新年あけまして、おめでとうございます
主にあって新年のお喜びを申し上げます


説教 鈴木師    奏楽 木村姉

主日礼拝式次第
讃 美 歌 333番
詩篇交読  121篇(18p)
祈   リ  
聖   書  マタイ2:1-12
信仰告白  使徒信条     
讃 美 歌  185番
説   教  「まっすぐ神を見る」
献   金  
教会の祈り  
讃 美 歌   49番
聖 餐 式
祝   祷  
報   告

説教のみことば マタイ2:11

新改訳
そしてその家にはいって、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。そして、宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた。

新共同訳
家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。

口語訳
そして、家にはいって、母マリヤのそばにいる幼な子に会い、ひれ伏して拝み、また、宝の箱をあけて、黄金・乳香・没薬などの贈り物をささげた。

文語訳
家に入りて、幼児(おさなご)のその母マリアと偕(とも)に在(いま)すを見、平伏して拝し、かつ寶(たから)の匣(はこ)をあけて、黄金・乳香・没薬など禮物を獻(ささ)げたり。

NKJV
And when they had come into the house, they saw the young Child with Mary His mother, and fell down and worshiped Him. And when they had opened their treasures, they presented gifts to Him: gold, frankincense, and myrrh.

TEV
They went into the house, and when they saw the child with his mother Mary, they knelt down and worshiped him. They brought out their gifts of gold, frankincense, and myrrh, and presented them to him.

説教を聴くポイント 
シメオンはどうして幼子イエスを見て救い主と確信したのでしょうか。バプテスマのヨハネはどうしてナザレのイエスを救い主と見たのでしょうか。全く同じように東方から来た博士たちはどうして家畜小屋の幼子をユダヤの王と見ることができたのでしょうか。この答えは人間の理性や学問的研究、或いは経験からは出てきません。これこそ神の「啓示」というものではないかと思います。人間が理性で納得する範囲を超えています。 翻って、私たちはどうでしょうか?Ⅰコリント12:3でこうあります。「聖霊によるのでなければ、だれも、『イエスは主です。』と言うことはできません。」私たちもやはりイエスを主キリストとするのは「神のわざ」です。

《お知らせ》
1.今年も主への礼拝で恵みあふれる時を過ごしましょう。 今年の主題は「神のことばを喜ぶ」です。神のことばは人間への愛のメッセージです。神のことばを聴くほどに神の愛で満たされます。今年一年、神のことばを喜び神の愛を生きる者としていただきましょう。

礼拝後の予定
・お茶と交わり

今週の集会
(木)・婦人の学び お休み
             
# by urawalutheran | 2010-01-01 00:28 | 今週の礼拝
『教会だより』2008年11月号
1974年教団総会決議(「名尾文書」)
婦人按手に関する説明
1970年10月31日付、美唄聖ョハネ・ルーテル教会代表、林忠憲、牧師エルノ・セドラック両氏から、常議員会宛に、下記のような議案が提出されました。この本文は1970年度の第四回常議員会議事報告の付録にあります。その要旨は、日本福音ルーテル教会が熊本での総会で、婦人に牧師職につく按手をほどこしたことは聖書の教えに反するので、日本福音ルーテル教会と交わりを持つわが教団はこれに対して公に抗議しなければならない、ということです。
これに対し、常議員会は70-119で、この問題の重要性を認め、特に教団が他の教会に公に抗議する場合、総会の議決を得なくてはならないので、議長がこの問題を検討し、教会と牧師と連絡をとって報告するようになっています。
その後、美唄教会を訪問し、セドラック牧師とも数回文通したり、面談してこの問題についての理解を深めてきましたが、特に1972年6月1日付のセドラック牧師から私への質問に、婦人が牧師職につくことは第1テモテ2:11-14と第1コリント14:33-38に明らかに禁じられているではないか、とありました。
本報告では婦人の教会における地位などのことは省略し、上記の聖書箇所が明らかに婦人が牧師職につくことを禁じているかどうかを調べてみることにします。(セドラック師には同年6月12日付返事、発送は義母の葬儀などで遅れた)
この問題について、私はできる限り多くの論文やセドラック師の北海道地区教職会におけるこの問題についての論文も参考にしました。
婦人が牧師職につくことが聖書に明らかに禁じられているか、いないか、それをいかに今日の教会に適用するかの問題は、解釈学と教理学の立場で検討されなくてはなりません。教理学上、聖書に、はっきり教えていない教理をアディアフオラと言います。アディアフキラの箇所は、聖害全体から見直し、教会の秩序を保つために現代の教会の規則として用いなければなりません。
次に解釈学の立場で上記の聖書の箇所がアディアフオラかどうかを調べてみます。事実、この聖書箇所はルーテル教会ミズーリ・シノッドが教会における婦人の投票権を禁ずる教理の根拠として取り上げていた箇所であり、わが教団の初代期にも問題になったにがい経験を私は持っています。昨年のミズーリ・シノッドの総会には何人もの婦人の教会代表者が出席していました。アディアフオラの適用は時代と場所によって変わるものであることが分かります。
(1)まず、牧師職というとき、その最初にして最も重要な務めは、聖書の福音を純正に説教することであります。上記の聖書箇所は、婦人が教会で説教することを禁じているかどうかを調べてみます。
この箇所に限らず、ある特定の箇所を文脈(コンテクスト)から切り離して、その文字どおりを現代に適用すべきではありません。聖書記者が当時の状況のもので伝えるメッセージの中で、その箇所を解釈して現代に適用しなければなりません。
(2)まず第1テモテ2:11-14の中で、特に11節一12節を取り上げてみます。それは婦人が教会で説教をするのを禁じるためにこの箇所がしるされているかに関係するからです。この章全体の主旨は信徒が(2節)当時の社会にあって、家庭で敬虔にまた静かな一生を過ごすため(2節)にしるされています。それで8節が男について、9節以下が女についてであります。ここに使われている女という原語は次章(第1テモテ3:2、12、5:9)に使われている「妻」と同じ原語であります。この語はマタイ1:20、24、5:31など多数が妻の意味です。8節の男も、上記の次章の3:2、12、5:9で「夫」であります。
ですから12節の「私は女が教えたり男を支配したりすることを許しません」はエペソ5:22節以下の妻たちの夫に対する従順さを教えているのと同様であります。ここでは女性一般の教会での生活を言っているのではなく、家庭にあっての夫婦関係の生活について教えているのです。
でなければ、15節に「女は子を産むことによって救われます」というのは未婚の婦人にとってはできないわざです。12節の「黙っていなさい」(新改訳)は口語訳の「静かにしているべきである」のように、この原語は2節の「静かな一生」や第2テサロニケ3:12の「静かにする」ことで説教に関係ありません。
(3)次に第1コリント14章全体は教会(集会)において預言し、異言を語る場合、秩序が立てられなければならないことを教えています。第1コリント11:4では女も集会で祈り預言しているからです。この14:33-35の女も上記(2)の場合と同じく妻を意味しています。それで34節に「女は教会で黙っていなさい」と言い、35節で「もし何かを学びたければ家で自分の夫に尋ねなさい」とあります。これが女性一般であると文宇どおり解釈すれば、現代の教会で未婚の女性はどうしたらよいでしょう。美唄教会で会員の方々と懇談したとき、ひとりの婦人にご主人はキリスト者ですかと尋ねたところ、未信者の方でありました。婦人が教会で何かを学びたいとき(35節)、それでも未信者の夫や家庭の人々に相談しなければならないとここで教えているのでしょうか。この箇所は第1ペテロ3:1-2が参考になります。
(4)この34節の「女は教会で黙っていなさい」の「黙する」の原語にも「静かにする」(使12:17)意がありますが、ここは文字どおり「黙る」ことで、これは28節、30節の男たちも「教会では黙っていなさい」と言われているとおり、預言する順番を待って集会での秩序を保つためであります。
次に「彼ら(女たち)は語ることを許されていない」の4語る1の原語は古典では「おしやべり」の意に使われ、新約では話す、語るとして多く用いられ、黙示録4:1ではラッパが「鳴る」、10:4では雷が「とどろく」意味に使われています。
次の「律法も言うように、女は服従しなさい」というのは、女は語ってはならないと律法(旧約聖書)に禁じているのではなく、その用例もありません。ここでは「服従しなさい」ということだけを夫婦関係で前記の第1テモテ2:11、12と関連して創世記3:16に言及していると思われます。
35節の「教会で語ることは女にとってふさわしくない」(新改訳)「教会で語るのは、婦人にとって恥ずべきことである」(口語訳)の「女」「婦人」も前述のように「妻」の意味で、集会に夫婦そろって出席しているとき、何かの問題をべちやべちやしやべってはならない、何かわからないことがあれば(35節)教会では黙っていて、家に帰って自分の夫に尋ねなさい、と言って集会での秩序が乱されないために、このことが言われているのです。この1語るカはどうしても説教することには解されません。むしろ39節ではみんなが「預言すること異語を話すこと」をすすめています。そして最後(40節)に「ただ、すべてのことを適切に、秩序をもって行ないなさい」と結んでいるのは、そのためです。
(5)こうして前記の聖書箇所は、婦人が教会で説教することを明白に禁じていません。これはアディアフオラの問題であるので、現代の教会では、教会の秩序を保つために、その必要に応じて適用しなければなりません。
私たちの教団では1970年の総会の席上、全教会が現在、婦人を牧師として招鴨する意志がないことが表明されましたから、今日は、憲法規則を変更する必要はありません。しかし教会が必要とする場合は、そのとき、改むべきでありましょう。
(6)目本福音ルーテル教会が婦人に牧師職の按手を施したのは、教会の秩序を保つ必要からであって、これは明らかに聖書の教えに反した行為でないので、わが教団がこれに公に抗議する必要はありません。抗議するときには、明らかに聖書の教えに反する行為があったときのみで、その場合は聖壇と講壇の交わりも絶つべきときであります。
アウグスブルグ信仰告白は、聖書の根本的な教理を受け入れる以外には、何事においても一様さが必要でないことを主張しています。
# by urawalutheran | 2009-01-12 18:13 | 婦人会

バルメン宣言

4月13日の礼拝の説教の中で、鈴木牧師が引用されたバルメン宣言を参考までに掲載しました。

Barmen Declaration
バルメン宣言(ドイツ福音主義教会の今日の状況に対する神学的宣言)
1934年5月

 ドイツがヒットラーによってナショナリズム、アウシュビッツに代表されるホロコースト、世界大戦へと行進していったただ中に、カール・バルトは生きた。ヒットラーは政権掌握(1933年)した後、急速にその正体をむき出しにしていった。その際、過半数のプロテスタントはいわゆる「ドイツ的キリスト者」を名乗ってナチスに追随した。この事態を黙視できなくなった人々が、これに抵抗する「告白教会」を形成した。そしてこの「告白教会」によって信仰告白の形をとったバルメン宣言がなされた(1934年)。このバルメン宣言の起草者の一人がバルトである。これによって自らの戦責をも告白しつつ、ナショナリズムに対して「否(ナイン)!」を叫び、抵抗がなされていったのである。 戦後の「ドイツ福音主義教会」は、その綱領の中で、傘下のすべての教会がこのバルメン宣言を信仰と神学の尺度とすべきことを明記している。バルメン宣言とは、それほど重要な宣言である。カール・バルトはバルメン宣言の起草者の一人である。バルトはその5ヶ月前に出された改革派教会の声明でも指導的な役割を果たした
ドイツ福音主義教会は、その1933年7月11日の憲法前文に従えば、…

第1項
「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」ヨハネ14:6
「まことに、まことに、あなたがたに告げます。羊の囲いに門からはいらないで、ほかの所を乗り越えて来る者は、盗人で強盗です。わたしは門です。だれでも、わたしを通ってはいるなら、救われます。」ヨハネ10:1,9
 聖書においてわれわれに証しせられているイエス・キリストは、われわれが聞くべき、またわれわれが生と死において信頼し服従すべき神の唯一の御言葉である。
 教会がその宣教の源として、神のこの唯一の御言葉の他に、またそれと並んで、更に他の出来事や力、現象や真理を、神の啓示として承認し得るとか、承認しなければならないとかいう誤った教えを、われわれは斥ける。

第2項
「しかしあなたがたは、神によってキリスト・イエスのうちにあるのです。キリストは、私たちにとって、神の知恵となり、また、義と聖めと、贖いとになられました。」Ⅰコリント1:30
 イエス・キリストは、われわれの一切の罪の赦しについての神の呼びかけであるのと同様に、またそれと同じ厳粛さをもって、彼はわれわれの全生活に対する神の力ある要求でもある。彼によってわれわれは、この世の神なき束縛から脱して、彼の被造物に対する自由な感謝に充ちた奉仕へと赴く喜ばしい解放が興えられる。
 われわれがイエス・キリストのものではなく他の主のものであるような、われわれの生の領域があるとか、われわれがイエス・キリストによる義認と聖化を必要としないような領域があるとかいう誤った教えを、われわれは斥ける。

第3項
「むしろ、愛をもって真理を語り、あらゆる点において成長し、かしらなるキリストに達することができるためなのです。キリストによって、からだ全体は、一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。」エペソ4:15、16
 キリスト教会は、イエス・キリストが言葉とサクラメントにおいて、聖霊によって、主として、今日働き給う兄弟たちの共同体である。教会は、その服従によっても、またその信仰によっても、その秩序によっても、またその使信によっても、罪のこの世にあって、恩寵を受けた罪人の教会として、自分がただイエス・キリストの所有であり、ただ彼の慰めと指示によってだけ彼が現れ給うことを期待しつつ生きているということ、生きたいと願っているということを、証ししなければならない。
 教会が、その使信やその秩序の形を、教会自身の好むところに任せてよいとか、その時々に支配的な世界観的確信や政治的確信の変化に任せてよいとかいうような誤った教えを、われわれは斥ける。

第4項
「あなたがたも知っているとおり、異邦人の支配者たちは彼らを支配し、偉い人たちは彼らの上に権力をふるいます。あなたがたの間では、そうではありません。あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、みなに仕える者になりなさい。」マタイ20:25、26
 教会に様々の職位があるということは、或る人々が他の人々の支配する根拠とはならない。それは教会全体に委ねられ命ぜられた奉仕を行うための根拠である。
 教会が、このような奉仕を離れて、支配権を賦与された特別の指導者を持ったり与えられたりすることが出来るとか、そのようなことを為してもよろしいとかいうような誤った教えを、われわれは斥ける。

第5項
「神を恐れ、王を尊びなさい。」Ⅰペテロ2:17
 国家は、教会もその中にあるいまだ救われぬこの世にあって、人間的な洞察と人間的な能力の量に従って、権力の威嚇と行使を為しつつ、正義と平和のために配慮するという課題を、神の定めによって与えられているということを、聖書はわれわれに語る。教会はこのような神の定めの恩恵を、神に対する感謝と畏敬の中に承認する。教会は、神の国を、また神の誡命と義を想起せしめ、そのことによって統治者の責任を想起せしめる。教会は、神がそれによって一切のものを支え給う御言葉の力に信頼し、服従する。
 国家がその特別な委託を超えて、人間生活の唯一にして全体的な秩序となり、従って教会の使命をも果すべきであるとか、そのようなことが可能であるとかいうような誤った教えを、われわれは斥ける。
 教会がその特別な委託を超えて、国家的性格・国家的課題・国家的価値を獲得し、そのことによって自ら国家の一機関と成るべきであるとか、そのようなことが可能であるとかいうような誤った教えをわれわれは斥ける。

第6項
「見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」マタイ28:20
 「神のことばは、つながれてはいません。」Ⅱテモテ2:9
 その中にこそ教会の自由の基礎があるところの教会に対する委託は、キリストに代って、従ってキリスト御自身の御言葉と御業に説教とサクラメントによって奉仕しつつ、神の自由な恩寵の使信を、すべての人に伝えるということである。
 教会が、人間的な自主性において、主の御言葉と御業を、自力によって選ばれた何かの願望や目的や計画に、奉仕せしめることが出来るというような誤った教えを、われわれは斥ける。 …「神の御言葉は永遠に保つなり」

日本同盟基督教団 杉戸キリスト教会 オープンソースによる神学のBlogより
# by urawalutheran | 2008-04-16 00:02 | 今週の礼拝

聖望学園 準優勝

b0103594_1852680.jpg

 埼玉県勢40年ぶりVを狙った聖望学園は、頼みのエース大塚椋司投手(3年)が序盤で降板するなど、投手陣が崩れた。

 笑顔で勝ち上がってきたエースは、決勝戦の大敗にも笑顔を忘れなかった。閉会式。聖望学園の大塚椋司(3年)は球場内に流れる大会歌「今ありて」を口ずさんでいた。「あの歌好きなんで、歌ってしまった。空気読めなかったスか」。涙が止まらない関口翔太主将(3年)には「ありがとう」と声をかけた。

 試合開始直後、5球目のフォークボールを三塁打され、6球目を暴投。あっという間に1点を失った。腕が振れない。「球が行かなくて低めに投げたけど、力がなかったです」。連日の電気治療も、城戸愉快選手(2年)の「勝利のマッサージ」も効かなかった。2回34球、2点目を失ってマウンドを降りた。

 それでも、悔しさは見せなかった。晴れ舞台のマウンドに立てたことを両親に感謝した。スタンドにいた母成美さん(45)の手には7年前に他界した父明世さん(享年52)の写真があった。「野球を教えてくれてありがとう、といいたいです。お父さんも野球を楽しめといってました。お母さんに? やっぱりありがとうという気持ちです」。

 8回には再びマウンドに上がった。9点差はあったが、集中力は失っていなかった。金城圭右(3年)から三振を奪うと、大声を張り上げた。「この経験を生かしたい。全試合投げられるスタミナをつけて戻ってきたい」。笑顔で初陣校を決勝に導いたエースがこのときは真顔で言い切った。
b0103594_186152.jpg

# by urawalutheran | 2008-04-05 18:07 | 聖望学園

決勝進出!

聖望学園、千葉経大付との関東勢対決制し決勝へ

兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開かれている第80回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)は3日、準決勝2試合が行われ、第1試合で聖望学園(埼玉)と千葉経大付(千葉)が対戦。聖望学園が4-2で千葉経大付を降し、センバツ初出場で決勝進出を決めた。

b0103594_136325.jpg
【千葉経大付・聖望学園】一回裏聖望学園1死満塁、大塚の内野ゴロの間に小名木が生還し先制=阪神甲子園球場で2008年4月3日、小川昌宏撮影
# by urawalutheran | 2008-04-03 13:06 | 聖望学園
第2日2008年3月23日(日)第3試合 
小松島(徳島)-聖望学園(埼玉)
センバツ初出場の聖望は、初回、2年生の3番城戸が先制のホームラン。2回には原茂のタイムリーで2対0とし、エース大塚を援護。前半、固さから体がきれなかったという大塚だが、尻上がりのピッチングで小松島を7安打完封。センバツの初勝利を飾った。
小松島は先発の井内主将が、3回以降立ち直り、追加点を許さなかったが、最後まで大塚の縦のスライダーを攻略できず、得意の逆転に結びつけられなかった。

第7日2008年3月28日(金)第2試合 
履正社(大阪)-聖望学園(埼玉)
中盤に大差をつけられた履正社が、聖望学園の好投手・大塚によく食い下がって熱戦と成った。終盤は完全に履正社のペースだったが、大塚自らの一発が効いた。履正社はエース・三村が制球を乱し、動揺した野手にも失策が出て序盤で大量失点したのが響いた。それでも聖望の倍の安打数と救援の石井の力投は夏への明るい材料。今大会好調の近畿勢だったが、遂に初めての黒星。聖望は春初出場で8強一番乗りを決めた。
b0103594_0404783.jpg

第11日2008年4月1日(火)第1試合 
平安(京都)-聖望学園(埼玉)
聖望学園は2回に2死から四球を挟んで四連打で4点を先制。3回にもヒット4本で4点を追加して試合のペースを完全に握る。先発の大塚は立ち上がりから素晴らしい投球で平安打線を手玉にとる。5回までパーフェクトピッチング。平安は6回に2死満塁のチャンスを作るが無得点。結局、投打のかみあった聖望学園が春夏通じて初のベスト4進出を決めた。

b0103594_22353142.jpg

# by urawalutheran | 2008-04-02 01:02 | 聖望学園

Home

Well com to Urawa Lutheran Church.

Service: Every Sunday AM 10:30
Church School for Children: Every Sunday AM 9:00
Home Bible School: Every other Thursday (10:30 AM)

You are well come to our services and meetings.
If you need any help or consultation,
please do not hesitate to call us.

Address:1-29-12 Komaba, Urawa-ku,
Saitama-shi, Saitama, Japan
Paster Kouken Kasahara

e-mail: koukenk@hotmail.co.jp
Tell:048-886-7360

"Come to Me, all you who labor and are heavy laden, and I will give you rest.
"Take My yoke upon you and learn from Me, for I am gentle and lowly in heart, and you will find rest for your souls.
"For My yoke is easy and My burden is light."

I am a good shepherd. The good shepherd lays down his life for the sheep.

b0103594_23301086.jpg










# by urawalutheran | 2008-02-10 00:20 | English

聖金曜日の黙想

 仏教の如来や菩薩は慈悲深い仏として知られている。しかしどこにもそれを証明する客観的な裏付けがない。単にそのように信じられているだけである。
 神は愛である。神は愛の神である。このことは歴史的に実証されている。それは、イエス・キリストのことばと行いによる。その記録が聖書である。イエス・キリストの存在を歴史的に証明するのが、ローマのユダヤ総督ポンテオ・ピラトである。使徒信条に「ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、死んで葬られ……」
 ここに神の愛の裏付けがある。最も大切なひとり子を十字架につけて死なせてまで、人類を救うようにされた神の愛がここに集約されている。この愛は口先や見かけだけのものでなく、神ご自身のからだの肉が裂け、,血が噴出する犠牲を伴ったものである。Ⅰヨハネ4:7-10.
 神の愛はこの世界の歴史を貫き、流れている。その中心がキリストの十字架である。最高、究極の愛が十字架である。神が人間の罪の解決のために、苦しみ、叫び、血を流し、肉が切り裂かれたのである。ここに神の愛がある。ローマ5:8.
 様々な問題に直面し、一向に局面が打開せず、次第に失望が強くなり、神の愛を疑うようになったとき、肉が裂かれ、血を流し、苦しみ、叫ぶ主イエスの十字架の姿を思い浮かべ、これが神の愛であることを銘記し、神の愛の変わりなきことを確かにするのではないか。イエスさまが十字架にかかられたこの聖金曜日こそ、神の愛を強く覚えるときである。

本ブログに掲載される広告は、浦和ルーテル教会とは全く無関係です。
# by urawalutheran | 2007-04-07 00:37

主の祈り

天の父よ
御名が あがめられますように
御国が 来ますように
御心が 天で行われるように、地上でも行われますように
私たちに きょうも この日の糧をお与えください
私たちに 罪を犯した者を赦しましたから 私たちの犯した罪をお赦しください
私たちを 誘惑から導き出して 悪から お救いください
御国も力も栄光も とこしえにあなたのものだからです
アーメン

本ブログに掲載される広告は、浦和ルーテル学院とも浦和ルーテル教会とも全く無関係です。
# by urawalutheran | 2007-04-05 23:49 | いのり

教会の祈り(3)

天地の造り主、父なる神よ、み子イエス・キリストの苦しみと、死と、よみがえりとによって、何のいさおしもない私たちを、罪と永遠の滅びから救い出してくださったことを感謝いたします。
恵み深い主なる神よ、聖霊のおん働きによって、みことばの心理を私たちに明らかにし、父、み子、みたまの神であるあなたを信じることができるようにしてくださったことを感謝いたします。
全能の神よ、主がそのかしらであられる教会に、私たちを生きた枝として連ならせてくださったことを感謝いたします。
どうか、教会がみことばの宣教と、聖礼典の正しい執行とにおいて、その尊い使命を熱心にまた忠実に果たしえますよう、助けてください。
恵み深い主よ、私たちの国と私たちの住む社会とが、主を恐れ、主を信じるものとなりますように恵み導いてください。また世界のあらゆる国の人々が、キリストの愛において互いに和解し、主のお喜びになるまことの平和を保つことを得させてください。
愛と平和のみなものであられる主よ、私たちの家庭を祝福し、家族の全員が主を信じ、主に従うものとなりえますよう助けてください。
慈愛深い父よ、精神的に悩む者、物質的に苦しむ者、肉体的に病気その他の苦痛をなめている者など、主のみ助けを切実に求めている者の願いに耳を傾けてください。そしてみこころのままに適切な助けを与えてください。ことに信仰に関することで家族や隣人の誤解を受け、または責められている者があれば、強く慰めてください。その人がかたく信仰に立って動くことなく、しばらくの軽いなやみはやがて永遠の重い栄光に至ことを信じて、すべてのことに耐え忍び、常に主をあがめるように導いてください。
この世を愛して、み子をさえおしまずおくだしになった父なる神よ、主を信じる者が、キリストの心を心として、主と隣人のために、愛と奉仕の生活をおくりえますように恵み助けてください。
あなたと聖霊とともにひとりの神であって、世々限りなく生きてつかさどられるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。
アーメン
# by urawalutheran | 2007-04-01 23:58 | いのり