人気ブログランキング |
説教 鈴木師      奏楽 木村姉

主日礼拝式次第
讃 美 歌 「主はわが隠れ場」
詩篇交読   19篇(4P)
祈   リ  
聖   書  マタイ5:21-26
信仰告白  使徒信条     
讃 美 歌 「インマヌエル」「御手の中で」              
説   教  「律法の生き方」
献   金  教会の祈り  
讃 美 歌  332番(教団)
聖 餐 式  
主の祈り
祝   祷  
報   告         

説教のみことば 
兄弟に向かって腹を立てる者は、だれでもさばきを受けなければなりません。兄弟に向かって『能なし。』と言うような者は、最高議会に引き渡されます。また、『ばか者。』と言うような者は燃えるゲヘナに投げ込まれます。                

説教のポイント 
マタイ5章から7章は「山上の説教」と呼ばれます。内容は人間として実行不可能なことばかりがイエスさまによって語られています。いきなりここを読んだ人は逃げ出したくなります。しかしもしこれが実行できたら最高に素晴らしい生き方になります。イエスさまはこれを絵に描いた餅、高根の花として示されたのでなく、実行可能な生き方として語られました。イエスさまは別な個所で次のように語られました。「人にはできないが、神はどんなことでもできる」と。神はイエスさまを通して、聖霊さまによって私たちに愛を注いでくださいます。神の愛がこれを可能にします。

《お知らせ》
1.本日は礼拝後、会員総会を開きます。普段は役員会で教会の運営を行っていますが、年初に全体で教会の1年の運営方針や予算を決めます。また昨年1年間、献金がどのように使われたかを決算書を通して報告します。教会員は出席してください。出席できない方は委任状を提出してください。
2.今年の日本ルーテル教団神学院の卒業式は3月13日(日)午後3時からルーテルセンター教会で行われます。卒業生は北川逸英兄です。
3.「ジュニア・ユース・キャンプ」を今年も開きます。3月29日(火)~31日(木)で、場所は千葉県[少年自然の家]

本日の説教に引用された聖句その他
詩篇37:1-9
37:1 ヨシヤの子ゼデキヤはエホヤキムの子コニヤに代って王となった。バビロンの王ネブカデレザルが彼をユダの地の王としたのである。
37:2 彼もその家来たちも、その地の人々も、主が預言者エレミヤによって語られた言葉に聞き従わなかった。
37:3 ゼデキヤ王はセレミヤの子ユカルと、マアセヤの子祭司ゼパニヤを預言者エレミヤにつかわして、「われわれのために、われわれの神、主に祈ってください」と言わせた。
37:4 エレミヤは民の中に出入りしていた。まだ獄屋に入れられなかったからである。
37:5 パロの軍勢がエジプトから出て来たので、エルサレムを攻め囲んでいたカルデヤびとはその情報を聞いてエルサレムを退いた。
37:6 その時、主の言葉は預言者エレミヤに臨んだ、
37:7 「イスラエルの神、主はこう言われる、あなたがたをつかわしてわたしに求めたユダの王にこう言いなさい、『あなたがたを救うために出てきたパロの軍勢はその国エジプトに帰ろうとしている。
37:8 カルデヤびとが再び来てこの町を攻めて戦い、これを取って火で焼き滅ぼす。
37:9 主はこう言われる、あなたがたは、「カルデヤびとはきっとわれわれを離れ去る」といって自分を欺いてはならない。彼らは去ることはない。

Ⅱコリント5:18-20 
5:18 しかし、すべてこれらの事は、神から出ている。神はキリストによって、わたしたちをご自分に和解させ、かつ和解の務をわたしたちに授けて下さった。
5:19 すなわち、神はキリストにおいて世をご自分に和解させ、その罪過の責任をこれに負わせることをしないで、わたしたちに和解の福音をゆだねられたのである。
5:20 神がわたしたちをとおして勧めをなさるのであるから、わたしたちはキリストの使者なのである。そこで、キリストに代って願う、神の和解を受けなさい。

エペソ2:14-18
2:14 キリストはわたしたちの平和であって、二つのものを一つにし、敵意という隔ての中垣を取り除き、ご自分の肉によって、
2:15 数々の規定から成っている戒めの律法を廃棄したのである。それは、彼にあって、二つのものをひとりの新しい人に造りかえて平和をきたらせ、
2:16 十字架によって、二つのものを一つのからだとして神と和解させ、敵意を十字架にかけて滅ぼしてしまったのである。
2:17 それから彼は、こられた上で、遠く離れているあなたがたに平和を宣べ伝え、また近くにいる者たちにも平和を宣べ伝えられたのである。
2:18 というのは、彼によって、わたしたち両方の者が一つの御霊の中にあって、父のみもとに近づくことができるからである。


礼拝後の予定
・会員総会

今週の予定
(水)・受洗準備  教会9:00 ・夕礼拝 教会19:30
(木)・聖書の学び 教会10:00
(金)・求道者聖研 教会10:00

以下の広告は、浦和ルーテル学院とも浦和ルーテル教会とも全く無関係です
# by urawalutheran | 2011-02-05 16:11 | 今週の礼拝
説教 鈴木師      奏楽 木村姉

主日礼拝式次第
讃 美 歌 「父の神の信実」
詩篇交読   19篇(4P)
祈   リ  
聖   書  マタイ5:13-16
信仰告白  使徒信条     
讃 美 歌 「誰でもキリストのうちに」
説   教  「塩と光の働き」
献   金  
教会の祈り  
讃 美 歌  533番(教団)
聖 餐 式  
主の祈り
祝   祷  
報   告

説教のみことば マタイ5:13
あなたがたは、地の塩です。もし塩が塩けをなくしたら、何によって塩けをつけるのでしょう。もう何の役にも立たず、外に捨てられて、人々に踏みつけられるだけです。             

説教のポイント 
イエスさまのおことばはいつも現在完了形だから驚きます。すでにそうであるという宣言です。「あなたがたは地の塩です」「この世の光です」。そのようになりなさい、でなく、これからそうなります、でもなく、もうすでにそうです、とおっしゃいます。これはイエスさまがそのようにしてくださっている、ということです。塩も光も人間が努力したり、頑張ったり、自己を啓発したり、訓練したりして手に入れるものではありません。イエス・キリストを信じる信仰によって、イエスさまから注がれるものです。頂くものです。だから現在完了形です。パウロの手紙もそうなっています。

《お知らせ》
1.来週の主日礼拝後、会員総会を開きます。教会員は出席してください。なお、教会員になって1年未満の方は出席が免除されます。教会員で出席できない方は委任状を書いて議長に提出してください。
2.今週の水曜日午前10時から、八木兄姉宅で「光の会Ⅱ」を開きます。出席希望者は案内をお渡しします。
3.木曜日の聖書の学びは、「ローマ人への手紙」を始めました。ガラテヤ書と共に、キリスト者の憲法と呼ばれるほど、重要な内容です。是非ご出席ください。
4.「ジュニア・ユース・キャンプ」を今年も開きます。3月29日(火)~31日(木)で、場所は千葉県[少年自然の家]

本日の説教に引用された聖句その他
ヨハネ8:12
12 イエスは、また人々に語ってこう言われた、「わたしは世の光である。わたしに従って来る者は、やみのうちを歩くことがなく、命の光をもつであろう」。
 
Ⅱコリント5:17
17 だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。
 
ヨハネ15:3 
3 あなたがたは、わたしが語った言葉によって既にきよくされている。
  
コロサイ4:6 
6 いつも、塩で味つけられた、やさしい言葉を使いなさい。そうすれば、ひとりびとりに対してどう答えるべきか、わかるであろう。

エペソ4:29 25 
25 こういうわけだから、あなたがたは偽りを捨てて、おのおの隣り人に対して、真実を語りなさい。わたしたちは、お互に肢体なのであるから。
29 悪い言葉をいっさい、あなたがたの口から出してはいけない。必要があれば、人の徳を高めるのに役立つような言葉を語って、聞いている者の益になるようにしなさい。

創世記1:3  
1:3 神は「光あれ」と言われた。すると光があった。

詩篇119:105 130 
105 あなたのみ言葉はわが足のともしび、わが道の光です。
130 み言葉が開けると光を放って、無学な者に知恵を与えます。

エペソ5:8-9 
8 あなたがたは、以前はやみであったが、今は主にあって光となっている。光の子らしく歩きなさい――
9 光はあらゆる善意と正義と真実との実を結ばせるものである――

マルコ10:43-45 
43 しかし、あなたがたの間では、そうであってはならない。かえって、あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、仕える人となり、
44 あなたがたの間でかしらになりたいと思う者は、すべての人の僕とならねばならない。
45 人の子がきたのも、仕えられるためではなく、仕えるためであり、また多くの人のあがないとして、自分の命を与えるためである」。

礼拝後の予定
・お茶と交わり

今週の予定
(水)・「光の会Ⅱ」 八木兄姉宅10:00 ・夕礼拝 教会19:30
(木)・聖書の学び 教会10:00
(金)・求道者聖研 教会10:00

        
# by urawalutheran | 2011-01-29 21:54 | 今週の礼拝
説教 鈴木師    奏楽 島田姉

主日礼拝式次第 
讃 美 歌  175番
式   文  1ページ
聖   書  マタイ4:18-25 
讃 美 歌  355番
説   教  「キリストに従う」
讃 美 歌  289番
信仰告白  ニケヤ信条 式文4ページ
献   金 
奉献唱 式文5ページ
教会の祈り  
聖 餐 式  式文7ページ
聖餐の感謝  式文10ページ
祝   祷
報   告

説教のみことば マタイ4:19-20            
イエスは彼らに言われた。「わたしについて来なさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう。」 彼らはすぐに網を捨てて従った。

説教のポイント 
イエスさまは地上の3年間で父から託された使命を果たされた。①神の国の福音の宣教。②人間の罪の除去。③弟子の選びと訓練。④神の国の完成。きょうの中心は弟子の選び。「わたしについて来なさい」が大事である。イエスさまの弟子はイエスさまがお選びになる。自ら弟子になろうとする人をイエスさまは断る。神の国は神の主権が中心で、神が主導権をお持ちになる。人間の思惑、目的、価値観を超えたものである。神の考え、目的、計画が徹底される。人間中心の世界を、神中心の世界に造り変えるのが目的である。弟子たちは神の考え、目的、計画を徹底してイエスさまから教えられる。ここには人間の考えが入る余地がない。人間の考え=肉、神の考え=霊。

《お知らせ》
1.本日午後3時から、大宮教会で埼玉分区の総会が開かれます。鈴木師と鵜殿兄が出席します。
2.総会案内がそれぞれの週報棚に入れてあります。出席できない方は委任状を議長まで出してください。
3.信徒の当番表(活動表)が掲示してあります。それぞれの当番日を確認して、都合の悪い方は変更を書記まで知らせてください。
4.「光の会Ⅱ」として、もう一つ八木兄姉の家で家庭集会を2月から始めます。原則として毎月第2水曜日午前10時30分からです。どなたでも参加してください。従来の「光の会Ⅰ」は毎月第3水曜日で北郷兄姉宅です。
5.木曜日の信徒聖研は「ローマ人への手紙」を連続で学んでいます。今週は第3回目です。
6.今年も「ジュニア・ユース・キャンプ」が開かれます。ポスターがあります。詳しいことは次にお知らせします。

礼拝後の予定
・お茶と交わり・埼玉分区総会 大宮教会15:00

今週の予定
(水)・信徒講座(1) 教会17:00・夕礼拝 教会19:30
(木)・聖書の学び 教会10:00・学院教師聖研
(金)・求道者10:00
# by urawalutheran | 2011-01-22 21:34 | 今週の礼拝
説教 鈴木師主日     奏楽 中村姉

礼拝式次第
讃 美 歌   48番
式   文  1ページ
聖   書  マタイ3:13-17 
讃 美 歌  175番
説   教  「真の人となられた神」
讃 美 歌   49番
信仰告白  ニケヤ信条 式文4ページ
献   金  奉献唱 式文5ページ
教会の祈り  
聖 餐 式  式文7ページ
聖餐の感謝  式文10ページ
祝   祷
報   告             

説教のみことば マタイ3:16 
こうして、イエスはバプテスマを受けて、すぐに水から上がられた。すると、天が開け、神の御霊が鳩のように下って、自分の上に来られるのをご覧になった。                     

説教のポイント 
神の子であり、罪なきお方が、罪の悔い改めを必要とする大勢の民衆と共に、バプテスマのヨハネの前で膝を屈めて洗礼をお受けになられたことを不思議に思う。ヨハネもそう思った。しかしイエスさまは「これは正しいことである」とおっしゃった。正しいとは、神のみ心であるということである。イエスさまは、真の人間として、それも罪人の一人として地上を歩む決心をされた。その証明が受洗である。同時にそれは父の神に忠実に従う表明でもあった。この従順は十字架の死にまで続く。洗礼が出発点であり十字架の死が終着点である。それはすべて私たちのためであった。私たちの一切をお引き受けになられたのである。

《お知らせ》
1.来週の礼拝後、役員会を開きます。役員の兄姉は礼拝後集まってください。
2.今週の週日から学びのクラスを始めます。曜日が決まっているのは、水曜日の17時からの信徒講座(1)の学び。同じ水曜日19時30分からの夕礼拝。木曜日の信徒聖研。 金曜日の求道者聖研。木曜日の信徒聖研は「ローマ人への手紙」を連続で学びます。是非ご出席ください。
3.今年の主題の「感謝」についてのみことばをしおりにしました。また1月2日の新年礼拝での説教をテープに録音してありますので、どうぞお聞きください。

礼拝後の予定
・お茶と交わり

今週の予定
(水)・信徒講座(1) 教会17:00・夕礼拝 教会19:30
(木)・聖書の学び 教会10:00
(金)・求道者10:00

以下の広告は、浦和ルーテル学院とも浦和ルーテル教会とも全く無関係です
# by urawalutheran | 2011-01-08 23:11 | 今週の礼拝
新年あけまして、おめでとうございます主にあって新年のお喜びを申し上げます。

説教 鈴木師     奏楽 木村姉

主日礼拝式次第
讃 美 歌 「威光、尊厳、栄誉」
詩篇交読  121篇(18p)祈   リ  
聖   書  Ⅰテサロニケ5:16-18
信仰告白  使徒信条     
讃 美 歌 「主イエスを喜ぶことは」
説   教  「感謝は力の源」
献   金  
教会の祈り  
讃 美 歌  604番(聖歌)
聖 餐 式
祝   祷  
報   告

説教のみことば Ⅰテサロニケ5:18
すべてのことについて感謝しなさい。これがキリスト・イエスにあって、神があなたがたに望んでおられることです。    
                                                                                                            
説教を聴くポイント 
感謝ができることはとても幸せなことだと思う。しかしこれがなかなかむずかしい。日常生活では感謝よりも不平・不満、文句、愚痴が多いのではないか。ましてや、「すべてのことに感謝せよ」とは、もっとむずかしいことではないだろうか。物事がうまく運んだり、人から親切にされた時は感謝も自然に起きるが、思うようにならない時、苦しい時、人間関係がまずくなった時、病気の時はとても感謝などできない。「すべてに感謝」は人間の領域ではなくて、神の領域、信仰の問題だと思う。感謝の思いはこの世の状況や境遇から来るのではなくて、神から、神の愛から来る恵みに目と心を向けた時に生まれてくると思う。「神は私に最善のことをしてくださる」という、主に対する信頼が感謝の根拠である。

《お知らせ》
○今年も主への礼拝で恵みあふれる時を過ごしましょう。 今年の主題は「感謝」です。感謝できる環境を作るのでなく、どのような環境でも感謝できることです。今年一年、どうぞよろしくお願いします。

○本日の説教の引用聖句 
詩篇1:1-3 
ヨハネ14:27 
創世記1:1、31 
Ⅰテモテ4:4 ローマ8:32 
ガラテヤ2:20 
Ⅰコリント1:9 
詩篇103:5 121:5-8 
イザヤ43:1-2 46:3-4 
詩篇119:67、71

礼拝後の予定
・お茶と交わり

今週の集会来週からすべての集会を開きます。
(金)・ルール学院 教師聖研14:00

以下の広告は、浦和ルーテル学院とも浦和ルーテル教会とも全く無関係です
# by urawalutheran | 2011-01-02 13:18 | 今週の礼拝
イエスさまの御降誕をお喜びし
お祝い申し上げます
2010年12月19日 №10-51  聖降誕主日_b0103594_029332.jpg


説教 鈴木師       奏楽 中村姉

礼拝式式次第 
讃 美 歌 98番「あめにはさかえ」
祈   り 
聖   書  ヨハネ1:1-5
特別讃美 「さやかに星はきらめき」 Oh Holly Night
説   教  「光は闇の中に輝く」
讃 美 歌 121番「こよいなりわたる」
献   金   特別讃美 Amazing Grace
教会の祈り  
讃 美 歌 111番「神の御子は」
聖 餐 式 
「主の祈り」(スクリーン)
祝   祷
報   告  

説教のみことば ヨハネ1:4-5
この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。 光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。         

本日の特別の祈り 
主よ、あなたの深い愛といつくしみと憐れみにより、この世に御ひとり子を遣わしてくださいました。飼い葉桶に眠っておられる幼子に、あなたの愛といのちと光が宿っています。ここに私たちの希望があります。そして平安と喜びがあります。あなたと聖霊とともに、唯一の神であり,世々限りなく生きてお治めになる御子、私たちの主イエス・キリストによって感謝して祈ります。アーメン。

《お知らせ》
1.本日礼拝後、主のご降誕をお祝いして祝会を開きます。持ち寄りの料理で食事と交わりの時を持ちます。その後でプレゼントの交換をします。
2. 本日祝会の後、お疲れさまですが24日の準備をします。 ご協力をお願いします。
3.24日(金)は、午後5時から第1部「讃美礼拝」をします。 この時学院の聖歌隊の皆さんが特別讃美をしてくださいます。午後7時から燭火礼拝を行います。時間のある方は第1部から参加くださると助かります。第2部は役員兄姉と係りの兄姉は6時までに来てください。
4.来週は本年最後の主日礼拝です。礼拝後クリスマスの飾りを仕舞います。ご協力をお願いします。
5.元旦礼拝は2日(日)に新年礼拝と一緒に11時から行います。教会学校はお休みしますが大人の礼拝と一緒にします。

礼拝後の予定
・クリスマス祝会 食事、プレゼント

今週の予定
(月)・求道者9:00
(水)「光の会」・北郷兄姉宅・17時からの成長講座と19時30分の夕礼拝はお休みします。
(金)・クリスマス燭火礼拝 第1部17:00 第2部19:00

以下の広告は、浦和ルーテル学院とも浦和ルーテル教会とも全く無関係です
# by urawalutheran | 2010-12-18 00:37 | 今週の礼拝
説教 鈴木師    奏楽 中村姉

主日礼拝式次第 
讃 美 歌   97番(教団)
式   文  1ページ
聖   書  マタイ1:18-25 
讃 美 歌   96番(教団)
説   教  「神はわれらと共に」
讃 美 歌  151番
信仰告白  ニケヤ信条 式文4ページ
献   金 
奉献唱 式文5ページ教会の祈り  
聖 餐 式  式文7ページ
聖餐の感謝  式文10ページ
祝   祷
報   告 
            
説教のみことば マタイ1:20
彼がこのことを思い巡らしていたとき、主の使いが夢に現われて言った。「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。」       

説教のポイント 
クリスマスは天と地の接点である。目に見えない世界が、目に見える世界に入ってきたのである。具体的には神が人間となられたことである。神が人間となられるには、さらに具体的には誰かが接触することになる。その大変な役割を担わされたのがヨセフとマリヤであった。神の子を宿すという前代未聞の出来事が、二人の人生に介入してきた。貧しくてもつつましく生きてゆくはずであった二人に、神は全人類の救いを達成するという遠大なご計画を担わせられたのである。この二人は苦悩の人生を歩むことになる。しかし神は天の祝福をこの夫婦にお与えになった。ローマ皇帝の名は忘れられても、ヨセフとマリヤの名は、永遠に残ることになった。

《お知らせ》
1.本日礼拝後、礼拝堂内外の大掃除をします。クリスマスと新年の準備をします。ご協力ください。2.本日午後3時から「さいたま市民クリスマス」がさいたま市民会館おおみや大ホールで開かれ、小坂 忠師始め埼玉新生クワイアによるコンサートとクリスマス・メッセージがあります。入場券(500円)があります。
3.来週の主日は「聖降誕礼拝」です。礼拝後祝会を開きます。持ち寄りの食事をします。その後、プレゼント交換をします。各自500円のプレゼントをご用意ください。
4.毎週水曜日19時30分から夕礼拝をささげています。主日礼拝に出席できない方、またできなかった方のために開きます。それに限らずどなたでもご出席ください。
5.冬期特別献金をお願いしています。ご案内を週報棚に入れてあります。よろしくお願いします。
6.24日(金)は午後5時「讃美礼拝」と午後7時「燭火礼拝」の2回、礼拝をささげます。

礼拝後の予定
・大掃除
・クリスマスコンサート 大宮15:00

今週の予定
(月)・成長講座2 教会15:30
(水)・求道者 9:00 ・夕礼拝 教会19:30
(木)・聖書の学び 教会10:00
(金)・求道者10:00

以下の広告は、浦和ルーテル学院とも浦和ルーテル教会とも全く無関係です。
# by urawalutheran | 2010-12-12 16:23 | 今週の礼拝
説教 鈴木師     奏楽 木村姉

主日礼拝式次第 
讃 美 歌   94番(教団)
詩篇交読   32篇(6P)
祈   リ  
聖   書  マタイ3:1-12
信仰告白  使徒信条     
讃 美 歌 「ほめよ主の民」
説   教  「さばきによる恵み」
献   金  
教会の祈り  
讃 美 歌  502番(教団)
聖 餐 式  
主の祈り
祝   祷  
報   告         

説教のみことば マタイ3:12
「手に箕を持っておられ、ご自分の脱穀場をすみずみまできよめられます。麦を倉に納め、殻を消えない火で焼き尽くされます。」   

説教のポイント 
聖書で「荒野」は重要な意味を持っている。そこは人間の要素が何もない所。人間の産物である文明、文化(思想、哲学、科学、宗教)と無縁な所。神だけがおられる所。イスラエルの民はこの荒野で信仰を培われた。ここでは神のことばが純粋に聞かれる。イスラエルの民は約束の地、カナンに入ってから堕落した。人間の文明、文化に魅力を感じ、そこに憧れた。その分、神から遠ざかった。預言者は「荒野に帰れ」と叫んだ。エリヤの再来と言われたバプテスマのヨハネは荒野で神の声となった。来るべきお方に方向を転換せよと迫る。来るべきお方とは「さばき主」である。しかしこのさばきは人間を滅ぼすさばきでなく、救うさばきである。神の恵みとしてのさばきである。

《お知らせ》
1.本日礼拝後、役員会を開きます。役員の兄姉は礼拝後集まってください。
2.来週礼拝後教会堂内外の大掃除をします。クリスマスと新年の備えをします。ご協力ください。
3.「さいたま市民クリスマス」12月12日(日)午後3時 さいたま市民会館おおみや大ホール。小坂 忠師始め埼玉新生クワイア。入場券(500円)があります。コンサートとクリスマス・メッセージがあります。お勧めします。
4.水曜日に夕礼拝を始めました。主日礼拝に出席できない方、主日礼拝を欠席された方のために設けました。

本日の説教に引用された聖句その他
Ⅰコリント1:18-25
1:18 十字架の言は、滅び行く者には愚かであるが、救にあずかるわたしたちには、神の力である。
1:19 すなわち、聖書に、/「わたしは知者の知恵を滅ぼし、/賢い者の賢さをむなしいものにする」/と書いてある。
1:20 知者はどこにいるか。学者はどこにいるか。この世の論者はどこにいるか。神はこの世の知恵を、愚かにされたではないか。
1:21 この世は、自分の知恵によって神を認めるに至らなかった。それは、神の知恵にかなっている。そこで神は、宣教の愚かさによって、信じる者を救うこととされたのである。
1:22 ユダヤ人はしるしを請い、ギリシヤ人は知恵を求める。
1:23 しかしわたしたちは、十字架につけられたキリストを宣べ伝える。このキリストは、ユダヤ人にはつまずかせるもの、異邦人には愚かなものであるが、
1:24 召された者自身にとっては、ユダヤ人にもギリシヤ人にも、神の力、神の知恵たるキリストなのである。
1:25 神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強いからである。
 
ローマ12:2
12:2 あなたがたは、この世と妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善であって、神に喜ばれ、かつ全きことであるかを、わきまえ知るべきである。
 
マタイ6:6 
6:6 あなたは祈る時、自分のへやにはいり、戸を閉じて、隠れた所においでになるあなたの父に祈りなさい。すると、隠れた事を見ておられるあなたの父は、報いてくださるであろう。

申命記8:11-14 
8:11 あなたは、きょう、わたしが命じる主の命令と、おきてと、定めとを守らず、あなたの神、主を忘れることのないように慎まなければならない。
8:12 あなたは食べて飽き、麗しい家を建てて住み、
8:13 また牛や羊がふえ、金銀が増し、持ち物がみな増し加わるとき、
8:14 おそらく心にたかぶり、あなたの神、主を忘れるであろう。主はあなたをエジプトの地、奴隷の家から導き出し、

ヨハネ黙示録22:18-19 
22:18 この書の預言の言葉を聞くすべての人々に対して、わたしは警告する。もしこれに書き加える者があれば、神はその人に、この書に書かれている災害を加えられる。
22:19 また、もしこの預言の書の言葉をとり除く者があれば、神はその人の受くべき分を、この書に書かれているいのちの木と聖なる都から、とり除かれる。

使徒10:42 
10:42 それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、人々に宣べ伝え、またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。

Ⅱコリント5:10 
5:10 なぜなら、わたしたちは皆、キリストのさばきの座の前にあらわれ、善であれ悪であれ、自分の行ったことに応じて、それぞれ報いを受けねばならないからである。

ヨハネ黙示録22:20    
22:20 これらのことをあかしするかたが仰せになる、「しかり、わたしはすぐに来る」。アァメン、主イエスよ、きたりませ。

礼拝後の予定
・お茶と交わり
・役員会

今週の予定
(月)・新潟(幼)理事会
(水)・求道者 9:00 夕礼拝 19:30
(木)・お休み
(金)・求道者聖研 教会10:00

以下の広告は、浦和ルーテル学院とも浦和ルーテル教会とも全く無関係です。
# by urawalutheran | 2010-12-05 08:48 | 今週の礼拝
説教 鈴木師

讃 美 歌    1番
式   文  1ページ
聖   書  ローマ13:11-14 
讃 美 歌  326番(教団)
説   教  「キリストを身に着る」幼児祝福式
讃 美 歌  453番(教団)
信仰告白  ニケヤ信条 式文4ページ
献   金 
奉献唱 式文5ページ教会の祈り  
聖 餐 式  式文7ページ
聖餐の感謝  式文10ページ
祝   祷
報   告

説教のみことば 
夜はふけて、昼が近づきました。ですから、私たちは、やみのわざを打ち捨てて、光の武具を着けようではありませんか。   ローマ13:12

説教のポイント 
「光」は神の秩序。「闇」は混沌、偶然が支配する世界。混沌も偶然も目的もなく計画もなく、さまよい、漂う状態。これに対して光は神の目的、神の計画を持った世界。この世界は神の意志、神の目的、神の計画によって造られたもの。神にとって意味がある。創世記1:3に「神は『光あれ』と仰せられた。すると光ができた。」とある。この世界は目的を持ち、人間も神の目的を持って造られた。もし人間が神を知らず、神を信じなかったなら、この世と人間の存在の目的も意味も知らず、闇の中に生きることになる。イエス・キリストは光として来られた。人間に光を伝えるため。「わたしは世の光です。わたしに従う者は決して闇の中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです。」ヨハネ8:12

《お知らせ》
1.本日礼拝後、クリスマスの飾り付けをします。ご協力をお願いします。
2.来週礼拝後役員会を開きます。役員の兄姉は礼拝後集まってください。予定より一週早めました。
3.本日午後3時から、福島教会で東北伝道委員会が開かれ、鈴木師が出席します。
4.今週の水曜日から毎週19時30分から夕礼拝を始めます。主日礼拝に出席できない方、またできなかった方のために開きます。それに限らずどなたでもご出席ください。
5.冬期特別献金をお願いしています。ご案内を週報棚に入れてあります。よろしくお願いします。7.「教会だより」11月号が来ています。各自週報棚をご覧ください。

礼拝後の予定
・クリスマス飾りつけ

今週の予定
(月)・学院聖研 学院16:40
(火)・信徒講座(2) 教会15:30
(水)・夕礼拝 教会19:30
(木)・聖書の学び 教会10:00
(金)・求道者10:00
# by urawalutheran | 2010-11-28 11:54 | 今週の礼拝
説教 鈴木師   奏楽 木村姉

主日礼拝式次第 
讃 美 歌 「主にハレルヤ」
祈   リ  
聖   書  ル カ20:27-40
信仰告白  使徒信条     
讃 美 歌 「主はわが隠れ場」
説   教  「生きている人の神」
献   金  
教会の祈り  
讃 美 歌  532番(教団)
聖 餐 式  
主の祈り
祝   祷  
報   告 

説教のみことば ル カ20:38                               
「神は死んだ者の神ではありません。生きている者の神です。というのは、神に対しては、みなが生きているからです。」
        
説教のポイント 
パスカルは「神は哲学(観念)の神でなく、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である」と言った。イスラエルの父祖を選び、彼らと人格の交わりを持ち、イスラエルの歴史を導いた紛れもなく生きて働く神であることをパスカルは表明した。さらに神はついにこの歴史の中に降り立って見える姿となられた。イエス・キリストにおいてついには全人類の神となられた。アブラハム、イサク、ヤコブの神と言われる時、彼らが死んだのなら神は死んだ者の神である。イエスさまは「生きている者の神」であるとおっしゃった。アブラハム、イサク、ヤコブは死んでいないと!すでに死んだと思われている過去の人も、実は死んでいない。生きている。これは復活を示すことばである。復活を果たされたイエスさまのことばゆえに真実である。

《お知らせ》
1.本日礼拝後、役員会を開きます。役員の兄姉は礼拝後集まってください。
2.本日午後3時から大宮教会で埼玉分区会を開きます。
3.「さいたま市民クリスマス」12月12日(日)午後3時 さいたま市民会館おおみや大ホール。小坂 忠師始め埼玉新生クワイア。入場券(500円)があります。コンサートとクリスマス・メッセージがあります。お勧めします。
4.来週主日礼拝後、クリスマスの飾り付けをします。すでに外のツリーの電飾は済んでいます。ご協力をよろしくお願いします。

本日の説教に引用された聖句その他

ヨハネ黙示録21:3 
21:3 また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、

ヨハネ11:25-26 
11:25 イエスは彼女に言われた、「わたしはよみがえりであり、命である。わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる。
11:26 また、生きていて、わたしを信じる者は、いつまでも死なない。あなたはこれを信じるか」。

ヨハネ14:6 14:23 
14:6 イエスは彼に言われた、「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。
14:23 イエスは彼に答えて言われた、「もしだれでもわたしを愛するならば、わたしの言葉を守るであろう。そして、わたしの父はその人を愛し、また、わたしたちはその人のところに行って、その人と一緒に住むであろう。

ローマ14:7-9 
14:7 すなわち、わたしたちのうち、だれひとり自分のために生きる者はなく、だれひとり自分のために死ぬ者はない。
14:8 わたしたちは、生きるのも主のために生き、死ぬのも主のために死ぬ。だから、生きるにしても死ぬにしても、わたしたちは主のものなのである。
14:9 なぜなら、キリストは、死者と生者との主となるために、死んで生き返られたからである。

Ⅰコリント3:23 3:16 6:19-20 
3:23 そして、あなたがたはキリストのもの、キリストは神のものである。
3:16 あなたがたは神の宮であって、神の御霊が自分のうちに宿っていることを知らないのか。
6:19 あなたがたは知らないのか。自分のからだは、神から受けて自分の内に宿っている聖霊の宮であって、あなたがたは、もはや自分自身のものではないのである。
6:20 あなたがたは、代価を払って買いとられたのだ。それだから、自分のからだをもって、神の栄光をあらわしなさい。

ヨハネ1:4-5 3:16
1:4 この言に命があった。そしてこの命は人の光であった。
1:5 光はやみの中に輝いている。そして、やみはこれに勝たなかった。
3:16 神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。

創世記1:1 26-27 
1:1 はじめに神は天と地とを創造された。
1:26 神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべての這うものとを治めさせよう」。
1:27 神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。

コロサイ2:2-4 
2:2 それは彼らが、心を励まされ、愛によって結び合わされ、豊かな理解力を十分に与えられ、神の奥義なるキリストを知るに至るためである。
2:3 キリストのうちには、知恵と知識との宝が、いっさい隠されている。
2:4 わたしがこう言うのは、あなたがたが、だれにも巧みな言葉で迷わされることのないためである。

礼拝後の予定
・お茶と交わり
・役員会

今週の予定
(月)・牧師会10:00 信徒成長 15:30
(水)・求道者 9:00 信徒成長 17:00
(木)・信徒講座(2) 教会10:00
(金)・求道者聖研 教会10:00    
# by urawalutheran | 2010-11-21 01:12 | 今週の礼拝