディミティス    式文12頁

祝  福  

終わりの歌       「心いたみ悩むもの」     -470-

後 奏  

お知らせ

77日(日)礼拝後に役員会があります。役員の方はスケジュール調整お願いいたします。

714日(日)の礼拝は大工原姉と中尾姉に証をしていただきます。準備をされているお二人のうえに神さまの支えと導きとがありますようにお祈りください。

*7月21日(日)はホットドックランチ、7月28日は男うどんの予定です。おかずの差し入れ大歓迎です!ランチ代は教会への献金となります。

721日(日)午後3時からセンター教会にて関東地区主催の「共同牧会、共同招聘、チームミニストリーについての学び」が開かれます。牧師と代表役員が参加します。興味があるという方の参加も可能です。

727日(土)10時~教会学校のデイキャンプがあります。参加者と当日お手伝いできる方を募集中です。参加締切721日(日)

*柴田先生の講演で使用した「わたしたちの愛する日本ルーテル教団のなりたち」(1.200円)購入希望の方は、申し込み用紙にご記入をお願いします。締切6月末

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切6月30日です。

*「聖書に親しむ会」次回は7月4日(木)です。

*「夕礼拝」次回は7月9日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は7月13日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

30日(日) 聖霊降臨後第三主日礼拝 

7/1日(月) YMCA浦和早天祈祷会

2日(火) 休み

3日(水) 地区サマーキャンプ委員会

4日(木) 聖書に親しむ会 Music Ark練習

5日(金) 教会/牧師館

6日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

聖霊降臨後第四主日礼拝 201977

聖 書 ルカ9:18-26

讃美頌 

讃美歌 歌集38、歌集41、歌集39(聖餐)、歌集31

説 教 「あなたの幸せのため」

説教者 笠原光見牧師


# by urawalutheran | 2019-07-05 01:13 | 今週の礼拝

三浦綾子さんの祈り

「主が与えてくださった冬は」

主よ

「冬来りなば春遠からじ」という言葉があります。辛い寒い冬を耐える人々への、励ましの言葉だと思います。私は七十年生きて、七十回の冬を越えて参りました。北海道では四季のうち一番長いのは冬なのです。春、夏、秋は冬にくらべて、ずっと短いのです。

主よ、主はもしかしたら、北国の人々にとっては、冬が一番すばらしい季節だとお考えになられて、冬を長くされたのではないでしょうか。

十三年もの療養生活をした私には、病気が長い冬でした。でもこの頃は、愛なる主が与えてくださったあの冬は、大きな恵みだと思えるようになりました。

主なる神よ、ありがとうございます。

―――――――――――――――――――――――――――――

三浦綾子(1922-1999)

北海道旭川市生まれ。若い時代に七年間小学校教員をつとめ、戦後、その軍国主義教育に対する反省から退職。やがて、肺結核を発病して長い療養生活を送る。1952年、闘病中に授洗。1959年、三浦光世と結婚。1964年、朝日新聞社懸賞小説に『氷点』が入選、作家生活に入る。翌年『信徒の友』誌で連載が始まった『塩狩峠』ほか、『泥流地帯』『母』『銃口』など多数の作品を著した。  

『祈りのともしび』日本キリスト教出版局より



# by urawalutheran | 2019-07-04 01:49 | いのり

開会の部

前  奏 

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。

) アーメン

司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。

会)またあなたとともに。

讃美歌    「球根の中には」    -歌集27番-

罪の告白とゆるし

司)父なる全能の神よ。

全員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことばと行いとによって、多くの罪を犯しました。私たちはみ前に罪をざんげし、父なる神の限りないあわれみにより頼みます。

司)あわれみ深い神よ。ます。アーメン

全員)み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪をゆるしてください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  全員)アーメン

特別の祈り

全能の神さま。

全能の神、栄光の父なる神さま。

み霊によってすべては新しくされます。主キリストのみ力によって、一切の恐れと疑いを私たちから取り除き、父と子と聖霊のひとりの神を礼拝する恵みを与えてください。

あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

みことばの部

書  福 ヨハネ福音書16:12―15     新200頁

説  教     「与えられて生きる」     笠原光見牧師

悟り、解脱などの言葉を聞いたことがあるかと思いますが、悟りを開くにしても解脱するにしても修行が必要だという考え方が一般でしょう。そして厳しい修行を積んだものだけが悟りを開くことができるというものであれば、それは一握りの人間しか得ることのできないものだと思うのは私だけでしょうか。聖書は「真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる」と言います。つまり神さまが私たちのもとに遣わす聖霊によって私たちは導かれて真理を得る、知る、悟るものとなる、というのです。厳しい修業を積んで、積んで、悟りに辿り着くのではない。人間の力、努力、能力によって救われるのではなく、キリストがこの世に降り、底の底までへりくだり、私たち人間の受け皿になることで、人は救いを得ることができるのだということです。真理を知ること、得ること、悟ることも神の力によって、神が私たちを導くことよって知り得ることなのだというのです。このことが、聖書が私たちに指し示す福音、つまり喜びの知らせなのです。人それぞれに修行を積んで得ることのできる真理があるとしたら、真理は一つではないということになるのではないでしょうか。つまりそれは真理ではないでしょう。真理は一つでなければおかしな話ですから。この世界を創られ、私たちにいのちを与え、キリストのいのちをも与えてくださった神さまが聖霊を遣わして私たちを導くことによって私たちは真理を得ることができるのです。私たちにいのちを与えてくださった神はいつでも、絶えず私たちが生きるに必要を備え、与えてくださり、導き、生かそうとされています。物質的にも、精神的にも、霊的にも私たちが生きるに必要なものは神さまが備えて、与えてくださったものです。私たちは与えられているすべてを感謝して受け取り、思い煩いすぎることなく、心穏やかに過ごす者でありたいです。私たちのために与えられた主イエス・キリストを受け入れ、聖霊を受け入れ、神さまを信じて、すべてを委ねて、平安のうちに生きましょう。

讃美歌        「主のみ霊くだりまし」    -119-

信仰告白      使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

奉献の祈り

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入()れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

教会の祈り(全員)

神さま、宗教改革500年を迎えて、ルターの言葉とされる「たとい明日世の終わりが来るとして神さま、教会の使命である伝道、受洗者の誕生、家族への信仰継承がなされますように導いてください。主イエス・キリストのみ名によって祈ります。アーメン

(各々の祈り・代表者の祈り)

聖餐の部

  「みんなでパンを分けよう」  -262-

平和の挨拶 (起立)

司)主の平和がみなさんとともにあるように

会)また、あなたとともに。

聖餐の制定

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。会)アーメン

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部

讃美歌        「あがめます主の御名」    -歌集25-

祝 福

アーメン・アーメン・アーメン

後 奏

お知らせ

623日(日)の礼拝は、アメリカから日本研修に来られている方々からの証によるメッセージとなります。みなさまの祈りに加えていただけたら感謝です。

629日(土)教会ジャムがあります。参加者大募集中です。詳しくはチラシをご覧ください。参加申込締切623日(日)

*柴田先生の講演で使用した「わたしたちの愛する日本ルーテル教団のなりたち」(1.200円)購入希望の方は、申し込み用紙にご記入をお願いします。日本ルーテル教団の歴史と浦和教会の成り立ちを知れる本です。締切6月末

*ルーテル学院大学一日体験の申し込みが始まっています。参加希望の方は受付の申込用紙に必要事項をご記入ください。締切617

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切6月30日です。

*「聖書に親しむ会」次回は6月20日(木)です。

*「夕礼拝」次回は6月25日(火)です。

*「ミュージックアーク」次回は7月13日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

16日(日) 三位一体主日礼拝 男めし 役員会

17日(月) 教会だより編集委員会

18日(火) 石田なるみ姉訪問

19日(水) 休み

20日(木) 聖書に親しむ会

21日(金) 教会/牧師館

22日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

聖霊降臨後第二主日礼拝 2019623

聖 書 列王記上17:17-24、ガラテヤ1:11-24、ルカ7:11-17

讃美頌 30

讃美歌 260306263(聖餐)、278

説 教 

説教者 日本研修メンバー


# by urawalutheran | 2019-06-18 23:09 | 今週の礼拝