6月3日教会祭

63日教会祭礼拝式次第


【開会の部】

前奏

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。 

) アーメン

司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。 

会)またあなたとともに。

讃  美    「ありがとう」     -歌集26-

        「きみは愛されるため生まれた」 -歌集2-

罪の告白と赦し

司)父なる全能の神よ。

全員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことばと行いとによって、多くの罪を犯しました。私たちはみ前に罪をざんげし、父なる神の限りないあわれみにより頼みます。

司)あわれみ深い神よ。

全員)み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪をゆるしてください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  全員)アーメン

特別の祈り

全能の神さま。

あなたはいのちの言であるみ子によって、私たちの目と耳を開いてくださいました。

聖書の宣べ伝えていることを、私たちが喜んで信じ、行なうことができるように助けてください。

み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

【みことばの部】

聖書朗読

マルコ福音書2:1-12       新63頁

説  教         「あなたのすべてを受け止める」 笠原光見牧師

献  歌       「いつくしみ深き」  浦和ルーテル学院聖歌隊

信仰告白        使徒信条

天地の造り主、全能の父である神を私は信じます。

そのひとり子、私たちの主イエス・キリストを私は信じます。主は聖霊によってやどり、おとめマリアから生まれ、ポンティオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、死んで葬られ、陰府に下り、三日目に死人のうちから復活し、天に上られました。そして全能の父である神の右に座し、そこから来て、生きている人と死んだ人とをさばかれます。聖霊を私は信じます。また聖なる公同の教会、聖徒の交わり、罪の赦し、からだの復活、永遠のいのちを信じます。 アーメン

【奉献の部】

奉献(献金)  

奉献の祈り 

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

教会の祈り                    

(各々の祈り・代表者の祈り)

       

平和の挨拶 *前後左右の方と「主の平和」と挨拶を交わしましょう。

聖餐と祝福

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

【派遣の部】

主の祈り

天の父よ。み名があがめられますように。み国が来ますように。

み心が天で行われるように、地上でも行われますように。

私たちに今日もこの日の糧をお与えください。私たちに罪を犯した者を赦しましたから 私たちの犯した罪をお赦しください。私たちを誘惑から導き出して、悪からお救いください。

み国も力も栄光もとこしえにあなたのものだからです。

アーメン

讃美歌        「フリー」        歌集30

「真昼のように」       歌集13番

祝  福 (起立

主があなたを祝福し、あなたを守られるように。

主がみ顔をもってあなたを照らし、あなたを恵まれるように。

主がみ顔をあなたに向け、あなたに平安を賜るように。

父と子と聖霊のみ名によって

アーメン・アーメン・アーメン

後  奏

教会祭

11:45 バザー・模擬店開始

  ↓  

12:30 浦和ルーテル学院聖歌隊出演

  ↓

14:00 バザー・模擬店終了

お知らせ

71日(日)12時半より「キリスト教装備の学びの会」を行います。講師はキリスト教葬儀専門葬儀社「輝」会長 奥田幸平氏です。入場無料ですのでどなたでも大歓迎です。

73日(水)10時半より「ルーテル学院大学、日本ルーテル神学校」の1日体験が三鷹の大学キャンパスで行われます。ご希望の方は事前申し込みが必要ですので牧師まで申し込みください。

*現在、教会でお借りしている駐車場は6月末までとなります。7月から主日礼拝時は役員と牧師以外の方は、今までどおり車で来ていただいて、教会の敷地内に駐車をお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切6月29日です。

*今年もクリスマスツリー・イルミネーションのための献金にご協力ください。よろしくお願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は6月7日(木)午前10時半から。

*「夕礼拝」次回は6月12日(火)午後7時半から。

*「ミュージックアーク」1次回は7月14日(土)午後5時から。

*週報10ページにある祈りの課題を各自のお祈りに加えてください。

〈浦和ルーテル教会の祈り〉

「収穫の主に願いなさい」マタイ9:38

・浦和ルーテル教会に必要なものが満たされますように。そのために私たちができるだけのことを行い仕えていくことができるように一心に祈り求めましょう。

・けがや病気などで教会に長い間来られていない人のため、また教会から離れてしまった人の復帰のために祈りましょう。

・一人でも多くの人をこの教会へと招き、神さまを中心とした豊かな交わりをもつことができるように祈りましょう。

・それぞれにできる福音宣教の働きに必要な知識、知恵、力、勇気を求め、聖霊の助けを祈りましょう。

・神さまが建てられたすべての教会、学校、病院、施設のために祈りましょう。特に日本ルーテル教団と関わりある教会、学校をおぼえて祈りましょう。

<埼玉分区内教会の祈りの課題>

*埼玉分区の4つの教会で、各教会の課題を1年間一緒に祈りあっています。特に4月は館林教会の課題を覚えてお祈りください。

・教会内における信仰の継承。

・保育園が宣教の器として用いられること。(保育を通した神の愛の伝達。)


# by urawalutheran | 2018-06-06 11:23 | 今週の礼拝
ルーテル学院一日体験 

6月20日までに牧師までお申込みください

日 時:2018年7月3日(火曜日)
10:30 受付
11:00~11:20 オリエンテーション
11:20~11:55 学生食堂にてランチ(500円)
12:05~12:20 礼拝
12:20~13:00 ミニオルガンコンサート(湯口依子先生)
13:10~14:40 授業
① 上村敏文先生(キリスト教学)「文化史」
② 高城絵里子先生(臨床心理学)「発達心理学」
③ 大曲睦恵先生(社会福祉学)「ボランティア・市民活動論」
14:50~15:30 分かち合い

b0103594_21102359.png

# by urawalutheran | 2018-05-31 21:13 | ルーテル学院大学
日 時:2018年7月3日(火曜日)
10:30 受付
11:00~11:20 オリエンテーション
11:20~11:55 学生食堂にてランチ(500円)
12:05~12:20 礼拝
12:20~13:00 ミニオルガンコンサート(湯口依子先生)
13:10~14:40 授業
① 上村敏文先生(キリスト教学)「文化史」
② 高城絵里子先生(臨床心理学)「発達心理学」
③ 大曲睦恵先生(社会福祉学)「ボランティア・市民活動論」
14:50~15:30 分かち合い

6月20日までに牧師までお申込みください

# by urawalutheran | 2018-05-31 21:08 | ルーテル学院大学

主日の礼拝式次第

前  奏  

初めの歌      「聖なる、聖なる、聖なる」    -131-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

主日「特別の祈り」

全能の神、栄光の父なる神さま。

み霊によってすべては新しくされます。

主キリストのみ力によって、一切の恐れと疑いを私たちから取り除き、父と子と聖霊のひとりの神を礼拝する恵みを与えてください。

あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

第一朗読 イザヤ  6:1-8          旧1069頁

第二朗読 ローマ  8:14-17        新284頁

頌        詩編19編         週報2

福音書    ヨハネ福音書3:1-12      新167頁

み言葉の歌     「恵みふかき父なる神」     -126-

説  教    「父と子と聖霊と私」    笠原光見牧師

イエスさまはいいます「人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない」と。まず自分が死ななければ生まれ変わることはできません。この世界の価値観と常識と、自分自身を中心とした世界に生きるのではなく、み子イエス・キリストを私たちのもとへ遣わして限りない愛を示し、聖霊を遣わして大いなる力で覆ってくださる神さまを信じて、神さまとの繋がりを大切にし、神さまを中心として生きていく、生かされていくものとなるとき、人は神の国を見、神の国に入るということでしょう。神さまと、キリストと、聖霊と、私とがつながり、確かに結びついているという信仰に生きて、自分のすべてを神さまに丸投げし、神さまにすべてをゆだねきったとき、なんとも言えない喜びと平安とに包みこまれるでしょう。

信仰告白 ニケア信条       式文4

奉献の部

奉献(献金)と奉献唱

奉献の祈り/教会の祈り

聖餐の部

聖餐の歌      「カルバリの十字架に」     -253-

序  詞                      式文7

サンクトゥス

設定の言葉   式文8

主の祈り

アグヌス・ディ 式文9

配  餐

  

聖餐の感謝                    式文10頁

派遣の部                     式文11頁

ヌンク・ディミティス    式文12頁

祝  福  

終わりの歌       「いと高き神に」      -231-

後 奏  

お知らせ

*6月3日(日)教会祭を行います。バザーのための献品をお願いいたします。今回は、古着・食器・電化製品は集めておりませんのでご注意ください。

 また教会祭当日、礼拝は10時半から、準備は8時からスタートしています。ご協力をお願いします。

*現在、教会でお借りしている駐車場は6月末までとなります。7月からも今までどおり車で来ていただいて、教会の敷地内に駐車をお願いいたします。

*7月1日(日)12時半からキリスト教葬儀の学びの時間を予定しています。どなたでも参加できます。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切6月29日です。

*今年もクリスマスツリー・イルミネーションのための献金にご協力ください。よろしくお願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は6月7日(木)午前10時半から。

*「夕礼拝」次回は6月12日(火)午後7時半から。

*「ミュージックアーク」次回は7月14日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

27日(日) 三位一体主日礼拝 

28日(月) 休み

29日(火) 教会/牧師館

30日(水) 教会/牧師館

31日(木) 浦和ルーテル学院聖書会

6/1日(金) YMCAギター講師

2日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

教会祭礼拝 201863

聖 書 マルコ2:1-12

讃美頌 

讃美歌 ありがとう、きみは愛されるため生まれた、フリー、真昼のように

説 教 「あなたのすべてを受け止める」

説教者 笠原光見牧師


# by urawalutheran | 2018-05-27 23:37 | 今週の礼拝

アクセス

b0103594_16391215.jpg

# by urawalutheran | 2018-05-26 16:40 | アクセス

教会祭

b0103594_11014857.jpg

# by urawalutheran | 2018-05-24 11:02 | イベント情報

【開会の部】

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。 

) アーメン

司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。 

会)またあなたとともに。

讃  美    「シャイン・ジーザス・シャイン」-歌集 3-

        Foot prints」     -歌集10-

罪の告白と赦し

司)父なる全能の神よ。

全員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことばと行いとによって、多くの罪を犯しました。私たちはみ前に罪をざんげし、父なる神の限りないあわれみにより頼みます。

司)あわれみ深い神よ。

全員)み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪をゆるしてください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  全員)アーメン

特別の祈り

私たちの主イエス・キリストの父なる神さま。

弟子たちに約束の聖霊を送られたように、あなたの教会を顧み、私たちの心を開いて、み霊の力を受けることができるようにしてください。

私たちの心に愛の炎を燃え上がらせ、私たちを強めて、生命ある限りみ国に仕える者としてください。

あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

【みことばの部】

聖書朗読

   ヨハネ福音書15:26-16:4a  新199頁

説  教         「意気盛上」       笠原光見牧師

イエスさまは弟子たちにいいます「人々はあなたがたを会堂から追放するだろう。しかも、あなたがたを殺す者が皆、自分は神に奉仕していると考える時が来る」と。このように言われて不安や恐れを抱かない人はいないのではないでしょうか。しかも弟子たちの拠り所である頼みのイエスさまが傍からいなくなってしまっては弟子たちの意気はますます消沈していったのではないかと思うのが人の思うところです。しかし実際は違いました。イエスさまはもう傍にはいない、そして自分たちは会堂から追放されるかもしれないし、人々から暴力などを受けてしまうかもしれないそのような不安や恐れを弟子たちは克服して大胆に神さまのみ心を、キリストの福音を宣べ伝えるのです。どうして不安や恐れを克服することができたのか。それはイエスさまが弟子たちに約束していた真理の霊である聖霊が神さまのもとから弟子たちところへと遣わされたからです。もしも弟子たちが自分の考えやこの世の枠組みだけに囚われていたのなら不安や恐れを克服することなど到底無理であったに違いありません。神さまのみ心であり、神さまの意志である聖霊が弟子たちのもとに遣わされたことで、弟子たちの心は神さまの思いにとらえられ、神さまのみ心を語らずにはおられないようになったのでしょう。聖霊によってこの世界の事柄を超越する神さまの力と愛とに包み込まれた弟子たちは、人々から追放されることも、殺されてしまうかもしれないという恐れをも克服し、イエス・キリストについて力強く大胆に証していくものとなったのです。そしてこの世界に教会は誕生することとなったのです。現実の世界だけを見つめ、この世の価値観だけにとらわれているとき意気消沈してしまう自分がいます。しかし約束のキリストと聖霊をこの地に遣わされた神さまとの確かな繋がりを信じて、神さまのことを思い、神さまの限りない愛と力に心が包まれるとき私たちの意気は盛り上がり生かされるでしょう。

讃  美       「注ぎたまえ主よ」    -歌集16番-

信仰告白        使徒信条

天地の造り主、全能の父である神を私は信じます。

そのひとり子、私たちの主イエス・キリストを私は信じます。主は聖霊によってやどり、おとめマリアから生まれ、ポンティオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、死んで葬られ、陰府に下り、三日目に死人のうちから復活し、天に上られました。そして全能の父である神の右に座し、そこから来て、生きている人と死んだ人とをさばかれます。聖霊を私は信じます。また聖なる公同の教会、聖徒の交わり、罪の赦し、からだの復活、永遠のいのちを信じます。 アーメン

転会者のための祈り

【奉献の部】

奉献(献金)  

奉献の祈り 

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

教会の祈り                    

(各々の祈り・代表者の祈り)

       

【聖餐の部】

聖餐の歌         「イエス神の子羊よ」   -歌集15番-

平和の挨拶 (起立)

司)主の平和がみなさんとともにあるように

会)また、あなたとともに。

聖餐の設定

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。 会)アーメン

主の祈り

天の父よ。み名があがめられますように。み国が来ますように。

み心が天で行われるように、地上でも行われますように。

私たちに今日もこの日の糧をお与えください。私たちに罪を犯した者を赦しましたから 私たちの犯した罪をお赦しください。私たちを誘惑から導き出して、悪からお救いください。

み国も力も栄光もとこしえにあなたのものだからです。

アーメン

平和の挨拶 *前後左右の方と「主の平和」と挨拶を交わしましょう。

聖餐と祝福

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

【派遣の部】

讃美歌        「この道はひとつ」    歌集21番

God Bless You」      歌集5番

祝  福 (起立

主があなたを祝福し、あなたを守られるように。

主がみ顔をもってあなたを照らし、あなたを恵まれるように。

主がみ顔をあなたに向け、あなたに平安を賜るように。

父と子と聖霊のみ名によって

アーメン・アーメン・アーメン

後  奏

お知らせ

*本日、3名の兄弟姉妹が、浦和ルーテル教会に転会され、私たちの家族になりました。ハレルヤ!!礼拝後、ペンテコステと転会された兄弟姉妹を軽食でお祝いいたします。みなさんどうぞご参加ください。

*6月3日(日)教会祭を行います。バザーのための献品をお願いいたします。今回は、古着・食器・電化製品は集めておりませんのでご注意ください。ご協力お願いいたします。

*現在、教会でお借りしている駐車場は6月末までとなります。7月から主日礼拝時は役員と牧師以外の方は、今までどおり車で来ていただいて、教会の敷地内に駐車をお願いいたします。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切6月29日です。

*今年もクリスマスツリー・イルミネーションのための献金にご協力ください。よろしくお願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は6月7日(木)午前10時半から。

*「夕礼拝」次回は5月22日(火)午後7時半から。

*「ミュージックアーク」次回は7月14日(土)午後5時から。*週報10ページにある祈りの課題を各自のお祈りに加えてください。

〈浦和ルーテル教会の祈り〉

「収穫の主に願いなさい」マタイ9:38

・浦和ルーテル教会に必要なものが満たされますように。そのために私たちができるだけのことを行い仕えていくことができるように一心に祈り求めましょう。

・けがや病気などで教会に長い間来られていない人のため、また教会から離れてしまった人の復帰のために祈りましょう。

・一人でも多くの人をこの教会へと招き、神さまを中心とした豊かな交わりをもつことができるように祈りましょう。

・それぞれにできる福音宣教の働きに必要な知識、知恵、力、勇気を求め、聖霊の助けを祈りましょう。

・神さまが建てられたすべての教会、学校、病院、施設のために祈りましょう。特に日本ルーテル教団と関わりある教会、学校をおぼえて祈りましょう。

<埼玉分区内教会の祈りの課題>

*埼玉分区の4つの教会で、各教会の課題を1年間一緒に祈りあっています。特に4月は館林教会の課題を覚えてお祈りください。

・教会内における信仰の継承。

・保育園が宣教の器として用いられること。(保育を通した神の愛の伝達。)

今週の笠原牧師スケジュール

20日(日) 聖霊降臨讃美礼拝 軽食祝会

21日(月) 牧師ROCKSライブ@国際基督教大学

22日(火) 夕礼拝

23日(水) 休み

24日(木) 教会/牧師館

25日(金) YMCAギター講師

26日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

三位一体主日礼拝2017527日(午前10時半~12時) 

聖 書 イザヤ6:1-8、ローマ8:14-17、ヨハネ3:1-12

讃美頌 詩編19

讃美歌 131126253(聖餐)、231

説 教 「父と子と聖霊と私」

説教者 笠原光見牧師


# by urawalutheran | 2018-05-21 23:53 | 今週の礼拝

主日の礼拝式次第

前  奏  J.S.Bach作曲 WennWir in Hoechsten Noeten Sein 

初めの歌      「み国にのぼれる」       -112-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

主日「特別の祈り」

全能の神さま。

天に上げられた御独り子の執り成しによって、私たちをみ前で永遠に生きる者としてください。あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

第一朗読 使徒書  1:1-11         新213頁

第二朗読 エフェソ 1:15-23        新352頁

頌        詩編110編        週報2

福音書    ルカ福音書24:44-53     新161頁

み言葉の歌     「日のてるかぎりを」      -278-

説  教    「喜びに満たされる」   柴田千頭男先生

信仰告白 ニケア信条       式文4

奉献の部

奉献(献金)と奉献唱

奉献の祈り/教会の祈り

聖餐の部

聖餐の歌      「聞こうみ言葉を」      -263-

序  詞                      式文7

サンクトゥス

設定の言葉   式文8

主の祈り

アグヌス・ディ 式文9

配  餐

  Zipoli作曲  All'Elevazione [II]

聖餐の感謝                    式文10頁

派遣の部                     式文11頁

ヌンク・ディミティス    式文12頁

祝  福  

終わりの歌       「冠りささげ」       -308-

後 奏  H.L.Gilmour作曲 まぼろしの影を追いて

お知らせ

*本日の礼拝説教を柴田千頭男先生にしていただきました。ありがとうございました。カレーライスランチ後、午後1時から2時半で講演会がもたれます。柴田先生の貴重な講演機会ですので、みなさまどうぞご参加ください。

*6月3日(日)教会祭を行います。バザーのための献品をお願いいたします。今回は、古着・食器・電化製品は集めておりませんのでご注意ください。ご協力お願いいたします。

*現在、教会でお借りしている駐車場は6月末までとなります。7月から主日礼拝時は、役員と牧師以外の方は教会の敷地内に駐車をお願いいたします。

*関東地区ジュニアユース夏の集いが730日(月)に開催されます。今年も鵠沼海岸でBBQをします。どうぞ皆さまの周りにいる中高大学生に参加のお声掛けをしてください。申込期限は6月末日。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切6月29日です。

*今年もクリスマスツリー・イルミネーションのための献金にご協力ください。よろしくお願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は5月17日(木)午前10時半から。

*「夕礼拝」次回は5月22日(火)午後7時半から。

*「ミュージックアーク」次回は5月19日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

13日(日) 昇天主日礼拝 柴田先生講演会

14日(月) 教会だより編集委員会 地区キャンプ委員会

15日(火) 休み

16日(水) 教会/牧師館

17日(木) 聖書に親しむ会 Music Ark練習

18日(金) 教会/牧師館

19日(土) Music Ark

来週の礼拝予定

聖霊降臨祭(ペンテコステ)礼拝 2018520

聖 書 ヨハネ15:26-16:4a

讃美頌 

讃美歌 シャイン・ジーザス・シャイン、Footprints、注ぎたまえ主よ、イエス神の子羊よ(聖餐)、この道はひとつ、GODBLESS YOU

説 教 「意気盛上」

説教者 笠原光見牧師


# by urawalutheran | 2018-05-16 00:23 | 今週の礼拝

主日の礼拝式次第

開会の部

前  奏  

み名による祝福

司)父と子と聖霊のみ名によって。 

) アーメン

司)主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともにありますように。 

会)またあなたとともに。

讃美歌      「あがめます主のみ名」   -歌集25番-

罪の告白とゆるし

司)父なる全能の神よ。

全員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことばと行いとによって、多くの罪を犯しました。私たちはみ前に罪をざんげし、父なる神の限りないあわれみにより頼みます。

司)あわれみ深い神よ。ます。アーメン

全員)み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪をゆるしてください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

ゆるしの言葉

司)天の父、全能の神は、私たちを憐み、私たちのためにその独り子を死に渡し、これによって、すべての罪をゆるしてくださいました。また、み名を信じるものには、神の子となる資格を与え、聖霊を注いでくださいます。信じて洗礼を受ける者は救われます。主よ、私たちすべての者に、この恵みをお与えください。  全員)アーメン

特別の祈り

すべての良きものの源である神さま。

あなたの聖なる息吹を与えて、正しいことを考え、それを実行できるように導いてください。

あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

福音書    ヨハネ福音書15:11-17   新199頁

説  教    「愛される人びと」     笠原光見牧師

ヨハネ福音書15章では、イエスさまがまことのぶどうの木とその枝の譬えをもってキリストと私たちは確かにつながっているということをはっきりと示してくださいました。そしてイエスさまはこのつながりを共有している私たちと共に分かち合いたいことがあるそれが「喜び」です。11節に「これらのことを話したのは、わたしの喜びがあなたがたの内にあり、あなたがたの喜びが満たされるためである」とイエスさまは言います。イエスさまの喜び、それはもちろん神さまとの繋がりであり、神さまのみ心、神さまの言葉を聴いて生きることであり、神さまの限りない愛にとどまり、愛し合い生きていくことです。これにとって代わる喜びはないということ。このことを繋がり合う弟子たちに、教会に、そしてこの世界に、私たちにはっきりと示し、その喜びの中で私たちが喜びに満たされて生きてほしいんです。移り変わり行くこの世の繋がり、不確かな支配者や指導者の言葉、限りある人間の愛の中ではどうしても満たされることのない喜びを、永遠である神さまとの繋がり、絶対である神さまのみ言葉、そして限りない神さまの愛を信じて留まることで、私たちの喜びは満たされていくのだということです。イエスさまはご自身が満たされている喜びを私たちとも共有したいんです。福音宣教とはそういうことです。「福音」、つまり喜びの知らせをあなたにも届けたい。私が受けた喜びをあなたにも知ってほしい。家族や友人にもこの喜びを分かち合いたいんだということから、イエス・キリストによって表された神さまのみ心、この世界に、私たちに向けられた思いと、愛とを私たちが人々に語ることであったり、何かしらの形で伝えていくんです。私たち一人ひとりにいのちを与え、私たち一人ひとりを愛しておられる神さまは、私たちの心を、そして一度きりの人生を喜びで満たしたいと思っておられるのです。

讃美歌         「たよりまつる」       -374-

信仰告白 使徒信条

奉献の部

奉献(献金)

奉献の祈り

憐み深い神よ。あなたは、私たちに恵みと愛のしるしとして、私たちの思いを超えた多くの賜物を日ごとに備えてくださいます。私たちは私たち自身と賜ったすべてのものを喜びと感謝をもってささげます。私たちのためにご自身をささげられた主イエス・キリストのゆえに、私たちのささげるすべてを受け入()れてください。

あなたと聖霊とともに ただひとりの神であり、永遠に生きて治められる御子 主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

教会の祈り(全員)

神さま。労苦を問わず、主に溶け込むように、主を信頼し歩む群れであれますように。主イエス・キリストのみ名によって祈ります。アーメン

(各々の祈り・代表者の祈り)

聖餐の部

聖餐の歌     「みんなでパンを分けよう」   -262-

平和の挨拶 (起立)

司)主の平和がみなさんとともにあるように

会)また、あなたとともに。

聖餐の制定

司)私たちの主イエス・キリストは渡される夜、パンを取り、感謝し、これを裂き、弟子たちに与えて言われました。「取って食べなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念のため、これを行ないなさい。」食事ののち、杯をも同じようにして言われました。「取って飲みなさい。これは罪のゆるしのため、あなたがたと多くの人々のために流すわたしの血における新しい契約である。わたしの記念のため、これを行ないなさい」。会)アーメン

主の祈り

聖餐と祝福

感謝の祈り

全能の神よ。この救いの賜物をもって、新たな力を与えてくださったことを感謝します。恵みによって、私たちがますます主を信じ、また互いに愛をもって仕えることができるように、私たちを強めてください。あなたと聖霊とともに、とこしえにただひとりの神であり、世の終わりまで生きて治められるみ子主イエス・キリストによって祈ります。アーメン 

派遣の部

讃美歌         「主はぶどうの木」   -歌集22番-

祝  福 (起立)

アーメン・アーメン・アーメン

後  奏

   

お知らせ

*本日、礼拝後、大掃除をします。ご協力お願い致します

大掃除の後に役員会をします。役員の方は出席してください。

*5月13日(日)礼拝説教を柴田千頭男先生にしていただきます。カレーライスランチ後、午後1時から2時半で講演会も予定しています。柴田先生の来られる貴重な機会をどうぞお聴きのがしなく。

*5月26日(土)関東地区女性の会が、新しくなったルターハウスで行われます。出席できる方は13日までに、参加申し込みをお願いいたします。

*6月3日(日)教会祭を行います。バザーのための献品をお願いいたします。今回は、古着・食器・電化製品は集めませんのでご注意ください。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切4月13日です。

*今年もクリスマスツリー・イルミネーションのための献金にご協力ください。よろしくお願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は5月17日(木)午前10時半から。

*「夕礼拝」次回は5月8日(火)午後7時半から。

*「ミュージックアーク」次回は5月19日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

6日(日) 復活後第五主日礼拝 大掃除 役員会 

7日(月) 休み

8日(火) 夕礼拝

9日(水) 教会/牧師館

10日(木) CGNTV撮影

11日(金) YMCAギター講師

12日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

昇天主日礼拝 2018513

聖 書 使徒書1:1-11、エフェソ1:15-23、ルカ24:44-53

讃美頌 詩編110

讃美歌 112278263(聖餐)、308

説 教 「喜びに満たされて」

説教者 柴田千頭男先生


# by urawalutheran | 2018-05-06 21:40 | 今週の礼拝

主日の礼拝式次第

前  奏  

初めの歌      「たぐいなきみ恵みよ」     -105-

罪の告白とゆるしの言葉

キリエ/グロリア

主日「特別の祈り」

全能の神さま。

み民の心をひとつにされる神さま。

あなたの掟を愛する心、あなたの約束への切なる望みを私たちに興し、激しく変動するこの世界の中でも、動くことのない喜びを与えてください。

あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

み言葉の部

聖書朗読

第一朗読 使徒書  8:26-40        新228頁

第二朗読 Ⅰヨハネ 3:18-24        新444頁

頌        詩編22編         週報2

福音書    ヨハネ福音書15:1-10     新198頁

み言葉の歌     「たよりまつる」        -374-

説  教      「愛で結ばれる」      笠原光見牧師

「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である」とイエスさまは言います。イエスさまに繋がるものは葉でも、実でもなく、みな同じく等しい枝です。つまりイエスさまに繋がる者はみな等しく、同じなのだということです。ここに分け隔てや差別、偏見は存在しないのです。教会という共同体はまさにそのような群れであるべきでしょうし、積極的に言えば私たちの生きるこの世界もそうあるべきだということでしょう。そして豊かに実を結ばせるためには農夫が必要です。イエスさまは農夫が父なる神さまだといいます。そして「いよいよ豊かに実を結ぶように手入れをなさる」といいました。農夫は実を結ばせるために手入れをする、つまり剪定をするわけです。剪定される枝の基準は農夫が定めた、つまり神さまが定めた実を結ばない枝です。神さまが定めた基準は愛の実を結ぶかどうかだけです。国や民族、家柄、功績、業績などは剪定の基準ではありません。神さまが定めた唯一の基準は愛の実を結んでいるかどうかということだけです。神さまと、イエス・キリストと私たち人間の結びつきは神さまの限りない愛以外の何ものでもありません。キリストと結ばれた私たちは神さまの愛を絶えず思い、誰をも分け隔てすることなく愛で結び合い生きていくものでありたいです。

信仰告白 使徒信条

奉献の部

奉献(献金)と奉献唱

奉献の祈り/教会の祈り

聖餐の部

聖餐の歌       「主イエス・キリストよ」     -260-

序  詞                      式文7

サンクトゥス

設定の言葉   式文8

主の祈り

アグヌス・ディ 式文9

配  餐

聖餐の感謝                    式文10頁

派遣の部                     式文11頁

ヌンク・ディミティス    式文12頁

祝  福  

終わりの歌      「わが主のみわざは」     -338-

後 奏  

   

お知らせ

*5月6日(日)礼拝後、大掃除をします。ご協力お願い致します

*5月6日(日)大掃除の後に役員会をします。役員の方は予定にいれてください。

*5月13日(日)礼拝説教を柴田千頭男先生にしていただきます。カレーライスランチ後、午後1時から2時半で講演会も予定しています。柴田先生の来られる貴重な機会をどうぞお聴きのがしなく。

*6月3日(日)教会祭を行います。バザーのための献品をお願いいたします。今回は、古着・食器・電化製品は集めませんのでご注意ください。

*古本・中古CD・DVD献金を続けています。締切6月29日です。

*今年もクリスマスツリー・イルミネーションのための献金にご協力ください。よろしくお願いいたします。

*「聖書に親しむ会」次回は5月17日(木)午前10時半から。

*「夕礼拝」次回は5月8日(火)午後7時半から。

*「ミュージックアーク」次回は5月19日(土)午後5時から。

今週の笠原牧師スケジュール

29日(日) 復活後第四主日礼拝 洗礼の学び

30日(月) 休み

5/1日(火) 休み

2日(水) 休み

3日(木) 休み

4日(金) 教会/牧師館

5日(土) 教会/牧師館

来週の礼拝予定

復活後第五主日礼拝 201856

聖 書 ヨハネ15:11-17

讃美頌 

讃美歌 あがめます主のみ名、374262(聖餐)、

主はぶどうの木

説 教 「愛される人びと」

説教者 笠原光見牧師


# by urawalutheran | 2018-04-29 21:42 | 今週の礼拝